スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前衛ポジション

基本的に前衛は好きです。

特に、読みを張ってネットに近い位置で叩いたり落としたりの、いわゆる「ごっつぁんですショット」、
あれは気持ちいい。

ところが最近、

どうも、この前衛でのミスが多い。人にも言われるし自覚もしております。

なんていうか、間に合ってないことが多いんです。。ラケットの真ん中にヒットしないというか。。

もしかして、

「老眼??」

と、自分の目の性能そのものを疑ったりもしておりましたが、どうやら、このミスの原因が解明できたようなので、少しお話させてもらいます。


上に書いたように、前衛が好き。これはとても良いことなのですが、読んで張ってネットに近い位置で叩いて決めるを意識しすぎてたようです。

当然のことながら、自分よりレベルの低い人とやると、これはおもしろいように決まり、相手は風の前衛に次々と捕まってくれます。
しかし、それをさせないようにしようと、考えてプレーできるレベルに達する相手だと、

ネットに近い位置=自分から近い位置 に風がいてることになりますので、

構えから少しコースをずらすことにより、風の対応が間に合わなくなります。
もう少し後ろで構えてると、自分の位置にシャトルがくる時間がちょいと増えますので、対応しやすくなりますよね。
あと、
風チームの後衛が速いスマッシュを打って、それを同じく速いレシーブで返すと、
ネットに近い風は、速い+速い=難しい という構図に陥ってしまいます^^;

この辺りをうまく対処されてしまっていたのです。。。

昨日、相変わらず、「あれ~ おかしいなぁ・・・・ 老眼かなぁ・・・」なんて言いながらミスってますと、
たまたまこの日久々に練習に来た1部クラスの若者が、
「風さん、ちょっと前過ぎますよ。前にいすぎて、僕らからすると楽です。避けずに、逆にぶつけにいってますから あと、抜きやすいですし」なんて言ってくれました。

ほっほーーーー

逆の立場でも確かにそういうことします。

相手が前衛に張りにきて(残ったままだったり)、こっちがある程度速い球を打てる状況だと、わざと前衛の正面(顔面。。)に打ち込んでミスを誘う時。

ということで、

1歩、後ろに下がってみました。

たしかに、ミスは減ります。抜かれにくくなります。

がしかし、今までネットの上で叩けてたのが、自分が1歩後ろにいる為、ちょうど1歩間に合わずに、白帯よりわずかに下で触ってしまい、叩けない。。 なんてこともありますが、

ラケット寝かせてのショットでフェイントをかけるのが、どっちかと言えば得意なので、これはこれで良さが活かせそうです。


ただ、

困ってるのが、ペアのもこみちくん。

いつもより風が後ろにいるので、

邪魔な模様(笑)

まあ、ミスしてポイント失うよりはマシなんだから、慣れてもらいましょう^^;
スポンサーサイト
年末年始山行
20080106.jpg

その前にマラソンがあるので、まだ山モードに気持ちが切り替わりきれてませんが、

この冬は、写真で雪煙をあげている三角の均整のとれた山、常念岳(2857m)へ登る予定です。

この写真は1月に安曇野から撮られたもので、撮影者は僕ではありません^^; お借りしてます。。

登るのはあの山の向こう側、上高地からです。

上高地は11月より翌4月まで雪に閉ざされ、バスも入らなくなります。釜トンネルより車両通行止め。

ですから、歩き始めるのは釜トンネルの入り口となる中ノ湯からとなり、
一日目からそこそこの距離を歩かなければなりません。

しかし、冬の閑散とした雪の上高地、これもたいがい楽しみのひとつです^^


現在、単独で行く予定です。妻が母の実家である九州に付き添って行く予定がありましたので「今年は単独か?♪(/^^)/ ̄♪♪」
なんて思ってたのですが、
どうやら最近になって、飛行機代も高いので、九州行きをクリスマス前後にして、年末年始は空けておこうかな・・・なんて言い出しております。

まだ未定ですが、もしかしたら二人で行くことになるかもです。

別にどっちでもイイと言えばイイんですが、大きく変わることがひとつ。
それが、「荷物の重さ」です。

一人でも二人でも、どうせ同じモノを持たなければならないのが、テントと調理器具。そこそこかさばるし重いものです。

この厳冬期山行、一人で行くと荷物はおよそ30kgになります。
が、二人で行くとなると大きく違ってきます。
妻は小柄なのでさすがに20kgが限界。それでも食料なんかを持ってもらえるので、こっちは25kgほどで済みます。

そこで、ひとつ、これまた大きく変わることがあります。それが、カメラ

単独で厳冬期に行くのに、風の実力では一眼レフを背負うのはちょいと厳しい。
なにより、ザックに入らない。入れようと思ったら他の何かを削らないといけない。いろいろ考えたものの、結局削るのは防寒具となります。

-30℃の世界、極力削りたくないです^^;

でも、二人なら、小型のE420を背負うことが可能となってきます。

やっぱり、撮りたいですよね~~ 厳冬期の北アルプス。
それも、表銀座からの槍穂高連峰の写真。よだれが出そうです^^;

まあ、どうなるかはわかりませんが、嫁が行くと言えば一眼のE420。単独ならキャメディア。
キャメディアもレンズが大きいのでそこそこ綺麗なんだけどね。


ということで、厳冬期常念岳アタック。4泊5日のテント泊山行。

死なないように行ってきます^^;


時間の計算が苦手なオンナ

そのくせ、プライドが高いので、「ちょっとは時間を逆算して行動せーよ!」なんて言うと、一気に不機嫌街道まっしぐらなので・・・文句はなかなか言えないものです。

だれのことって、そりゃ風嫁の話なんですけど。。^^;

しっかりした性格と思いきや、けっこう天然で、短気で、プライド高くて、気が強くて、外面がいい。

そういう嫁ともう10年も一緒に住んでるわけですが、知らないことだって未だにあるもんです。


先の記事にも書きましたとおり、昨日は夫婦でオシャレしてコンサートに出かけました。

細身(に見える?)な黒のコートにブーツを履いてちゃんとお化粧すると、夫の私が言うのもなんですが、確かにいい女です。

しかし、そのいい女になる前と言うと、

時間に追われて、バタバタバタバタ・・・・・

着替えた服はその辺にぽいっ

下着に近い姿でバタバタバタバタ・・・・・

なのに出発予定時間はとっくに過ぎて、

「おい、まにあわんぞー!演奏会なんやから、遅れたら入れてもらわれへんねんからな!」
と声をかけると、

「うっさい!わーってるわ!!」

と、バタバタバタバタ・・・・・・・


それでも一歩外に出ればあの外見で歩けるわけだから、オンナって詐欺師だな・・・と思う今日この頃であります。。(苦笑)


おかげさまで、夕食を食べ損ねました。

最悪、時間が無くてもコンビニでパンでもかじっておかなければ、演奏会が終わる時間は21:30、
風は夕方前に5kmほど走っています。このままでは空腹に勝てるハズがありません。
なのに、コンビニに寄る時間さえも無いほど、ギリギリでホールに到着する羽目となったわけです。
帰ってくるのが遅い、おまけに準備するのも遅い。これまでに彼女に待たされた時間を通算するととんでもない時間になるでしょう。。。。。

大阪のおばちゃんのようにカバンの中にあめちゃんがいくつか入ってる嫁。
その飴チャンを一つもらってしのぐ風。

休憩中でした。

風はもう空腹を通り越してました。でもなんだか演奏の素晴らしさにそれをも忘れてしまってたのですが、嫁、隣で「お腹空いた・・・・・」と、目がうつろ。どうやら限界に達してる模様(笑)

そして終演。

大絶賛のスタンディングオベーションの拍手の嵐。

が、立たずに拍手もまともにしない風嫁。


「どうしたん?気に入らんかったん?(笑)」と聞きますと、


「お腹減って、拍手するのさえしんどいねん・・・・・・・」



どんだけ減ってんねん(爆)




彼女が復活したのは、シンフォニーホール近くのこじゃれたおでん屋さんで厚揚げと大根を食べたあたりからでした。

今まであまり知りませんでしたが、

どうやら、風嫁の弱点は、


空腹


そんな単純なことだったようです。。。。






1727年製作のストラディヴァリウス

そのバイオリンは数々の有名なバイオリニストにより幾度と無く至高の音楽を奏で続け、そして今、
日本人がその手に持って奏でています。

その人は、

「この才能は、ただただ神から授けられたとしか言いようのないヴァイオリン奏者」

「歌心に満ちた音楽が体の中からあふれ出てくる」

と大絶賛されている、神尾真由子さん 22歳。




写真はこちら。








m03-0395-080216.jpg






・・・・ あ、、、、





すみません、ワタクシ、ミセスをおかしてしまいました。。







本当はこちら。



mayuko_kamio02.jpg
超べっぴん^^


昨日、嫁孝行と言いつつ、自分が一度聴いてみたいと思っていた若いバイオリニスト、神尾真由子の演奏会に出かけてきました。
大阪が誇る至高のコンサートホール、福島のシンフォニーホールです。

身長が160台後半はあるのかな。スラッとした細身の体格で、22歳とは思えない深い音色と表情。
そして、弾き出しまでの前奏中、写真のようにバイオリンを抱きかかえるように持ってオーケストラを聴く悩ましい姿

そして彼女がストラディバリウスを鳴らすと同時に変わるホールの空気。

何より、胸元がたわわに開いたドレスから半分くらい見えてる推定Cカップの・・(以下略)


木枯らしが吹き始めた寒空の大阪の夜、心はほっこりと彼女のベートーベンに癒され、

イイものを聴かせてもらえました。

彼女はこれから日本を代表するバイオリニストとなるでしょう。テレビにもわんさと出てくる時がくると思います。

どうぞみなさま、これからも、

高田万由子を温かい目で見守ってやってくださいませ・・・・




by軽くナイツ風^^
美しくて強かったオグッチとレイちゃん
20081116007.jpg

っていうか、こんなできあがった筋書きのドラマって、あるもんなんですね^^

2ゲーム目しか見れなかったんだけど、すごい強かった。オグッチのスマッシュはやっぱり日本の女子ではトップだなって思ったし、特に右へ開いたコースへのスマッシュ、男子でも通用するような角度とスピードがありました。

レイちゃんはかわいい^^

かわいいだけじゃなくて、上手い。で、あの子、めちゃめちゃ気が強いんやろうね。。

しかし、前田の最後のショット、サイドからセンターへ入れた浮き浮きのスマッシュ。体勢も崩れたから玲ちゃんのフェイクの入ったレシーブに届かず、ゲームセット。
あの場面であのスマッシュは無いやろ~~~って思いながら、オグシオの涙にもらい泣きしてたんですが・・・
あの連続ポイントの中で完全に冷静さを失った感じがありましたね。前田の若さにめっちゃつけ込んだレイちゃん。


久々にスポーツ観戦で泣いてしまいました。


陣内さんが解説でしきりに「もったいないな~」って言ってましたが、

あのペア、ロンドンに向けて復活する気がしてなりません。

そう、ベタなのに感動してしまう筋書きのドラマをもう一度作り出すんじゃなかろうか。。


2008 オグシオ有終の美で全日本総合優勝し、ペア解消
2009 互いに新しいペアでスタートするが結果が出ず、潮田は引退を発表
2010 小椋、相変わらず中途半端な成績が続く ランキングも低迷で五輪出場が危ぶまれる
2011 潮田現役復帰「オグをオリンピックに連れていけるのは私しかいない」 
     オグシオペア復活
2012 ロンドン五輪、オグシオ、悲願のメダル獲得


な~んてね(笑)
円筒型ストーブ


一昨年から、どうもこの形のストーブが欲しくて、探していました。

意外と高価なんです。。なので、中古で適当なのを・・・と知り合いに聞いてみたりネットで探したりしていましたが、適当なのが無く、

今年、思い切って買っちゃいました。

今どきでは無い石油ストーブ。それも、省エネタイプのファンヒーターでも無く、クリーンなオイルヒーターでも無く、ちゃんと空調が付いてる部屋であるにもかかわらず、

あえて、これが欲しかったのです


このストーブ、イギリス製で、アラジンというメーカーの、ブルーフレームというストーブ。

けっこう有名です。

その名のとおり、炎が青い輪っかになって揺らめき、それがひとつのインテリアとなります。

昨夜つけてみましたが、本当に綺麗です。


お値段、44,800円也。。。


だからなかなか踏ん切りが付かなかったんです。。。


でもこの度、心優しい妻のご協力を賜りまして・・・、14,800円の補助金を得られることとなり(笑)、

なんとか3万円の出費でこれを購入することができました。


さて、これをどこに置くか。

普通なら、邪魔になりそうなものですが、そこは以前からしっかり構想を持っておりました。

我が家はLDKを広めにとった間取りで、ダイニングに大きなテーブルを置くことができます。10人で囲めるテーブルなので、この際、リビングにはテーブルは要らないだろう!と多少強引な考えの基、ど真ん中に存在感を示してもらうことに。

こんな感じとなりました。風家リビング初公開(笑)
081114.jpg

さらにストーブの周りに木製の枠(高さ20cmくらい、足がちょんっとおける感じ)を日曜大工で作成する予定です。

ちなみに、風家オフが実現していたらここでみんなで酒を煽ってたわけです。カメラ位置の後ろには大きなダイニングテーブル。対面キッチンでのこに酒の肴を作らせて・・・15名くらいならゆっくり座れたのでオフバドVTRを見ながら騒ぎたかったな・・・またいつか^^;


さて、コーナーボードにはお酒やらワイングラスやらを入れてますが、だれかお気づきいただけたでしょうか。素敵な名前のお酒が飾られてることを。

我が家ならではのお酒、一等地に飾らせてもらってます。

こんなのがちゃんとあるんですよね~  今年のGWの北アルプス、核心部で立ち往生してたご夫婦を、安全確保してあげて通過させてあげたことがあります。
お礼とのことでこれを送ってくれたんです。未だ飲まずに飾ってます^^

拡大写真。
081114-2.jpg

純米吟醸です^^
ずっと気になってたこと
黒四ダム

2010年大河ドラマ「坂本龍馬」、誰が龍馬役をするのか・・・・

ずっと気になってました。

風、龍馬が大好きです。幕末史も大好きです。土佐も薩摩も訪れては観光名所となっている維新の地を楽しく見ました。長州もほんとはゆっくり回りたいです。バドミントンなんかせずに(笑)


今朝のニュースで見ました。

「龍馬役は福山雅治!!」 福山「え?おれでいいの?」


良くない!!!^^;


軽いよぉ~~~~~~~~(ToT) 


かなり楽しみにしてた大河ドラマ、いきなり萎んでしまいました。。 

福山って、よく色気があるだの言うけど、あれって女目線なのよね。男目線からの色気って、彼には無い。男前だとは思うけどさ。歌は下手なのに上手がって歌うあの歌い方はかなり嫌いだけど。。


さて、おりょう役に期待かな・・・・・・・

どうやら、話の大筋は幕末史をがっぷり進めるのではなく、
龍馬と、後に三菱財閥の原型となる会社をたちあげた土佐藩の財布役、岩崎弥太郎、この二人は犬猿の仲、しかし二人して、はちゃめちゃに世紀の大事業を構築していくわけですが・・
こっちが話の本筋になるようですね。

では弥太郎はだれがするのかな。慇懃な性格っていうイメージがある。


とりあえず、それまでにブルーレイを買おうかな^^;
次へ次へ・・・

ええっと、たしか先日、県社会人選手権があった気がします。

春の大会では準決勝で敗れて1部昇格を逃して凹んでいた、その大会です。

相変わらず2部で出場。

仕事が忙しく体調悪し、練習不足、ペアの調子も泥沼状態、

イヤな予感がしてました。。。

一応は優勝候補にあげられるペアです。だって、ずっと決勝T常連で、前回負けたペアは昇格してるし。
その他の顔ぶれもあまり変わってない。

なのに、

どうしたことか、全敗で予選落ちしたようです(苦笑)


言い訳していいですか?


・・・


やっぱりやめときます。。


周りはみんながんばってる。でも、自分はここ数ヶ月はさほどがんばっていなかった。ペアも弱点克服に取り組んでいなかった。

それだけのことです。


さ、そんなどーでもいいことはおいといて、次!^^


12/7の龍神温泉ハーフマラソンに向けてトレーニングをしています!

前にも書きましたが、まともにマラソン大会に出るのは2006年6月のサロマ湖100km以来2年半ぶり。

たまに体調維持のためにジョギング程度はしていましたが、マラソン練習とジョギングはやはり違います。

目標はサブ2(1時間台)。

昨日、10kmを61分で走りました。まだ縮めれそうです。が、これでは全く届いてません。

練習コースは概ね平坦。本番は高低差200mの山道マラソン。

練習では10km50分くらいで走らないとサブ2は難しいでしょう。


しかし、何よりこのマラソンへのトレーニングは、この年末年始の雪山山行にかなり役に立ちます。


そう思えば、走るのも楽しいもんです^^


今年は9連休。妻は母の体調不良のため、泊まりで山に行くのは控えたいと。

ってことは、

単独です(輝)


また心優しい同僚Kさんをいたく心配させてしまうけど^^;、風はすでに心は躍るばかり。


俺、

バドより、やっぱりこういうMッ気のあるスポーツのほうが向いてるのかな。。。。と真剣に思う今日この頃・・・・(苦笑)
Design by Pixel
Copyright © ♪♪kazeの声♪♪. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。