スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
世界陸上 前半終了~
昨日も長居で夜遅くまで過ごしておりました。。

そろそろ疲れが出てきております^^;

でも、大阪で陸上の世界大会が行われるのはたぶん風が生きてる間はもう無いと思います。オリンピックはポシャったし。。。
あ、でもオリンピックは将来日本では開催されるでしょうね。20年後くらいには。
ただし、大阪ではなく、福岡。もしくは東京。

だからこそ世界をこの目で大阪の地で見たい!って強く思うわけです。

が、大阪人ってあんまり陸上には興味無いみたいですね(苦笑)

昨日も観客席はガラガラでした。入りは4割程度かな。
おかげで一番安い自由席券でA指定席に座れるんですが

もうニュースで散々報道されますから、日本人選手の散りゆく様はあえて書くまでも無いのですが・・・
でも、これだけ肉離れや痙攣を起こす選手が多いということには、相当の問題があるように思いますね。
選手個々の責任を越えてます
コーチやメディカルチームの責任を強く問われても仕方がない状況だと思います。
たぶん、終わればそういった報道が噴出するでしょうね。開催国の選手が暑さによる脱水症状で次々と倒れるなんてそんな不細工な話は無い。


というわけで。。。

もう注目外国人選手のこと書きます^^;


残す日程は今日を含めてあと4日。
特に、明日行われる2種目、是非とも注目してほしいです。

まず、

男子400m

マイケルジョンソンっていう凄い人が一昔前までは独断場だった競技で、その当時の彼の記録には誰も近づくことすら出来てません。今回もそれは変わらずなんですが、
しかしM・ジョンソンの愛弟子であるJ・ウォリナー(USA)という白人選手にご注目。

見た目もかっこいい^^
im00054615.jpg


男子短距離と言えば、黒人選手以外立ち入り禁止だった世界ですよね。
そこに白人選手が現れ、さらには現在世界ランキング1位、今回もかなり高い確率で金メダリストになるでしょう。
走り方がM・ジョンソンにそっくり。あの独特なピッチ走法がまた見れます。

そしてもうひとつ、

女子200m

混沌として、誰が勝つかわかりません。
100m金のキャンベル(ジャマイカ)、
女子400mの世界王者ながら全米でまさかの敗退で今回は200mに回ったS・リチャーズ(USA)
他にもメダルに絡みそうな選手は3,4人いるんですが、
風が注目してる(っていうか、好きな)選手が、

アリソン・フェリックス(USA)

この名前、是非覚えておいてください。前大会(05ヘルシンキ)の金メダリストで、なんと当時は19歳!
今回も21歳の女子大生なんです。
写真はこちら。
070700_oth_felix.jpg


なんと言っても、かわいい^^

背は他の選手に比べると頭一つ低い印象。168cmだそうな。
で、短距離とにかく細い。小さい。だから余計に可愛いく見える(結局それか

昨日、200mの二次予選。風はスターティングブロックのすぐ近くで見ていましたが、ゴツゴツしい他の選手にくらべてお尻の小さい姿勢のいい女の子がレーンの真ん中に。
流れるような綺麗なリラックスしたフォーム。一人にだけ追い風が吹いてるかのようなスムーズな走りにちょっとウットリしてしまいました^^;
41033_W600XH400.jpg


是非、ご注目ください!

風、本日夜も、長居に行っております^^; ええ、バドミントンなどそっちのけです・・・・・

byこの日曜日、試合(ミックス)。。。
スポンサーサイト

某友人から「関西に転勤した子に練習場所を照会してあげて」と頼まれまして、
昨日、その任務を無事に果たすことができました。

となりの県ですから、さすがに我がクラブまで来て貰うのは遠すぎて無理。。
そこでその彼女の住んでる県内の知り合いに頼んで、昨日、一緒にそのクラブに行ってきたわけです。

某友人から「美人です」と聞いてましたので(汗)、待ち合わせ場所に行くときは妙な緊張感がありました(爆)

お会いしてみると、なるほど、確かに美人!

背が高くて目が大きくて鼻がとおってて、何よりハスキーボイスがいい感じです^^

待ち合わせ場所からは風の愛車Zに乗り込み、体育館へ。
知り合い(以前風の月練ネタでDさんと書いていた女性です)は快く迎えてくれて、クラブの代表さんにごあいさつ。カクカクシカジカでよろしくですと、この美人を紹介。おじさんお代表さん、クールな顔つきの裏にちょっと嬉しそうな雰囲気が・・・(笑)

風の家からこのクラブは遠いので、よほどのことが無い限りもう来れませんが、この日はせっかくだから目一杯バドをさせて頂きました。
連れてきた美人は5ヶ月ぶりにラケットを握るとのことで、基礎打ちはちょっとハチャメチャ^^;
でもゲームをやりだすと次第にショットも動きも思い出してきたのか、ちゃんとバドミントンになってました^^

10名ほどの少数クラブで、最初はまぜこぜでやってましたが、後半は上手下手に別れてゲームします。
代表のおじさんと若い男子がこのクラブでは上級者ということになりますが、でも風の敵ではありません。。。
美人と風と組んでこの男子ダブルスをとりあえず突破(笑)
あとは、このビジターペアに挑戦!ってな具合で入れ替わり立ち替わり挑戦を受け続け、接戦もあったものの全部勝ち、クタクタになって練習を終えました。
美人の彼女、ショットはさすがに久々ということもあって安定はしてませんでしたが、さすが風の某友人と一緒にやってただけはあって、ローテーションは完璧、動く方向に無駄がありません。
前に入ったときはちゃんと風のストレートに入ってくるし、風が前で仕掛けにいった時はしっかり後衛に入ってこぼれ球を処理する動作に入ってくれます。
こういう子と組むとバドって楽しい^^

さすがにコートに入りっぱなしで疲れた美人、筋肉疲労と脱水症状でフラフラになってました^^;
帰りにガストによってドリンクバーで5杯ずつくらいジュースを飲んで、解散しました。。。

以上、悪さはしておりません(爆)
世界陸上大阪 観戦記
盛り上がってます(か?)

いやぁ~ 室伏選手はちょっと残念でしたね~

今期は日本選手権の1試合だけしか出場してないし、博士号取得やらなんやらで練習が不足してるのは誰の目にも明らかだったので、それにしてはよくやったという評価になるとは思います。

が、地元開催での世界大会はおそらく室伏にとって最初で最後、あれでベストだったから仕方がないではあまりにも寂しいやんか・・・って思うのも風だけで無いハズ。


さすがに昨日の長居は多くの観客であふれてました。もちろんサッカーの代表試合とかのように超満員にはなりませんが、陸上競技の観客としては凄いことなんだと思います。
午前中の部は予選種目が主であるだけにガラガラのようですが、夜はけっこうな入りでした。

200708272136000.jpg



ま、陸上コラミスト風としましては^^;、また追々うんちくを述べるつもりなんですが、

今日は会場の雰囲気なんかをお伝えしたくて。。


まず、会場のセキュリティの厳重なことに驚きます。

まるで空港。

金属探知器のゲートを通過、荷物も通されます。

ペットボトルや瓶、缶の持ち込みは禁止。

持ってきた人はプラスチックの容器を渡されそこに移して持ち込みます。

売店でもペットボトル飲料は売ってます。が、スタンドに持ち込む際は入り口に容器に移し替えるテーブルがあり、係員が見張ってます。

要は、ペットボトル1本につき、使い捨てのプラスチック容器ひとつを使うことになるんですね。

エコですね~。。。。(ーーメ

ペットボトルひとつで、たしかに爆弾が作れますからね。
でもそれなら売店で最初から容器に入れて売る飲み物を売れよ(苦笑)


スタンドはゴールドシートからS,A,B,C席と分かれてましてし、
C席が最上段の10列ほどで3200円。S席は12800円でゴールドシートはメインスタンドの最前列で4万くらいします。

でも、C席買ってA席に全然座れます(笑) 空いてますから^^;

昨日もそうやってA席で悠々と観戦してたんですが・・・


そんなこんなんで、風は明日・明後日と土曜日と、観戦予定です。
土曜だけはS席取ってます。棒高跳びのすぐそばに座ろうと思ってます。

あ、そうそう、風、生まれて初めて号外なるものをもらいました^^

号外って早いですね~

室伏が6位に終わって2時間後、帰りの道中でもらいました。
200708280749000.jpg

神の子 佐賀北球児

く~も~は~沸~き~ ひ~かり~あふ~れ~て~♪

未だにこのメロディが頭をグルグル。。。^^;


昨日は風、甲子園に行っておりました。休日出勤の代休もあってうまくこの午後に休めたのです。

と言っても連れも嫁もみんな仕事、一人で行くしかありません。。。


甲子園に到着したのは13時半、すでにアルプスは満席で内野席の少し値段の高い席だけが数席残ってるという混み様。

ほんとうは佐賀北のアルプススタンドに入りたかったんだけど、チケットが無いなら仕方がない。佐賀北側になるレフトスタンドに入りました。
外野席は無料です。

入るとちょうど佐賀北が打ち込まれてるところでした^^;


実は風嫁の親が佐賀出身でして、なんとなく身内の出身県ということもあり、
さらには公立高校、
緒戦から延長再試合で、帝京との準々決勝で今大会のベストゲームと言われる延長戦を制し(あれもすごかった。。。)、

血の通った人間なら誰でも佐賀北を応援してしまうような状況です^^;

大声で応援したい気持ちはあるものの、7回が終わるまでたった1安打、それも三振凡打を繰り返して打てる気配など全くなし。
さらに広陵のピッチャー野村の投球テンポが実に速く、佐賀北の攻撃などあっというまに終わってしまうのです。
6回裏の三者三振の後には思わずビールを頼んでしまいました。。

それに比べて広陵の攻撃の毎回長いこと長いこと。。。
7回表にはついに無失点オトコこと久保が打たれてしまい4-0に。

帰ろうかなと思いました^^;


その後はみなさんご存じの大逆転劇だったわけですが、

あの回の佐賀北の攻撃、
最初にヒット2連打で出た二人、決していい当たりってわけでもなかったんですよね。
でも、あの2連打で、明らかにピッチャー野村のテンポに変化がありました。
それまであんなに速いテンポだったのに、急にロージンパックを何度も触ったりサインに首を振ったりで、妙に間を置くようになったんです。

「あ・・・野村、焦ってる。。。」

と思ったら案の定2連続フォアボール。押し出して1点。

ま、ここまで高校生なら十分あり得る展開だし、そんな修羅場も何度もくぐってきたんだろうけどね。

あの場面で満塁ホームランなど、ドカベンの世界以外ではあり得ないと思ってました(笑)

200708221518000.jpg


校歌の後、アルプス前に整列した佐賀北高ナインです。


いやぁ~

元気貰ったぞ~^^

残暑お見舞い申し上げます

まだまだ30℃を大きく越える日が続きそうですね。
朝晩はこれから少し涼しくなるでしょうけど、その分天気も不安定になってきますから、洗濯物の干しっぱなしで夜まで出かけるのはやめましょうね^^

日曜日の高校野球、ベスト8の対戦となった、帝京VS佐賀北見ました?

いやぁ~ あんな試合ナマで見れて私は幸せです^^;

一夏に一回は甲子園って行きたいタチなんですよ。
彼らを見てると胸が熱くなりますよね。
今どきの高校生という表現においては、あまりいいイメージの言葉があとに繋がらないんですが、甲子園球児は違いますね。
彼らの爽やかさと直向きさは永久に不滅ではないかとさえ思ってしまします。

延長再試合を経験してる佐賀北のねばり強さ、そして自力に勝る帝京。

試合全般を見ていても、やっぱり打力は帝京のほうが上なんですよね。
打球の強さが違う。鍛えられてるなぁ・・と思いました。

なのに、最後に試合を決めたのは帝京のお株を奪う佐賀北の2アウトからの3連打。
観客は延長再試合を予想してましたよ、ほんとに^^;

どんな有利なアウトカウントで3塁まで進めても、一点たりとも入らないあの試合。

心臓に悪い試合でしたね(苦笑)


嫁の母方の実家が佐賀ですので、我々は佐賀北のアルプススタンドで応援しました。チアリーダーは帝京のほうが可愛かったように思えたんだけど。。


最初から最後まで猛暑日の中での甲子園でしたが、明日まで、頑張ってください!


以上、甲子園球児に負けじと劣らない爽やか青年@風でした(爆)
猛暑の水曜夜練

群馬県では40℃越え達成だそうです^^;

埼玉や宇都宮、甲府など関東の内陸で軒並み38℃以上の猛暑を記録したみたいですけど、
今日もそんな気温になりそうですね。昨日の気温を更新するところもあるでしょうね。

ラニーニャ現象の副作用?みたいな猛暑が今年は8月2週目からやってきたことになります。
以前のラニーニャの時は今年よりも太平洋高気圧が早くから猛発達して日本に猛暑をもたらしたんですね。だから今年もラニーニャだから猛暑だと気象庁も発表して見事にごめんなさいの予想変更されたわけですが・・

しかし一旦猛暑になると強烈ですね。今週いっぱいだとは思いますが、こうなれば、
「今日の最高気温は32℃?涼しいやん^^
なんていう麻痺した状態が8月一杯は続きそうですね^^;


昨日の体育館は半端じゃなかったです。
昼間の最高気温は37℃、
6時過ぎに帰宅したとき、家の中がサウナ状態になってましたのでエアコンかけてみました。すると室温が38℃。。。
体育館もそれくらいの温度になってるんだろうなぁ・・・とちょっと憂鬱になっちゃいましたが、

昨日はなんとなく体が元気に動きそうな、そんな予感があったのです。
理由は、前日にたらふく肉を食ったから(笑)

案の定、昨日は元気いっぱいで、普段なかなか勝てない相手にも真っ向から打ち合ってどんどんゲームを獲れました。
かなり調子よかったです^^

それと、普段はお水を持っていくだけなんですね。水と言っても水道水そのままではなく、一応アルカリイオン還元水なんですけど。。。
亡き大臣が使ってたのよりは安物だとは思いますけど、それでも吸収率は違うみたいです。

昨日のように暑くなると、それだけでは無理ですね。やっぱりスポーツドリンクが必要です。。
凍らせて持っていきました。飲むと元気になりますね。冷たいポカリ。


そんなこんなで、昨日はゲーム単位で8勝1敗。久々の会心の練習でした^^


やっぱ、肉食わなあきません、肉。

それも、

お盆休みに・・・

お誘い頂くのはありがたいのですが、全然興味が沸かないので断り続けていたのです。
が、お盆休みでどこに行っても混雑してるし、道は渋滞だし、
じゃ、ま、たまにはいいっかな・・・・と、

昨日1年ぶりに行って来ました。


ゴルフに^^;


実はバドミントンを6年前に始めるまではゴルフけっこうやってたんですよね。
80台で回ってました。ハーフは30台も出したことあります。
ホールインワンもしましたし、当時新婚生活を営んでいた我が家にはゴルフコンペの景品でもらった家電製品がたくさんあったものです。掃除機やらビデオデッキやらホットプレートやら・・・・

バドミントンの魅力(魔力?)は自分の中のゴルフというページをあっという間に消してしまい、それ以来コースは1年に1回くらいは(どうしてものつきあいで)回るものの、打ちっ放しには一度も行ってません。
打球場に行くくらいなら、体育館に行きます(笑)


少し早めに行って、練習場で少しアプローチなんかを。。。
下手すぎてこれが本当の苦笑い^^;

ドライバーも少し打っておきました。こちらは体が忘れてないのか、いいショットが打てるようでした。

パターを持って練習グリーンへ。
風は重いグリーンが嫌いです。チョンッと触ったらツツツツーーっと転がってく感じの高速グリーンが好き。
この日のグリーンは芝目がきつく、重い。。。

なんだかんだと4,50分練習して、いざ本番です。

やはり思った通り、アプローチとパターで苦労しました。。
たぶん、この二つがやってるとやってないで一番差が出てくる種類のショットなんでしょうね~
結局、午前中は52でホールアウト。
ん~~~~~ 叩いたなぁ・・・・と、昼にビールを呑んで気を引き締めます^^;

午後。

1ホール目のドライバー、ここまで安定してたドライバーに突如の乱れ

2連発OB、このホールのスコア、10点。

2ホール目、またもやドライバーでOB2連発。。。。 このホールも10点。

午後から40台で回ってなんとかスコアを二桁で抑えようと思っていたのですが、たった2ホールでその目標もあっというまに撃沈(ToT)

びっくりしますね。
急に何がなんだかわからなくなって、修正すらすぐにできない、
1年ぶりにクラブを握るとこういうことになるらしいです^^;

結局午後からはなんとかバーディも取ってパーも3つ、巻き返して入りの2ホール分を取り戻そうと奮闘したものの、あがってみれば53。午前と一緒。合計106の平々凡々なスコア。。

終了後、キャディ(50代)が風に一言、

「おにーさん、練習したらきっと上手くなるで!よく飛ぶし、これからやん!

風「いえ、練習しないから下手になったんです。。。ではまた来年。。。」

キャディ、多少意味不明な顔をしてましたが。。


というわけで、ゴルフは誘わないでください。今後とも練習もしませんから!^^;

危険な。。。
土曜日、東の方では楽しくオフ会が開催され、きっと蒸し風呂のような体育館でバドミントンに励まれてることであろう時、

風は気温36℃の中ジョギングを敢行。

ワタクシ、Mですか


きっとMなんでしょうね。。

朝から家の掃除やら洗濯やらしてるだけで大粒の汗がしたたります。

この日の夕食は外食の予定があり(おふらんす料理。。。)、バドも予定なし。

ちょっとでも運動しておこうと午後2時、Tシャツと短パンに着替え、ラン用の帽子をかぶりサングラスをかけ、
5kmほど走ろうと、

思っただけでも偉い(笑)


家の中も相当に暑かったので、これなら外に出てもたいして変わらないと思ってましたが、
外はもっと暑い。。

玄関から100mほど歩きますと、それだけで頭がクラクラ^^;

日差しは刺すような強さで容赦なく襲いかかります。

走り始めたものの、異様な体の重さ。道行く人が変な人を見る目でこちらを見てるような気がします。


この日のコースは2.5kmを単純に折り返すだけのコース。木陰は半分くらいあります。

ダラダラと走りながら折り返しとなる駅のロータリーに到着。
バスやらタクシーやらのアイドリングの熱気でえらいことになってます。
一息入れようと立ち止まって深呼吸しました。

その時のことでした。


立ちくらみ、

そのままドシンッと尻餅ついてしまったのです(爆)


こうなると、風、気が触れたのか、なんだかファイティングモードに入ってしまい、
すぐに立ち上がって頭の中を流れるロッキーのテーマに併せて復路を爆走^^;

走ってると、時折スーッと意識が飛んじゃうような感覚を楽しみながら残り500m、再び立ち止まりました。

ん?

なんだこの頭痛は


アイテテテ・・・


あかん、気分悪い


オエッ


ちょっと木陰に座ろう。


あれ?

視界が黒い


夜になった?

んなわけない、まだ2時。。。


でも暗い。。


時計・・・あ、今日は腕時計してこなかった

でも家を出たときに2時ちょうどだったから、まだ2時半頃なハズ。


んんん

眠い。。


ねむ・・・・Zzzz・・・・・



おっと、いくら遊歩道とは言え、こんなところで寝てたら通報されて救急車呼ばれたらえらいこっちゃ^^;

と、すぐに立ち上がってヨロヨロ歩いて帰りました。


帰宅。


嫁「どこまで走ってたん??」

え?○○駅まで往復5km

嫁「へ??5kmに1時間以上かかってたん?」

1時間以上?

あ、ほんまや、もう3時半前。。。

いや、でもちゃんとほとんど走ったで?

嫁「歩いても1時間以上かからんやろ、普通」

んんん??


と悩むものの、確かに30分ほどの空白があります。



あ・・・


あの木陰で。。。


これを俗に気を失っていたとでも言うのでしょうか(大汗)


みなさま、猛暑日のスポーツには十分に気を付けましょうね^^;
夏RUN

暑いです!

東北北部と北海道を除く日本全域で真夏日が続いた週になりましたね。
各地で猛暑日。
でも、今年は猛暑日がとても少ない年ですから、存分に日本の夏を味わいたいですね。
この酷暑も来週まででしょうから。


そんな中、昨日の夕方、ジョギングなどしてみました。

偉いです。我ながら^^;

家を出発して、グルッと一周8kmのコースがあり、なんとそのうち公園内も含め遊歩道が5kmという環境。
アップダウンもそこそこあり、きっと都会暮らしのジョガーからはかなりうらやましがられる環境だと思うのですが・・・
ただし、このコースは夜はちょっとキツイ。。
公園内も外灯が一応あるんだけど、木々が生い茂ってきちんと整備されてるとは言え、けっこう薄気味悪いもので^^;
たまに車が揺れてるし(笑)


がんばってその8kmコースを走りました。6時過ぎに帰宅してすぐに着替えて走ったのですが、まだ30度は超えていましたね。さすがに走り始めてすぐに汗がしたたります。
結局約1時間かけてゆっくり走りきりましたが、その後が大変。。

なんせ30℃以上の中を1時間走るわけですから、終盤は完全に脱水症状になります。
夏場5km以上走る時には途中で給水しないといけないんだけど、この日はなんとなく小銭も持たずに出てしまったばっかりに。。

帰宅後シャワーを浴びて、水、水、水、

いくら補給してもすぐに喉が渇きます。

ご飯を食べながら、こんな時にがっぷりアルコールを取ると良くないので(賢くなったなぁ。。。)、ローアルコールビールをプシュッっと^^ アルコール分0.7%ですから問題無いでしょう。(無いよね??)

ところが、これが止まらない。あの炭酸と麦の味が大ハマリで、次から次へと。。。

3本も呑んだところでいい加減正しいビールを呑みたくなり、

その後は・・・・・・




今日もバドは行かずに、走ります。どんどん夏の間に走ります。。。
仙丈ヶ岳(3032m)

8/6(月)

結局、この日が本当の夏初日と言える日でしたね。
梅雨明けしたものの台風はくるわ太平洋高気圧が弱いわ日本海側に低気圧がウロウロしとるわで、プチ梅雨状態が続いてましたけどね。
完全に太平洋高気圧に覆われて、平年で言う「梅雨明けの晴天」という時期がきたようです。ただし、時期的に少し遅いためいつものお盆以降にみられる入道雲&夕立のパターンも同時にやってきてます。やっぱりこの夏は不安定なまま過ぎていくんでしょうね。秋の訪れも早いんじゃないかな?

4時半、起床。テント村では起きてる人も多そうでチラホラ声が聞こえてきます。
あたりはまだうす暗いですが、雲一つ無い天気ということは十分に伺えます。
今日から本格的な夏日の始まり!と言えど、月曜日のド平日。昨日のうちにテントの数は1/3ほどに減りました。でも、土日で登った人はうらやましいでしょうね~^^

ごめんね、ワタクシ、人よりちょっと日頃の行いがイイもんで(爆)


簡単に茹で戻すタイプのパスタを食べ、泊装備は全てテントに放り込み、今日も軽装のデイスタイルで出発。
昨日もそうでしたが、やはりテント泊装備で登る時より1.5倍のスピードで歩けますね。ガイドブックの歩行タイムが例えば3時間とすると、テント泊装備を背負うとそれと同じくらい。でもデイスタイルなら2時間です。


と、これを打ってる今、蚊が腕を刺したものの脱出出来なくなってもがいてました
(ToT)


話を仙丈ヶ岳に進めましょう。。。。


朝は6時ちょうどに出発。
駒仙小屋から林道に登り、横切ると目の前にある鉄の橋を渡ります。ここから登山スタート。
登山口には「←北岳見晴らし台」なんて看板が。
南アルプスの山々の位置関係、方角なんかがまだいまいちわかってないだけに、
「へぇ。。。登ってる最中に見れる場所があるんだ・・・」
くらいにしか思ってませんでしたが、

なんと、歩き始めて2分後の出来事でした。

いきなりお目見えです^^
20070809.jpg

北岳(3192m)
富士山に次ぐ日本第2番目の標高を誇る山です。三角錐で均整のとれた大きな山ですね。

朝一のプレゼントに気をよくした風、意気揚々と登ります。
昨日の疲れも多少はありましたが、全然苦になりません。この日の行程で「しんどい」と思った瞬間は一度も無かったかな^^

高度を上げるにつれて北岳がよく見えるようになってきます。
標高2600mあたりまでは樹林帯の中を歩きますので眺望は開けませんが木々の間から北岳が見守ってくれてるような姿がチラホラ。
20070810.jpg


大滝5合目というポイントを過ぎてしばらく登りますと樹林帯から灌木帯へ。
こうなるとアルプスの醍醐味です。首をどの角度に向けても素晴らしい景色が目に飛び込んできます。そんな中の登り。しんどいハズがありませんね^^
20070811.jpg


仙丈ヶ岳より1時間ほど手前で2855mのピークがあります。
ここが小仙丈ヶ岳。
もう着いたも同然です。厳しい登りはここまで。あとは雲上散歩です。

さて、少し霞があってカメラには写りにくいかな?と思ってズームしてみました。
東側に巨大に聳えてる、日本最高峰の山、富士山です。
20070812.jpg


北側には昨日登った甲斐駒ヶ岳です。格好いい山ですね~
20070816.jpg

雰囲気的には、西穂方面から見た奥穂高岳に似てるような。

小仙丈ヶ岳より、仙丈カール。
20070813.jpg

カールという地形は北アルプスにおいてはよく見られまして、有名なところでは涸沢カールなんかがありますね。氷河にえぐり取られた地形なんだそうです。

そしてこちらが仙丈ヶ岳の山頂(3032m)ですね。人がたくさんいました。
20070814.jpg


登頂が9時半。

天気が良すぎて気温がグングン上昇し、空気は乾いて気持ちよかったものの周りの山に雲が沸きだして富士山が隠れ、八ツ方面も見えなくなってしまいました。
早く出発して正解でした。

しかしココ仙丈ヶ岳は晴天。ガスが沸くまではまだ数時間ありそうなので、北岳を見ながらゆっくりまったり、頂上で30分ほど過ごし、10分ほどの仙丈小屋に下りてビール呑んで^^;
高山植物と仙丈ヶ岳のなだらかな山容を眺めながら・・・
20070815.jpg


10時半に下山開始。下りは藪沢カール経由で大滝五合目に合流、あとは来た道をどんどん下りて、12時過ぎに下山完了。なんと2時間かかりませんでした(ハヤイッ)


結局大幅に時間が早まり、午後1時のバスに乗車、2時には車を置いてる仙流荘に着、そこでお風呂に入って3時に帰路へつき、7時過ぎには帰宅。高速を何キロで巡行していたかはあえて書きませんが(汗)
てっきり夜遅くなると思ってた帰宅も、うまいこと晩飯時に帰ることができました。


というわけで甲斐駒と仙丈の2本建て山行でしたが、ふたつとも、誰でも登れる山なんです。
特に関西の方にとってはもっとも手軽に登れる3000m級ということになるんじゃないかな。
小学生のちびっ子もたくさんいましたし、70歳くらいのお年寄りの姿もありました。
「北アルプスの急峻な岩峰は無理だけど、アルプスの空気を一度吸ってみたいな~」って、チラッとでも思ってる方、是非一度トライしてみてください。

何も二ついっぺんに登らなくても、

例えば
土曜日午前、関西発→夕方前、仙流荘着(1泊2食で8000円くらい。風呂大きい。建物綺麗)
日曜日早朝、仙流荘前よりバスが出発。始発6時。→仙丈ヶ岳登山→午後3時か4時、バスで仙流荘に下山→入浴→帰宅

なんていう行程が組めます。
これなら普段ちょろっと運動してる程度の人なら全然問題無し。小学生でも肥満児を除けば大丈夫です^^

この夏はこんなアルプスの楽しみ方でした!

秋は北アルプスの紅葉を見に、ちょっとややこしい、それでいて楽しいルート考えてます^^;
甲斐駒ヶ岳(2967m)
だいたい、南アルプスってどこかご存じでしょうか(笑)

大きく考えて日本の中心となる信州をとりまく3つの山脈、これを総称して日本アルプスと言います。
中でも一番規模が大きく急峻な尾根を持つのが北アルプス。
槍・穂高を始め、表銀座・裏銀座・白馬アルプス・立山連峰を総称して北アルプスですね。
南の玄関口が上高地ということになります。

少し南に位置する、長野県と岐阜県の境に連なるのが中央アルプス。木曽駒ヶ岳から空木岳への尾根が繋がります。
関西の方なら一度は通ってる中央道。信州スキーなんかで必ず通りますが、恵那山トンネルを抜けて長野県に入ると、飯田ICとか駒ヶ根SA、伊那ICなんかがありますよね。あの辺りを走ってると、左の山脈が中央アルプス、右側が南アルプスということになります。

そして今回行ってきたのが南アルプス。
長野県と山梨県にまたがる、標高日本第2位の北岳を中心とした山脈です。
概ね山梨県側にピークが集中してます。山梨県側の麓の町村が合併して南アルプス市になりましたよね。
南アルプスは北アに比べて山容がやや穏やかで、豪快さには欠けるもののどっしりした大きい山々が連なってる感じがしますね。富士山頂から見る南アルプスはド迫力です。

ってことで、地図のひとつでも一度広げてみてください^^


相変わらずの前置きですが・・・

5日(日)、朝から南アルプス林道バスの乗り場となる仙流荘に向かいますと、すでに多くの登山客。
中高年からお子様まで、さすがは人気の山域です。

なんで人気があるかってと、
林道バスで標高2000mの北沢峠までわずか1時間で運んでくれるからなんです。
そこから登山を開始して、仙丈ヶ岳なり甲斐駒ヶ岳なりを往復して、その日の夕方のバスで下山することも出来ます。要は日帰り山行可能な3000m級ってことになるんですね。
ですから、今回の山行レポは違う世界の話じゃないです(笑)
そこのアナタも十分にトライできる範囲の山のお話ですからね^^

2月にはこの北沢峠まで歩いて登りました。一日かけて。。それが1時間であっという間。イヤになっちゃいます。。。
着きますと、今回テントを張る場所、北沢駒仙小屋へと向かいます。バス停から10分。今回、唯一テント装備を担いで歩く区間です(汗)

テン場は大にぎわい。土日で訪れた人も多かったようですね。
昨日は随分濡れてしまったのか、朝から服を干してる人も多かったです。20070801.jpg


受付を済ましてテントを8秒くらいで張って、荷物も全てテントに置いて、デイスタイルでさっそく出発します。

軽い~~~~^^

小屋前の橋を渡り、1時間くらいはなだらかでよく整備された登山道を歩きます。
20070802.jpg

20070803.jpg


すると突然このような岩がゴロゴロした所にでくわしますと、もう少しで仙水峠。
20070804.jpg


峠からは甲斐駒ヶ岳の枝峰となる摩利支天が圧巻です。
20070805.jpg


雲に隠れてる部分が甲斐駒の頂上です。ちょっとガスってますね。。
甲斐駒頂上の左に伸びてる尾根がちょこっと見えてますが、登山道はその尾根のほうから回ります。

峠から本格的な勾配になり、グイグイと高度を稼ぎます。
1時間余り登ると駒津峰というちょっとしたピークに。少し休憩して何度か上り下りして甲斐駒に近づいて行きます。
するとこんな巨石が。
20070806.jpg

六万石というそうです。

このあたり、登山道が狭く、おまけに往復してくる人とすれ違うため、しばしば渋滞が起こっております。。。

最後の30分は巻道と岩稜直登ルートに分岐。初級者には難しいとガイドブックに書かれてますが、そんなたいしたルートでも無いです。少し体力に自信の無い方以外はみんな登れると思うんですけどね。下りは少し注意が必要ですけどね。

こんな岩地帯をグイグイ登って行きます。嫁は慣れてるのであまり手も使わずにスイスイ歩いて登っていきました。
20070807.jpg


いつのまにやらバランスが良くなったものですね。
私らの後から普通の登山道では猛スピードで登ってきた二十歳過ぎの若者がいたんですけど、岩場では着いて来れませんでした。どうしても、四つんばいになって腰が引けるようで。

「こういうところではスクッと立ったほうがチャッチャと歩けんねん。(嫁談)」


登ること3時間半、登頂です。
P1010019.jpg

残念ながらこの頃もガスってまして、景色は望めませんでした。。。が、1年ぶりの夏の3000mの空気、この冷たさと爽やかさは何とも言えない気持ちよさです^^

そうそう、上の頂上の写真に写ってる後ろ姿の白い服の女性、

この方、下りも一緒でテントも近くだったので少し話したりもしてたんですが、

めっちゃめちゃ美人でした!(笑)

ほんと。女優さんかと思ったくらい。


さて、腹が減って眠くなってきたので、さっさと下山^^;

帰りは枝峰の摩利支天へ立ち寄ろうと思って巻道ルートで下り始めましたが、かなりガスってルートがよくわかりません。

どこだ?どこだ?と探してるうちに、なんだか摩利支天が離れてしまい、

元の下山ルートに近づいてしまいまして・・・

面倒だからもう行かずに下山しました(笑)

その途中に取った写真です。
20070808.jpg


甲斐駒ヶ岳は白い

以上、感想です^^;


翌日の仙丈ヶ岳は好天に恵まれ、見事な夏山を演出してくれました^^

明日にでも更新!(たぶん)
大きな声で言わせてください。


晴れオトコ@風です。

日頃の行いがいいとお天気にも恵まれるんですねー!!(笑)


1週間延期した甲斐がありました。
それも、土日で登らずに日月で登ったこのジャストタイミング
土曜日は雨とガスに覆われた南アルプスだったそうです。


さてさて、ここ数年、ほとんど北アルプスに足を運んでおりましたが、たまには違うところを登りたく八ヶ岳にしようか南アルプスにしようか悩んでおりましたところ、
出発の土曜日に仕事が入ってしまい、移動時間が一番短い南アルプス信州側登り口となる、戸台より北沢峠へ入り、そこにベースキャンプ、甲斐駒ヶ岳と仙丈ヶ岳を登っちゃおうと計画したわけです。

両方とも日本100名山です。

この100名山制覇を目指してあちこちの山を登ってる中高年がとても多く、総称して彼らのことを「100名山ハンター」と言うのですが、
この二つは100名山の中でも3000m級で非常に登りやすい山、人気があるんですね~

いい山との評判なので、100名山には全く興味が無い風も一度登ってみたかった山です。

いつもそこそこ危険度のある?ルートが好きな風でしたが、今回は何ら危険は無く楽しい普通の登山ということになります。たまにはこんなんも楽しい^^

結局土曜日は仕事が午後を過ぎても仕事が終わらず、家を出発出来たのが4時半。
随分と押しちゃいました。
民宿泊まりで、晩ご飯もいただいてゆっくり寝ようという計画でしたが、仕事が午前で終わりそうになかったので、前日のうちに夕食はキャンセルして。。。
到着したのが21時。いかにZが速いと言えども、高速を下りたところの街、伊那市で花火大会の渋滞が待ってるとは思いませんでした(汗)
おかげで高速を下りて30分でいけるところを、1時間半かかりましたがな。。。(ToT)

宿は既に標高1000m付近に位置してまして、下界よりは随分涼しいです。クーラーは要りませんね。
空はどんより曇り、星も全く出てませんし湿気も多い。
この日は天気悪かったみたいですね~ 明日から良くなるんだ(ふっふっふ)
泊まった民宿は山小屋スタイル。
布団のシーツは「いつ洗った?」「なんかかゆくない?」
お風呂は薪で炊いてますし、風呂場には大量の蛾
部屋にもなんだか虫が数匹。。。

とっとと寝ましたが固くて湿ったせんべい布団。
テントで寝袋にくるまって寝る方がよほど安眠できたように思います^^;

と、文句ばかりかきましたので、宿名、写真その他は控えさせて頂きます。。。知ってる人はどこかわかったと思いますけど(笑)

あ、朝ご飯はめちゃ旨かったです。それもこっちの出発時間にあわせて5時から用意してくれましたし^^

ということで、5日は甲斐駒ヶ岳へGO!

では山行レポ、順次更新してまいりま~す。
ようやく山です。

明日からお待ちかねの山行となります。

と、その前に少し告知をば。
10月初旬にバドミントンの関西オフを考えております。
来週には詳細が決まりますので、是非日本各地よりお越しくださいませ^^

さて、風にとってGWから夏山山行まで間というのは1年でもっとも山に入ってない期間が長く、実に欲求不満のたまる時期であります。

夏から9月10月にかけては台風を除けば比較的天候が安定したシーズン。
秋雨前線の間だけ我慢して、12月になれば冬山シーズン。
2月、3月と雪山にもトライし、そして4月末から残雪のGW山行。

ここだけ3ヶ月くらいぽっかり空いちゃうんですね。

今年は梅雨明けが明確でないややこしい夏だったので、今週末ようやく山に入れることになりました。


計画も決まりました。

南アルプス、甲斐駒ヶ岳と仙丈ヶ岳、W山行です^^

比較的簡単な山です。初級者でも登れます

小屋も豊富だし、南アルプス林道を利用して2000mまで労無くあがれます。

北アルプスと比べたら随分楽チンな山域なわけです。

そりゃそうですね。山腹1500m~2000mを縦横無尽に走る林道が開通してまして、3000m級に日帰り登山が可能なアルプスっていうことになりました。

だから、風は今まで足を向けなかったんだけど。。

でも、今回のように二日間しか山に入れない時などは便利かも?と思って計画したんです。

北アルプスの3000m級なら最低でも2泊3日。それもピストンで。

ところが林道バス利用の南アルプスなら日本百名山を2峰、制覇できるんですね。

今後はこういった短い休みでも南アルプスや中央アルプスにプラッとでかけていきたいと思ってます。

風と一緒に登りたいとお考えのアナタ、いつでもおっしゃってくださいね。
ビリーのように時には優しく励まし、時には叱咤し・・・下山したらウエストサイズも測ってあげます(笑)


来週火曜日より報告記事を書きますね。ではでは^^

Design by Pixel
Copyright © ♪♪kazeの声♪♪. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。