スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
吼える
えっと、

仕事でとにかくむかつくことがありました。

えっと、えっと・・・

吼えてしまえば、職種が完全にバレるから、何も書けない(爆)


ともあれ、仲良しの同僚Kさんがピンチです。別に彼女は何も悪くありませんが、
彼女の人の良さと立場を、いいように使い回す馬鹿どもがいます。

部署が違うので残念ながら今は何にもしてあげれませんが、

あのブタどもにいつかそのうちエライ目に遭わしてやることは、当面風の心の中で蠢いてることでしょう。。。


スポンサーサイト
なんとまあ・・・・

『ネパール観光省当局者は25日、76歳のネパール人男性ミン・バハドゥール・シェルチャンさんが同日、世界最高峰エベレスト(中国名チョモランマ、8848メートル)の登頂に成功したと明らかにした。

 2007年5月に長野県上田市の柳沢勝輔さんが樹立したエベレスト登頂最高齢記録(71歳2か月)を更新したもので、同記録更新を目指して現在登山中の三浦雄一郎さん(75)も先を越された。

 6月で77歳になるシェルチャンさんは元兵士で、引退後は各種スポーツで体を鍛え、エベレスト登頂を目指していた。

 26日中にも、標高5200メートルのベースキャンプに戻るという。 』

三浦さんが登頂したニュースと同時に、こんなニュース。。。

残念ながら世界最高齢エベレスト登頂は果たせませんでしたが、二人の後期高齢者・・・が無事登頂をしたこと、心よりお慶び申し上げます。


しかし、風個人的には、1番高い山は、チベットにあって、その山に一番たくさん登ったのは当然チベティアン(シェルパ族含む)であって、最高齢で登ったのもチベティアン。

それでいいじゃない^^

って思う。


今年のエベレストはとても天気に恵まれたらしい。

今はプレモンスーンといわれる時期で、一年で最もヒマラヤに登りやすいとされています。
中でも、微妙な天気の移り変わりは当然ありますから、アタックする人はみんな同じあたりの一両日中に集中するんですね。

その結果、なんと、1日で220人がアタックしたとか^^;

日本の北アルプスと変わらないね・・・・


金だしゃエベレストに登れる時代・・・が、本当に来てしまったのでしょうか。

なんだか、すごく寂しいというか、エベレスト頂上付近で「登山者渋滞」が起こるという話を聞いて、どうも幻滅してしまいます。。。

富士山では渋滞は風物詩ですが、エベレストでねぇ・・・・^^;


しかし、毎年何人もの登山者の命を奪ってるのも事実だし、天候によればそのシーズンの登頂者無しという年があるのも事実。
厳しい山であることには変わりないんですけどね。

それだけ多くのパーティが踏み入れるんだから、たのむから、

ゴミ、持って帰れよ・・・・・?^^;
平日より忙しい週末。。。

金曜日。ブラッと一人で放浪しながら呑むつもりでした。

これはいつものことです。

が、よく一緒に呑む同僚のKさん(以前帰りに3回転けた人)、同僚の女同士で呑む予定があり、
どうせあのメンバーだと早々に解散になるだろうから、
帰ってきたら(自宅は風の駅一つとなり)ちょろっと一緒に呑み直しましょうかと、
そんな話になってました。

ところが、以前から常連で行きつけていた店(小首をかしげるSちゃんの店)の店長が、
昨日、クビになったと、℡が入りました。。。

あらら、

なんだか一通りしゃべりたそうな雰囲気だったので、「じゃ、今晩一緒に呑もう。どうせ俺一人で飲んでるから」と、
Kさんに今日は無理になりそうですとメールしてそいつにつきあうことに。

すると、あのSちゃんも一緒に現れます。これはラッキー。

Sちゃんも同じく店をやめたとのこと。相変わらず可愛い^^

Sちゃんと仲良くしてたもうひとりのウエイトレスもやめたみたいで、その子も途中から合流。

結局男女4人で、それも風以外はみんな20代という、なんともこの歳になればあまり無い呑み会になり・・・・

途中、東からお電話もかかり、
「なんで東京にいてないの!」と叱られ・・・(笑)

帰宅は3時半。。。。

そして、ぶっ倒れていた翌日の土曜日。

バドの人達が、午後過ぎ、我が家に来訪。

たこ焼きしながらビールビールビール。。。

さすがに風は少ししか呑みませんでしたが・・・・・


今日はお仕事。


昨夜は9時には寝たので、まあ、体調は大丈夫ですが、

明日からのウィークデイで、少し体調を戻したいと思います^^;


早死にしてもしりませんよ


はい、ごもっともです。。。。
<ドカベン>岩鬼正美が結婚 

あこがれの夏子さんとの愛、実る

水島新司さんの人気野球マンガ「ドカベン」の人気キャラクターで、口にくわえた葉っぱと悪球打ちがトレードマークの岩鬼正美が高校時代からのあこがれの女性、夏子さんとついに結婚した。22日発売の「週刊少年チャンピオン」25号に掲載された。

夏子さんは高校時代からの岩鬼のあこがれの女性で、一度は別の男性と結婚、一女を生んだが離婚し、母子で暮らしていたが、08年の開幕戦でチームが勝利した日の夜に岩鬼がプロポーズし、30年以上(物語の設定では十数年)はぐくんだ愛を実らせた。


おめでとうございます。夏子さんがバツイチだったのを初めて知りました(笑)

今度は、山田太郎の妹(名前はなんだっけ、葉っぱは「どぶすちび」と呼んでいた)と、里中あたりが結婚したりするんだろうか^^;


あのプロ野球編は読んでないけど、
往年の名選手達はどんな球団でどんなプレーをしているのだろうか。一度ブックオフでも行って大人買いしてみようかとも思っています。。

剛球・土門に帽子のツバが割れたしらぬい、やたらでかい雲竜、犬飼三兄弟、フォークの緒方は?通天閣の坂田は、背負い投げ投法してたロン毛は、義経と弁慶は、っていうか、明訓の選手はどないなってるのか、
山田が西武で葉っぱがホークス、とのまがオリックスで・・・くらいは知ってるが、里中は?土井垣は?微笑は?北さんは?(笑)

ん~~ 一度読破してしまおうかな~~^^;
久々にお天気の話

えらく早い段階で台風が日本列島の側を続けてふたつ通りました。

しかし、昨日・今日と近畿地方は抜けるような青空で良い天気です。

朝から自転車で通勤しておりますと、爽やかな風でとても気持ちいいですね。

仕事などつまらないことに時間を費やしていないで、どこかにブラッと出かけたいものです。

そこのアナタ、風と一緒に清流と新緑で心を洗いにいきませんか?平日に(笑)


さて、沖縄・奄美地方が梅雨入りしました。

平年より1週間以上遅い梅雨入りとなったようで、本土も今年は梅雨入りがやや遅れるかもしれませんね。

ここ数年は平年(近畿地方なら6/6)よりけっこう遅くなっております。そのかわり梅雨明けも平年(近畿地方なら7/19)より遅くなってまして、

梅雨は6月という概念が、変わってきてますね。実際に近畿や関東では梅雨期間が7月のほうが多くなってきています。

4年ほど前でしたっけ、7月の2週目くらいに早々と梅雨明け宣言を出したものの、その後2週間がくらい雨が降り続いた・・・・なんていう年もありましたが、
梅雨前線の動きって、あんな大きな前線なのに意外と読みにくいみたいです。

今年はどんな梅雨になるでしょうか。台風と梅雨前線がかぶると、必ずどこかで災害が発生します。
こういうことも避けてほしいですね。

ちなみに、今年の4月は、梅雨並の雨が降ったんです。そう言えば雨の日、多かったですよね?え?そんな昔のことは覚えてない?(笑)
がんばってください。。一昨日の晩ご飯何でした?^^;

雪の量も多かったし4月の降水量も多かったので、水不足の心配は無さそうですが、

逆に水災害、今年はなんとなくがっつり起こりそうな気がして心配です。

そして、東海地震、東南海地震は、間もなく間違いなく起こります。

何が起こってもいいように備えましょうね。

寝室には、靴やスリッパ。あと、羽織る物一枚。これは絶対に置いててください。

あと、防災グッズは、外の倉庫など、家が傾いても取り出しやすいところに置いておきましょう。
車のトランクでもOKです。


風家は山道具があるので、4,5人くらいが1ヶ月以上快適に生活できる防災グッズを取りそろえることができております。

路頭に迷ったら、風の所に来てください^^
カシコイ子は練習後は真っ直ぐ帰ります。

監督「お~い、カゼ、帰り○○の湯に風呂入りにいかんか?」

風「ええ、近所なんでいいっすよ」

先輩A「呑むから車置いてきたら?」

風「の、呑むんすか・・・ わかりました、一旦帰ってチャリで行きますわ(雨ふってるけど・・)」

監督「ほな先行って入ってるから来いよ~」


んで、この人達、風呂、長い・・・・・・


後から入浴した風、一番先に出ます。それでも、50分くらいは入っておりました。


スーパー銭湯、座敷のレストランがあります。

そこで先にビールを呑んで待っておりました。

一緒に行った後輩の嫁が風の程なく後にあがってきました。

とりあえず彼女もチューハイを呑みながら後続を待ちます。


だいぶ経ってゾロゾロとオトコが三人、あがってきました。

この時点で、23:30(汗)


イヤヤ・・・・この人達のアフターバドにはこれまでつき合いたく無かったけど、やっぱ勘は当たってた。。。

このオトコ三人のうち、2人は自営業。一人はサービス業で朝は10時出勤。

時間の感覚がワタシとまるで違います

風、よく泥酔して飲み歩いてるように思われがちですが、そんなの週末だけです。
実を言うと、ウィークデイはだいたい毎晩10時前後に寝てます(笑)


さて、本番はこれから。12時半オーダーストップの1時閉店です。

この時点で、そこまでギリギリ呑むんだろうなというのは察しがつきます。


もう諦めて、風もいつもどおりにビールを浴びていたのですが、

問題は酒の回ったバドは風より下手なオトコ達のグダグダです(汗)


監督「カゼ・・・・(目がすわってる)、おまえ、バドミントン上手なりたいんかい」

風「え・・・・そりゃ・・・・」

監督「さぼっとるやろ、最近」

後輩「あ、それ、私も思いますわ。風さん、もうちょっとキビキビ動いてはったもん」

先輩「そういば、僕も風クンにはなかなか勝たせてもらわれへんけど、でもなんとなく、怖くなくなってきたわ。

監督「ほらみてみ、こいつらがそう言うってことは、お前、やっぱりさぼってるやろが」

風「いえ・・・別にさぼってるわけじゃないんですけど、最近走ってないんでちょっと動きが鈍くなってるかも・・・」

監督「なんではしらへんねん」

風「マラソンにエントリー出来てないだけで・・・仕事とかで・・・・」

監督「あほ!エントリーもくそもあるかい!お前がバドのために走ろうと思うか思わんか、その問題や!」

風「す、すみません・・・」

先輩「まあまあ、風さん、最近がんばってスマッシュ打ってはるし」

監督「スマッシュ??こいつのはスマッチュや」

後輩「(爆)」

先輩「でもね、風さんのバドミントンは僕らも参考にさせてもらってるんですよ」

風「ありがとうございます・・・」

後輩「先輩は風さんのどこを参考にしてはります?」

先輩「サーブ」

後輩「と?」

先輩「・・・・・・・・ショートサーブ」

後輩「と?(笑)」

先輩「あと・・・・シャトルの受け取り方

監督「それ、バドミントンのプレーとちゃうやんけ!」

先輩「いや、私ね、ぽ~んって渡されたシャトル、いつも手で受けてしまうんすわ」

監督「そんでええやんけ」

先輩「あれをね、ラケットで受けたいんですけどね」

監督「出来るやろ、おまえでもそれくらいは」

先輩「風さんね、ラケット面で切って、一旦シャトルを上にあげて、左手でとらはるんすわ」

監督「それがどうしてん」

先輩「あれ、練習中ですねん。私」

後輩「で、先輩、風さんのを見習ってるってそれだけですか?」

先輩「うん。。。」

監督「カゼ、しょせん、お前はその程度のバドミントンしかしとらんってことや」

風「す、すみません・・・・・(ってか、最近君ら三人に負けた覚え無いし・・・・・)」


で、帰宅は午前1時。本日寝不足&ちょい二日酔い



もうあいつらとは呑まん(ToT)
五月病
山:終わった 夏までお預け

オフ 〈終わった 秋まで参加予定無し〉

バド試合 〈6月下旬まで無し〉

仕事 〈なんだか随分忙しい〉

夫婦仲 〈相変わらず復旧の見込み無し〉

おねーちゃんと呑む約束・・・  〈来週末〉


ってことで、来週末までは五月病にかかっていたいと思います・・・・・


来月の社会人個人戦
うっかり忘れていました。

その日曜、予定を入れてしまっておりました。

地元の、ビーチボール大会。レクレーションの大会です。
友人に「出てぇー!」って頼まれて、「おお、空いてるからいいよ。終わってから呑みにいくんやろ?(笑)」
なんて感じで。。。

ビーチボール大会。

いっときますけど、ビーチでやるビーチバレーと違います。朝尾美和ではありません。

体育館のバドコートで、ネットはバドより少し高く、大きなビニールのビーチボールでバレーをやるんです。4人制らしいです。

別にバレー経験者ではないけど、普段運動やってるし、体が動くので・・・ということで誘われただけです。


ああ、バドの県社会人。年間でもっとも大きい個人戦(男ダブ)です。

もちろん、こっちが優先です。しょーもないレク大会を入れてたなんてバレたら、もこみちに三行半突きつけられます(^^;


しかし、ビーチももうエントリー済み。

代わりを探さなきゃ。。。。(汗)


だれか・・・・

代わって・・・・・・・(ToT)
西の果てオフ、夜の部
一旦ホテルへと向かい、さっぱりシャワーを浴びて、フライングでスーパードライ500mlをプシュッと^^;

しばしの休息を経て、さて、ボチボチしたに降りようかと着替え始めたとき、コンコンコンとノック。

なんと、のこがウコンの力を配り歩いてくれてました(爆)

いい幹事さんです^^;

あ、すみません、ズボン履いてないの、指摘されてから気づきました。。着替えてる最中に訪ねてきたあなたが悪いんです(爆)


ビアホールでバイキング形式のお食事。エビチリが旨かった^^

あ、またすみません、

バイキングなのに、一度も料理を取りに行っておりませんでした(汗)


二次会はカラオケ。トコちゃんのバースデーケーキで乾杯(笑)
歌って騒いでホテルへ戻ります。
ん~~~
一旦このあたりの記憶がちと薄い(苦笑)

でも、部屋に戻って、みたけさんとのことビールを呑み始めたことからまた記憶は再開^^;

その後トコちゃんも合流、記憶レベルは40%くらい(爆)

その場もお開きになり、部屋に戻ります。この時点で記憶レベルは10%くらい・・・・

次にはっきりと覚えてるのは、のこにグダグダと説教していた場面(爆・爆)

あいつ、なんで俺の部屋におったんやろ・・・・・(汗)


あとは、気が付いたら、朝でした。。


8時に起床する予定なのに、7時に起こされ(怒)、飯をしっかり食って、部屋に戻り、二度寝。。

それもまた起こされ、シャワーを浴びる間も無くロビーへ。。。

昨夜シャワーせずに寝てしまってたのに(ToT)


二日目は、使い物にならない風、バドの内容は初級者(苦笑)

まあ、泊まりバドしたら、いつものことです^^;


そんなこんなで帰宅時間となる正午が迫り、風は皆さんより一足早く予定終了。

帰りの道中は2度の30分仮眠を挟みながら、5時間で無事帰れました。眠かった^^;


実は泊まりのオフは久々でした。

なんと鹿児島宮崎合同オフを東でやったとき以来だったのです。

やっぱ楽しいですね~


特に今回は、みたけさん参加があり、念願のみたけさんオフ参加が叶った嬉しさ、
あと、東からバドの達者な二人がきてくれたことでゲームの内容が随分面白くなりました。
おさるちゃんのバド、のこもあーちゃんもかなり参考になったハズです。(なってなかったら人生やりなおしてください(爆))
ドライブさんとキャパさんに揉まれ、パパさんやトコちゃんの熟練技も相変わらず切れてるし(笑)、

まあ、かなり楽しかったですね^^

また、よろしくお願いしますm(__)m


以上、多少疲れましたが、西の果てオフは楽しかったって話でした!
西の果てオフツアー
6時過ぎ、起床。

雨。。。

この雨の中400kmの運転か・・・・とちょっと憂鬱になりながらも、まあ、GW山行以来車洗ってないので多少は綺麗になるか?と思い、
7時過ぎ、コソコソと家を出発(笑)

嫁には「仕事で出張」

基本形です(汗)


大阪市内に入り阪神高速乗り口で検問にひっかかります。やたらめったらパトカーだらけの市内。

要人来阪の為だそうです。チャイナの要人ですね。

警官に「どちらまでですか?」と聞かれ、

「い○○○までです!(笑)」と元気よく答えますと、大阪から離れる者には用事が無いとばかりにさっさと行けという顔されました。

さて、トコちゃんと待ち合わせの8時。無事拾えまして再出発です。

ぺらぺら喋りながら約4時間、西の果てに到着です。そんなに飛ばしませんでした。。。(たぶん)

さて、運転中のワタクシに堂々と℡してくるのこ。
そして「あんたなー運転中の風さんに電話せんと私にかけてきーよ!」と怒るトコちゃん。。。
すると「だってなんべんもかけてんのにあんたがでーへんねんやんか!」と反論するのこ。。。。
「かかってきてへんわ!」とトコちゃん・・・・

西の果てまできて、早々に姉妹喧嘩です(爆)

体育館への入り口がわかりませんでしたので、あーちゃんに近くまで迎えにきてもらうことに。

ここで待つこと約30分、ようやく初対面のあーちゃんが現れ、みなさんに合流です。

体育館の入り口、わからないはずです。だって「車両進入禁止」という立派な看板のある入り口でしたから(笑)

昼食組もぞくぞくとその看板のある入り口から入ってまいりまして、全員集合と相成りました。


んと、

バドの話もちょっとはしましょうね。。。(笑)


今回、初めてお会いするのは、あーちゃんとみたけさんとパパさん。特にみたけさんは今度いつ会えるかわかんないので基礎打ちの相手をしていただきました。

みたけさんってどんなバドするんだろーなー

多くの人が心のどっかで思ってることだろうと思いますので、風がこの場を借りて勝手に大公開(笑)

な~んて、そんなのバラしてしまうと、面白くないですね。これからもなんとか頑張って他の人達ともオフできるよう、もう少しベールに包んでおくとしますか^^;

ただ、イメージ的な話だけしますと、けっこうパワーヒッターです。ドライブしててもとても強く叩くし、スマッシュも速いです。

その、スマッシュ練習の時でした。風、1本しか持ってきてないラケット、それも張り立てガッとが、プチンっと切れちゃいました(ToT)

幸い隣で打っていたキャパさんが同じカーボ23を持ってらしたので、それを拝借させてもえました。

キャパさんのガットテンション、ぱっつんぱっつんです(笑)

助かりました、どうもですm(__)m


その後はゲームゲームゲーム。


パパさんのロングサーブ、たぶん、3,4本はエース取られちゃいました(ToT)
ちょっとあれは練習してみる価値ありますね。
ものすごく球足の速いロングなんですね。なのにバックアウトしない。不思議なサーブでした。
一応呑んでる席でコツを聞いてみました。翌日やってみましたが、やっぱりあの球足で打つと2,30cmはバックアウトしてしまいます。
あの秘密を探る作業、今日からします(笑)


さて、面白い男ダブもできました。つばめ・風vsキャパ・ドライブ

ものすごくイイ練習になりました。つばめも2年前に会った時よりかなり上達していて、頼もしいプレーヤに成長していました。
1セット、ゲット。
勢いだけでなんとか取れましたので、ここは迷わず2セット目も挑戦を受けてもらうことにします。
やはり2セットは簡単に取らせてもらえないだろう。と思ったからです。

案の定、2,3セットともやられました(汗)

ファイナルは勝ちたかったなぁ・・・・・^^;

つばめは、シャトルに対して迷わずに反応するところがあるので、組みやすかったですね。
つばめを好きに動いて打ってもらうのが風の役割でした。相手が相手だから、いろんなところに球がこぼれてきます。それを拾って繋いでもう一回攻めれる状態に戻す・・・・なんてことを考えながらやってましたが、
キャパさんに打ち込まれ、ドライブさんにいなされ、あと一歩(二歩?)届きませんでした。。。^^;

この三セットと、あとあーちゃんと組んだミックスで、風の電池は終了(苦笑)

時間もあと一時間ほどだし、あとはわいわい楽しくのこをおちょくろうかなといろんなゲームしようかなと思っていたのですが、

あーちゃんとのシングル対決が残っておりました。。。。^^;

ちなみに、あーちゃん、掲示板やブログではけっこう自虐系ですが(笑)、バドはそこそこ上手かったです。クリアもしっかり打てるし、足もけっこう動く。たまに声だけ出て足出てないときありますけど(爆)

ルールはもめにもめて、結局は、0-18からのスタート。風、スマッシュ・プッシュ・ドライブ抜き。


キツイです。。。


決めるためのショットを抜かれてるので、必然的にラリーがうんと長くなります。

肺が悲鳴あげてました(TOT)

でもなんとか、順調に15点くらいまではポイントを取られずに進めました。

がしかし。

やっぱり、一本くらいはやってしまいます。どんなんだったか覚えてないけど、たぶん風がネットにかけたかなんかで一本とられて、あーちゃんのポイントが19点に。

さらい続けて、クロスクリアをかぶせすぎてしまいサイドアウト、これでマッチポイント。

でも、

ミスさえしなければ、15点まではラブで取れたんだから、あと3ポイントだったかな、それくらいは大丈夫だろうと、焦ってはいなかったのですが、


最後の最後に、あーちゃん、とっておきのスマッシュを打ってきました。

それまでほとんどスマッシュは打ってこなかったので。。。油断してました。。。。

サイドいっぱいにエースを決められて・・・・・・ゲームセット・・・・・・


喜ぶギャラリー


いや、でも、あの一発は立派でした。

ここ一番、一発だけ決めればいいって時に、あれが打てるんだから、これからもっともっと上手くなれるハズです^^


夜の部につづく・・・
GW山行 北アルプス 鹿島槍ヶ岳!!vol.2

失ってしまったものはしかたありません。

あの雪の中に埋もれてしまっては小さな指輪など探しようが無いでしょう。。。

そういう運命だったのです(爆)

後続のパーティが来ました。

思わず、「あの、グローブ落ちてませんでしたか?」と聞いてみますと、

「はい、持ってきましたよ」

と。なんと優しい!^^


とりあえずグローブの中を探してみますが、やはり指輪はありません。


ま・・・・いいっか・・・・・(笑)


さて、山の話に戻りましょう!


冷乗越から山荘まではほど近い場所。20分ほどトレースを踏んで到着。

テン場には5張りほどで、なかなかいい場所もゲットできました。

とりあえず、ビール^^

500ml¥750で販売されてまして、2本をグビッっと呑んで一息入れます。

テントを張った時点で14:30 今日はもう行動はありません。ゆっくりこの2500mの世界で景色を楽しみます。

kasi07.jpg

向こうには剱岳へと日が沈んでいきます。

明日の天気予報もバッチリ。この日の夕刻少し雲が出ましたが、まったく心配無しです。


5/4


二日目。

この日は鹿島槍ヶ岳(2889m)と、時間があれば爺ヶ岳(2669m)も往復しちゃう、楽しい日です。それもこの好天。

テン場から朝一番の眺め。
kasi09.jpg


ちょろっと見えてるのが風のテントです。愛用のアライエアライズ。

本来ならまず鹿島槍に登る予定でしたが、ここは予定変更。

槍穂がほど近く見える爺ヶ岳のほうへ先に行くこととしました。
今日は1日良い天気のはず。どっちでもいい景色が見えるはず。

この判断は大正解。

爺へのトレースのほうが多少イヤらしいところもあるので、朝の締まった雪のほうが歩きやすかったです。
爺へ向かう途中、振り返れば大迫力の鹿島槍ヶ岳。
kasi10.jpg


微妙に南峰の先っぽが切れてる気がしますが、プロカメラマンではありませんのでご容赦を(苦笑)

そして出発から約2時間、爺ヶ岳山頂(2669m)へと到着です。

扇沢から登ってきてる登山者もけっこう多く、みなさん、この絶景を心ゆくまで眺めておられました。
kasi11.jpg


遠くには富士山も見えてましたし、八ヶ岳や北アルプスも。△に聳えた北岳が印象的でした。
もちろん、槍も穂高も常念岳も。針木岳に裏銀座連峰、薬師岳、グルッと回ると立山から剱とその向こうには日本海、鹿島槍が大迫力でその向こうには妙高、志賀高原も。

感動の嵐です^^


結局30分以上この山頂で遊んでました。風がけっこう強くなってきましたが、未だ雲はひとつも湧かず。

一旦テン場へ戻って昼食を摂り、その後は予定通り鹿島槍へ登ることにしました。

天気が良すぎて雪がかなり柔らかくなってきてます。ちょっと注意をして登らなければなりません。


登る最中はこんな感じ。説明不要の景色が続きます^^

kasi12.jpg


ちょっと、いや、かなり最後はバテて、登頂しました。
kasi13.jpg


風、登場(笑)

東尾根から登ってきたクライマーに撮影してもらいましたが、

剱と風がかぶってるし(怒)

ま、撮って貰ってるんだから文句は言えません。。。


ココでも30分以上のんびり過ごしまして、いい加減寒くなってきたので下山します。

下山途中には雷鳥もお目見え。
kasi14.jpg


んで下山後はやはりビール(笑)
kasi15.jpg



ってなわけで、ここ数年無かったくらいの好天の山行に大満足で、明るい内に就寝(笑)


3日目(5/5)は天気が崩れましたので、そそくさと下山しました。

6日はまた良くなったみたいだけどね。。


さて、その下山中。

例の、指輪を紛失した地点を通る際、

一応、トレースの周りを注意して見るようにしてました。一応ね。。


すると、なんてことでしょう。


見つけてしまいました(爆)


すごい偶然ですね。。 先行者がたまたま見つけて、そっと目立つところに置いててくれた・・・ような感じです。


下山は豪快にシリセードで、初日に半日かけて登った沢を1時間で下っちゃいまして、今回のGW山行、無事終了^^


帰路は渋滞を避けて北陸道へ。ここは制限速度が設けられていません

愛車Z、初の大台越えしました。ん~~~景色が溶ける~~(爆)

ん?大台?

もちろん、100km/h・・・・×2・・・です・・・・・・^^;

まったくブレないしまだまだ楽に出せそうな安定感。いい車だね~♪

(あ、トコちゃん、乗っけるときはそんなことしませんのでご安心を^^;)
GW山行 北アルプス 鹿島槍ヶ岳!!vol.1
へっへっへっ

思わず自問自答してしまいました。

「俺、そんなに日頃の行い良かったっけ」(爆)


たまらんくらいに天気が良く、この時期によく見られる春霞もかなり薄く、

これまで見た景色の中でもベスト3に入るほどの美しさでした。

特に2日目はえげつない好天で、顔も真っ黒に。只今皮がめくれて顔ボロボロ。。

さすがにその顔はアップできないけど^^;


さてさて、

5/2の夕刻より出発、夜には現地入りして前泊しておきます。
最近このパターンが恒例となってきました。初日出来るだけ早くから山に入りたいのと、前日にしっかり布団で寝ておいて体力を蓄えて山に入るのと、
そのために前夜に素泊まり3千円代の料金は全く惜しくありません。
よくやってる人いますが、車で仮眠なんて、邪道です^^;

前年も同じ時期にこのロッジに泊めてもらってるので、従業員さんに覚えてもらってました。
そして、何故か夜の誰もいない食堂でスタッフと共に焼酎を呑む風・・・・おごってもらっちゃいました(汗)

翌朝、天気は雲一つ無い快晴。天気予報は「曇りのち晴れ」だったけど、なんだかめっちゃいい天気です。

ロッジからほどなく車で走ると、今回の登山口となる大谷原登山道へ。

kasi01.jpg


愛車Zをこんなところに停めて(ごめんね・・・)出発。

ちなみに、帰りの時に横にあった石でフロントの下を思いっきりこすっちゃいました(TOT)


ドピーカンの中、出発です。見えてる尾根は北アルプスの主要稜線ではありません。それに通じる尾根で、鹿島槍ヶ岳東尾根といわれる尾根です。ここも何パーティかのクライマー達が登ってました。
kasi02.jpg


あ、写真はクリックで拡大されますので、サボらないでちゃんとクリックしてくださいね(笑)

最初の1時間強は林道歩き。でも、ほどなく林道も雪に埋め尽くされてしまいます。
kasi03.jpg


そして、林道終点となる西俣出合へ。ここから本格的な雪山登山となります。
kasi03-2.jpg

上に稜線が見えてると思いますが、あそこまで約3時間の登りです。バスッと直登。

kasi03-3.jpg

登ってる最中、曇ってきました。
でもまだ朝の早い時間。天気予報通りだと思って、午後に期待しながら登ります。

そして稜線間近。
せっかくなのでトレースの無いところを気持ちよく登ります。軽くラッセルも楽しんで・・・
kasi04.jpg


赤岩尾根稜線の上部に突き上げますと、ドーンと鹿島槍ヶ岳!!
kasi05.jpg


ほら、風が稜線に出ると雲が無くなってきた。さすが日頃の行いの良い風。(笑)

ここから小一時間で後立山連峰の尾根に登れます。
爺ヶ岳と鹿島槍の間、冷乗越(つべたのっこし)へ。

ちなみに、この赤岩尾根から冷乗越までの間、踏み抜きが多いし、微妙なトラバースも有り、どう考えたって近いうちに雪崩れるだろこの斜面!ってなところもあったりで、妙な緊張感がありました。。。


んで、この時にプチ事件。


風、なんでもないトレースで踏み抜いてしまい、胸まですっぽり埋まってしまいました。

ま、こんなことGWの雪山ではよくやることなんだけど、どうもハマリ方が変にスッポリとしてて上手く抜け出せない。。。

這い上がるにも手がかりが無く、雪も柔らかくてどうしてもあがれない。。

んで、グローブを外してザックをほどき、雪面にザックを横にして置き、それを手がかりにして抜け出そうとしました。

が、やはり抜けれない。。

仕方が無くピッケルで地道に掘り、手で雪をかきだし・・・・

そんなこんなで10分後、ようやく抜け出せました。この時、事件は起こっていましたが、風、未だ気づいておりませんでした。。。


そして程なく後立山稜線へ。

イキナリ正面にお目見えです。立山連峰に剱岳
kasi06.jpg


強烈なインパクトで出迎えてくれました。

天気は再びドピーカン


ここでザックをおろし、煙草を吸いながらゆっくりとこの景色をば楽しみます。

濡れたグローブもザックの上で少し乾かすか・・・・と思いきや、

なんと、左手グローブがありません。

あっりゃぁ~~~~さっき埋まった時の脱出する際に落としちゃったか・・・・・

グローブ、換えはありますが、フリース生地の温かいやつです。この好天の中あのグローブするのはどう考えても暑い。。。しゃーないけど・・・・

と、ふと左手を見ますと、


無い。


無い。。。


無い!!!



ぎゃーーーーーー!! 


結婚指輪も落としてもーた!!!!




つづく・・・
さて、北アルプス

本日午後より有給して、長野県は大町市へと向かいます。

下山はたぶん5日。

天気はまずまずイイ感じ。

行ってきまーす。


あ、

「心配だから下山報告して!」

と涙されてるアナタ、ちゃんとしますから心配しないでね(爆)

Design by Pixel
Copyright © ♪♪kazeの声♪♪. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。