スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
年末ご挨拶
今日が今年最後の出勤。

ハプニングが起こっても対応出来るように、仕事は今週の水曜くらいには全て終わらせる段取りで進めておりました。
今のところ何事もなく、実は今日はデスク周りの掃除以外には何もすることが無い状態となっております^^; いえ、これでいいんです。
何より出発できなくなるという事態を避けることが一番ですから。。。

今朝は今年最後を締めくくる出勤にふさわしく、お向かいの歯医者の歯科衛生士、ぱっちりお目目の笑顔が素敵なEさんと、玄関出るやいなやバッタリお会いしました。 
この方の笑顔はほんとにいいです。笑ったときの目尻のシワがEさんは決して20代では無いというのを物語っておりますが、あのニコニコ顔を朝から見れると気分上々ですね。

E「おはよーございまぁーす^^ もうすぐ出発されるんですよね?」
風「ああ、おはようございます^^ 明日出発なんですよ」
E「へ~ じゃ、今日でお仕事最後?」
風「うん。今日、仕事納め」
E「いいなぁー!」
風「でも、Eさん、クリスマスイブは日曜でお休みじゃないですか^^ 僕イブはずっと飛行機のエコノミー席ですよ(笑)」
E「じゃ、風さんの代わりにおいしいケーキでも食べておきます(笑)」
風「よろしくお願いします(笑) では^^」
E「あ、いってらっしゃい!^^ あ、お帰りになられたら写真見せてくださいね!」
風「次のクリーニングの時に持っていきます^^ 」
E「約束ですよ!」

ああ、Eさんに惚れそう(爆)


年末挨拶の記事に何たわけたこと書いてるんだと、お叱りを受けそうなので。。。(最近叱ってくれる人がめっきり減っちゃいましたが)


あ、北国のおねーさん、ブログ覗いてくれてありがとう。また来年もよろしくです^^


さて、今年一年。バドのことは昨日書いたのでもういい。山もこれから登りに行くのでまだ総括出来ない。
じゃあ、なんでしょう。日常生活か。

マイクで重低音聞かせて麒麟ですと言うのが上手くなったとか、

「じゃんけん、ふんんんーん!!」とパッション屋良のマネがけっこう得意だとか、

コップに水を注いで、指を鳴らすとコップの水が一瞬にして氷になるというマジックが出来るようになったとか、そんなこともあった2006(はい、どうでもいいです。。すみません)


まあ、実は風なりに激動だった一年なんです。
そしていろいろあって、数年ぶりに風家も平穏に戻った。
ある意味いい一年だったかもしれない。

そして、部署異動によってかなり仕事の内容や環境が変わったこと。
でもこれは自らの希望が通った形になったわけだから、大変なんて言ってられない。
昨年の今頃は仕事に対して、風は完全に拗ねていた。。
活き活きと仕事が出来ることはもちろんいいことだけど、何より朝の寝覚めが毎日違うということに気が付いた。
遠足の日は早く目が覚める子供と同じ。
「よし!今日もがんばろう!」と思える仕事をしてると朝もスッと起きれるのかも。(「単に年寄りに近づいたってことじゃない?」とのご意見は、既に風嫁よりお受け致しておりますので。。)


ヤフーのバドミントントピでいつもお相手してくださってる皆様、
山トピで知り合った方々、リアル風をご存じのそこのあなた、
コメントで楽しく私を皮肉ってくれる貴女、、、、
そしてこのブログに数々のネタを提供してくださった、月練のみなさま、
あっちのおねーさん、こっちのおねーちゃん・・・・

2007年もあなたにとって素晴らしい一年でありますよう、心より、アフリカより、お祈り申し上げます。

ではまた来年^^


2006.12.22  風
スポンサーサイト
打ち納め
2006年のバド打ち納めとなりました。
金曜も打つことはできるけど、出発前日のため、準備と掃除と行きつけの飲み屋への年末の挨拶と^^;

体育館があまりに寒くて、ズボンはヤッケ履いたまま、上も長Tに半袖ヤッケを重ね着してプレー。
まあ、ミス多かったけど、それなりにプレーして終了しました。


2005年。
自分なりに総括すると、
今年は特に出来ないことが出来るようになったなど、これと言って派手な成長は無かったものの、
ゲームに勝てるようになってきたという意味ではレベルアップできた年だったかな。
それは自滅が減ったこともあるし、自分の中で確率をいろいろ考えれるようにもなってきた。
あと、ラリーが長く続くことに焦りが無くなった。

スマッシュが良くなったってことはあまり無かった気がするけど、
何ラリーか後にスマッシュで攻めれるように、考えて打つこと、
スマッシュが打てない時に何をするかなど、スマッシュが最大の攻撃であることには変わりないけど、それ以外のショットに随分頭を使えるようになってきたと思う。

と、褒めてばかりは簡単だけど・・・

補えなかった欠点もしっかりとある。

打ちながら前に出て行く時に力んでしまう癖や、繋ぎのために打ったドロップの精度にも問題ある。
浮いてしまうスマッシュはそれなり使えるので、全てのスマッシュを沈めようとは思わないことにして、どんな角度のスマッシュも打てるように・・と練習しているが、やはり抜け気味のスマッシュを打ってしまってキツイ返球を追いかけることも。
足もまだまだシャープに動かないと今後頭打ちになってしまう。


以上、今年も昨年の総括に同じ(笑)





いやいや、来年の為に、今年の反省もちょっと書いておこう。

昨年末の総括を見てると、自分のプレースタイルってどんなのか?ってのが少し明確になりだしたんだな~って思える。
それはやはり間違ってなかったのかな。その先をしっかり進んでる気はする。
別の言い方すれば、ガンガンいくスマッシャーのバドは諦めてるような・・・^^;
いえ、そんなことありませんね、スマッシュ改造計画、これが今年の大きな課題でした。
速いスマッシュではなく、重いスマッシュを打ちたい。
打ち方を変えて、まだモノには出来てないけど、少し変化が出てきました。
コースやタイミング、変化の使い方も、かなり変わってきたかな。相手がよく見えるようになってきた。
あとは、強い相手に真っ向勝負を挑めるだけの、ショット力。フットワーク。全くもって足りてない。秋はほんとに惨状を見たから^^;

今年は山にかなりの労力を使った年だったけど、来年はもう少しバドに。あと、マラソンにももう一度トライしていきたい。
基礎体力をアップさせるにはマラソンはもってこいだからね。

ま、バドの2006総括。こんなもんかな?
数字占いねぇ~・・・
某ねーさんのブログ見て、自分もやってみました。

すごいかもね、これ・・・^^;

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


ひとりが大好きな

「クールエンジェル」


「エンジェル・ナンバー7」は徹底した探究心を持つ完璧主義者。孤独を愛し、専門的な仕事でも粘り強く自分のペースで完璧にやりとげる能力があります。自分に厳しい努力家タイプで、責任感が強く几帳面ですが、急がされるのは嫌い。知識や知恵を追求する理論派で頭は良く、独立心旺盛な自信家さん。とにかく経験を重視し、その中から真理を学び取ろうとします。時代の先端を切り開く優れた直感力やヒラメキ、鋭い感性や洞察力、分析力があるのに、本人はそれをあまり信じていません。(ここだけ間違ってる。本人はそれを信じて疑ってない^^;)


人の好みが激しく、クールな性格なので、恋愛中もどこか冷めています。たくさんの相手と遊びでつき合うことはできますが、本気の恋愛は数少なく、波乱含みなのが特徴。直感や霊感の導きで、ある日突然激しい恋に落ち、理屈では割り切れない、運命にもてあそばれるような大恋愛があなたを待っているかも…。恋の相手を責めたり、分析したりするのではなく、自分の心の内側に素直にしたがい、感情を出しきり、恋愛を楽しむことができれば、ハッピーエンドが待っているハズです。



ハッピーエンドって言われてもなぁ・・・・(苦笑)
上司との面接です。
社員全員がこの年末のクソ忙しい時期に受けることになります。
担当している業務の進捗状況や問題点のヒアリング、来年に向けての課題、目標を、この面接で明確にしちゃいます。
で、今度、「出来たんか、出来んかったんか」と聞かれて、勤務成績の目安とされてしまいます。
そしてそれが給料に反映しちゃいます。
だから、微妙なニュアンスが意外と重要な意味をもたらしたり、なんていうか、絶妙の駆け引きなんかも生まれてきます^^;

風は最後の数日をお休みする為、わが課ではトップバッターとなりました。

うちの課長、女性です。
細々した性格では無く、「やることさえやれば、あとは自分が楽しく仕事できるよう、好きにすればいい」とおっしゃられます。
どちらかというと、風にはぴったりの考え方ですね。

課長「今の仕事、ずばり、忙しいですか?」
風「あまり忙しいとは思っておりません」
課長「担当業務の進捗状況、自分で判断して、どうですか?」
風「つつがなく流れてると思います。」
課長「有給は消化してますか?」
風「はい。目一杯。」
課長「他の人の業務のヘルプをすることはよくありますか?」
風「頼まれればやってます。」
課長「自分の今の問題点は何ですか?」
風「業務における専門的な知識がまだ薄いことです。もっと勉強していきたいと思っています。」
課長「来年の課題・目標は?」
風「ノーミスです」
課長「はい。けっこうです(笑顔)」

以上、簡単な面接でした。

いったい、この面接で風をどう評価するつもりでしょうか・・・

って、こんな内容、上司であれば普段の仕事の中でだいたいわかってることのような気がしますけどね~。。。

まあ、あくまで自分は雇われてる側なので、どんな給料になっても文句は言わない主義ですが。。
2006ラスト月練
出発まであと4日となりました。

関空~ナイロビ の往復航空券が未だ手元に届かないことに、そろそろ危機感を覚えるべきなのでしょうか(笑)


今年最後となる月練ネタです。

嫁は体調を考慮して今年最後の月練を欠席。
風、一人であいさつも兼ねて参加。

ここ最近は、月練ではいろんな人と基礎打ちするようにしてました。
こんな私でも、初級者の方々からは勉強になると言ってもらえたりもするので、それならと、基礎打ち相手を週替わりってことにしたんです。

今週は風より3つ年上のサウスポーの女性。よくしゃべる愛想のいいねーさんです。
基礎打ちにはみなさん個性がみなぎってますね^^;
このねーさんの個性は、球がユルイけど、ドロップでは1球で20発も30発も続くこと。とにかくネットにかけない
フォアであれバックであれ、とにかくネットしない。
風のドロップなんて、5球も続けばいいところ。。。。見習わねば^^;
向上心もあって、ドライブやプッシュレシーブでも事細かに聞いては実践。
風のプッシュレシーブの速さを感動して頂けました^^; これはがんばって練習してきたから。。。 

このねーさんの欠点もひとつ。
レシーブの時の体の向きが、正面向けないこと。明らかなバック構えでラケットをバックに引いた状態なんですね。だからフォアがざるになってます。

特にこのレベルの女性に多いパターンです。
フォアかバックか、どちらかに極端に引いてる構え方
要するに、高い位置で前で捕らえてドライブ系で強く返球する意識が皆目無いということです。
相手が完全に決めに来たプッシュなんかだと、そういう姿勢で一点張りすることありますけどね。
普通のスマッシュレシーブでそんな構え方してたらダメっす。と、教えまして・・
一通り基礎打ちが終了します。

横で、カツンッ!カツンッ!と変な音させてクリア打ってるのはAさんでした。

この方も少しは上手くなりましたが、この一年、思ったほど伸びなかったですね。。。
申し訳ないm(__)m

久々にAさんと組みました。
未だ、一生懸命前のシャトルを拾いに行った時は、足が逆。。。
後ろでクリア打ったら、後ろにずっといてる。。。
こっちが前衛でラケットあげて返球に備えてるのに、攻撃できる球を意味無くクリアで返す。
後でそれを指摘したら、「そうでしたっけ」と、覚えて無い。。。
もちろん、ローテの理屈も全く理解できないまま・・・

来年も引き続き、Aさんとは辛抱強く練習していきたいと・・思ってます^^;


しかし、風のお気に入りの小柄な同い年Wさん。
彼女とはよくゲーム中ぶつかる

結局、すぐに後ろに下がりたがるのが原因なんですよね。
回り込む風と、下がってくるWさん。
ぶつかって当然ですね。

どうしても動き方がわからないというので、

「まあ、俺にくっつきたいのは解るけど、今はバドミントンのゲーム中だから、寂しくても離れないと(笑)」

と、最低なアドバイスをしてみますと、

「ん~~~心は離れてるんやけどなぁ~~(笑)」

ヘアピンしたら叩かれて頭に当てられたような気分です(爆)


なんだかんだと、愉快な月練2006が終了しました。
この日も参加者が20名を越え、来年からまた増える見込みらしいです。

バドは楽しいのが一番ですね。
上手くなりたいという気持ちは、バドが楽しいという土台の上でしか活かせることは出来ないのでしょうね。

1部にあがってこてんぱんにやられ、自身の技術もあまり伸びなくなってきて、
なんだか楽しく無くなってきたなぁ・・・・と思った時っていつも日曜日。そう、試合の日。
でも、必ず日曜日の次は月曜日で、この、月練がある。
ここで、みんなで楽しく、レベルは銘々違えど、ひとつのスポーツを楽しんでいる。
そして、「バドは楽しい」という原点に戻してもらえる。

そして、また上手い人達がいっぱいいるクラブに乗り込んで、高いレベルのバドを楽しむことが出来る。

言い方は適切では無いかもしれないけど、この月練、いいガス抜きとして、自分の中の大きなポジションである気がする。
伸びない人
そんなこんなの、のんびりやら忙しいやらわからん週末を過ごしたわけですが・・・

たいしたレベルじゃないにしろ、日曜クラブで3時間ほど打てたのは良かったです。汗かけて気持ちよかった。
帰りに雹(ひょう)が降ってきたのはびっくりしたけど。

半年ぶりくらいかな。ボス猿が来てた(笑)

♪♪風の声♪♪をかなり以前から読んでくださってる方は覚えておられるでしょうかね。
近所の町にあるレディースクラブのボスです。風貌はまさにボス猿系。プレーもボス猿系(謎)

このボス猿の町には、レディスクラブが2つあり、一つはボス猿率いる庶民派クラブ
もう一つは、近畿家庭婦人大会?(よくわからん)でもいいところまで行くような、本格的なレディスクラブ
風も地域の親善大会で対戦したことあるけど、めっちゃ強い^^; 
さらに、天上天下唯我独尊のうちの嫁をも「あのクラブの人とやるの、イヤ。なんか取って食われそうで怖い」と言わしめる迫力の面々です。。

というわけで、バドをやりたいお母さんは、どうしてもボス猿のクラブの方へ流れるのです。初心者やら、経験者でもへたっぴやら、そんなのがたくさんいるので入りやすいんでしょう。

この日曜クラブにもたまに来てるらしいです。風が欠席してばかりだったので、ちょうど入れ違いになってただけだとか。
相変わらず、バド歴2~3年の女性をふたり引き連れて、偉そうに体育館入りします(笑)

そのうち「♪え~っさえ~っさえ~っさほ~いさっさ~」と籠に担がせてそうな気さえしてしまいます(爆)

「風くん!うちの綺麗所連れて来たんやから、しっかり教えたってよ!!」

何故か命令形です(汗)

ったく。。

綺麗な女性さえ連れてきたら必ず俺が気分良く教えてあげるなど思わないでほしい。

今回だけ・・・・ちゃんと教えましたが・・・(汗)


で、本日の記事の本題は、その「ボス猿クラブ歴2~3年の女性二人の大きな勘違い」について。(ええ、これだけの前置きが無ければブログもまともに書けない「話を無駄にひっぱる関西人」です。ええ。)


「全然上手くならないんですぅ~」なんて最初におっしゃられてましたが、

可哀相に、大きな勘違いをされてましたね~

ゲームやってるの見てて、何かおかしいなって、すぐに思いました。
それは、謝るポイントなんです。
「ごめん」と「どんまい」の言葉は、コートの中でたびたび交わされるものですが、
ごめんと謝るのは、自分がミスしたからですよね。
どんまいは、ミスしたペアに対して言うもの。

スマッシュ打って、相手がネット前にレシーブ、打った本人がそれを取りに行ったけど届かなかった。「ごめん!」 ペア、「どんまい!」

これは序の口。

低くて浅いクリアを打つ。ペアはその時なんとなく前衛。ペアがクリアを打ったと思って下がる。しかし下がり際、そこに落とされる。
前衛にいてた人、「ごめん!」 浅いクリア打った本人、「どんまい!」

おまけに面白かったのが・・・
そのうちの一人。普通ペアにあがると当然自分は前衛のポジションに入りますよね。彼女もちゃんとすぐに入るんです。素早くね。
でも、ペアが打つタイミングに合わせて、必ずサイドバイの位置へ戻るんです。
で、切り返しされたのは、自分で打つ。ストレートに落とされたのは、打った人に任せる。
それならなんで最初から前に入るんじゃってなことになるんだけどね(笑)
どういう発想からああいう動きが生まれるのか、ボス猿クラブの神秘に触れてみたくなりました、一瞬(苦笑)

まあ、おもしろかったけど、いろいろ説明しながらゲームしました。
でも、全然ピンと来てませんでしたね。二人とも。
この二人、最大の欠点は、プレーを振り返れないことです。
決まった場面、決められた場面しか頭に残ってない。
サーブから順にラリーをフィードバック出来ないんですよね。

記憶力に問題があるのか、必死のパッチで覚えてないだけなのか、よくわかんないですけど。。。

だから、決まった場面で、シャトルに触れた人又はシャトルの近くにいた人が悪い人になるんです。
不利な状況になった原因のショットはどれだったか。どこで流れを相手に渡したのか。
そこに戻れないから、進歩が無いですね。

あれを、「子供のけんかバド」と言います。来た球をただ打ち返す。
殴られたから殴り返す、文句言われたから言い返す、メンチ切ったから切り返す・・・・・一緒ですね^^;


逆に、相手の流れからこっちに流れを引き寄せて獲ったラリーなんかもあります。それは、どのショットが評価されるべきなのか、そういうのも考えてみるといいですね。
それが「たまたま」では困ります。次に使えない。

頭が足りなくて伸びない人、
体力が足りなくて伸びない人、
考えすぎて混乱して伸びない人、
考えないから伸びない人、
イイワケが多いから伸びない人、、

伸び悩む原因はいろいろあると思いますが、やっぱ、ラリー中のことを覚えてるのと覚えてないのとでは、伸びるスピードに差がついて当然ですね。


あ、伸びない原因に、

体重過多、練習不足・・・

も付け加えておきますかね(滝汗)
年末大詰めです。
この土日は年末最後となる使える時間なので、
二日間で一気に、大掃除・年賀状・旅行の準備をしてしまわなければなりません。

なのに金曜の忘年会終了後、そのままその店で続きで呑んでしまい、帰宅が1時半。2時就寝。翌朝11時起床、二日酔い。。。という最悪な朝を迎えてしまいまして、うだうだしていたら、テキパキと大掃除を始めたい嫁にキレられてしまいました。。。
どうすればあんなに短気な人間が形成されるのだろかと、真剣に考えてしまいました。。
よく、女子高生は「箸がこけても笑う」というほど、意味わからずにウケるということを言いますが、うちの嫁は「箸がこけても怒る」です。。。

なんとかそれでもお日様が高いうちに洗濯を終え、窓ふきもして、網戸も洗って、日が暮れてからは洗面台やお風呂、台所の油汚れなんかもがんばって掃除しました。
窓は湿らせた新聞紙で拭くと綺麗になります。油汚れは、アルカリ水で拭くと取れやすいです^^

引き続き日曜日は年賀状作成とパッキングです。
土曜日はノンアルコールで22時に就寝したため、日曜は朝から元気。
逆に、嫁、朝から体調不良を訴える(爆)

風邪気味?っぽい雰囲気で、キレてます

午後から同僚が趣味でやってるダンスの発表会を見に行かなければならないらしく、午前中でやることやりたかったんだそうで、でも熱っぽいから寝てるのがベターなわけで・・・それはそれでいろんなことが進まないから、またキレておられます。。

旅行前、それもすんごいお金を使ってしまう大きな旅行前。万全でないととても登頂できないような登山。
体調管理に異様にナーバスになっておられるんですよね。それはそれでいいんですけど、こうキレられてばかりでは、傍迷惑にも程があると思って、

ついに昨日は言ってやりましたよ。


「ナーバスになるなら勝手になっとけ!周りを巻き込むなボケ!」


ええ、例によって例のごとく、心の声ですけどね。。。


午前中に年賀状作成を終え、午後から2時間ほどで自分のパッキングをほぼやってしまい、嫁が出かけるのを見計らって、バドに出かけてやりました。うっとおしいので気分転換に^^;

余裕が無くなると周りを巻き込むタイプの人間。

イヤっすよね~~~~
本日は忘年会なり
唐突ですが、風の実弟、ノロにかかりました。
彼は食中毒の王者です。ちょっと生ものを食べるとすぐにおなかを壊してしまい、冷たい牛乳を飲むと数分後にトイレにかけこみ、便秘という二文字は彼の辞書には無いという、ユルイおなかの持ち主です。
小学校の時、給食を食べたあと、彼は突然嘔吐と下痢に襲われました。が、「いつものこと」と、保健室で寝かされていたそうです。
ところが、その日の夕方から生徒がバタバタと倒れだし二百十数名が病院に担ぎ込まれるという食中毒騒動になったのです。
すぐにお腹を下して全部出してしまった弟は、病院には行きましたがその日の夜にはケロッとしていたのですが・・・

そんな彼が語っておりました

「今年のノロは強いな~」

食中毒を引き起こすウイルスの強度がわかるほど、毎年何かと食中毒にかかる、無類の牡蠣好き、風弟なのです。。


全く話は変わりますが、
忘年会の幹事を任されてしまいましたので、
自分の家から徒歩30秒の行きつけの飲み屋でセットしてやりました^^;

この店には週1~2度、ほとんど一人で訪れるのですが、いつもいつも店長はまけてくれるのです。
たぶん、焼酎の料金はほとんど払ったことありません。
酒造から送られてくるらしいサンプル品?みたいのを適当に入れてくれるようで、生2杯とつまみに頼んだ品の料金を支払うだけなのでいつも2000円から3000円くらい。
たまにヘベレケになるほど呑んでるのですが、そういう時でも同じくらいしか払っておりません。
これは一度還元しなければ!と、忘年会をここの店でセットして、風一人だけ今度ともまた安くで呑ませてもらうと、そういう魂胆です。ええ。(笑)

風に幹事を任すと、損はさせませんが、風はどこかで得しております。覚えておくように。(笑)

風が働く課には、一人お美しい女性がおられます。
以前、その人が花粉症でティッシュを鼻に詰めて仕事しだして幻滅したなんて記事も載せたことありますが、その人のことで小さな混乱が起こっております。今日はそのことを。。。。(前置き長くてすみません。悪気はこれぽっちもありませんが。。)

彼女は結婚10年子供無しの夫婦二人暮らし。旦那は日雇い労働者。収入のほとんどが彼女のお給料だということらしいです。
ところが、旦那はカー吉。車にくだらない金を使う男なのです。収入少ないのに何を考えてんだとツッコミたくなりますね。
さらにこの男、ほとんど妻に食わせてもらってる割には言うことが偉そうで、
彼女の飲み会や友達つきあいなんかにいつもウダウダ言うそうです。
「俺のメシは?あぁ?」とか。
さらにさらに、ヤキモチ妬きなんだそうで、呑みに行くときなんかは「誰と?どこに?何時まで?」と事細かに聞いて、で機嫌悪くするそうです。
さらにさらにさらに、散髪は「美容室」というくだらないこだわりがあるらしいです。

と、ぼろくそに言ったところで本題に戻りますが・・

本日、風の近所の店なので、店への行きしなは車通勤の風が何人か乗っけて行きます。
その中に彼女も入っていたのですが、彼女も車通勤、マイカーが邪魔になるので、この日は「風が朝拾ってあげるよ」ということになってました。風の通勤途中に彼女の家はありますからね。
という段取りで進んでおったのですが、昨夜、彼女からメール。
諸事情で、明朝はマイカーで出勤して、一旦帰ってから電車でお店に行きます」とのこと。
あらら、どうしたんだろって思って、今朝のこと。
「ごめんね。たぶん、遅刻になると思うから、先に始めておいてね」
と。一応、「何かあったの?」と聞くと、
「ううん、ちょっと野暮用が出来て。」

電車でも便利の悪いところじゃないので、そんなに遅くはならないだろうと、聞き流しておりました。
すると、「もしかしたらなんやけど、すっごく遅れるかもしれんねん。だから、気にせんと、欠席かもしれんなってくらいに思いながら呑んどいてね」と。

おいおいおいおい、幹事からすると、こいうのは一番失礼な行動ですよね?
普段、こんな行動をするような人ではありません。とても常識人で、思いやりのある人なんです。
優しい風、昼休みに「なんかあった?大丈夫?」とこっそり聞いてみました。

予想はしておりましたが、やはりそうでした。

旦那がごねたようです。。。

それも、
男に朝から迎えに来てもらって帰りは家のこと放ったらかして直接呑みに行くんかい
といったニュアンスのこと言われてる模様。

ああ、うっとおしい^^;

だから朝はとりあえず自分の車で出勤した。で、一旦家に帰って、旦那のご飯を大急ぎで作って、電車で向かう。
ただし、帰った時にもしゴタゴタとした話にでもなってしまったらすんなり家を出れなくなるから・・・だからもしかしたらすっごく遅刻するかも・・・と言ったそうで。。


一言、ここの夫に言いたい。


「奥様はお仕事の関係で呑みに行くのです。あなたのお立場を考えるとそのような偉そうな口のききかたなど出来るはずないと思うのですがいかがでしょうか?」


この内容を、思いっきりバイオレンスな表現で大声で巻き舌で・・・・・


以上、美女の味方、風でした。。。^^;
スイング改造

なんか野球選手みたい(笑)

一緒のことだよね、バドミントンでも。
結局ラケットを振る「スイング」なんです。

プロ野球選手は、微妙なバッティングフォームの改造に常に取り組んでますよね。
イチローにしたってそうです。
彼のフォーム、しょっちゅう変わる。
振り子打法で日本プロ野球史上初となる200本安打を達成した時と、今のマリナーズでプレーしてるフォームと、全く違いますね。
タイミングの取り方は同じなんだろうけど、今は「振り子」をしていない。
一時はすごくオープンスタンスにしていた時もある。
あと、構えた時のヘッド(バットの先っぽ)の位置なんかは立てたり寝かしたり、年々変わってる。
これはイチローだけじゃなく、ほとんどの選手が微調整しながらやっています。

風、マッシュ改造計画を立ててから数ヶ月。

まだ目に見えて大きな変化はありませんが^^;、確実に微調整を感じれるようにはなってきました。
大まかな動きはなんとか身についてきたってことですね。

確かに変わったことと言えば、(あくまで以前の自分との比較です)
前衛に入ってる時に、速いプッシュが打てるようになった
ラケットヘッドが遅れないようになってきたという話です。
肝心のスマッシュは、まだ打点の取り違いをしてしまい、力の無い芯とタイミングを外したのを打ってしまいます。これが流れの中でどうしても体が覚え切れない
が、きっちり打てた時の重さはなかなかのもので、確かにエースを獲れる機会が増えました。

それともうひとつ、一番重要な、速い展開の中で速いショットを以前より打てるようになってること。
これは実感できています。やっぱダブルスはこれが全てだね
腕を伸ばさずにスイングするので、肘を方の後ろでキープしてるだけで、あとは振ればよいだけ。という感覚を大事に、気を付けてます。

コンパクトなスイングと強いショット、速い準備。少しずつ実になってきたかな?とあくまで自己分析^^;。
また、こういう意識を強く持ってやってると、自分の腹筋背筋の弱さを痛感(ToT)
スクワットはそこそこ自信がある(はず)。だから遠いシャトルに追いつくのは問題無いんだけど、キツイ体勢からきっちり打って、その次、その次、って動ける筋肉は、やっぱ腹筋と背筋だね~
それも、速い筋肉

バドは体鍛えないとレベルアップ出来ないスポーツだな・・・と実感してる、太り気味の風。。。(苦笑)

今年、バドできるのはあと2回かぁ。。

あまりバド的には飛躍できた年じゃ無かった。山的にはかなり飛躍出来た年だったけど。
そういう意味では今年はバドを少し休憩した年だったのかな。特に夏以降は頭の中が山にどっぷり支配されてたもんなぁ。。

よし。来年はバドのレベルアップの為の体を作ることから始めよう。

まずは絞るで・・・・この腹・・・・(ここにオチを持ってくるのがいい加減悲しい)
風、丸くなる。

体が。。

禁煙から半月が過ぎました。
体重が一気に増え、これまで多少太っても決して乗っかることの無かった大台に、今朝、ついに乗っかってました(ToT)
風はよく食べてよく飲みます。その分、いつもはジョギングで体重をコントロールするのです。食べ過ぎたら10km。普段は5km。ごっつ単純なコントロールなんですが^^;

ところがこの1週間。
ワクチン接種による体調不良が今週に入っても続き、ジョギングが全くできません。
月曜、バドに行って久しぶりに汗を少しかいたぐらいです。
しかし残念ながら食欲は落ちないんですよね~
おまけにまだタバコの依存からは完全に抜け出しておらず、食べてしまいます。いつも口が寂しくて何か入ってる状態。。。 最悪ですね^^;

キリマンジャロ出発まで10日です。
ほぼ体調も元通りになったので、明日から朝ラン再開。バドの無い日は夜ラン。
最終二日だけ休養して、出来る限り体を絞ってから出発したいと、鼓舞する次第であります。。。。。


こんなんだから、バドも最悪なほどにキレを欠いておりまして。。。。
実は今日の所属クラブのバドもあまり行きたく無いんですよね~。。。 
どっちかっていうと、夕方たっぷり走りたい。15kmほど。
でも先週も休んだし、もしかしたら来週は仕事が大詰めで行けないかもしれないし。
顔出しとかないと。。。と、無理矢理って感じで行きます。
そりゃいいプレーも出来るわけないね。。

いつも風にクソミソに言われてるそこのあなた、今ならチャンスですよ(爆)


なんとなくスピード感が体から無くなっちゃいました。
といっても、目はついていくんですけどね。レシーブは出来るけど、その次に素早く攻撃に突っ込めないって感じかな。

年が明けたら学生とシングルたっぷりやって戻そうか。。それが一番近道かもな。。

バド仲間の年齢
もちろん所属クラブの人だと年齢別の試合なんかもあるわけだから、それぞれ誰が何歳かってのは知ってるんだけど、
ビジターで通ってるクラブや試合エントリーがあまり無いクラブだとわからないですよね。

月練でも、実はきっちり年齢を知ってるのは、同級生である美人ママ二人と、このまえ還暦祝いをされたおじさんくらい。
ひょんなことから、クールビューティの上手な女の子がまだ若干22歳だったと、あまりの落ち着いた雰囲気なのに、そんな若かったんだ!ってな話題からでした。

以前から話題にしてる、筋トレ主婦と呼んでいる明るくサバサバした女性が、
「ところでさ~、風さんっていくつなんですか?」

そう言えば知らない人が多かったんですよね。

「今年33歳」

次はお決まりの反応

「え”~~~!!」

で、今回はおまけつき

「私のおないぃ~~??」

「え”~~~ってことは私も???まじぃ~~!!」



風と同い年がそんなに嬉しいのでしょうか(笑)


タンクトップ主婦と紹介した、小柄でかわいらしい今風の中で一番人気のWさんも同い年。

月練で7,8名おられる30代主婦のみなさまの中で特に仲良くしてたお二人が同い年でした。

あと美人ママも同い年だし、 やはり同級生っていうのはどこか親しくなれるポイントみたいなのがあるんでしょうかね。


ま、今日はたわいもない話だけですが・・・(「まるでいつもたわいもある話のように」というツッコミにはお耳をふさがさせていただきます)


禁煙2週間経過、とても太ってしまい、おなかの肉がフットワークとともに揺れてるような気がするようなしないような。。。。

やせることが一番若く見られる近道だと、そう思ってやせましょう。。。 

この腹周り・・・まじでやばい・・・・・
準備^^
関西の方なら誰でもご存じと思います。南港のインテックス大阪。巨大な催し物専用の建物です。
ここで、様々なスポーツメーカーの「ファミリーフェア」なるものが開催されます。
もちろん、特定の方に配られるチケットが無ければ入れないのですが、何故か一度入場するとその次の年からも必ずチケットを送ってきてくれます。

この週末は、「デサント」というメーカーのフェアでした。
主に衣類を取り扱ったフェアです。風、土曜日の朝から行きました。。。
わざわざ南港まで行く、そのお目当ては、

発熱下着」です^^

ゴルフをされる方なんかはおなじみですよね。体温に反応して生地そのものが発熱するという素材、ブレスサーモという賢い衣類なんです。冬場のプレーのお供にされてる方も多いと思います。

これがね、けっこう高価なんですよ。だいたい相場が6000円前後。上下揃えると1万円を超しちゃいます。
それが4~5割で売られてるとのことなので、出向いたわけです。

到着すると、凄い人ゴミ。
9時開場で、風は9時40分頃に到着したのにもかかわらず既に駐車場は大混雑。えらい奥のほうの駐車場に停めることになってしまいました。
会場内も「立ち止まらないでください!危険ですから通路に立ち止まらないでください!」とハンドマイクで係員が叫んでる。
止まらずに一体どうやって買い物をしろと言うんだ・・・とツッコミたくなりましたが、確かに止まってボーっと陳列されてる商品を見ていては人の流れの邪魔になり、ひじ鉄を幾度と無く喰らう羽目になります。。

さて、がんばって発熱下着コーナーへたどり着きます。
病み上がりで、一応マスクをしていたのですが、これは大正解。凄い人の熱気と埃。。。
やはり発熱下着は大人気。ゴルファーっぽいおじさんが3割。あとはおば様方。。。
TVで見るバーゲンセールさながらの激しさ。。。

そう、ババシャツ代わりにこれを買う冷え性おば様であふれかえってるのです^^;

嫁の分も買ってあげようと思っていましたが、これはさすがに厳しい・・・(汗)
女性用はほとんど残って無かった様子だったので、あえてあの地獄絵のようなところに飛び込むのはやめて、男性モノのSサイズを嫁に。風のはLサイズ、上下ともGETしてその場をそそくさと去りました。

必要なものを買って、今度は大阪駅前第2ビルへ。石井スポーツという登山専門ショップへ行きます。
この夏にスパッツ(足カバー)のヒモが切れたので新調したかったのと、マウンテンジャケットが欲しかったのと、大きめのサーモスが一つ。
キリマンジャロに向けて追加購入です。

スパッツを選んでいました。
あまり長くていいものはゴワゴワして嫌い。足首と靴の半分くらいが隠れればそれでいいからショートでいいんだけどなぁ・・・冬も使うから、少しだけ長めのにしておこう。
これにするか。。
と選んでおりますと。

いかにも山登り大ベテランとの雰囲気を自ら発しまくっている60歳前後のおじさまに声をかけられます。
っていうか、風、なんでいつもご年配の男性に声をかけられる(関西弁で言うと「かまわれる」)んだろう。。。

「今スパッツを買われてるということは、雪山に入られるのかな」
店員でもないのに聞くなよ、そんなこと。。。と思いながら、
「ええ。入りますよ。」
と素っ気なく答えますと、
「それじゃあ、これは短い。もっと長いのにしないと」
とお節介。

「はいはい」と無視しておりました。
長いのは嫌いなんだってば。。。 これでも十分雪山は歩けるっての。


サーモスを選んでおりました。保温性のある水筒です。
だいたい500ml前後のものが主流です。が、風は1L入るのが欲しかったのです。
キリマンジャロなんかに行くと、お湯を沸かすのが面倒だし、ポーターなんかに頼まないといけないし、なにより1日4Lの水分をとらないといけないだけに、500mlだとあっというまに無くなってしまう。
で、山用のサーモスとなると軽量化されてるのでかなり高価になるけど、あえて1Lが欲しかったのです。
さすがに石井スポーツ、ちゃんと1Lも売ってました。
色は・・・えんじ色かなぁ・・・と選んでますと、
ベテランおじさん?再度登場です。 コイツ、店で客に声かけては「ベテランを主張」するのが趣味のようです。

また、何か言おうとしています。きっと、「冬山は水分をあまりとらないので、行動用には500mlもあれば十分だ( ̄ー ̄)」なんて言うんだろうなぁ・・・と思ってると、
きっちり一言一句その通りでした(爆)

ああうっとおしい。。Gパンに普通のコートを着ているからなのか、どうも素人っぽく見えたんでしょうかね。

風、この店で一人の男性と待ち合わせをしていました。「お昼頃なら石井スポーツにいます」と言うと、「じゃ、私も石井スポーツへ伺います」とのこと。

以前、年末年始の燕で知り合って以来、ちょいちょいお会いしてるおじさまです。
若いときはアイガー北壁やグランドジョラスの有名な岩壁を登りまくったクライマー。今はもう還暦手前のいいおじさんです。(この人もまあ不思議な人なんだけど。。。^^;)

背後霊のようにうろうろするベテランじじい、なんとか素人と思わしき若い男性(かぜ)にいろいろアドバイスしながら自慢をしようとしてるのが見え見えです。。。

ほんとにこういうじじい、いるんですよ。 山小屋とかでもいますよ~ で、中高年のおばさん登山者がその「ベテラン」というのを鵜呑みにして、山に連れてってもらって遭難してる例が後を絶たないんだけど。。

そこに、例の風のお友達のおじさんが到着しました。
その後の会話をどうぞ。

おじさん「やぁ~おひさしぶりです!」
風「どうも^^ ごぶさたです」
おじさん「突然電話してすみませんね~、ちょっと写真を見て欲しくてね~」
風「やっぱりそうだったんですね。どちらの?」
おじさん「先週ね、剱に行ってきたんですよ」
風「この時期に剣ですか~ 凍ってたでしょ~
おじさん「ええ、アイスクライミングでしたね^^; 久々で震え上がりましたよ(爆笑)
風「さすがですね。室堂からかなりラッセルだったでしょ」
おじさん「ええ、、若いのにさせました(爆)年寄りは甘えて後ろから^^ あ、そうそう、風さん、北鎌尾根、おめでとうございます^^」
風「ありがとうございます^^ 楽しかったですよ~。写真、一応持ってきましたよ」
おじさん「そうですか、ありがとうございます^^あとで見せてもらいますね。この冬は?」
風「キリマンジャロです」
おじさん「お~~フットワーク軽いですなぁ~(笑)」


ベテランじじい「・・・・・・・・」


さっきまで風のそばから離れようとしなかったのに、この会話を聞いて、あっさり離れてくれました^^;
おじさん、ナイスタイミングでした(笑)


しかし・・・肝心のマウンテンジャケットを買うとき、さっきの会話のおじさんの声があまりにもでかかったので(汗)、ジャケットコーナーにいた若い店員もなんだか恐縮して、質問してるのにいちいちカタログで確認したり誰かにききにいったり・・・
知ってる範囲で答えてくれればいいのに。。。
待ってもらってる手前、店員に聞いてばかりではあまりに時間がかかるので、結局よくわからないまま手頃な値段の手頃な見栄えの手頃な性能のジャケットを買ったわけです。。

色は、真っ赤にしてみました。 

帰って改めて着てみましたが・・・・・



似合わね~~~~~(大汗)
獲れた獲れた!!
やっと昨日、獲れました!

ほんと、どうしようかと思ってたんです
キリマンジャロ登山の諸々の手配も現地で泊まるホテルもサファリのジープもロッジも運転手もぜ~んぶ手配して、ケニアに送金も済ませて、キャンセル料なんて返ってこないのに、

実は帰国便の航空券がまだ獲れていなかったのです(爆)

あ~よかった^^;

いざとなれば現地空港カウンターで出発前の直前キャンセル待ち争奪戦に参戦か・・・と思っていただけに、優雅に空港に向かうことで出来るようになりホッとしております。
航空券を持って空港に行くなんて当たり前とお思いでしょうが、意外と日本のバックパッカーでも、1ヶ月FiXのチケットで帰りたいときに帰る、当日空港に行ってみて空いていれば帰る、無ければまた明日来る・・・っというような旅行してる人多いです。
ま、英語が下手なくせに、何かあったらどうするんだと、それは確かに身に染みております。。
以前ネパールで、キャンセル待ちで見事風がチケットをゲットしたあと、コリアンの女の子に掴みかかられたことがあります。。。
風、何かセコイことをしたのか、よくわかりませんが、胸ぐら捕まれて英語でまくしたてられました。
どう考えても愛の告白では無かったので、逃げるようにして搭乗口に走りましたが・・・
英語はきちんと出来た方が何かと便利そうです^^;
明日から「旅行の英会話」っていう本を読みます(笑)


さて、いよいよ出発2週間前となりました。

荷物関係はまだ何も用意はしておりません。いつもの山にいくのと結局同じような装備になるので、特別な準備というのは無いのですが、
海外に山登りに行くとなるとどうしてもやりたくなるのが、「ウェアの新調」なんですよね^^;

何故か。

いっぱい写真に写るから。 ただそれだけです(汗)

自分の安物のヤッケ。ゴアもどき。防水がもうあまり効いてない。紺色で多少ダサイ。。

これだけ登山するんだから、もう少しいいの買えよ!って自分にいつも突っ込んでるのですが、どうしても安物が体にフィットする身も心も貧乏性登山家なんですよね。。

結局いつも登るスタイルでキリマンジャロに向かいそうです。


ケニア・タンザニアには、「キリマンジャロコーヒー」というのは、売ってないそうです。

っていうか、日本ではおなじみのこの銘柄のコーヒーって、無いんですって!

現地手配を手伝ってくれてるナイロビにある現地旅行社に勤めてる日本人女性の話です。

「おみやげにキリマンジャロコーヒーを買って帰りたいのですが、現在予定してる私の行動範囲内で買えますか?」
と質問してみたのです。
で、いろいろコーヒーについても教えてくれたわけですが。。。

確かに、コーヒー農園はキリマンジャロ山麓にもあります。が、そこでの収穫量などほんの一部で、あとはケニア・タンザニアの内陸部で作られてるそうで。
この地域一帯で摂られたコーヒーは、特に何の銘柄も無く、現地ではただの「コーヒー」として売られるそうですが、それが輸出されてパッケージされると、その時初めて「キリマンジャロコーヒー」と名が打たれるそうです。
ですから、正しくは、「ケニア・タンザニア各地で摂れたコーヒー」であり、キリマンジャロは単なるネーミングに使われてるだけだとか。

で、この日本人女性のコーヒーの説明の最後の言葉が、

「現地で買われるより、日本で市販されているもののほうがよほどおいしいかと・・・」

だそうです^^;


もっと不思議系の話がたくさん出てきそうで楽しみです。ビバアフリカ^^
実は38度。。。
熱出てたんです^^;
夕べは、「このまま熱が下がらなかったら、インフルエンザかもな」と思いながら寝ました。
それくらい、ヤバイ状況でした。。
38度を超え、関節の痛み、悪寒、おまけに吐き気まで。。。

8時にはベッドに潜り込み、頭元に水筒を置いてのどが渇いたらどんどん水を飲むようにし、トイレに何度も起きて、寝間着代わりにフリースを着込み、苦しみながら寝て、
なんとか朝になると熱は下がっておりました。

いつもきっちりブログを更新するので、暇なヤツだと思われてるでしょうが、実はこの時期、風も人並みに忙しいのです^^;
休むのはかなりリスクがあるので、なんとか仕事に出て来たかっただけに、ホッと胸をなで下ろしました。
久々に所属クラブの練習である水バドを休みましたもんね。ほんとうにしんどかったのです。多少の風邪気味くらいだと行ってますからね^^;

少し元気になったので、今日はちょっと吼えてやろうと・・・

どこの会社にも、事務所にも、人の迷惑をかえりみずに休むヤツっていますよね。
うちにもいるんです。自分が一日フル稼働して動かなければならない行事がある時にスパッと休むアホが。。。

どういう神経してるのかと疑ってしまいますよね。
仕事が出来る出来ないは、個人の能力差があるので仕方がないことですが、人に迷惑をかけるかかけないかは、その人の能力では無く、心がけでなんとでもなるもの。
普段から誠意を持って対応していたら、いざマズイ状況になった時でも、「いいよいいよ^^」と言ってもらえるもので、それに対してもきっちりフォローしておくべきものです。普通は。

このおっさんは、休む時は朝の電話一本で「しんどいんで・・・」。。。
人の仕事など手伝ったことはない(手伝って欲しくないけど)。
以前自分が担当していたクセに、知ってても知らないフリをする。
責任を背負うことは完璧なまでの身のこなしで避ける。
あと、あり得ないくらい口臭がヒドイ。。。。

与えられた仕事はきわめて少ない。
そりゃそうだ、せっぱ詰まると休むから。。(クビにしろ!)
時間を持て余すと、デスクに座ってじっとしてる。(しかし風のようにネット遊びはしない。。。^^;)
窓際族の管理職ならまだしも、40代後半で平社員。
もっとがんばれよ。。。。

とりあえず、俺に迷惑をかけるな。な、おっさん。。。 

とても大きなネタとなった出来事があるのですが、訳あって公な場では書けなくて・・・

せっかくなのに、もやもやとしております、風です。


「黄熱病のワクチン接種後5日ほどで、微熱や体のだるさが現れることがあります」
と注意を受けておりました。

風、きっちりこの症状が今朝からでております。ええ、今日がその5日後です。。

注射した左腕の関節が特に痛くてだるく、熱は37度にのっかっちゃいました。
節々がだるくて、風邪の初期症状ですね。のどもなんか腫れぼったいような。

今、体はプチ黄熱病になっとるわけですかね。

ワクチン接種の仕組みってあんまりわかってないのですが、どちらにしろ病原体を体に入れてるわけですから、体が何らかの反応をして当然ってところですかね。

逆に体が気持ちよくなる注射もあるんだろうけど(笑)


禁煙・ワクチン接種と、風の体はこれまでにない状況を迎えてるわけですが・・・

それもこれも全部キリマンジャロへの準備。と思えばテンションもあがってきますね。


出発の朝、丸坊主にする予定です。

写メ送りますね(笑)
2トップ時代か。

恐れ入りましたね。
先日行われたグランプリシリーズ最終戦、NHK杯で優勝した浅田真央さん。
あわや200点に届くかという快挙を成し遂げました。
世界最高得点となる199.52をたたき出しての優勝&ファイナル出場権獲得。
ミキティとの2トップのシーズンになりそうな予感です。

さて、199.52ってどんなスコアなのか。
また、真央ちゃんは去年からグランプリファイナルを制したり、トリノに出ていたら押しも押されもせぬ優勝候補だとか、世界のトップスケーターという称号は既に手に入れていたかのようにも思います。
で、こんなデータをご用意致しました。
先月、ミキティが見事な復活優勝を遂げた2006スケートアメリカまでの歴代得点です。
これを見ると、真央ちゃんは6番目。日本人の中でも3番目だったのです。
まあ、それでも凄いっつーと凄いんですが^^;
で、今回、最終得点でスルツカヤを抜いてトップに、
ショートプログラム(69.50)・フリー(130.02)ともにパーソナルベストを更新して歴代3位。ってなこととなったわけです。


女子
最終得点
得点 名前 国籍 大会
198.06 Irina SLUTSKAYA RUS 2005ロシアカップ
197.60 Sasha COHEN USA 2003スケートカナダ
192.59 Miki ANDO JPN 2006スケートアメリカ
191.34 Shizuka ARAKAWA JPN 2006トリノオリンピック
189.87 Kimmie MEISSNER USA 2006世界選手権
189.62 Mao ASADA JPN 2005GPファイナル
182.08 Fumie SUGURI JPN 2003GPファイナル
178.77 Jennifer KIRK USA 2003スケートアメリカ
177.85 Elena SOKOLOVA RUS 2006世界選手権
177.54 Yu-Na KIM KOR 2006世界ジュニア
175.20 Michelle KWAN USA 2005世界選手権

ショート・TSS/総得点
得点 名前 国籍 大会
71.12 Sasha COHEN USA 2003スケートカナダ
70.22 Irina SLUTSKAYA RUS 2005中国杯
68.84 Mao ASADA JPN 2006スケートアメリカ
66.74 Miki ANDO JPN 2006スケートアメリカ
66.02 Shizuka ARAKAWA JPN 2006トリノオリンピック
63.90 Yukina OTA JPN 2003スケートカナダ
62.12 Fumie SUGURI JPN 2006世界選手権
61.28 Julia SEBESTYEN HUN 2005ヨーロッパ選手権
61.22 Michelle KWAN USA 2005世界選手権
61.04 Beatrisa LIANG USA 2006四大陸選手権
60.98 Elena SOKOLOVA RUS 2006世界選手権

フリー・TSS/総得点
得点 名前 国籍 大会
130.89 Sasha COHEN USA 2003スケートアメリカ
130.48 Irina SLUTSKAYA RUS 2005ロシアカップ
129.70 Kimmie MEISSNER USA 2006世界選手権
125.85 Miki ANDO JPN 2006スケートアメリカ
125.32 Shizuka ARAKAWA JPN 2006トリノオリンピック
125.24 Mao ASADA JPN 2005GPファイナル
120.09 Jennifer KIRK USA 2003スケートアメリカ
120.06 Fumie SUGURI JPN 2003GPファイナル
117.12 Joannie ROCHETTE CAN 2006世界選手権予選
116.93 Elena SOKOLOVA RUS 2006ヨーロッパ選手権


しかし、どう考えても体が重くなってますよね、真央ちゃん。
背が伸びて、筋力を付けたために体重が増加したものと思われますが、去年あんなに完璧に飛んだトリプルアクセルにこんな苦労するとは思いませんでした。
ただ、体重が増えたと言っても、余分なお肉が付いちゃったとか、食べ過ぎちゃったとか、決してそういう我々のような低次元な話ではありません^^;
跳ぶための筋力アップだったはずが、微妙に高さを奪ってるのか、回転力を失わせてるのか。
難しいですね。
背が4cmも伸びちゃったというのも難しいです。風なら大歓迎なんですが。。

以前から申し上げているとおり、風はミキティファンですので^^;、真央ちゃんばかり応援してられませんが、
是非、才能溢れる若い二人のアスリートを楽しみに見守りましょう^^

ミキティが4回転を入れてくれば、十分に200点代をねらえます。もちろん、真央ちゃんは今のプログラムでもノーミスならば200点に乗っちゃいます。
この辺りもちょっと注目してみたいですね^^
バドオフ
某トピックスのオフ会が開催されました。

バドミントンをした時間は3時間と短めでしたが、その分内容も濃いものとなりました。
たぶん。。


男女5人ずつの10名、それでいて3面のコートがあるので、ほとんどゲームしっぱなしになったわけですが、

ここで、誰が誰に何処に何を当てられたなどというネタはさほど期待されてはいないかと思いますので、割愛させて頂きます^^;

風、個人的には体調も良く、禁煙による暴食で多少体重が増えてはいるものの、やはり体の調子は良くなってるような気がするようなしないような。
精神的にはキツイものがありますが、スポーツをしてる時だけは、ニコチンの呪縛から解き放たれるような気がいたします。

改良中のスマッシュも適当に打てました。
ま、あんなもんです。
もう少し速く重くなるはずなので、もう少しお待ちください(笑)

まだ、どうしても巻き込んでしまってネット下段にあたるほど高さがずれる時がある。
肩を一緒に回してしまった時です。ニュアンスは微妙なんだけど。。
そんなスマッシュ、走りもしてないし、おまけに打点も下がって角度も付きすぎ。ネット越えない。

3本か4本あったかな。明らかなのが。

まだ打ち込みが足りてないんだなぁ。 体がしっかり覚えきれてない。 


多少シャトルが見えにくい体育館でしたが、この寒い時期には最高ですね。暖かい体育館^^;
二日酔いの人、筋肉痛の人、いろんな人が集まりました。ベテランさんからバド歴が浅い人、あんな人やこんな人(笑)

ま、ここでは個人個人へのコメント等はしませんが、楽しかったです^^

みなさん、一様に課題を持たれてて、また新たな課題を見つけて帰られて、
有意義な一日になられたことと思います。

またやりましょうね~^^
マジックバー
今、難波は道頓堀に、古き良き時代の道頓堀を再現したテーマパーク?なるものがございます。 

道頓堀極樂商店街といいまして、一時流行った「餃子スタジアム」と同じ会社がプロデュースしたフードテーマパークということです。

詳細はこちら→  http://www.doutonbori-gokuraku.com/

金曜日、黄熱病の予防接種を受けるため、天保山にある検疫所を訪れました。
あまり乗ることのない地下鉄中央線に乗り、地下鉄なのに地上の、それも高架の駅に着きまして、徒歩5分で到着。玄関ロビーには守衛さんが立っていて、そのまま5階の検疫所までは通してくれません。
ちゃんと「何をしにきたか」ということを伝え、名前と住所、来所時間をノートに記入して、首からぶら下げる許可証?なるものをもらいます。
 
金を払って問診票を書いて、お注射していただきます。

痛かったのなんの・・・・

いや、「おまえはこどもか」というご意見はごもっともなんですが、ほんまに痛かったんですって。。。

接種後、看護師さんから(40前後、小柄でお美しい、声がまた綺麗で色っぽい)説明を受けます。 どうでもよい括弧書きで恐縮ですが。。

看護師「接種後2週間、特にこの2,3日は、激しい運動と飲酒は避けてくださいね♪」

風「あの・・・これから毎朝軽くジョギングしてるんですけど・・、それもだめなんですか?」

看護師「いえ、ワクチン接種の後は、副作用による微熱や体調不良の可能性があるんですね。激しい運動をしちゃうと、体調不良の原因がワクチンによるものかどうかが判別できないので、一応そう申し上げることになってるだけなんです。ですから、日常行っておられる運動はそのまま続けて頂いて結構ですよ^^」

風「そうですか。要は普段通りの生活をしていれば問題無いんですね」

看護師「はい。そのとおり^^」

風「じゃ、今日の帰り、難波で一杯ひっかけて帰るつもりなんですが、これも日常ですからいいですよね?

看護師「それはだめです(笑)」

と言ったお美しい看護師の目は完全に怒っておりました。。



えっと、マジックバーの話題です。


ずずずっと話題を戻しまして、その道頓堀商店街っていうテーマパークには、いろんな昔の大阪の食文化を象徴するお店がずらりと揃っております。検疫所の帰りにここに立ち寄ったわけです。
中でも、串カツは是非食べていただきたいですね。だる○というお店がここに入ってます。新世界の本店に比べて、ちょっと衣が甘いかな??って思いましたが、でも、昔ながらの大阪串カツの味です。
ちゃっかりビールを2杯・・・ 
「たかがビールじゃけ、こんなもんアルコールの部類じゃ無かと~」
一応博多弁でいいわけしてみながら。

射的やら金魚すくいやら、縁日コーナーも昔の風流たっぷりで並んでおります。

そして、その一角にマジックバーなるものがあるのです。

そう、マジックを目の前で見せてもらいながら、お酒を飲むバーですね。


以上、マジックバーのお話でした(爆)















うそです。ちゃんと書きます。。


宣伝も兼ねて、実名出しちゃいましょう~

この店のオーナーはロミオロドリゲスジュニアという方です。
絶対に本名とちゃうやろ!と間髪入れずにツッコミたくなる名前ですね。
メンタルマジック という世界を繰り広げるマジシャンだそうです。

この日はそのお弟子さんであられます、坂本一徹さんという、どこかで聞いたことのあるような無いような名前のマジシャンがお相手してくれました。
あまり派手なしゃべりもなく、でもちょっと面白い、そしてマジックは絶妙な、楽しい時間となったわけです。
客は男女併せて4人。カウンターの真ん中にマジック台が置かれてまして、そこに頭を寄せる感じで呑みます。

とりあえず飲み物です。

すでに禁じられているアルコールに手を出してしまった風、もう「2杯も3杯も一緒一緒」という身勝手な理屈が成立しております。
「お任せで^^」と言いますと、
「では、道頓堀というカクテルでいかがでしょうか?」ときました。。。
「え・・・道頓堀・・・・の水を使って作ったカクテル??」と聞き返しますと、
「いえ・・・そんなもの出すと殺人罪に問われますので。。 ただ、色が似てるだけで、ある意味『シャレ』のカクテルですね」
「あっそう・・・色ですか・・・道頓堀川の色とよく似た色のカクテルですか・・・。じゃ、それをお願いします・・・」

頼んでしまいました。

出てきたのは、ヘドロっぽい色をした、深緑をさらに汚した感じの色をしたカクテルでした(爆)
味は良かったです。シャレです。シャレ。。。

ほとんどがカードマジックで、客の4人が交互にその技にやられ続けます。
見せて頂いたマジックは10種類ほど。
二人で4杯カクテルを飲んで、6000円ほどでした。格安でしたね~。

ま、ここでどんなマジックがあったかなんて記事にするつもりは無いんですけど、
ひとつだけ、すごかったのがあります。

カードをズラッと並べまして、3秒くらいでザクッと撤収されます。
その間に、一枚だけ、見えたカードを覚えておけと言われたわけです。一枚だけね。

4人ともぱっと見て覚えます。どれでもいいわけです。

それを、この坂本一徹は一人ずつ言い当てたんですよ。カードを手に取った訳でもなく、どこかに書いたわけでもない。ただ、頭に思い浮かべただけなのに。。

不思議だね~~

中には見抜いてしまったマジックもありましたが、でもこれだけはさっぱりわかりませんでした。
どなたかご存じの方は、「それはこうやってるんだよ!」と教えて頂けたら幸いです(笑)


さて、ワクチンはちゃんと効いてくれてるでしょうか・・・ 帰りの道中でそれがどうも気になって仕方がない、終電に乗る風でした。。
Design by Pixel
Copyright © ♪♪kazeの声♪♪. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。