スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Qちゃんに寄せる思い
やっぱり彼女は僕らのヒロインなんですよね。なんだかんだ言っても。

野口でも土佐でも渋井でもなく、やっぱり日本の女子マラソンランナーは高橋尚子なんだなって。
風の個人的な意見なんですけど^^;

来週末の名古屋も、もしかしたらQちゃんは失速するかもしれません。
メディアが大阪女子マラソン以降、急に高橋だ高橋だと騒ぎ出したけど、期待に応えられる走りができるかどうか、たぶん、難しいでしょう。。。

でも、なんでしょう。この心の片隅にある大きな期待感は。


Qちゃんは風よりひとつ年上。もろ同世代です。

日本人女子アスリートではかなりの高齢とも言えるお歳なんですよね。特にマラソンという競技を考えると、35歳とういのは完全に峠を越えてるハズ。

でも、努力の人Qちゃんは、もう一花咲かせてくれるんじゃないかと期待を持ってしまう。

今の日本のマラソン界をこれまでのレベルをはるかに飛び出し、世界トップまで一気に押し上げたのは、まぎれもなく高橋尚子なんですから。
日本記録を大幅に更新し、
30℃を軽くこえる猛暑のバンコクアジア大会で世界記録に数十秒とせまる驚異的な走りをし、
シドニーオリンピックで金メダル、
さらには女子世界初の19分台に突入しての世界新記録、

そのQちゃんが今、僕のこの歳になって、まだ世界を視野に走り続けてるんです。

世紀の失速だの、往生際が悪いだの、痛々しいだの、

んなこと言わずに、応援しましょうよ。

僕は高橋尚子選手が好きです。

彼女に勝って欲しいです。

彼女に北京に出て欲しいし、北京では野口よりもヌデレバよりも周よりも先にゴールして欲しいです。


世界を視野に走るのって彼女にとっては今年が最後なんですからね。

名古屋で散っても北京で散ってもかまわない、

その時は日本中が「Qちゃんお疲れ!ありがとう!」って言うよね。きっと。

athimg_01_l.jpg

スポンサーサイト
チャンネル権

んっと、

たぶん、つまらない話すると思います(汗)


だって、チャンネル権なんて、大昔からある永遠の課題というか戦いというか・・・・^^;


昨日、バド後に煙草吸いながらそんな話になりました。

スモーカーメンバーは、

風を含めて既婚男が3人。そして主婦2人。

主婦の一人が、「あ、しまった、慎吾ちゃんのドラマ予約してくんの忘れた!」

と。

もう一人の主婦が、「まだ9時なったばっかりやん、あんたんとこ近いから今からダッシュで帰ったら見れるんちゃう?」

すると、「見させてくれるかいな、旦那がいつもTVタックル見てんのに」

「へ~~~チャンネル権、旦那にあるんや!」


と、こんな会話から始まりました。


めいめい、家のチャンネル権状況はどうなってるか、話し合いになりました(笑)


概ね、妻のほうが旦那より強い権利を持ってる家庭が多いようでした。もちろん我が家も。。。

中には子どもが絶対的チャンネル権を得てる馬鹿げた家庭もあったようで・・・

うちに子どもがいたらあり得ないでしょう。。 泣こうが叫こうが、大人には勝たせません


ところで我が家と言えば、

妻はチャンネルを乱れ変えするのが好きです。

あれ、目がチカチカしてたまりません。。

ひととおり全部回さないと気が済まない性分なんですね。
途中で風が「おっ」と興味を持ったのがあっても、そんなの関係ねぇです。

それどころか、

例えば風が何か番組を興味を持って見ています。
  ↓
嫁がやってきます。
  ↓
リモコンを持ってチャンネルを乱れ変えします。。。
  ↓
一通り見終わって、面白そうな番組が無いことを確認されます。
  ↓
電源をOFFにします
  ↓
風、抗議します。「おい、俺今○○見てたやん!」
  ↓
嫁「あれ、おもろないし」
  ↓
風「いやいや・・・・俺が見ててんって」
  ↓
嫁「もう・・・・テレビうるさいねんって」
  ↓
風「いやいやいや、おまえ今チャンネルいろいろ見てたやん、TV見ようと思って回したんやろ?」
  ↓
嫁「そうや?」
  ↓
風「ほな、見たい番組なかったらさっきのチャンネルに戻せさ」
  ↓
嫁「もうーーー あんたが一番うるさいって


不条理です。世の中。。。


久々の猛練習

最近、花粉症のせいにして怠けてたバドミントン。

別に練習に行かなかったりという怠けでは無いのですが、内容的に怠けていたのは事実で、
打たずに守って球を回して・・・っていうあまり積極的ではないバドをしていました。

花粉症が治まればまたガツガツと打って取るバドを・・・・なんて思ってましたが、
怠けバドやってたら本当にそういう癖がついてよくありませんね。。

ってことで日曜日、久々に師匠が来るってこともあって、1時から5時までたっぷり、刺激的な練習をすることに(笑)


嫁と1時間にわたる基礎打ち。

後で師匠のミックスペアと試合形式(21点3セット)でやろうと誘われてましたので、
基礎打ちも気合い満々でやってました。

スマッシュも、久々にしっかり体使って連続で打ち込めるように準備。。。残念ながらすぐに息が上がります(TOT)

1セット目落としたものの、2,3セットと連取、なんとか勝てましたが、師匠は相変わらず上手い。。。

ヘトヘトになっちゃいました。

が、その後師匠とシングルもやりまして、

3時頃から来たこの練習のメンバーとも後半はダブルスをやって、

5時には放心状態となっておりました^^;

が、しっかり打てて動けて、

「あんた、あんなに打てるんやん」と嫁に言われたほどよく打ったみたいです。


今日は肩パンパンですが、やっぱり、打たなあきません^^;


単に「打つ」というだけではもちろんダメですが、
スマッシュを主体に攻撃を作っていくというのはとても大事で、
自分のスマッシュから始まる速いラリーをどうものにしていくか、っていう練習、しなければなりませんね。
打たずに受けるだけで、あがってもカットやクリアばっかりしてたら今さら何の練習にもならんな・・・っていうのは改めて実感しました。

ちょっと頑張ってた時の、

前で触る
球を沈める
テンポアップ
スムーズかつ力強いフットワーク

これら課題に持っていた事柄を久々に思い出し、
「お、まだまだいけるな、俺(笑)」なんてちょっぴり思いながら^^;


よし、

来月から始まるリーグ戦に向けていい勢いが付いた!


やっぱ、自分の持ち味は「足」と「守り」というのは変わりないけど、この「足」があるからこそ「攻撃」が繋がっていくということも再認識、

攻撃を切らずに繋げるのも自分のパターン、

たった一日の練習だったけど、「もうちょっとがんばるかな」って気になれたりしました。


もうすぐ暖かくなるし、

今シーズンはちょっとブレイクしてみるかな(笑)
船の事故

まったく、何やってんですかね。

そもそも、行方不明になられた被害者の方は本当にお気の毒な事故でしたが、

あんなどでかい船が我が物顔で海を泳いでるんだもの、今回のような悲惨な事故だけでなく、
海難事故というのは日常的に起こってます。
交通事故と一緒で、安全は100%にならない。これは仕方がない。

でもね、

自衛隊さんさあ、

ほんとに我が物顔だったでしょ。

「そこどけそこどけ自衛隊が通る」だったでしょ。

向こうが避けて当たり前って思ってたでしょ。

ぶつかったとき、相手に対して、「何しとんねんっ」って思ったでしょ。


報告の遅れや虚偽を見ていると、そんな高慢があったとしか思えません。


僕は自衛隊の存在は否定しません。

自衛隊を軍隊だとは思ってません。

隣国にあんなわけのわからない思想を持った危険分子が存在する限り、たとえその軍備力が他国と比べて小さなものであったとしても、必要だとは思います。

使い方云々に問題あれども、道路のように生産性のある予算とは違い、平和なら本来要らない予算が何兆円もつぎ込まれてるのは、仕方がないと思いたくないけど、仕方がないんでしょう。

それなら、

自分たちの存在意義を認めてもらうような意識を持ってくださいよ。


君らは海のヤクザか。



と、吼えたついでにもうひと吼え。


野党連中の低レベルさにもあきれかえります。別に僕は右側でも左側でもありませんが・・・・


今ってさ、

人命救助中なんでしょ?

まだ見つかってないんでしょ、あの親子。

そもそも、
ぶつかった原因すら、だいぶ究明されたものの、あの親子が見つかってない限り、報告は全部イージス艦からの一方通行ものでしょ?
片方の情報しか無い限り、まだ究明とはほど遠いんじゃないの?

あの親子の安否は絶望的かもしれないけど、でも、まだ人命救助中でしょ??


大臣の退任など、んなこと今はどーでもええ!!

おまえら、そんなこと言ってる暇あるなら、海に探しに行け!!

おまえらは、市民オンブズマンか! 国を代表する政治家だろが!!

今大臣を即退任させたからと言って、何かこの件が前向いて進むんかい?
大臣には必死こいて親子を捜し、今回の事故の原因を究明し、
補償して、自衛隊そのものの体制にテコ入れして、

いろいろと、拭かさせんとあかんケツがあるやろ!

ばーったれが・・・


民主も共産も(社民は何言うてるかしらんけど)、今は国民の代表する立場の人間として、そっちに全力をあげろ。

国として起こした事故に対して、最良の策を考えて実行しろ!


なんでも、「ヨシ!しめた!自民を叩くチャンス!!」って思ってるやろ。

そうとしか思えんわ。。
忌々しい花粉め。。。
本当に腹が立つ。

花粉症さえなければ、

バドもあんな不抜けたプレーにならないし、

家に帰ってもなんだか疲れたけだるい感じにならないし、

降って沸いた来週のデートなど、本来ならルンルンな美人の方がお相手なのに、なんだかテンションあがらないし。。。


ああ、やだやだ、


何より、


このマスク、患わしい。



そして、

斜め向かいに座ってる中間管理職のおやじ、

50歳男の鼻ズルズル音、

一日中聞きたかねぇー!!
お休みを貰ったので、ちょいとハイキング。

先週土曜日の分、昨日休みを貰いました。
良いお天気の時に休めて良かったです。

まずは洗濯を2回ほどまわし、部屋着のパーカーやちゃんちゃんこを天日干しし、

朝ご飯の片づけをし(これは普段帰宅後になっている)、

せっかくなので掃除機もして、

一通りの家事を済ませたのが午前10時。

もし自分が専業主婦ならここから夕方まで自由時間か・・・・・う、うらやましい・・・・^^;


吉野の大峰やら三重の鈴鹿山脈なんかに登りに行こうと考えていましたが、こんなに出発時間が遅くなってしまっては無理です。

でも、この晴天。午後からはさらに良くなるとのことだったので、やっぱどこかいきてぇ!


悩んだあげく、

○交通の便がいい山。

○登頂時間がさほどかからない山。(半日で十分往復できる山)

○それでも満足できる眺望が得られる山。

さらに強欲な風は、

○近くに温泉があって帰りに寄れる場所。

○雪山の準備するのが邪魔くさいので、アイゼン無しで登れて、でもちょっと雪の残ってる山。

○短時間で登れるけどちょっとは登りごたえのある山。


と、考えておりました。


で、関西近郊の日帰り登山っていう本をトイレで座りながらパラパラめくってますと、

あるもんですね~~(笑)


三重県の関というところで、
名阪国道の関ICからほどちかい山です。

錫杖ヶ岳といいます。


そこなら愛車Zで西名阪から名阪国道と一直線に走って1時間半もあればいける・・・

と思ってさっそく準備して出発します。

準備と言っても、ザックの中身は簡単なもの。

お茶とチョコレート1箱。軽アイゼンとスパッツ(雪用の足首に付けるカバー)、タオル一枚。
あとは携帯やら煙草に財布、そしてお風呂の準備(笑)

10時半には出発します。

が、

名阪国道集中工事のためにあちらこちらで渋滞渋滞渋滞・・・・


適当に裏道に入ったりしましたが、結局登山口についたのが13時を大きく回っておりました。。


さて、気を取り直して、ここから登山します。

sya1.jpg


見ての通り、風の車が一台だけ。。。 ここまで道路の凍結がなくて良かったです^^;

登り始めて最初はどこの山も同じような感じですね。
杉の植林帯です。
sya2.jpg


1時間ほど登ると、尾根づたいを歩くようになり、ここから雪を踏みしめながら歩くようになります。
でも多いところで20cm程度。これなら楽勝です。
sya3.jpg


さて、この山の登りごたえのある所以はこれ。山頂までの約20分ほどが、岩登りなんですね。
こんな感じの登りがけっこうな距離続きます。でも全てロープや鎖があります。が、ハシゴはありません。
sya4.jpg


んでこれを登り切ると、頂上が現れます。
sya5.jpg


ごらんのように、頂上には木がありませんので、360°ぐるっと見渡せる大展望ってことになるんですね~

ここから見えるのはまずは鈴鹿山脈です。
sya6.jpg


下に見える道路が大渋滞してる名阪国道

奥の白い尾根が鈴鹿山脈なんだけど、高い山はちょっと雲がかかってました。残念。。

そして、伊勢平野とその向こうには伊勢湾です。肉眼では名古屋の高層ビル街まで見えておりました。
sya7.jpg



さて、この山。

標高はなんと、
sya8.jpg


676m(笑)

登り1時間10分、下りは雪で滑りやすかったのもあっても40分ほどで下山、
13時過ぎに登って、15時半には降りて来れました。

景色は上等でしたよ、ほんとに^^


帰りは榊原温泉に浸かって18時半に帰宅。

久々にZも乗り回せましたし、なかなか楽しかったです^^


「こんなお手軽登山ならワタシも行きたいわっ!」って思われたアナタ、

一緒に行きましょうね^^

岩場だって、この程度なら手取足取腰取、レクチャしながら登ってあげます(笑)
大波乱。2008初試合。。
寒い寒い1月2月は試合にエントリーしないと、
昨年から心に決めており、
誘われたものも、山だ仕事だと全部お断りし、
昨日の日曜日もまったりと過ごして午後からボチボチ20kmほど走るつもりしておりました。

妻は試合です。
男ダブ女ダブミックスの三複の団体戦のメンバーに頼まれて出る予定でした。

風は土曜まで3泊4日の出張にでておりましたので、日曜は疲れてるだろうということで、
応援にさえも行きません宣言を出しておったのですが・・・

メンバーの男子の一人がヘルニアを悪化させ、出れないと、風に白羽の矢が立つことになっちゃいました。

お願いされると断れない優しい風、
どうせ風嫁とミックスで3試合ほどするだけだろうと思い出てあげることにしました。

1試合目は案の定ミックスをお願いされました。
自分たちのゲームは3つめ。2つめの男ダブは交互審判により風が主審をしておりました。

そして、
我がチームの男子メンバー二人が頑張ってたのですが、
朝一番のそれも開会式直後の第1試合、
寒い寒い雪が舞う天気で体育館も冷蔵庫、
1ゲーム目の中盤、急に我がチームの子がうずくまりました。

「あかん。。。靱帯やってしもたわ、これ・・・」

と随分痛がっております。
アイシングして様子をみますが、象の足首のようにパンパンにふくれあがり、腫れは引きそうにもありません。
復帰は出来ないのでそのままこのゲームは終了。
ひとつ目の女ダブが勝利してましたのでミックス対決です。

この市は元々レベルが高くなくて、1部エントリーの人でもびっくりするようなのはいないです。
さらに相手のミックスも最初の練習1本でクリア打ってる姿見て勝ちを確信し、
危なげなく勝てましたが・・・

第2試合までの間、足を捻挫?した模様の彼、怪我した時に比べてどんどん顔が青ざめてます^^;
結局、痛みも酷く、普通の捻挫でもなさそうだということで、実家の両親に電話して迎えにきてもらい、そのまま救急病院へ向かうこととなりました。

5人エントリーになった場合は、一人が兼ねて出られるというルールがあったので試合続行は大丈夫です。

がしかし。

残った男性と風では明らかにレベルが風のほうが高く、
今後は全部風に二つ出て貰おうという雰囲気が蔓延していることに気づきます。。。

これはやばいと、先手必勝、

「あと予選2試合は、僕と彼交代で二つずつでましょう」

強引に仕切らせて頂きました(笑)


2試合目、風がふたつ出ます。

男ダブは負けました。シャトルがほとんど回ってこなかったし、勝ちに行くことも出来なくなさそうだけど、それもしんどいし・・・
先の女ダブが勝ってるし、後のミックスで勝てば勝ちだし、
悪いけど、省エネに徹してました(苦笑)

ミックスは順当に勝って、

決勝(4チーム2箱で、1位同士が対戦)進出をかけて3試合目に挑みます。

が、やはりもう一人の男性が2つに出ると負ける可能性が高く、
女ダブは普段固定ペアしてる二人が参加してる為、風嫁がミックス、これも慣れている風がペア組むほうが断然勝てる可能性高いのですが・・・

みんなが目でそれを風に訴えかけてるのも、ちゃんとわかってましたが、

出張明けで疲れていたし、そんなに親しいメンバーでも無いし、だいいちあまりテンションがあがってなかったので(笑)ここはもう一人の彼に任せました(笑)


一方その頃、

病院に行った子ですが、

アキレス腱断裂だったようです。。。。。


みなさま、寒い時期の試合は気を付けましょうね・・・・


3試合目、

女ダブの快進撃は止まらず。きっちり勝って1勝。
男ダブですが、このゲームを取らないとミックスもしんどいだろうと、頑張りましたが、
ロングサービスエース5本も6本もとられるヤツと組んで勝てる訳がない。。。
ネット直撃スマッシュ、1m超オーバーアウトのプッシュ、バックショットは半分「カチャッ」、

よくこんなレベルで1部にエントリーしたもんだと、悪いけどあまりいい気しない試合が続き、

勝てませんでした。

その彼、続いてミックスです。

相手チームの声が聞こえちゃいました。

「ミックスもあの人なんや、それやったら勝てるわ^^」

それを聞いた風嫁、

「せやって。これでうちら勝ったらちょっと気持ちええな(笑)」

どうやらスイッチが入ったようです^^;


ファイナルで勝ちました。


試合後、風のところに来て小さな声で一言、

「あの子と組んで勝たせる私のバド、よう見たか(笑)」


ごくろうさまです・・・・・^^; あんたはえらい。


その彼はけっこう身の程知らずで、ミックスは男性が全部触らないといけないと思ってるらしく、なんでもかんでも触ってはミスを繰り返します。
途中で嫁がいい加減に怒ってアドバイス。

「相手コートにきっちり返せる球だけ触ってください。これじゃあ負けますよ」

よほど怖かったのか、彼、亀になっちゃいまして・・・(爆)

あとは嫁が気持ちよく羽ばたいてはりました^^;


決勝は風が二つでる予定でしたが、
快進撃を続けていた若いうちの女性ペアがついに撃沈。
30代ペアの老練な球回しに空回りさせられて、最後はファイナルで26-28で負けちゃいました。
一人は悔しさのあまり泣いてました。。。
線審しながら見てましたが、もったいなかったですね。勝ちようはありましたから。。


さて、決勝ともなればさすがに骨のある相手となります。

男ダブはぺちゃんこに言わされて負けました(汗)


勝ちようは無かったです(爆)

2敗しましたので、3つめのミックスは無し。


そんなこんなで今年の初試合を終えました。

男ダブが3敗、ミックスが2勝、


あ、負け越してるやん・・・・・・(ToT)
富士山
simizu1.jpg


冒頭に写真をもってくるという、人真似をしてみました(笑)

先に言っておきますが、別に登ってきたわけではありませんので^^;

みなさまお久しぶりです。先週は火曜日だけ出勤していただけでその後はずっと出張ででておりました。
土曜までの3泊4日で日本全国・・・ってほどでもないか、東海地方を飛び回っておりました。
出張です。あくまで仕事です。。

さて、上の写真は最終日の宿となった清水。現在の静岡市清水区ですね。
清水エスパルスの本拠地。
なんとこの国道からの富士山がびっくりするほどの威圧感でしたので一枚。。

simizu2.jpg


さらには海岸線に。
天女の羽衣伝説がある美保の松原からです。
ここにははごろも温泉ってのがありまして、ここでゆっくり温泉につかって帰ったわけです。
ただし、宿代はほぼ実費です(ToT)
不景気なもんです。出張しても手当ては出ないわ、宿代として1泊5千円しか貰えないわ・・・

しかし立派な温泉で気持ちよかったです。しょっぱい温泉でした^^

この日宿に着いたのが午後5時、この海岸線には20kmにもおよぶ自転車道がありまして、
ここをジョギング。
夕暮れ、ピンク色に染まる富士山、
そしてそのすそ野で盛りあがる愛鷹山に箱根山系。そして末端まで綺麗に見える伊豆半島。
絶景の中7kmほど走りまして、温泉で疲れを癒し・・・

こんな出張なら毎週でもいい(笑)

いえいえ、しっかり昼間はお仕事をしておりました。もちろん、半分くらい移動時間ですが・・・^^;

そして翌日も見事な晴天。
やっぱり太平洋に面したところは天気が安定してるんですね。近畿より温暖なところでした。

最後に日本平からの富士。
simizu3.jpg


清水港と駿河湾、そして富士山。

つくづく思いました。


富士山は見る山です^^
大山!!吹雪(ToT)

くっ○~~~(笑)

北アルプスは10日11日と良い天気だったってよぉーーーーー(ToT)


日頃の行いでしょうか、

それとも去年と違って今年は天気が悪い周りの年になるのでしょうか・・・・


2006年は雨雨雨の一年。ところが2007年はいつ行っても晴れ。

ってことは・・・・

っちゅうこうとですか(TOT)


さてさて、大山に結局登ってきました。

9日はどう考えても吹雪がキツイので、ゲレンデスキーをパウダースノーで楽しみました。

相変わらず風はスキーが上手い(笑) さすが1級^^;


登ったのは10日、
標高1700ちょっとの大山ですが、登り口の標高700mあたりはどんよりとした曇り。
頂上付近は見えません。標高1000mあたりから雪雲の中に突入しそうな雰囲気。。

登山口にはそこそこの人。団体さんが前を登るようです。
2e19.jpg


ちなみに、9日に登った人が未だ下山してこないらしく、この後レスキュー隊がわんさとあがっていきました。
遭難者は8合目付近で吹雪により立ち往生、ビバークしていたようで、その後無事自力下山してこられました。。

ところでこの中高年の団体さん、最初からやたらとペースが速いのなんのって。。。

雪山はゆっくり歩いて汗をかかないようにするのが基本中の基本。
なのにゼイゼイハーハー、汗かきながら登っていかれます。
おまけにキックステップせずにアイゼンで登るのでステップ(階段状の段)が崩れ、必要以上にアイゼンを付けない私たちにとっては邪魔者以外何者でもない^^;

中高年団体は案の定1時間ほどしたらペースダウン、やたら休憩を取るようになり、抜かれた人達は全部抜いちゃいまして、先行者もどんどん抜いて、
6合目避難小屋では随分と前のほうを歩いてることになりました。

休憩したら、雪山では体温が一気に下がりめちゃ寒い思いしてしまいます。
だから、ゆっくり動き続けるのが理想。
さらに、汗をかくとそれが冷えてやっかい。
インナーを着替えることなんて、この寒さの中拷問のような行為ですからね^^;

やっぱ、中高年の団体登山には問題が山積みのようです。
リーダーはなんであんなハイペースで入ってしまうのか。
途中からあんなに休憩をとらなければならないようなペースをどう思ってるのか。
そしてアイゼン歩行があまりに未熟すぎるではないか。
ステップを踏んづけて地面と平行にべた足で登り、もっと傾斜がきつくなると滑って上手く登れない。そのうち体力消耗、そして撤退。。
久々にこういう人達と同じ行程で登ったけど、出来れば一緒に登りたくないですね。。。

6合目あたりで風雪が強く引き返した人達が半分ほど。
さらに傾斜が急になり、7合目付近で引き返した人もかなり多くいました。
先述のレスキュー隊員が「風がかなりつよいし視界が効かないので危険です。適当に無理だと思ったら引き返してくださいね」
なんて言いながら降りてきたもんだから、その声と共に引き返した人も多かったかな。
登頂できたのは1/4くらいのパーティでしょうか。

さて、我々は登頂を目指したものの、場所によってはかなり吹雪^^;
e3021.jpg


もちろんこんなところはアイゼン付けて登ってます。

途中8合目あたりで風が弱くなった場所もありましたが、稜線上はずっとこんな感じ。

でも北アルプスの猛吹雪に比べたら可愛いモノです。

だって、耐風姿勢取るほどの暴風でも無いし、ルートを示す目印もそこそこあったし、
何より、目を開けてられる程度の吹雪でしたから^^;
まあ、けっこう楽に頂上に立てました。
ただし、風景は一切無し
2f00.jpg


んで、雪に埋もれた頂上直下の避難小屋
中に数名いてたようですが、休憩すると寒くなるのでサッサと下っちゃいました。。。
3c6a.jpg


ってことで大山弥山頂上(1709m)に登ってきちゃいました!

たぶん、

もうここには行きません(苦笑)


あ~~~~

北アに行けば良かった。。。。。。(がっくり)
今年も始まりました

去年より10日ほど早い。

でも、医者曰く始まりは早いけど量は少ないよとのこと。

しばらくは軽めの薬を飲んで様子みます。

ああ、杉花粉のことです(笑)


ところで、

花粉症になると、バドもツライですね~^^;

頭がボーっとしてるもんで、どうも考え足らずなバドミントンを繰り広げてた感じがします。

数ゲームミックスを組んだ嫁も、

「なんか今日はわかりにくい。だから動きにくい」

って苦情が来ました。。。

だって・・・目がぼやけてシャトルが見えにくいし・・・・
何より、ほんまに頭がボー・・・・

昨日は10ゲームくらいして、3勝しただけ。。

ん~~~~

山に続いてバドもシーズンオフでしょうか(ToT)
山はやんぺ・・・
ギリギリまで週間予報と天気図にらめっこしてましたが、

どう考えても週末の寒波&ドカ雪は避けられないようね。。。

太平洋側は日曜あたりからなんとかなりそうだけど、日本海側は来週以降も荒れた天気が続きそう。

ってことで、この冬の雪山山行は見合わせました。

代わりに、スキーでも楽しんできます^^;

どうも、

年々、軟弱になりつつある山のぼラー@風でした。。。。
寒波も休み休みに来て・・・^^;
困りましたな。。

毎週1回ずつは来てる律儀な今年の冬の寒波、

今回が最後であとは落ち着くだろうなと思ってました。
関東のみなさま、凍結した道路での通勤、ごくろうさまです。帰りも気を付けてくださいね^^;

ところがどっこい、
今週末の三連休にもしっかり寒波がやってきます。
おそらくこれで今年の冬の気温は平年以下となり、「寒い冬」だったという結論になることでしょう。

実はこの三連休は山に行く予定しております。
久々に穂高に行こうと思っていました。

んがしかし、
この不安定な豪雪、ちょっと厳しい。。。行ってもたいして登れずに撤退がミエミエなので・・・

北アルプスは見合わせようかと考えてます。

代替え案は南アルプスに入るか、ちょっと思考を変えてみて鳥取の大山に行ってみるか。

大山も立派な雪山です。この時期けっこう厳しい山なんですが、「大山は冬」と言われるように、
夏の大山とは全くの別の山に様変わりします。

要は、夏はたいしておもしろい山でもないけど、冬は大変おもしろい山だということですね。

ま、いろいろ考えて、どこかに行ってきます。。


寒い冬、

けっこうなことです^^
Design by Pixel
Copyright © ♪♪kazeの声♪♪. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。