スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひさびさの月練ネタですね。

Aさんも月練だけはなんとか復帰しておられます。他の曜日は皆目許可が下りない状態だそうですケド^^;

昨日は風嫁は仕事のため不参加、風一人で行ってきました。

元々風嫁は月練はあまり行かなかったんだけど、どうも夏になると参加したがります。
暑いからいい汗がかけると、それだけの理由で。
冬は寒いからあまり来ません。


練習はサウスポーの30代半ばの女性と。
なかなか伸びてきてる奥様なのですが、ちょっとフォームにクセが強い。
いったん打点付近に面を合わせておいて、それから振りかぶって打つという、なんとも無駄な動きが入ります。
それをちょっと矯正してあげようと手取り足取り腰取りやってみますが、どうしてもシャトルが飛ぶと元通り。
「意識だけしておいたら、気が付けば少しずつ治るよ」と結論づけておきましたが。。

このクラブには風の同い年の奥様がなんと7人もおりまして、やっぱりなんだか同い年というだけで仲良くなるもんですね。よくしゃべる人も同い年組の人が多いです。

その中でもぐんぐん実力をつけてきている筋トレ主婦ことSさんと一番よくしゃべるんです。ほんとはもっとしゃべりたい人が他にいるんだけど

練習後、呼び止められまして、Sさんが最近通い出した他のクラブについて聞かれました。
そのクラブは風が以前(だいぶまえ)にちょこっと顔をだしていたところで、人間関係やクラブの雰囲気があまり好きくないところです。
やはりSさんもその辺りが気になってらしたようです。

そんなことをダラダラしゃべっておりますと、この日基礎打ちをしたサウスポーの奥さんが
「あら~珍しい、風さんが練習後の立ち話なんて^^」
と。。

するとSさん、

「だって、風さん、奥さんと来てるときはビビッて私らとしゃべってくれへんねんもーん」


あ、そう。。。。(ーー;


おまけに、

「今日は奥さんおらんから、はじけとったし(爆)」

ええ、ええ、

嫁がいないときは風お気に入りのWさんとここぞとばかりにしゃべってますよ、ええ、、


早く寒くなって嫁が来ない時期にならないかな。。。。



アホな愚痴を言ってる場合ではございませんが。。



最後に少しだけAさんの近況報告など。。

少しバドをする機会が減って、それが功を奏したのか少し良くなってます。

なんと言っても、スマッシュが2本に1本はネットを越えるようになりました(笑)

しかしどうにもならないのが、クリアが飛ばない、ロブを奥まで送れない。

昨日も1ゲームだけ組みましたが、彼、「泥臭さ」が全然無いんですよね。一生懸命ではあるんだけど。

要は、「絶対に返す!」「絶対にシャトルを落とさない!!」っていう気持ちが見えないんですよ。

ショットやフットワークのレベル云々を踏まえたとしても、あまりにあっさりミスをする、あきらめる、落とされる。

ちょっとやっかいかな、この状態。

もう3年以上「初心者」としてのレベルでやっておられますので、獲られて当たり前、ミスして当たり前というバドでまとまってきちゃいました。

まだまだ練習しなければならないショットがたくさんあるのに、そういうところで躓いて欲しくないですね・・・・

がんばれAさん!^^
スポンサーサイト
静岡で1時間に110mm。。。

行かなくて良かったようです。

28日からの土日を利用して山行を計画しておりました。本当なら今日の午前中に下山する予定を組んでましたが、もし行ってたら、

土曜日=そこそこの天気で入山

日曜日=メイン日は一日中雨模様&

月曜日=100mm/hの豪雨の中、死にものぐるいで下山

という結果になるところだったのです^^;


今年は梅雨明け10日の晴天は約束されない、梅雨明けしばらく後からやっと高気圧に覆われると先週の記事で書いた風、

いっそのこと気象庁長官にでもしていただけないでしょうか(爆)


というわけで、山行は今週末を利用して行って参ります。

残念ながら今週末は嫁も仕事が無く、単独行で入れません。。。

おまけに、風が行こうとしていた八ツもNG、南アルプスに行ってみたいそうで。。
(北アは二日半しか行程が組めないため無理)

ま、いいんですけど。単独より多少は荷が軽くなるし。。。



話は変わりますが、民主党のみなさま、おめでとうございます

自民の失言が趣味のお馬鹿さんたちに助けられ、
まるで社保庁の失態は自分たちの党の政治家には一切関係ないと国民に信じこませ、
投票前に追い打ちをかけるようにピンポイントで事務諸費経緯で潰しにかかった成果が現れましたね。

決して国民は民主党を支持した結果ではなく、「自民党はダメだ」という一連のネタしか知ることができずに投票日を迎えてしまい、自民党以外に投票しただけという結果であることをわかってもらいたいですね。

私もその一人なんですけど。。。


んで、参院最大党となった民主党のマニフェストって、どんなんなんだろう。。。^^;

自民党は150の約束?
「言うだけで守れませんケド^^;」って言ってるようなもんですよね。中身は知らないケド。。


国民が政策論争をほとんど知らずに行われる国政選挙。

いいんだろうかニッポン?

大連 vol.2
二日目。

土日が休みなのは中国も同じで、朝から通勤ラッシュってなことはありません。

閑散とした市街を散歩しようと、朝の7時頃よりホテル近辺をウロウロしてみました。
大連は今もビルの建設ラッシュで、このようにガレ場の空き地がたくさんあります。
P1010022.jpg


こちらは旧満州鉄道時代のまま残されているガード。
P1010028.jpg

大連駅の近くです。現在の東新鉄道?だっけな、この鉄道は満鉄時代のレールをそのまま使っており、脱北の地で有名な瀋陽を経由し、シベリア鉄道に合流、モスクワまで続いております。ちなみにモスクワまでは10日間かかるそうな。

この日の散歩は一般庶民が住む地区をウロウロしてみました。
かなり汚かったです。
中国の貧富の差が見え隠れする風景に考えさせられるモノがありましたね~
高層ビル街からわずか数100m離れるとバラック建ての民家に薄汚れた路地。。
臭いもけっこうありまして、歩き始めて40分後、頭痛がしてきたのでホテルに戻りました。。。

この日の観光は大連の中心街、午後からは旅順での日露戦争戦跡を辿ります。歴史好きな方はご存じでしょう。乃木将軍が苦心の末落とした203高地ですね。

大連の中心街の公園は日曜ですから賑わってます。

バクチをする地元民。
P1010031.jpg


体操?してるおばさま方。
P7230242.jpg

中国人観光客も多い。
P1010032.jpg


街は北京オリンピック一色?って感じでもありませんでしたが、土産物屋さんにはグッズがたくさんおいてますし、
こんな看板も。
P7230235.jpg

110mハードルの世界記録保持者、りゅうしょう(漢字がわからん)です。来月の大阪世界陸上でも優勝候補の筆頭です。

さて、市庁の前の大通りでは、大連の顔と言われる、女性警官の交通整理が見られます。

と言っても道の真ん中のパラソルの下で車を停めたり行かせたりしてるだけ。。なんですが、
これがまたスラッとした美女でかっこいい!

李さんの話によると、「あれはモデルさん」だそうです。ただし、職業はれっきとした警察官で、毎年厳選されたモデルが数名、警察官に選ばれるそうで、仕事の内容は、この中心街での交通整理のみ

大連モデル界では、これは憧れなんだそうです。モデルの中でも超エリートのみが得られるお仕事なんだとか。。
P1010060.jpg



バスは一路旅順へ。
ここは遼東半島の先端部にあたり、かつて東北地方に侵略した日本とロシアが取り合った、「中国への玄関口」です。
ここを攻略すれば、内陸ももらったようなものってことですね。

その戦争で日露が激しく取り合ったのが、203高地です。標高が203mだからそういう名前。
旅順港が見渡せる好立地条件で数万人の死者を出しながらも日本の第3陸軍が攻略したので有名。映画にもなってます。
映画『二百三高地』
夏目雅子が美しいです。。

1kmほど坂道を上らなければなりません。ってことで、観光者用にが用意されてます。もちろん乗りませんでしたが。。。
P1010052.jpg


料金は往復で100元(1650円)、チップに別途20元が必要です。

頂上に登るとこういう説明看板。
P1010043.jpg


で、その耻辱柱とやらがこれ。
P1010044.jpg


当時使われた大砲。
P1010050.jpg


砲弾はなんと270kg、射程距離は7km。
元横綱の曙を7km先までとばすようなものですね(どんな例えじゃ)


ま、いろいろ観光し、各場所にいる中国人が流暢な日本語で話す解説を聞き、またもやお疲れモードで大連に戻ります。
で、晩飯前にまたマッサージ(爆)


今回の旅行で、どこの観光地、観光施設でもそうなのですが、必至のパターンというのがございまして、

観光地到着→現地女性説明員がお出迎え→流暢な日本語で説明・案内→特産品の説明→別室に案内→そこには特産品&おみやげ売り場(中には偽ブランドモノもたくさん)→強引な商売

5,6カ所の観光地に行きましたが、ほぼこのパターンでした。
お茶だけ買いましたケド。けっこうお金を払ってあげましたよ~ おみやげ分の安物のお茶だけで、中国人の給料1ヶ月分くらい。儲けやがって。。。。^^;

マッサージが終わると晩ご飯。牛しゃぶです。
中国産牛です。
肉が出てきて、写真をパシャリ。
P7220187.jpg


この肉の鮮やかな色は自然のモノですか!!

大声で聞きたい気持ちで一杯でしたが(笑)、
そういうこと聞いて、「いえ、着色料で染めております」なんて答えが返ってくるハズがないですよね。例え絵の具で染めていたとしても。。。。(汗)

またチンタオビールを飲みながらおいしくいただき、おじいさんはもうお疲れモードなので親父と叔母と共にホテルへ戻ります。
しかし最終日の夜、すんなりホテルに戻るのはもったいないと、ガイドブックに載っていた中国雑伎団の妙演を見に行くこととしました。

53階建ての高いビルの最上階のラウンジでそれは行われております。
約1時間のショーと、飲み放題とおつまみがついて約5000円。これを3800円くらいに値切ってと。。。

午後8時、ラウンジの明かりが落とされ、コの字に設置されたテーブルの真ん中のスペースに照明が落とされます。

はじまりはじまり~~~

ってな感じで待ってますと、いきなり出てきたのは、

なんと、

水着のスレンダーなおねーちゃん!!
P7220208.jpg


びっくりしました。店を間違えたのかと思って(爆)

おねーちゃん、そろいも揃って9等身ほどあろうかと思うほどのモデルさんが3人、目の前で踊ったり歩いたり握手しにきたり。。。

ま、すごい体型でした。
例の、交通整理の警察官にも選ばれるモデル学校の人達です。要は雑伎団の前座で出てこられるわけですね。
それが目的で来てる中国人のオヤジ達も明らかに数名いてましたが(爆)

その後、ちゃんと始まりました。雑伎団。下は7歳、上は二十歳くらいでしょうか、若い子達による演技ですが、

やっぱナマはすごかったです。
P7220215.jpg

派手にクルクル回るのが最後の演技で終了、ビルの展望台から夜景を見下ろして(モヤって全然綺麗じゃなかったケド。。)ホテルに戻ります。


さて三日目。
2度目の朝の散歩です。ちなみに、従兄弟なんかにも誘うのですが、ガイドがいないのにウロウロするのは・・・・と、着いてきません。結局風夫婦でウロウロ。

昨日は一般庶民が住む町をうろつきましたが、今度は月曜日、通勤ラッシュ時間帯ということなので、あえて街の中心、大連駅前に繰り出してみることに。

ウロウロしてますが日本人の姿は無し。中国人のビジネスマンや夜行で到着した観光客、観光ツアーの客引き(これにつきまとわれた)、あとは行き先不明の多くの人間。。。。

駅前広場の横には商店街があります。

現地の人達であふれかえってますので、とりあえずウロウロしてみることに。

すると、なんともおいしいにおいがします。
店先で蒸してる肉まん。

「お~!段ボール!

ちょっと間違った日本語を使いそうになってしまいましたが、どうしても食べたかったので、路店の奥にあるテーブルへ。
注文を聞かれますが、ココは日本語はもちろん英語も全く通じません。ところが、ガイドブックに載ってる程度の中国語のカタカナ読みを発音してみるのですが、これも全く通じません。発音がすごく難しい中国語ですね。

身振り手振りで肉まん1人前(小ぶりなのが8コ)を注文。
チンタオビールと辛そうな総菜もたのみ、
あ、ちなみに朝8時半の話です(苦笑)

雑踏とした中国の商店街でモーニングです。
P7230246.jpg

しかしこの肉まんはメチャメチャ旨かったです。ニンニクがしっかりきいていて、辛めのタレに付けて食べます。
これが一番旨かった^^

お支払いは人民元で、なんと、10元。

165円!!

そう、こういう物価なんですね。観光客はとんでもなくボラれてるっちゅうことですね^^;

あとは免税店に寄って空港へ。あっというまの3日間でしたが無事に怪我も病気も無く全員帰って来れました。


おしまい^^

大連 vol.1

長らく更新をサボっておりました。
全国の風ファンの皆様、今日はがんばって書きましたので、どうぞ、涙をお拭きください(爆)

先週末より、中華人民共和国に段ボール肉まんを食べに観光旅行に行っておりました。
風、別に中国に興味があるわけでなく、ガイドツアーによる観光旅行も趣味ではないのでこういった旅行は滅多にすることは無いのですが、
今回は祖父のお供という役割でした。

4月末に亡くなった祖母は足が不自由なせいもあってか、出不精でして、昔はそれでも祖父母二人でよく旅行に行っていたのですがここ20年ほどは全くと言っていいほど旅行はしておりませんでした。
ところが祖父は旅好きでして、南米と南極以外は全部行ってる強者です。
が、祖母に気を遣って行きたくても行けなかったと、本人は言わないけど家族はみんなわかっておりました。

で、もうおばあちゃんはいないんだから、息子や孫がおじいちゃんの好きな旅行にいろいろ連れてってあげようというとても温かい家族のお話なわけです(笑)

当初は父がスポンサーで風夫婦が祖父を連れていく予定だったのですが、いつのまにやら叔母とその娘(風の従兄弟)も参加することになり、総勢7名のご一行様となりました。。

行き先は祖父の希望で、中国は大連へ。2泊3日のごくありふれた旅行です。

というわけで、これからしばらくの記事は、風が見てきた中国という国を風なりにおもしろおかしく書いてみようと思います。また誰かに叱られるのがオチ


さて
乗り慣れた関空からの出発。
風夫婦で行くときはいつも搭乗2時間前の規則を大幅に破って1時間ちょっと前にチェックインするのですが、さすがはA型のおじいさん、きちんと2時間半前に空港に到着するように家を出ます。(風も風嫁もA型ですが・・・)

関空に着くと、「チェックインしてくる」と風、旅慣れたところを見せようとみんなの予約券を預かろうとしますと、親父、一言。
「今行ってもらってる」

へ?誰に?ここに全員(7名)いるよ??

「旅行会社がそのためだけに来てくれてるねん」

え・・・・

ご、ごくろうさまです・・・・


荷物預かりから搭乗手続きまで全てその旅行会社のスタッフがしてくれて、お見送りまでしてくれて。。


みなさんご存じです?関空内には様々なラウンジがあるのを。
ビジネスクラス以上のチケットを持ってる人はソファーがある静かなラウンジ(ドリンク飲み放題)に入れますが、それ以外にもクレジットカードのゴールド以上を持ってる人がカードを提示すれば入れるラウンジもあるのです。

ま、そこに入ってコーヒーをタダで飲みましたっていう、別におもしろくもなんともない話しか無いんですが・・・(汗)


国際線で日本の航空会社に乗るのは大学の卒業旅行以来です。
一路大連へ。
2時間という近さです。

飛行機が着陸態勢に入って、どんどん大連の町並みが見えてきます。

が、すっごいモヤ。日本の黄砂真っ盛りの時なんかでも比べものにならないくらいのカスミ具合です。。。

そう、中国名物、光化学スモッグですね。

大連空港に着きますと空港内はけっこう閑散としておりました。土曜日の真っ昼間なのに。

まずトイレに。

よく、中国のトイレは扉がないなんてことを聞きますが、ここは都会の空港、そんなことはありません^^;

しかし、小便器の前にはこんなユーモアあふれる張り紙が。
P1010066.jpg

だいたい意味はわかると思います^^

到着口を出ますと、ガイドの李さんがにこやかな笑顔でお出迎えしてくださいます。
ガイド付きの海外旅行って初めてかも。。。

大連は中国の中でももっとも美しい街のひとつとして有名です。
日本を始めとする海外の大手企業が進出し、高層ビルが建ち並び、また避暑地としてのリゾートでもあり、中国でも有数の大きな港を要する重工業地帯でもあり。。。
なんでもありの街ですね(笑)
とにかく、かなりの都会でした。

空港は軍も使ってるので写真撮影は禁止。もしパシャって写したところを見つけられたら、デジカメごと奪われてしまうらしいです^^;
ということで、李さんとともにバスにのって空港から少し離れてやっと撮影開始。

大連空港です。
P1010009.jpg

写真が霞んでますね。光化学スモッグです。外を1時間以上歩くと頭痛がします。(ほんとに)

あ、歩くときはもう一つ気を付けなければなりません。

日本では横断歩道なんかを渡るときは必ず「歩行者優先」ですが、
中国では「車優先」です^^;
もし轢かれたら「車が走る道を不注意に渡る歩行者が悪い」と、運転手は咎められないという、なんとも歩行者にとっては危ない状況です。

空港前には航空会社のビルが建ち並んでおります。遠目には近代的な普通のビルかと思いきや、さすがです。
このひび割れ(笑)
P1010008.jpg

ま、地震が無いところだそうで、これでも潰れないみたいなんだけど。。

バスはまず海水浴場へ向かいます。
別に我々は海水浴をするわけではありませんが、この海辺の公園がとても有名な観光スポットらしいのです。
というのも、この大連がある東北地方(旧満州)は海に面してるのが大連市のある遼東半島のみ。あとはモンゴル・ロシア・北朝鮮に囲まれた内陸の地方なんですね。だからとかく海が珍しいということなんです。
中国の海水浴場です。
P1010013.jpg

まあ、水の汚いこと汚いこと。。。そりゃそうだ、ここには600万人が住んでおり、下水施設はほとんど行き渡っていない。観光地でありながら重工業地帯。水が綺麗なハズはありません。

公園内にはお花がいっぱい。
花をバックに写真撮影するおねーさん。一昔前の日本ではこんな光景も見られたようなきがします。
P1010014.jpg

ちなみに、
中国人の女性は綺麗な人が多いってよく言いますよね。
たしかに、足が長くて顔が小さくて綺麗な人もよく見かけました。

が、

人間の絶対数が多いのです。

ですから、そうでない人も非常に多いというのが正解のようです(笑)


バスはリゾート地?をグルグルまわり、この日の観光は概ねこれで終了。
あとは晩ご飯ということになるのですが、その前に今回のツアーで風が仕組んだイベントがございます。
これは大連に関する記事を探そうとブログ巡りしていたときに見つけたのですが、やはり中国と言えば、

マッサージ

ということです^^

安くて、かなり上手くて、一生懸命やってくれると、評判のマッサージ屋さんの予約をとっておきました。旅行前に李さんにメールでお願いしておいたのです。

こちらがマッサージ室。
P7210147.jpg

90分140元(かなり値段交渉しております)

140元=約2,300円

90分2,300円!! 安い!! 

これが日本人の感覚では安いと思うだけで現地の物価やなんやらを考えれば・・・・なんて理屈を言い出したらキリがありません。
なんせ、90分間、けっこうレベルの高い足ツボと全身マッサージを受けられるのです。

ということで、7人全員で行きました^^

朝早くに家を出て飛行機で大連に来て3,4時間蒸し暑い中観光して、
僕らでもそこそこ疲れてるんだから、おじいさんもけっこうお疲れのはず。

90分後、銘々が出てきます。

7人が7人とも大満足、
「疲れが取れた!」
「足のむくみがとれて靴がブカブカ!」
「マッサージして急にお腹が減った!(風談)」
なんていいながら軽くなった体で夕食へ。

夕食は中華海鮮料理。写真を撮るのを忘れたけど、なかなかのものでした。少し味が濃いのですが、一緒に呑んでる青島(チンタオ)ビールがとてもあっさりした飲み口でちょうどいい。
それにこのビール、アルコール分が3%と日本のビールの半分しかありませんので、いくら飲んでも酔いませんほんまか!

大変けっこうなものです^^;

レストランでの食事を終え、銘々ホテルに戻ってこの日はすぐに爆睡してしまいました。。。

観光のメインは二日目です。

続きはまた後ほど~
暑い夏を乗り切る方法

あれ?梅雨前線が消えた?梅雨明け??
と思ったら朝鮮半島付近にエスケープしてました。
これが下りてきてもう一雨降らせ、その後太平洋高気圧(本当の夏)に日本海北側に押し上げられていよいよ梅雨明けです。というわけで、梅雨明けは平年より遅くなりました。「梅雨明けは早く空梅雨に、その後は猛暑」と梅雨入り後に言った気象庁の予報はこれで外れたことになるのですが、
あともう一つ、気象庁と違うことを風は言っちゃいます。
「今年の台風は少なくて、勢力もさほど強くない」
って思います。いろんな条件からそのように思うのですが・・・


さて、昨夜の練習、体育館の温度は19時を回っても30度を超え、さらに湿度が80%とたまらない条件でした^^;

しんどい夏がやってきました。
みなさん、バテないようにどんな努力されてるでしょうか。
体重が落ちる人、貧血気味になる人、
いろいろおられると思いますが・・・

しかし今、風はそこそこ好調。

原因はこの2週間で体重1.5kgを落としたこと(昨日久々に計ったらビックリ)、


さらに、

さらに、

すごいことやってるんです。

ビリーではありません。もっとすごいことです。

このおかげか、体調が良くて、足も動くし、何よりスタミナが少しアップしたか?って感じです。

なんでしょうか。

わかった人いません?


そうですか。


わからないですか。



答えは、





じゃじゃーん!







節酒!(爆)



ただいまアルコールを獲るのは、ウィークデイに1回、週末に1回。そう、週に2回なんです。それも、深酒禁止しております^^;

それ以外の日、ローアルコールビールにしました。

マズイです。。。が、飲み慣れてきました(汗)


ビールは太る

この理由に一番大きなのが、食欲増進ってのがあります。

おつまみが欲しくなり、あろうことか、散々飲み食いした後にご飯が欲しくなるという魔法の飲み物ですから。。。。

いつも風は夏になれば太ります。これは明らかにビールの飲み過ぎ、それに伴う暴食・・・ということは重々承知しておりましたので、
今年は、少し大人になってみます。

いやぁ~

毎朝、酒が残ってない状態での目覚め、

けっこう気持ちいいですね~^^


気象予報

三連休、ずっと家にいてたなんて何年ぶりでしょう(笑)

前半は台風、その台風が過ぎても朝鮮半島付近にあった低気圧が台風のお尻を追っかけてきてましたし、それがそのまま再び梅雨前線を形成するのか?って感じもしてましたから、
後半、特に連休最終日の月曜も、晴れれば日帰り登山でもしようかと思ってましたが早々に中止。
午前中晴れてちょっとが出ましたが、行かないで正解。昼過ぎから豪雨とあいなりました。。。

しかしそろそろ梅雨明け。
西日本は今週中にも梅雨明け宣言が出てきそうです。
例年、梅雨明けの定義とは、梅雨前線が北上し、日本海側に抜けて鯨の尾っぽのような折れ曲がり方をして小さくなって、梅雨明けとなるわけですが、
今年は台風の影響もあるのか、太平洋側に南下して消滅していく感じです。
今、太平洋に下がった前線も日に日に小さくなって、太平洋沖で消滅しちゃうでしょう。
と、いうことは、本当の「夏」の訪れである太平洋高気圧が張り出してくるのに少し時間がかかります。
例年は梅雨明け十日の晴天と言われますが、今年は梅雨明け5日目から十日って感じで晴天を確保できそうに思います。
よって、週末のねらい目は7月の終盤から盆まで。ただし、新しい台風が来なければ。

趣味”気象予報”@風がお送りしました^^
夏こそしっかり動け!○○ッ!

3連休には台風4号が接近し、レジャーには思いっきり不向きのようです。
いっさい予定を入れなかった自分が報われるためにも、しっかり崩れてほしいと思います(笑)
あ、ただし、洗濯がたまってるので、一日だけ晴れてくれるとありがたい。。

ラニーニャ現象が見られるため、今年の梅雨は空梅雨、早々に明けて夏は猛暑と、6月初旬に気象庁からの長期予想が発表されました。
それに対して、梅雨はいつも通りしつこく、夏は平年並みかそれ以下で猛暑にはならんでしょうと1月以上前にどこかに書きました。このブログか掲示板かは忘れましたが。。
ちょっと気象学に興味を持ってるものならだいたいの予想はつくような気がするものですが、どうして気象庁はあのような発表をしたのかわかりません。ラニーニャそのものは海の水温が下がる傾向で、過去に何度かそれでも他の影響が上回って猛暑になっただけで、今年もラニーニャ=猛暑と予想した気象庁。ん~~ がんばれ、気象庁及び気象予報士^^

毎日湿度が70%を越えてるのもの、気温が30度を上回ることが少ない今年の7月、
これこそ冷夏の兆しでもあるのですが、この時期の体育館はそんなことおかまいなしの不快さです^^;

昨日も不快指数100%に近い中、基礎打ち40分、ゲームの合計10セットをやってまいりました。
どうもこの湿度と暑さには弱い風、4勝6敗と負け越して凹んで帰宅したわけですが、調子が悪かったのは暑さのせいだけではないと、信じたい。足の裏、けっこう痛かったです。。。。

動きがあまりに怠慢なため、
「バドミントンの動き、忘れたん?
と冷ややかに言われます。
そう言えば来月、オープン戦なのですがミックスの試合がありまして、これは今年から出来た試合です。ですから、第1回となる今年は何部に出ようが自由です。
風夫婦ペアは社会人ミックスで1部にあがっちゃった為、一応どんな大会でも1部で出てるのですが、風のここんとこの調子と、昨日の怠慢な動きを見て、勝手に2部で申請したようです(汗)
ま、内心ホッとしてたりすんですが^^;

そして9月の社会人ミックスは1部。しっかり勝ち癖をつけて調子をあげていきたいと思ってますが、
昨日の帰り、車中でやっぱり説教されました。。。


嫁「ちょっとあんた、最近ほんまに動けてないで。ボーっとして。」

風「せやな・・・なんとかせなな・・・」

嫁「なんとかって、具体的にどうすんの」

風「走るかな」

嫁「いつ、どこを、何キロ、何分で」

風「適当に・・・・」

嫁「そんなん言うてるからそんなんやねん」

風「どんなんやねん^^;」

嫁「あれ買ったら?ビリー隊長の」

風「おお、ブートキャンプな、あれは短期間で体絞れるし、体力アップも出来そうやな」

嫁「自分のお小遣いで買いや」

風「うん。。。。」

嫁「明日からやで」

風「え・・・・なんでそんな慌てるねん。明日はとりあえず走るわ」

嫁「そんなん言うてる暇ないって!来月2部で負けんのいらんで!2部で」

風「なんやねん、俺の減量次第かいな」

嫁「そらそうやろ!ブタッ!




な、なんとおっしゃりました???




一度告訴してもいいでしょうか、この人を。。。。。



リフレッシュ・・・?

昨日、久々に電車に乗りました。
通勤が車or自転車だし、普段の移動(買い物やらバドミントンやら)も全て車。
電車に乗るのは月に1度か2度なんです。

仕事での用事で、午後一番から会社を出て1時前の電車に乗り込みますと、ただいま高校生は期末テストの真っ最中、やたら高校生ってな車内です。特に女子校が二つある区間に乗ってときなんて、やかましいのなんの。

なんか、最近清楚な高校生って少ないんですね~
妙にスカートが短くブラウスもだらしなく着てる子が多いこと多いこと。

そしてまたしゃべってる内容がアホっぽい(笑)

んなことはどうでもいいんですが、

仕事がおわり、直接家路につきます。まだ4時過ぎだったのでなんだか随分得した気分^^
とは言うものの、5時に家に帰っても別にすることも無いので、久々に「クイックマッサージ」なるものをしようと決意。
地下街にあるリフレッシュなんとかって店に入ってみました。
先に断っておきます。性○マッサージではありません
足ツボマッサージ、30分2800円というものです。
ほんとうです、足ツボマッサージです!


5分ほど待たされて「おまたせしました~^^」と出てきたのはややふっくらした可愛い女の子でした。
いくつかの質問を受け、「では始めさせて頂きます^^」と靴下を脱がせてくれて、ズボンを膝上まで捲り上げてくれます。
思わずなんか緊張した風(笑)

一瞬違う店に入ったのかと勘違いしそうになりました(爆)

リクライニングチェアに座らせてもらってますので、半分寝てるような感じ。
スヤスヤと寝そうになると、グリグリ!っとやられて「アォッ」と起きてしまい。。。
それにしてもなかなか気持ちいいものですね。クセになりそうです。

しかしこんな若くて小柄な女の子がえらい力ですね~
踵の時なんかかなり強い力です。
風、思わず聞いてしまいました。

「ねえ、この仕事してからさ、ペットボトルの蓋を人に開けてと頼んだことある?(笑)」

うちの会社にいるんですよね。年齢30前、性格はファンキー、握力12。。。って女の子が。5番街に住んでるらしいけど
いつも、「かったーっ!これ、どんな閉め方してあるんよー、あけて!」
と人に偉そうに頼み、
またそれがいつもいとも簡単に開いて、
「あ・・・ちょっとぉーそんな簡単に開けたら私どんくさい子みたいやんかー!(プンプン)」っていうバカ女がおるんですが・・・

で、そのマッサージの子、

「いつも開けてあげるほうです^^;」

って。
正直で可愛いですね^^
それからその子も話しやすくなったのか、いろいろとお話してくれながらがんばって揉んでくれました。どこが何のツボやら、お酒飲まれたときは肝臓の機能が弱まるからここを押せばいいとか、

「すごいふくらはぎですね・・・何かスポーツされてます?」
「よかった、一瞬、すごい毛深いですねって言われるかって思った」
「あ~、けっこう毛深いですよね^^;じゃなくて、筋肉のことですよぉ」
「ああ、カバチョを少々・・・」
「カバチョ?」
「知らん?カバチョカバチョカバチョカバチョ・・・・・って言うやつ」
「あ!手つないでなんかするやつですよね!なんか見たことあります!」
「それそれ^^」
「そんなんされてるんですか!?」
「ううん」
「え・・・・(-.-)」

なんて楽しく会話しながらあっというまの30分が終わりました。


さて。

なんでもいいけど、今朝から妙に足の裏、特に土踏まずのあたりが痛くて痛くて仕方がありません。。。(汗)

ほんとに。

今晩、バド出来ないかもしれないって思うくらい、イタイです(ToT)
梅雨終盤ですね

今週末は三連休。中日の日曜に仕事が入って身動き出来ず@風です(ToT)

海の日ってなんで7月第3週なんでしょうか
沖縄や九州南部を除いてほとんどが梅雨のまっさなか
それも一旦日本列島の南側に停滞してる梅雨前線(現在の状況)が、最後に太平洋高気圧に押し上げられて日本海側へ抜けるのですが、その際に列島を通過するのが毎年その時期。そして梅雨明けへとなるんですが・・・
かなりの確率で前線と列島がかぶってる時期に「海の日」というハッピーマンデーを設定してるわけですよね。
だれがどう考えたって、子ども達が夏休みに入ってからで梅雨明けの安定した時期である第4週に3連休を持ってきた方が経済効果はあると思うんだけどな?
ま、僕が日本国の大統領にでもなればその辺りはすぐに変えちゃいますけど(笑)

ですから仮に今週の日曜に仕事など入らずに3連休全部空いてたとしても、ここに山行はもってきたくないわけです。
ええ、昨年北鎌尾根で土砂降りの雨とぐずついた大量の雪渓に悩まされて撤退したのもこの3連休でした。。。

どうでもいいことをつらつらと書いて今日の本題。。


北アルプスでは例年に比べて残雪量が豊富だそうです。各小屋のHPを見ててもまだまだ凄い残雪量!
下界では観測史上1番の暖冬だの地球温暖化の影響だのと言われてるけど、高山ではまったく下界と反対の状況。
これにはいろいろ影響があって、4,5月の気温が低く、6月初旬でもまだ雪が降って雪解けがいっこうに進まなかったこと、
あとは下界がいくら温暖だと言おうが冬には必ず-10℃を下回る世界となる3000mの山脈、周りが暖かいと逆に雪が降りやすい状況になることもあると言われてます。
お湯が入ったコップを冷凍庫に入れると、水が入ったコップに比べて霜がつきやすいのと同じで、暖かい空気が氷点を下回った場所に流入させると多くの水蒸気が氷に変わるという仕組みですね。
余談ですが、
地球温暖化で水面があがるという理由に、某A新聞なんかは「極地の氷が溶けて海面が上昇する」なんて言い、同系列のAテレビではCGで町が水没してるCMなんかを流してます。
でも、こと北極においては氷は溶けても海面は変わりませんね。1mmさえも。北極は陸が無く氷が浮いてるだけですから、溶けても水面は同じです。
コップに氷を入れて満タンに水を注いでください。氷が溶けても水はあふれません。っていうことですね。
でも南極は陸の上に氷があるから、溶ければ海面があがります。
もし、南極の氷が全部溶けたら(あり得ないけど)、海面は60m上昇するらしいです。東京や大阪は完全に水没ですね。
ところが温暖化で気温が数度あがっても南極は冬になれば元々-40℃以下の世界、数度の差は氷の量に影響しないどころか、周りの海流の温度があがると水蒸気量が増え、南極に流入したその水蒸気が多くなった空気はより多くの雪を降らせて氷を作る・・・ので、気温があがると南極の氷は増えるということになります。
よって海面は下がる?とも言われますが、それ以上に水そのものが膨張して海面があがるのではとも言われたり。
A新聞の事実に伴わない国民が興味を持ちやすい報道に問題は無いのだろうか、と思うこのごろでありますが・・・
地球は呼吸してるんですってね。地球そのものが膨張や収縮を繰り返してるらしいです。何十年何百年の周期で。
伸びたり縮んだりしても水の量は一緒ですから海面もあがったり下がったり。海抜の低い島は浮いたり沈んだり。
地球の何万年規模での季節を見ると現在は氷河期。
何が正しいんだか、何が間違ってるか、何が必要で、人類は、私たち日本人は一体何をすればいいのか。
ちゃんと教えて欲しいですね。ちゃんと

さて、水不足が深刻化するほど空梅雨になると言われたこの梅雨、
近畿の水瓶、琵琶湖の水量はどうなってるでしょうか?

気象庁の発表とそれを報道するメディアと、何かと誇張しすぎてませんか?


それより何より。自然が相手なんだから、雨が不足したら水を使わなければいいでしょって思う風は間違ってるんでしょうか・・・^^;


なんだか長々と書いちゃった。ま、たまにはこんな記事もアリで(笑)

トップ&トップ?

一昨日所属クラブの練習後、大先輩に風夫婦のミックスについて言われたのですが、

「自分ら、前の取り合いしてるやん(笑)」


確かに。。

前衛好きな二人が組んでますので、よくトップ&トップというポジションになってしまうことがあります。。

それはおかしいという大先輩の言及だったわけですが、

甘い、大先輩、

攻めのショットがハマっていって「もう後には来ない」という場面において、前を半分コして万全な叩くポジションを取っているんです。

と、言いますと、

「そんなん、バドミントンの基本には無い

なんて言われました^^;


相手が完全に追い込まれて無理な体勢になった時、二人してダダダッ!と前に出る・・・
そう、後衛で打ってたモノまで前に入ってくるわけです。

これは基本の動きとして無いのか。
どちらかが出ればいいってことか。

ストレートに落としてもダメ、クロスに逃げてももう一人が手ぐすね引いて待っている・・・なんて、素敵だと思うけどなぁ(笑)
上手い人になると、「もう落とすしか無い」という体勢からでも、前衛を上手く抜いてネットスレスレに狙ってきます。
せっかく前衛にいてるのに叩けなかったなんてことも多々あるわけですね。
だからこそ、二人でネット前 これなら抜かせない。

正しいと思うんだけどなぁ^^;

もちろん、相手がクリアできる可能性がある時は風が後に回ってトッパンにしますけどね。


サイドバイサイドなんてのは、言い換えるとバック&バックだからね。

その逆もポジションの種類としては当然あるハズでは?

大先輩とのうんちく大会は練習終了21:45より、22時半まで続いたのでした(苦笑)


アナタはどう思います?

以前から山屋世界ではけっこう話題になっていて、人気もある漫画です。
コミック化されてしばらくは品薄状態が続いてたので、「そのうち買おう・・・」と思ってたまま忘れてました^^;

先日別件で本屋に立ち寄った際、全4巻のうち3巻までが売られてるのをたまたま見つけ、とりあえず買いました。1~3巻まで。
4巻はまた今度買おう^^
20070704131156.jpg


主人公は島崎三歩と言って、ボランティアレスキューをしてるちょっと変わったクライマー
脳天気な部分とスペシャリストな一面とが小気味よく融合されて、非常に好感の持てる人物となっています。
彼の住まいは「
住所も「北アルプス穂高連峰三の沢」という訳のわからない場所。(たぶん、北穂の信州側界隈?)
レスキュー舞台の多くが槍穂高連峰となっており、風にはどこも身近に感じられる大好きな場所ばかり。

物語は短編集となっており、1冊に10話ほど。
ひとつひとつに出てくる登場人物、これが様々な立場・職業の人たちで、遭難して助かる人、残念ながら命を失う人、すでに屍となった遺体を収容することも。
タクシーの運転手や東京都からでたことのない病院の待合室だけが自分のコミュニティの場というおばあさん、出世が遅れて願掛け登山にきてる団塊のサラリーマン。。。。
ほんとに面白いです。

あまり面白いので、普段漫画なんて滅多に読まない風嫁に、無理やり「騙されたと思ってこの物語だけ」と読ませてみました。

『男飯』という回で、父子家庭のお父さんが遭難、4,5歳の子ども(男の子)が警察に「お父さんを助けて!!」と駆け込むシーンから始まります。
天気が悪くヘリが飛ばせないので、現場近くで住む三歩に救助依頼が出されます。(これがこの漫画のパターン)
お父さんは強風に煽られて雪陵から滑落。
三歩はトレースを辿り滑落地点を特定、確保を取って懸垂下降し無事お父さんの元に辿り着きます。
重傷は負ってるけど意識はしっかりしてるお父さん。三歩はお父さんを背負って稜線復帰するため岩壁を登ります。無事稜線に出てヘリを待っている、その時お父さんが・・・・・・

わずか5分ほどで読める物語ですが、父子親子の信頼関係、父が山に登った理由、子が父を愛する姿、そして「男飯」とは・・・・
見事に描かれた物語で、今そのストーリーを思い出しても泣けてきます。

無理矢理、嫌々、読まされた風嫁。

5分後、

号泣してました(爆)


お勧めです。「岳」

http://www.amazon.co.jp/%E5%B2%B3-1-%E7%9F%B3%E5%A1%9A-%E7%9C%9F%E4%B8%80/dp/4091875718
ボスザル登場の巻

何故かこの人とは日曜練習の参加日がかみ合わずに滅多に一緒にならないのですが、
昨日はドンぴしゃでした。

風はこのクラブの、一応名ばかりですが副代表という立場でして、今代表さんが身内の方のご病気の為に欠席がち。出来るだけ行ってしきらなければならないのです。

このクラブのいいところはなんと言っても基礎打ちがたくさんできるところ。

だいたい3時頃からゲームが始まりますが、クラブで体育館を押さえてるのが1時から。だから2時間もの間みっちりと基礎やシングルが出来るんですね。
もちろん、ゲーム練習がしたい4人が揃えば、新しいシャトルを使ってゲームしても構いません。
さらに、ここではヨネックスのハイクリアというシャトルを使ってますので、とにかくシャトルの持ちがイイ
基礎打ちでもまだ十分ゲームででも使えるようなシャトルが使えてますし、シャトルそのものがイイですから、5球ほど持てば一通り基礎が終わるまでちゃんとした状態で持ってくれます。スタンダードとかならあり得ないですね^^

昨日は久々にガッツリと基礎がやりたかったので1時に来て風嫁と二人で延々基礎打ちしてました。
特に時間をかけたのがプッシュ&レシーブ
いろんなバージョンでやります。
まずは少し遠目に立って、強いレシーブで返す練習。これは強いタッチを目的としたものですから、プッシュするほうも相手の届く範囲にきっちり打ちます。それも強めに打ちますから、距離を保った打ち合いでもかなりスピーディとなります。
次は、先ほどの位置から、レシーブ側が速いレシーブで相手のプッシュを浮かせて前進、相手を抜くスピード練習。
これはプッシュする側も真剣です。決めに入ります。

ここまでは、打つ方もレシーブの方も、とにかく「強く打つ」というのが原則です。
これをしっかりやるとゲームでも本当に役に立ちます。
強く打つと返球も速い、それをまた強く打つにはそれだけ速い準備が必要となりますし、コースをある程度読まなければなりません。あと、「打てる範囲」を広げる練習もできます。
ありません?よく、「え、そこからでも打ってくるんかい・・・」って思うこと。ラケットのスイングの方向を外されても、プッシュできる柔軟性ってことですね。
バック構えでフォア側を打つ、フォア構えで強引なラウンドショットで打つ、、、
そういうのも何百球と打つ中で練習していくんです。
モノにできたらゲームでも使えますからね。

と、バド談義ではなく、今日はボスザル談義のつもりでした^^;


2時半頃、風夫婦が長い基礎打ちを終え、ちょっと休憩してシングルでもするか・・・なんて言ってた頃、ボスザルが弟子二人を従えて来ました。

あ、ちなみに、ボスザルも弟子二人も、女性です。。

挨拶だけして、風夫婦はシングルを始めました。ちょっと接戦になりましたがなんとか勝って、暑いししんどいから今日はシングルは1セットでやめとこ・・・っと、風はたばこ休憩。

5分後たばこから戻ってきますと、風嫁、捕獲されておりました(笑)

ボスザルはお気に入りの一番弟子と粛々と基礎打ち。
もう一人の相手を風嫁が頼まれたのです。2時間弱にわたって打った後なので持久力のある風嫁でもさすがにきつそうでした。

以前もそうだったのですが、ボスザルはこの一番弟子を何故か溺愛?しており、もう一人を放ったらかし。

普通ね?
ビジターで自分のクラブの子を二人連れて来て、3人。
3人で基礎を打つか、クラブの子二人で打たせて自分は誰かに頼むか。ってしません?

以前もこの一番弟子と自分が打って、もう一人の子はしばらく基礎を打てないままでした。

やれやれと思いながらボーっと見てました。

ボスザルは一番弟子にドライブのことでアドバイスしてます。

オールフォア持ちか・・・

低いシャトルはしゃがんでねぇ。。。

お腹の前に来たらどうするんやろ。ボスザル、腹の肉つっかえてそこまでしゃがまれへんやろ(爆)
ま、いろいろ自分でウケてたわけです^^;

同時に始めてますので、風嫁ペアもドロップからドライブへ。この人達はドロップから基礎を始めるんですね。風はドライブからやります。

しばらくして、普段滅多に人にアドバイスなど送ることの無い風嫁がドライブの手を止めてアドバイスしだしました。

なんやかんや言って首をかしげ、そして風に視線を送ります。
呼ばれたということなのでちょっと行ってみますと、やはりグリップのことでした。
完全なウエスタン持ちでバンバン叩いて、低めに打ち込まれるとジ・エンドというドライブ。そりゃそうです。この人のクラブの代表、ボスザルがそうしてるんですもの。

で、バック持ち・サムアップ・フォアへの持ち替え・低めは低めのレシーブ系で返す、なんてことをちょっと説明しても全く「???」だったのでうんちく好きな説明能力に長けてる風を呼んだわけです。

風「ドライブは何の練習してるかわかる?」

「え・・・速いのを打つ・・・?」

風「速いのを打ちたいけどね、それだけじゃなくて、自分の強く打てる範囲を広げて穴を無くす練習と思ったほうがいいよ」

「はい・・・」

風「今、あなたには絶対に打ち返せない場所があるのわかる?」

「へたなんで、いろいろ・・・」

風「へたとかっていう問題じゃなくて・・・・えっと、もう一回打ってくれる?」

嫁ともう一度ドライブさせてみます。
嫁には沈めそうなら沈めて。出来るだけ正面に。と伝えました。
そして3つか4つ目ですぐにそういう場面が来ます。
何度やってもラリーの終わりは3つか4つ目でお腹の前に打ち込まれて。

止めまして、
風「そこはその持ち方では返らないよ?」

ですよね・・」

風「で、ドライブの持ち方なんやけど、今の持ち方はウエスタングリップって言って、肩より上のシャトルは強く叩けていいんやけど、バック側や低めがザルよね。だからこういう感じでこうやって、こうして・・・・」

この説明の間、痛いほどのボスザルの視線を感じておりました(苦笑)

そんなプチレッスン状態になったしばらく後。

ボスザル「ドライブはね、前に出て行くから、低めのは必要無いやん?

風「いつも前に出て行ければね。」

ボスザル「○○ちゃん(嫁)言うてるあれやったら振り遅れるんちゃう?」

風「遅れないっすよ。さっきみたいに振ってるほうが遅れる。」

ボスザル「え”~~ 振らんと強く打てんやん

風「前で触れば速く強くなりますって。その為にはイースタンで顔の前で構えて、フォアでもバックでも打てないと。僕らは全てバック面で打ちますけど」

ボスザル「ふ~ん・・・・そんなん急に言うてもその子は出来んと思うけど、ま、適当に教えたって


さてこの会話に少々カチンときた嫁。

ドライブと得意のプッシュ&レシーブを繋げながらマジレッスンが始まりました。

いえ、このはみ子にされてる女性、すごく素直でいい人そうな感じなんです。顔もちょっと垂れ目だけど可愛いし。
この日練に来たのも今日が初めて。
Gさんと呼んでおきますね。
体もまあまあ動くし、目もそこそこいい。センス的には悪くないので、ちょっと鍛えればボスザルや一番弟子の二人くらいならすぐに抜ける気がします。
同じことを感じてた嫁、
基礎が終わってから耳打ち、
「毎週きてくださったら絶対に上手くなると思いますよぉー^^」とGさんに。

ゲーム練習が始まり、その日は仕切る立場だった風、

今の基礎でコートに入ってる人でゲームしてくださーい」

(笑)

もちろんわざとです。

ボスザル・一番弟子 対 風嫁・Gさん

ゲーム中に前だ後だ落とせだの戻れだの、いろいろ小声でアドバイスしながら、ワンサイドで勝ったようです。その後も負けたボスザルペアとは目も合わさずにGさんにアドバイス。

おもしろくなさそうなボスザル。

ま、バドのレベルは全然違いますから、ボスザルも技術的なことは偉そうに言えないんですね。でもね、風も風嫁も初心者の頃、ボスザルより下手な時代があったんです。嫁はそうは思ってなかったらしいけど^^;

その時にもいろいろ腹の立つ発言があったものです。

女は根に持つとやっかいですね(苦笑)

そういうことで以前から嫁はボスザルを嫌ってるのをわかってましたので、心の中でゲラゲラ^^;

重量級のボスザルに聞こえるように「Gさん、そうそう、脚さえ動けばなんとかなるから!」

ボスザルも負けじと、「あの子バックのクリアあんまり飛ばへんから狙って!」なんてゲーム中にパートナーに大声で指示したり(爆)


もっとやれ~やれ~(爆)
世界陸上へご案内 vol.4

日本選手権、見に行けず(ToT)

バド関係でお世話になってる方のお父様が亡くなられました。もちろんお通夜に参列させてもらいますので、結局長居競技場に行くことはできませんでした。

というわけでTVでしか見れないのですが、放映は土曜と日曜の16:00~18:00の2時間ずつ。
日曜分はバドに行ってた為DVD録画に。まだ見てません。

結果はほぼ順当勝ち。

中でも末継慎吾(男子200m)が相当いい状態でした。19秒台狙えるぞ。ファイナリストも見えた感じです。
suetsugu.jpg


為末(400H)は記録よりライバルの若手、成迫くんとの勝負に徹した感じ。ほんとに計算通り勝つところが彼の凄さかな。本気で3大会目となるメダルを狙ってるんだなって感じました。
tamesue.jpg


澤野大地(棒高跳び)、先日も紹介しましたが、物足りない記録。やっぱり5m75は跳んで欲しかったけど、失敗の3本は惜しいジャンプすら無し。
「待ち時間が長くて・・・難しかったです」
確かに3時間も待ってやっと1本目の跳躍。澤野が跳び始める5m50より以前、5m40で他の全員が失敗。ですからそれくらいはかかったでしょう。
風も棒高跳びやってましたが、いつも半日仕事でしたからね。特に真夏なんかは待ち時間に体力が奪われてしまい、いざ跳ぶ頃には身体がだるぅ~くなってしまってたり。
確かに難しいんだけど、澤野はそんなこと何度も何度も経験してるはず。
言い訳にはならないかなぁ?
sawano.jpg


小林祐里子(女子1500m)、
♪若さゆえ~~♪って感じで負けましたね^^;
高校時代に日本記録を打ち立てたスーパーガール。19歳。
しかし前半はポケット(他の選手に取り囲まれて自分のペースで走れない)されてペースがどんどんスローな展開に。ラストスパートに弱いと言われてる小林、早めに独走態勢に入りたいのだが、ポケットから出れたのが残り300m。
出よう出ようと外回りばかり回って体力の消耗。
ラストは上手くレースを掴んだベテラン勢2人に抜かれ、3位。世界陸上出場ならず。。。です。残念。またがんばってちょ^^
写真は優勝した吉川選手。世界陸上におそらく出場できます。B標準突破で日本選手権優勝だからね。おめでとう!!(けっこう可愛いんだ、この子がまた^^)
20070702094611.jpg


福士加世子(女子10000・5000)
一言、
あんたは強い!!^^」
fukushi.jpg


室伏(ハンマー)
去年の9月以来の試合。もちろん今期初試合。
どうなるかと思ってました。博士号取得やらなんやらで練習出来てないとも言われてたし、年齢も30を超えてきたし。
でもさすがの79mでした。世界陸上では82か3くらいは放れるでしょう。やはり日本人選手の中では一番メダル圏内が濃い人です。顔も。

丹野麻美(女子400)
以前もここの記事で書きまし写真も載せましたが、やはりぶっちぎりました。
タイムは彼女にしてはまあ平凡な部類でしたが、内容が良かったですね~
みんな、この日本選手権で勝つというのが第一目標の中、彼女は世界陸上を見ながら走ってました。
末継くんもそうだったけど。
前半の200mをなんと24秒台中盤で入るというハイペース。これは世界トップクラスの選手が入る通過タイムのレベル。
さすがに丹野さんにはちょいオーバーペース、後半50mに伸びを欠きましたけど、でもそれを修正すれば世界のファイナリストに近づけるんだっていう、見た目にわかる意識を見せてくれましたね。いいですね、彼女。愛してます(爆)

あとは日曜分なので見てません、また今度に^^
Design by Pixel
Copyright © ♪♪kazeの声♪♪. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。