スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
とりあえず試合の話。。
先週、ミックスでした。年間ではミックスの一番大きな大会。社会人登録の試合です。

嫁と出ました。

喧嘩、しませんでした。

奇跡が起きました。。


2部で優勝して1部に昇格して以来、予選で全く勝てなかった、1部最年長ペア(汗)が、

予選リーグにも恵まれ、激闘の末1勝1敗、でも負けた試合がファイナルだったため、セット率で箱抜け。

準々決勝、激闘で2セット目を取り、ファイナルへ。

たかだか準々決勝の試合なのに、あの風夫婦ペアが、1部決勝常連にイイ試合をしてるということで、ギャラリーが多くなりました。

嫁、何か取り憑いたかのように動きます。。返します。。。

足と頭と粘りで、

勝っちゃいました。。


相手女性、泣いてました(爆)


準決勝も風夫婦の勢いはとまりませんでした。

1セット目を25-27で残念ながら落とすも、2セット目は3点差を守って奪取。

なんでこんなペアからセットが取れるんだろう・・・・と不思議でたまりませんでした。

またファイナル。

粘りに粘りましたが、残念ながら、風の足が止まりました。。。 電池が切れて予備電池も使い果たし、

21-23で落とし、敗退。3位。

その僕らに勝ったペア、決勝も勝って優勝しました。


大げさな言い回しかもしれませんが、体育館中(っていっても予選敗退組は半分以上帰ってましたが)、風夫婦ペアの健闘に拍手してくれていたような雰囲気でした。


二人でやってきたことが、今、自分たちに出来ることを効率よく取り組んできたってことだと、自信が持てました。
この1ヶ月、嫁に教えたサーブレシーブ。1セット平均3本くらいはエースを取ってくれたし、相手もよくフェイクにかかって有利なラリーに持っていける本数が増えました。
そして、ミックスではロングサーブ。と思って練習に取り組んだ面を滑らせて打つ速いロングサーブ。
効きました。たくさんのポイントを貰いました。



あんなに、集中してゲームしたこと無いし、あんなにしんどいゲームも無かったし、でもあんなに楽しいバドミントンしたことも無かったです。

二人とも、あれから4日、まだ筋肉痛や関節痛が取れてません^^;


これからバドはしばし夏休み。ここ数年目立った活躍をしたことが無かっただけに、気持ちよく、しばらく練習をさぼれそうです(笑)
スポンサーサイト
立ち話で熱中症

同じ課のおばはん女性の話です。

事務所の外で、オンナの立ち話、この猛暑の中、約40分。

汗を拭き拭き、冷房の効いた事務所に帰ってきたとたん、目の前が黄緑色に染まったかと思うと、気分が悪くなり、自分のデスクの椅子に座ろうとした瞬間、バランスを崩して、転倒。。

その後、頭痛がすると言いながら朦朧としています。。

このオンナ、明らかに立ち話で熱中症になりよりました^^;


そこまで命がけで立ち話せなあかんほど大事な話あったんかい(笑)


涼しい部屋だったので、少しポカリスエットを飲ませて椅子に座らせておけば回復したようでした。


とか書いてる風も、

とても汗かきで、真夏のバドは熱中症との戦いです。いかに体を冷やしながら、水分補給を上手くしながら、気を遣ってやらないと、熱中症になります。

と、その前に脱水症状を引き起こすんですよね。

風の汗ははんぱじゃなく出てくるので、水分をいくら飲んでも、追いつかないわけです。
胃腸で吸収できる量の水分以上に汗で出てしまってるってことですね。
だから、塩分もうまく取りながら、ある程度外に出たりアイスノンで動脈冷やしたり、そんなこんなで乗り切るわけです。

当然、上の女性のように立ち話してても汗が噴き出てきます。。

暑いので外で誰と会おうが、避けてさっさと冷房の効いた室内へ逃げ込むのですが、
大好きな同僚Kさんに会うとそうはいきません
楽しくしゃべること5分、顔は汗つぶ満開。。

「はい・・・ハンカチ、どうぞ・・・」優しいKさんは小さなハンカチを渡してくれました。

そんな小さなハンカチ、一瞬で飽和状態になりますが?

などとは言えないので、ありがたく拝借して顔を拭きますと、

「それ、持ってていいからね。。」

って言われても、どうもても女性モノのハンカチ、持って帰って洗って返すにも、えっと、んっと、、、

と悩んでおりますと、「あ、そうやね、持ってかえられへんよね。じゃ、汗拭いたら返して(笑)」

二拭きくらいでびっしょびしょになったハンカチ、返すのもはばかられましたが・・・

美しく優しいKさんはイヤな顔一つせずに、自分は汗のひとつもかかずに、濡れたハンカチを持っていかれました。


そして、風はお昼前の空腹時のそのやりとりで、何故か頭がフラっとして(その日は午前中ずっと外にいてたってのもあって)、

汗はさっきハンカチを貸してもらった時より大幅にかいて、頭がんがん、視線がボーっと・・・・

事務所にもどると、

「どないしてん、顔、青いで・・」なんて言われ。。


人のことは笑えません。。。




でも、美人との立ち話命がけでもします(爆)






今日の占い

朝の情報番組。うちは大阪ローカルのを見ています。

暑苦しい爬虫類系の色黒おっさんと、くだらないネタをなんでも誇張して芸能情報やってる蝶ネクタイ、あの二人はどう考えても朝の顔じゃない。。ということで、

T社とF社を除く、消去法って感じで結局A社を見ています。なんだろ、関西弁聞いてるほうが落ち着くってのがあるかもしれません。


どんな情報番組でも、今日の占いと、星座占いみたいのをしますよね。あれはほんと余計なお世話。


本日、我が水瓶座、12位でした。

そして、妻の乙女座、1位でした。。


「なんやそれ、どういうことやねん」とボソッとつぶやいてますと、


嫁「まあ、人生そんな感じやんか」



え・・・・・?
インドアクライミング
なんでそんなとこ行ってるかは、いつやらに書いたので割愛して・・・

日曜、風嫁と仲良く行ってきました。


まずは、トラバース(横移動)

これは、壁から離れるとすぐに足が着くような高さで行うため、怪我する心配も無いし、別に命綱をつけることもありません。

たくさんのイボイボみたいなホールドがあるのはご存じですよね。しかし、あれのどれを使ってもいいってわけでもありません。
色で限定されることにより、難度を設定できる仕組みになっています。

ウォーミングアップに、初級編をやっていきます。

スタートからゴールまでおよそ5分。

すでに上腕がパンパン(ToT)


体力はあるほうだけど、元々が瞬発系を得意とする体質、5分も力が入りっぱなしだともうダメ。。。


コツってのももちろんあります。

それは、手で体を引きつけないこと。ちょっとした懸垂の運動になりますが、ごっつい疲れます。

そこで、手は引っかけてるだけで伸ばして、足で上下左右に動きます。オラウータンが木の枝を移動してる時のように。

「そうすれば疲れないから」と言ってくれるんだけど、

それでもパンパンになる手は、手ごと取り替えるしか方法は無いのでしょうか^^;


ま、そんな冗談をいいながら、いよいよトップロープクライミングをします。こっちが本チャンの練習です。

ハーネスをつけて、カラビナで確保器をセットして、6mの垂直壁を登ります。

これも、同じように色で難度を分けます。

まずはウォーミングアップに5.6(レベルの表示)を。これは楽に一瞬でクリアします。

しかし、

真剣に手がパンプ状態。。。 もう何度も何度も登れなさそうなので、この日の目標にしていた5.9をさっさとチャレンジすることにします。


がしかし、

一度目、最後から3つ目のホールドに指がかからなくて、落下(もちろんロープがあるので宙づり)。


もう普通に手をグーにすることすら出来ないくらいにパンプしていたので、休憩します。

20分。。。

30分。。。。。

40分。。。。。。。


戻りません(ToT)


待っても無駄だと、思い、最後に一度だけチャレンジしてみましたが・・・



さっきより手前で早速と落下。。


周りの経験者や上級者が、ワイワイと楽しそうにやってる初級者風夫婦に、いろいろ教えてくれます。

あーしたらいい、こーしたら登れる、、


それはわかるんだけど、体(手)が付いて来ないんです。。。。



ああ、なんだか、バド初級者時代を思い出した(笑)

参加者のみなさま、おつかれまでした。

お世話役のまっきー、まだ出来ないのに・・・・ありがとうございました^^;


しかし暑かった。。。


アンさんは、ちょっとブランクが・・・って感じでしたね^^;でも、怪我無く出来てよかったです。
体が動くようになればまたすぐに戻るでしょうね。


ともあれ、たくさんバドできました^^;



by 帰宅後、改めて夕食を摂ったモノ。。。(苦笑)
サービスリターンの打ち方
独学ということでもありませんが、いろんな人がやる有効なサービスリターンを盗み盗み、自分で3パターン(左右から打つので6パターン)を主に狙ってます。

これは、特に甘めのショートサーブがきた時、高い確率でそこでエースをとれるように。これが目的です。
取れるときは確実に。ってことですね。

もちろん、いいショートが来たときにはどうするか、これも自分でパターンを何種類か作ってますが、これは決めるんではなく、相手に3打目で反撃を喰らわないようにするためのもの。こっちはいろいろ微妙な駆け引きがあります。

でも、甘めのが来たときのを確実に押さえていくと、相手のサーブは「浮かないように」と意識づけられるので、1セットに1本か2本くらいはミスしてくれる可能性が増えます。
だから、こっちもかなり重要なんですね。


さて、月末のミックスを控え、先月2部でぶっちぎり優勝した風嫁。今度のミックス1部でも真剣に箱抜けを狙ってるようです。

その証拠に、先週だったかな、「サーブリターン、あんたがやってるやつ教えてーや」

今までアドバイスを送ると、「うるさい」とか「それよりあんたのミスやろ」とか、まともな反応は無し、
それでもいろいろ言い続けてできるようになったこともたくさんあるんだけど、
基本、私からアドバイスをもらうというのは、彼女にとっては何故か受け入れがたい話だったのです(苦笑)

さて、サービスリターンの話、

風は、右側(偶数側)で受けるとき、リターンは全てバック面を使います。その方がフェイクが効きやすいからです。
逆に左側(奇数側)で受けるときは全部フォア面。右側(相手バック奥)へ流すのはバック面の方が流しやすいけど、フォアで打つことによって相手に面が読まれにくいんです。
さっきの、左側から相手のフォア側へ打ち込むのもバック面を無理に使います。これがフェイクになりますから。

あと、前衛の横ラインのサイドに落とす時の方法。サーバーを固めてから落とす。そういう方法があったりします。これも、バック面フォア面の使い方は上記のとおりです。
ちなみに、相手の後衛に対しては「騙す」 サーバーに対しては「固める」 これが風が大事にしてるサービスリターンのコンセプトです。

なんでもかんでも強いプッシュはリスキーですからね。

基礎打ちの時間を割いてそれを嫁に教えること3回、

夕べの話です。

メモ用紙をたくさん使って、コートの絵を描いて、
「こういう場合はここに。」というパターンを何種類も、整理して書きだしました。

「で?ここからこのコースにサーブ打たれた時はどうやったっけ」とか、聞きながら。

焼酎を呑みながらそれらの質問に答えながら思ったのですが、

バドを始めてから、彼女がこういう努力してる姿、初めて見ました(苦笑)


どうやら、今度のミックス、真剣に勝ちにいくつもりのようです。。。。


教えてるハズの私、


なんだかみょ~~~なプレッシャーを感じてきてるんですが・・・・・(汗)
暇なので独り言。。。

ファイナルセットで19対20でこっちが負けてて、自分がサーブ打つ時の話なんやけど、

ここは無難にショートサーブをきっちり打っておこうと決めたにしても、自分のペアはバック側が弱いからどうせ相手はバック奥へ流してくるから「絶対にバックでもしっかり奥まであげてくれよ」と願っててもネットへ置きにいって叩かれることしょっちゅうあるねんな、
だからと言ってロングサーブしたら相手の子スマッシュめっちゃ速いし、その時のスマッシュってたいがいサーバーの下がり際狙ってきよるから、こんな最後の場面で自分にスマッシュ一発で決められるのごっついイヤやし、だいたいここで追いついたらラストオールになってこっちに流れが来そうな気もするし、

でも、もしかしたらショートサーブめっちゃいいのが入って相手が無理にプッシュしようとしてミスするかもわからんし、
せやけどロングサーブを実は待って無くて万歳させたとしてもめっちゃ気持ちええし、

こんな時ショートサーブを無難に打ったらええんか、一か八かロングサーブ打つんかは、






自由だぁ~~~~!!


♪サーブ イズ フリーダム♪

♪サーブ イズ フリーダム♪

♪サーブ イズ フリーダム♪

♪サーブ イズ フリーダム♪


せやけど、
なんやかんや言いながら、サーブミスしてゲームセットになったら握手するときのパートナーの顔ぜったいに引きつってるで。



さんきゅ~~~~~♪
おめでとう!福島千里!

20080707-3238259-1-L.jpg
先日から何度か記事にしてる、風注目の女子陸上選手、福島千里さん(19)

北京オリンピック出場決定しました!^^

残念ながらA標準を突破して自動内定というわけにはいきませんでしたが、あと0.04秒に迫っていたし、雨の中の日本選手権で好タイムでぶっちぎり優勝したのが評価されたようです。

20080706-3229509-1-L.jpg

翌日の新聞記事より。

『6日の南部記念が最後の選考会。優勝はしたが、11秒49と平凡な記録。日本陸連の発表を待たずに帰ろうとしていた。約1週間前の日本選手権後、体調を崩して満足に食事もとれなかった。レース直後は「代表候補になれただけでも成長した。4年後に五輪に行ければいい」。あきらめたところに吉報が飛び込んできた。

 北海道・帯広南商高時代は、高校総体百メートルを3連覇したライバルの陰に隠れていた。身長1メートル66、体重48キロの細身な体だが、足の振り出しの速さなどに非凡さがあった。室内競技場で冬場も才能を磨き、記録が今季、一気に伸びた。中村宏之監督は、「まだ発展途上。体が出来てくれば、日本女子には未知の11秒1台を出す可能性を秘めた子」と目を細めていた。』


体調を崩して・・・と書いてますが、
実際は日本選手権のあと、打ち上げで肉を食いすぎて下痢が続いてたらしい(笑)

超天然系の道産子娘。

もう、みなさん覚えてくれました?福島千里。 

言っておきますが、北京ではたいした活躍は出来ません(笑)

一次予選をクリアすれば立派ってとこでしょう。

でも、この子は未知です。今までの女子スプリンターとは違う。

漫画「スプリンター」にでてくる水沢みたいな・・・・・・(わからんか^^;)
左臀部

要は左ケツですが・・・

痛めたようです。

実は試合前、練習量や動きをUPさせて頑張ってたツケで、腰痛がでて、しびれが足全体を覆っておりました。

それは右側だったのですが、どうやら、かばいながら試合に突入したのがだめだったのか、

逆の左の腰に痛みが走りました。

そして、昨日、

左のお尻と太股の裏、激痛状態になり、途中でバドをやめました。

とりあえず、冷却スプレーをお尻にふり・・・ 寝しなにはインドメタシンのクリームをしっかり塗って寝ましたが、
今朝、まだ痛いです。。。 歩くだけは普通に出来るのがせめてもの救いですが。。


月末の社会人混合、早くも黄信号。。。。(汗)
本当はちょっと休憩したい
残念ながらまた2部の決勝Tで負けちゃいまして、1部昇格をまた逃してしまいましたが、混合では1部です。。

ちなみに、これで社会人の男子ダブルスを残すのみとなりました。2部という部門で出なければならないのは。。

社会人混合では2部優勝はしてませんが、当時は準優勝から昇格(ただし準優勝の場合は残留も出来る)できました。準優勝したので、向上心を持って1部に昇格してもう3年です。

未だ予選箱抜けは出来てません。

今年も無理でしょう(笑)


さて、本当は一昨日の試合でちょっと燃え尽きてるので、向こう2,3ヶ月は試合に出たくありません。

なのに、混合は今月末。 猛烈に暑い時期。。。

昨日、エントリー締切が近づいてきたのでどうされますか?と聞かれました。

まあ、予定は空いてるので。。。断る理由が無いしとりあえずエントリーしましたが、どうなることやら。。。^^;


でも、出るからには、なんとかしなければなりません。

昨日の練習でも嫁と2ゲームほど組みましたが、交わす言葉もやはりミックスを意識した内容となってしまいます。


ミックスで大事なことは、女性がサーブあるいはサーブレシーブに入る時です。

この時だけは、最初っからトップアンドバックになってるので、ここが一番ポイントを獲りやすいハズなんですね。

嫁、ちょっと女ダブモードになっていたので、特にサーブレシーブがどうも甘く感じられました。

バック奥へ流す球
を、多様しています。とくにフェイクも入れずに。

こんなこと、1部の男子相手にやったら、サッと前で取られてバチコーンとカウンタードライブです。。

女ダブの、それも2部なら、それで勝手に相手が嫌がってくれるんです。。今度はオトコもオンナも1部の子達を相手にしなければなりません。

あ、ちなみに、昨年のこの試合、私たち夫婦が1部の最年長ペアでした(ToT)

ということで、前衛の横にフェイクを入れて落とす練習を、昨日は何度も繰り返してやりました。基礎打ちの時間、それに全部使いました。

これは、決してネットに落とすのではありません。前衛の立ち位置の横、サイドライン際に落として、基本、後衛に取らせる球です。

前衛には、フェイクを入れて取らせません。ですから、うまくやればそれでエースを何本かは取れることにもなります。

何故かいつもと違って、こっちの言うことをよく聞いて、何度も何度も練習してる嫁がいました。

どうやら、自分が女ダブで1部昇格したもんだから、去年までみたいに無様な敗戦は出来ないと、自覚が芽生えてきたようです(笑)


自分たちよりもスピードがあって体力もあって、おそらくバド経験も豊富で、さらに年齢が10くらい若いプレーヤーとやる、、この事実は変わりません。

でも、粘りと頭で彼らを下回ることの無いようにだけ、したいものです。

いろいろ駆使して、なんとか接戦に持ち込めたら、あとは心理戦。これは二人して得意ですから(笑)


さあ、今週ちょっとゆっくりして、来週からもういっかい締めなおしてがんばりましょう。。
それが終われば、もう11月まで試合は全部断って、出ません。^^;
Design by Pixel
Copyright © ♪♪kazeの声♪♪. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。