スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なにわバタフライ

なにわばたふらい01

浪速の喜劇女優、ミヤコ蝶々さんの生涯を、風が大好きな女優の一人でもある戸田恵子さんが独り芝居として演じます。

今晩、ちょいとお出かけして見に行ってきます。

この戸田恵子という女優の演技力や存在感は以前からとっても好きで、尊敬しています。
特に三谷幸喜作品ではもう欠かせない存在となってるのですが。。

アンパンマンはあまりじっくり見たことがないので個人的にそっちの印象は薄いけど、アンパンマンの戸田恵子と結びつきが強い人のほうが多いかもね。


この「なにわバタフライ」は5,6年前にも上演されていたお芝居で、それをリメイクした形になります。
前作は見てませんが、今回は、ちょっとびっくりしたのですが、変わった演出を持って来てます。

それが、

音楽無し

です。

独り芝居はその名の通り独りっきりで舞台に立ち芝居するとあって、効果音やバックミュージックは欠かせないものです。
回想シーンなんかでも、当時の音楽や人の話し声などを上手く使ったり。

僕も個人的に市民劇団の演出なんかをやっていた時期がありますが、はっきり言ってBGM無しでは無理!
ほろりと泣かせる場面では、どのタイミングで音を入れて、どんな風にボリュームをあげて、どのセリフとどのフレーズをタイミング合わせて・・・・とか、けっこうやってました。
それ次第で、客の涙をさそえるか否かが決まると言っても過言じゃない。
どんなお芝居でも、それは効果的にやってます。

でも、今度のなにわバタフライは音無しの演出ということ。 たぶん、戸田恵子しかこんなことはできないんじゃないかな。。と思う。


ま、楽しみにして行ってきます。


あ、もちろん、女性と二人で一緒にお出かけしますが、



今回は、風嫁です(爆)


いつも一人で遊び回ってるので、たまには・・・・ね^^;


なにわバタフライ04


来週にでも、また感想を書きたいと思います^^
スポンサーサイト
やっとまともな天気に・・
P3221519.jpg

P3221517.jpg

五竜スキー場の最上部、地蔵の頭からみた白馬の景色と、五竜岳です。武田菱が見えてきてますね。もう数週間もすれば綺麗な4つの菱形になるでしょう。


日曜日に丸一日降り続いた雪は上部ではなんと30cm以上積もり、地蔵の頭の信州側(そこに登るルート)では吹きだまりの影響もあってか、なんと胸までの新雪。。

同僚の娘二人(高1・中2)をそこに連れてってあげると昨日のうちに約束していたので、
わずか100mほどですが、ラッセルを敢行。。。 わかん持ってきてないよ・・・(ToT)

つぼ足で登りますが、傾斜もきつく、足が前に出ません。
膝を前に倒すようにして一旦雪を押さえて、それからそこに足を乗せて沈ませて・・・という作業を一歩一歩。

登って20mほどでもう汗だく。 ふたりの少女は後ろからキャッキャイイながら着いてくるだけです(苦笑)

なんとか急斜面を胸ラッセルで登り切り、やっと冒頭の写真が撮れたわけですが・・・


そのトレースを、待ってましたとばかりに人が続々と登ってきます。


このラッセル泥棒どもめ。。。(笑)


客1「あ~しんどかった~ でもこれ、だれか一番最初に登った人いるんだよね」

客2「だよね~ すごいね」

客1「(先着してた連れに)お前、最初だったの?」

客3「ちがうよ、」


「僕です!」


思わず主張してしまいました(爆)



頭から下りてからはこの子達にレッスンしてあげます。

何年か前から教えてあげてるけど、特におねーちゃんのほうはめちゃめちゃ上手くなりました。

五竜の最難関コース、38°のコブバーンでも、スイスイ。うまくコブを縫ってあっというまに下りていきます。
P3221527.jpg
P3221526.jpg

やっぱ、教え方が上手いということでしょうか(笑)
五竜遠見!! vol.2
来た道を引き返します。
小遠見山あたりで昼食を・・・・と思っていましたが、この頃からかなり風が強まってたので、とても腰を落ち着けて昼食出来る状態ではありません。
が、なんとか雪で防風壁を作れば・・・・とテラ君と作成してみました。でもなかなか5人が風を避けながら座れるほどにはなりません。
と、その時、飲む予定で雪に突っ込んで冷やしていた缶ビールに・・・・
ワタクシ、ピッケルで穴を開けてしまうという大失態^^;

ということで、昼食はもっと下におりてから、でも、ビールはココで(笑)

空きっ腹に冷えたビールで乾杯^^  山とビールはなんでこんなに合うんでしょう。。


P3201514_20100324085304.jpg

(笑)



さて、遠見尾根から一旦谷側へ下りまして、風が弱いところを探します。
なんとか樹林帯の中でご飯が食べれそうな場所にザックを下ろし、スコップを使って雪で簡易の椅子とテーブルを(テラ君が)作成、そこで昼食タイムです。
銘々おにぎりやパンやみそ汁なんかで食事してますと、

テラ君、

妙なものを作り始めます。。。。


コッフェルにお湯を沸かし、

沸いたら、チューブの練乳をドボドボドボ・・・・・・


え、え・・・なにが・・


さらに、練りショウガをドボドボドボ・・・・・・


うぅ・・・・・・



「これで味を調えます・・」と、砂糖をどんどん入れて・・・・


「できあがりです」



はいっ??



ショウガのチャイ  だそうです。。



何を飲ますねん、テラ君・・・と思いながら口を付けてみますと・・・・


またイケルねんこれが(笑)


ショウガって身体が暖まりますよね。糖分も山では必要ですから、これはちょうどいい飲み物かもしれません。味も、なかなかのものです。

でも、

今後単独テント泊行なんかでこれを自分がするかどうかは・・・・・ わかりませんが(笑)


昼食を食べてますと、五竜スキー場のパトロールの人が来ました。

「今日はこれから下山されるんですか?」

はい、ご飯食べたら下りますけど

「強風のためゴンドラが止まってます。今なら下山用だけ動いてますので、急いでもらえませんか?」

え・・・ テラ君、カップラーメンのフタ開けてお湯沸かしてるんですけど?

「最悪、歩いて下りてもらうことになりますが、できれば動いてる間に乗って欲しいので・・・」

わかりました。急いで食べて、すぐに下ります

「そうですか、すみません、よろしくお願いします!」

と言い残してどっかに行きました。


さあ、ゆっくりご飯の続き^^

普通に下りても、待ってくれるでしょう。
もし止まってたら「急げって言うから急いで来たのにどういうことやねん!」で、たぶん動きます(爆)

ところが、よく考えれば雪上訓練ができなくなっちゃいました。
ごめんね~^^;


風は下山後は同僚がスキーに来てるのでそこに合流。一人部屋を希望したのですが、ペンションには最低二人部屋しか無く、一人でツインルームに泊まることに。
一応、アコちゃんを誘ってみましたが断られまして(爆)、4人さんとは温泉後にお別れ。

あと二日間はスキーです。

しかし翌日はずーっと大雪。
ノーマルタイヤのZで来た風をあざ笑うかのように、どんどん降り続きました。。。

マジで、帰れなくなるかも・・と半分覚悟を決めたほどでした^^;

部屋から見た駐車場。。。
P3211516.jpg
五竜遠見!!vol.1

いや~ ややこしい天気になった三連休でした。
黄砂も年々酷くなってますね。中国の黄河流域の砂漠化が深刻で、これは中国の水不足による水路事業などからなるもので、本来雨が降って川が流れ樹木が生えていたハズのところを、水を直接都市部へ流し込むようにしたため砂漠化が一気に進んだと言われています。
それにしても酷かったですね。真っ白な雪山をうっすら黄色く染めてくれました。こんちくしょう


しかし土曜日はなんとか晴れてくれました。霞がきつくて遠望はききませんでしたが、五竜や鹿島槍北壁のド迫力バッドレスは間近に拝めました。やっぱ北アルプス、規模が違う^^


前日の金曜日。
20時に家を出発しまして、0:05に豊科ICを通過。1000円^^ 
五竜スキー場には1時に着きまして、仮眠ルームへ。

が、

人でいっぱい。。。。 さらに、

また、


いびきの大合唱(ToT)


思わずもう一度受付に引き返し、「Bタイプ(簡易ベッド)」は空いてます?」と尋ねてみますと、OK

800円の追加料金を払い、3階の仮眠室へ行きますと、けっこう空いてます。すでにいびきをかいて寝てる人もいましたが、ちょっと離れたところに寝床を取り、耳栓をしてさっさと寝ます。

4時頃、トイレに行きたくなって目を覚ましますと、この仮眠ルームも満タン^^;
耳栓をしっかりしてさらに2時間ほど寝ます。
なんとか、寝れました^^ 耳栓最高!ビバ耳栓(笑)

6時を回りまして、顔を洗い出発準備してますと、風の夢@アコちゃんからメール。「エスカルプラザの2階にいます」
ダッシュ(笑)
2歩半でそこに行きます(爆)

すでにピロちゃんとエルさんも到着してまして、30分ほど経てばテラ君も到着。出発予定の1時間前に全員集合するこの集まりの良さ^^

8時過ぎにゴンドラが動きますので、スキー客に混じって乗り込みます。
終着駅から登り、綺麗に圧雪されたゲレンデを登って行きます。
P3201494.jpg


ゲレンデ最上部の地蔵の頭まで約30分。ここでちょっと写真撮ったりしまして、いよいよ遠見尾根へと。
けっこう登山者がいまして、この分だとトレースがきっちりありそう。またわかんじきの出番は無しかな。。
P3201498.jpg


テラ君と適当にトップを交代しながら、ズンズン歩き、小遠見山には歩き始めて2時間くらいで到着です。
ここは360°の大展望。たまりませんね。
ちょっと黄砂でかすんでるのがもったいないですが、やっぱ凄い。
P3201503.jpg


強風が吹く中、苦労してなんとかタイマーを使って全員の記念撮影。
P3201510.jpg


さらに中遠見山まで足を伸ばしまして、五竜の東壁が間近に。
P3201513.jpg


う~~ん

登りたい^^

地蔵の頭まで下山してから、雪上訓練をしようということになってましたので、本日はここで退散。
いつまでも見飽きない北アルプスの明峰、鹿島槍ヶ岳と五竜岳の圧倒的な岩壁。
後ろ髪を引かれながらの下山となりました。

ということで、下山編に続く^^
五竜遠見に行ってきます

今晩より出発し、明日、日帰りで登る予定です。

当初は一人で登る予定でしたが、ちょっと声をかけてみたら、どんどん増え・・・・ 最終、5名での山行となっちゃいました(笑)

先週宇都宮で会ったばかりのエルさんやアコちゃんも。燕で一緒だったピロちゃんにテラくん。

せっかく行くのに天気がややこしいなぁ・・・・・なんて思ってましたが、長野県北部の明日の天気は晴れ。

気温も朝方は冷え込んでますから、昼過ぎまでは持ってくれるでしょう。午後からは雲が広がるかな。

で、その後の天気ですが、

日曜日は前線が二本下りてきて、けっこう間にけっこう大きな低気圧がはまります。
荒れ荒れになりますから、登るか登らないかは慎重に判断してください。


五竜遠見と言えば、五竜岳や鹿島槍ヶ岳の巨大なバッドレスが一望できるスポットで、写真屋さんにもとても人気があります。
が、白馬の豪雪地帯、そうそう簡単に入れる場所でもなく、特に冬は小遠見山より上に踏み入れる人は少ないです。

しかし・・・

もうちょっと先まで足を伸ばすつもりしてます。。。

メンバーのいい雪山練習にもなるでしょう^^

まあ、楽しい遠足に行ってきます。

愛車Zも帰ってきたし^^
ロングサーブにやられたゲーム

全国大会も、たしかに初めて2勝もしたしいい思い出にはなったのですが、

そればかりではありません。

予選で負けた1試合。ここには課題が山積みでした。

相手はA県。後に優勝したチームのトップダブルスです。彼らは最後まで全勝を守りました。


正直、勝てない相手ではないと思ってました。

攻撃のレベルやレシーブのレベル、たいして差は無いなと。

でも、結果はそこそこ点差が開いての敗戦。 どこにその失点となったポイントがあったかというと、


相手の絶妙なロングサーブにことごとく守勢に回らされたという部分でした。


1ゲーム目の終盤でした。それまではそんなにロングを出してこなかったし、ゲーム自体もシーソーだったと思います。
たしか12.3点くらいの時はこっちが1点リードしてたくらい。

で、終盤にロングサーブを多用してきました。
そのサーブがまた・・・速さもあるし、こっちのタイミングもずらされるし、コースもいい。
はっきり言って、僕らのレベルではクリアで大きく返すことしかできません。

当然、そんないいロングを打ってるのだから、打った本人はそのままネット前。だからドロップは厳禁です。


そうして3点差くらいが埋まらずに1ゲーム目は落としました。


2ゲーム目。


ハナっから、

相手:ロングサーブ → こっち:クリア → 相手:スマッシュの嵐 → こっち:守勢一方

の繰り返し。

どんどん点差が開いていきます。


こりゃどげんかせんとこのまま負けてしまう・・・と思い、

いい加減、サーブレシーブの立ち位置をサービスラインから1mくらい後ろに立ってみました。

すると、相手、やっぱりショートサーブを出してきました。
この位置なので当然プッシュはできませんが、ショートやハーフに落とすことくらいなら可能。
ロブも、後ろから打つクリアと違って、多少相手が打ちにくいロブくらいならできます。

そうすると、なんとかガチなラリーに持って行けそうでした。

さらに、1mと言わずに50cmくらいの位置に立って、気持ちだけ100%ロング待ちにして出だしを早めてみると、
そのロングでもなんとかスマッシュを打てるということに気が付きました。

スマッシュさえ打てれば、今度はこっちの攻めパターンに持って行けて、ほとんどがこっちのポイントになります。
何度か試してみましたが、やっぱりスマッシュさえ打てればこっちが優位に進みますし、サーバーは前に残ってますので、うまく行けばリターンエースまでとれるんです。


ということは、この試合、先に攻めたもん勝ち? ということです。

相手は、攻撃力はかなりあるけど、守備に関してはまだつけいる隙があるという感じでした。


ちょっと点差が開いたけど、ここからまだなんとか追いつくためにやれるべきことはやらねば・・と思い、

ペアのもこみちに、

「ロングサーブは全部スマッシュ打とう。多少弱くなっていいから。そのために、サービスラインから1mくらい後ろに構えてとことんロングを潰そう」

と持ちかけました。


が、時既に遅し。


彼の頭はパニってました


後ろに立ったと言ってもわずか20cm程度。その後もロングでことごとく頭の上を抜かれ、アップアップのクリアを返し続け、おまけに他のプレーにもミスが増え、あっけなく試合は終わりました。


相変わらず初顔合わせに弱い彼。。。


彼の取り柄はあのキレのあるスマッシュ。 それを全く打たせてもらってない試合展開に、どうして、何もしなかったのか、

帰りの道中で聞いてみました。


「ごめん、普段やってないことをやる勇気がなかった


と。


普段練習してないことは、たしかに出来ないことが多い。

でも、普段通りにやって、確実に勝てない様相になった時、

「では、このまま負けまーす」

という選択肢は風には無い。彼にはあったんだろうけど。

失敗して余計に大差で負けるかもしれない。でも、何かやらないと絶対に負ける。

何もやらない(「できない」じゃない)のはゲーム中に白旗あげたと同じ


あれでは、100%奇跡は無い。


逆に、翌日のきりんさんチームのトップダブルスの二人は、わりとよくロブを上げて打たせてくれた。

もこみちがスマッシュを打ちまくれる試合展開になり、そうなればスマッシュがおもしろいように決まる。

相手が頑張ってリードを広げても、こっちはじっくりと展開を作り、あげさせ、スマッシュを数本打ってポイントを奪える。
最終的には競った点差になったけど、常に優位にゲームを展開していたと思う。
だから勝てた。

そんな試合をも落とし続けた時代もあったので、競ったゲームをきっちり取れるようになったのは確かに成長だとは思う。

でも、ああいう試合になれば、格上も格下も無い。
強い者が勝つんじゃない。


勝った者が強い。


さらには実力でそこまで差が無かったのに、展開で持って行かれた。


だから、

あのゲーム、簡単に負けたのが、久々に眠れないほど悔しかった
競ったゲームは絶対獲る^^

日曜日。決勝や順位決定戦が行われます。

前日の夜、我々のクラブは鬼怒川温泉にて泊まりました。

監督が手配したのですが、あの人、真剣に方向音痴でしょうか、それとも何事もよく考えないで行動する人なのでしょうか、

どうして試合会場から1時間半もかかる所を宿として選ぶ必要があるのでしょうか(笑)


まあ、温泉好き@風にとって初めての鬼怒川温泉でもあるし、この温泉はTVや雑誌で「名湯ベスト10」みたいな企画があるといつも上位に入ってるし、それはそれで楽しみにしていたのですが・・・

えっと、まず泉質の面で言いますと、

どこにでもある普通の温泉ってところでした^^;

中房温泉のほうが20倍くらいイイお湯です。。。どこかから引いてきてるのかな。なんか、あの温泉街で湯が湧き出てる感じがありませんでした。 管で引いてくると泉質は落ちるからね。そんな気がしました。

ただ、ホテルは軒並みデカイし、観光客もかなり多かったです。2,30分手前まで高速道路が伸びてるし、観光地の日光が近いこともあるんでしょうね。


夜は当然宴会でしたが、寝不足と疲れでいまいち酒が進みません。結局日付が変わるまでには寝床に入りました・・・・・・が、

またです。

またまたです。。。


いびき攻撃(TOT)


監督、豪快なイビキと度々訪れる無呼吸症候群の一瞬の沈黙とその後の苦しそうな息づかい

マジ、たまらん(汗)


結局、この日もほとんど寝れず!!(ToT)


実は朝から温泉街や周辺をジョギングしようと風嫁と女性メンバーの一人と約束してまして、

また寝不足の身体を引きずるようにして、AM6:30より、3人で1時間ほどジョギングしました。


風呂に入って朝飯食って、体育館に向けて出発。

運転はもこみちに任せて、風はリアシートで爆睡^^;


この仮眠のおかげで少しすっきりしましたが・・・


体育館到着、

うちはシードに入ったので、きりんさんチームが勝ってくるかどうかを先ずは見守る立場です。

1対1で向かえてサードダブルスはきりんさん。難なく退けて、いよいよ本当に実現しちゃいました。

きりんさんチームとの対戦です

年齢の都合で直接は対戦しませんが、きりんさんの相手になるのが、風にバドを教えてくれた師匠。

なんか、不思議な感覚です^^


風はトップダブルス。

相手はわりと堅実なタイプのメガネさんと、もう一人はよく動いてフェイントがお得意なタイプ。


時間とコート空き状況の都合でトップとセカンドが同時進行で行われることになりました。

風ペアが身体が全然動かずにミスを重ねて1セット目をサクッと落としてしまいますと、横でもセカンドダブルスがボロ負けしてました(苦笑)

まずい・・・、このままではサードダブルスにきりんさんを登場させることすら出来ずに終わってしまいます。

2ゲーム目は身体も動いてきまして、こっちの勝ちパターンに持ち込み、逆に13点くらいに抑えて獲ります。

ファイナルゲーム。

終盤まで均衡状態が続きますが、こっちのミスが2本ほど続き、16-19とマズイ状況に。。。。^^;

この時、横ではサードダブルスが始まってしまいました。
風が勝てばそのままサードダブルスの試合は続行。負ければその時点で打ち切り。

サードダブルスの四人、どう見てもこっちをチラチラ気にしながらゲームやってはります(笑)


なんとか19-19まで追いつきましたが、

マッチポイントは先に取られてしまいます。

でも、ここは風のサーブレシーブのエースでラストオールに。

そして風、この日一番の会心のジャンピングスマッシュ。相手レシーブミス。。。。と思いきや、フレームに当たったシャトルがフラフラと前衛だったもこみちの逆玉に。・・・・・ とことん後ろから決められないオトコ@風^^;

また先にマッチポイントを取られて、それでもオールに追いついてを繰り返し、

23点まで来てやっとこっちがマッチポイントを奪いました。
 
あと1点。


ゲームしながらこちらを気にしてるきりんさん(笑)が見守る中、観覧席では風嫁が何故か笑いながら見守る中、

風のサーブ。

得意のショートサーブを出しました。

センターライン上に、浮かない、いいサーブを打てました。ショートサーブとしては完璧です。

相手、

サイドアウトと思って選球しちゃいます。

(ラッキ~)

シャトルはセンターラインにポトリ。。。


主審、一瞬迷います。

(なんで迷うねん、思いっきりオンライン^^;)

相手「アウトアウト!」

(待て待て!!)

風「乗った乗った!」


主審「・・・・・・・・・・・・・・  イン 」


というなんともスッキリしない幕切れで、勝利です。


きりんさん、苦笑い。。^^


サードダブルスは師匠ときりんさんのラリーはなかなか見もので面白かったのですが、こっちのもう一人のペアが完全に格下。 スマッシュは走らない、浮く、コース悪い、そのうち足も動かなくなり、2-0で負けちゃいました。

きりんさんチーム4位で、風チームが5位。

でも、


全国で2勝しました(^o^)v
遠かった・・・・・
さすがは全国という冠のついた大会、

チーム名と県名の入ったプラカードに続いて入場してコートに行くのは初体験でした(笑)


試合前日、金曜日に出発しました。仕事を終え定時ダッシュして帰宅、近所に住むペアのもこみちを乗っけて、風・風嫁と3人でアウディに乗って出発。19:30

この日はとりあえず栃木県入りします。北関東自動車道の終点に近い足利市の健康ランドで仮眠。到着が深夜1:30

なんと、650kmの道程を6時間で到着(笑) きっとナビの距離測が間違ってたのでしょう。。^^;



しかしながら、健康ランドの仮眠室は大合唱。いびきの。。

風、もともと寝付きの悪い人間、これでは全く眠れません。。。


ま、一日くらい寝なくてもバドは出来るでしょう。遅くまで呑んでの寝不足とは違いますから(苦笑)


体育館に到着してクラブのメンバーと合流。

他のメンバーはもっと遅くに出て体育館に6時到着。2,3時間ほど車で仮眠を取っただけのようで、みんなボーっとした顔してます。


とりあえず一試合目は12時頃からなので、銘々、車に戻って仮眠をとる者、既にストレッチを始める者、自分の対戦相手を偵察する者、喫煙所でだべってる者、、

じっと観客席で座って既に行われてる予選を眺めていますと、目の前を背の高い見たことのある人が歩いてます。。。。


きりんさん発見(笑)


とりあえず挨拶しましてお互いの健闘を祈り、残念ながらもしチームが当たっても(チームの年齢バランスの関係で)風ときりんさんが直で対戦することは無いということもわかり、ここまで来たらやりたかったな・・・とも思いましたが、まあ、予選トップ通過を目指してがんばりましょうと言うことで別れました。

5分後、

今度はエルさんが目の前に・・・・(爆)


風嫁が同じベンチにいてましたので、そんなに愛想良くできませんでしたが、こちらとも挨拶を交わしまして・・・・・


と、


エルさんの横には、


なんとなんと、



ちっちゃくて可愛いアコちゃんが(ルン♪)




まさか来てくれるなんて思ってなかったのでびっくりでした。エルさんは山登りのついでに立ち寄りますと連絡を受けてましたが、思わぬサプライズにちょっと気合いも入ります^^;



さて、寝不足なんて言ってられません。

いつもバド論をグタグタ言ってる割に一つもよう勝てんのかいって思われるのも恥ずかしい。


でも、予選リーグには昨年手も足もでなかったA県が。。。。今年も優勝候補です(本当に優勝しました)

ということはその前のT県に勝っておかないと、予選全敗が濃厚となってまいりますので・・・(苦笑)

気合いを入れて臨んだわけですが、
 
ふたを開けてみれば、T県には圧勝^^ 風くん強い!(爆)

続く40代ペアも勝ってチームも勝利、弾みを付けてA県に挑むことになりました。


しかし・・・・

やはりA県は強く、特にロングサーブのバリエーションとその精度が素晴らしく、全然サーブ周りで主導権を握れず、あれよあれよと完敗。。。

よく打つし、ミスも少ないし、勝つためのゲームをよく知ってる二人でした。。 でも、なんか、攻略された感がめちゃめちゃ悔しかったですけど^^;


結果、予選2位通過で、4~6位決定戦に回ることになりました。


そして、本当にきりんさんのチームとの対戦に・・・・・(笑)
選抜高校野球
もうすぐ始まりますね。昔から変わらぬ高校球児の姿って、「こんなにがんばれる子達がいるんだ。日本は大丈夫」なんて楽観的に思ってしまいます。
17歳は18歳の子にはあまりにも大きな舞台でしょうね。喜びも悲しみも、身体は大人だけど心はまだまだ子どもな高校球児達はしっかり受け止めてがんばってる姿、素直に好きです。

個人的には夏の甲子園のほうが好きなんですけどね。
あの炎天下でエースが満身創痍で投げてる姿は、ゲーム内容如何に関わらず、涙しそうになります。

風が高校野球好きなのは以前にも記事で書いてますが、だいたい大会期間中、1回か2回は甲子園に足を運びます。
今回も母校が出場してるので、うまく日程が休みと重なれば応援に行くつもりですが。。


春の選抜といえば、毎年入れ替わり立ち替わりするのが入場行進曲。

今年は Superfly の、 My Best Of My Life  だって。

知らない(笑)

流行った曲なの? なんか一昔前は誰もが知ってるようなその年の流行歌の中から選ばれてた気がするんだけど・・・


そこで、これまでの歴代入場行進曲にはどんなのがあったかな?ってウィキペディアで調べてみました。

けっこう面白いのがありますね~  「え!?この曲を入場に使ったんかい!!」ってのが^^;


ここ20年ほどは割と明るいまともな曲が選ばれいますが、さらに遡って、

1981年 ルビーの指輪 

随分大人な曲を選んだのね・・・・・入場行進で、「あなた~を 失ってから~♪」 ってどうよそれ(笑)


1978年 愛のメモリー

はつらつとした高校球児の行進と、合うか?これ(笑)


1975年 おかあさん(森昌子) ほのぼのすぎ・・・・・^^;


さらに極めつけがこれ。


1964年 こんにちは赤ちゃん(梓みちよ)

絶対おかしいやろ(爆)


ま、歴代の行進曲がどんなのか、

選抜高等学校野球大会入場行進曲

これみたら全部載ってます。暇つぶしに見て下さい^^


で、夏の甲子園の曲と言えば、なんと言っても 


栄冠は君に輝く


ですよね。いい曲で、大好きです。

思わず口ずさんでしまいます。錦織健っぽく(笑)


甲子園に行けば、5回終了後のグラウンド整備の時なんかに、大きく流れます。10年ほど前からかな、けっこう有名なアーティストがアカペラで歌うのが最近の恒例になってます。

「今年は誰かな?」ってけっこう気になったりもしてます^^


ちなみに、歌った人の名前、

第83回大会(2001年)…中島啓江

第84回大会(2002年)…大友康平(HOUND DOG)

第85回記念大会(2003年)…森山良子

第86回大会(2004年)…MIYU(ZONE)

第87回大会(2005年)…錦織健

第88回大会(2006年)…夏川りみ

第89回大会(2007年)…サーカス

第90回記念大会(2008年)…小椋桂

第91回大会(2009年)…馬場俊英



このババって人誰かしらんのだけど・・・、ZONEを除いてはなかなかのメンバーが揃ってます。


個人的には錦織健とサーカスがめちゃ良かった。


今年は誰かな。

そろそろいいんじゃない、小田和正(笑)


去年あたりは絶対に秋川雅史が来ると思ってたんだけどな。。


っていうか、俺に依頼来ないかな・・・(爆)
遠征試合
タイムテーブルをやっと見ました。

予選、きりんさんともとこちゃん同僚とも、外れました。。ホッとしたやら残念やら(笑)


なんでもいいけど、嫁も出る女子部門、参加数が少なかったみたいで揉めてます。


「1試合しかせーへんのになんであんな遠いところまで行かなあかんのよ」

「だいたい大阪チームとなんでわざわざ栃木で試合せなあかんねん」

「うちらだけ地元の体育館で対戦しとくわ」


と、不満囂々。。。。



全国津々浦々から参加チームを募ってる大会、私たちは県で選出されて、交通費を自腹で、行くんです。

大会主催者は確かにいろいろ大変だとは思うけど、

せっかくお金も時間もたくさん使って行くんだから、最悪の場合エントリー数くらい開催地近辺でいくつか調整しろって話ですよね。

常識だと思います。

二日間開催される大会、最低でも3試合はさせてあげないと。1試合は無いよね~

ちょっと非常識。こんなことやってる連盟は、そのうち人が離れるよ。
山屋が集まると・・・

ご心配おかけしました。風は元気です。
多少肩と背中に痛みは残ってますが、明日は軽くバドの練習を再開して週末の遠征試合にはなんとか間に合わせれそうです。
これで全敗しても言い訳ができました(爆)

事故の瞬間、シートベルトはもちろんしていましたが、やはりどことなく強打したり一瞬の筋肉の緊張で身体が痛くなりました。
その時にパッと頭で思ったこと、
「わっ!山に登れなくなる!」

来週のバドのことより再来週の山の事が頭の中では優先でした(笑)


昨日は月曜でバド練でしたが、大事を取ってお休みしました。
帰宅後、嫁にそのことを伝えたところ、「あっそ、じゃ私も休もうっと」
そして、「でもせっかく着替えたから、ちょっと走ってくるわ」と、ジョギングに出かけられました。

あの・・・・・

晩ご飯は・・・・?


仕方がないので自分で何か作ろうと冷蔵庫を覗きますが、野菜庫にキャベツ1/4とにんじん2本、生姜、にんにく・・・・以上。。
肉類は・・・・ 冷凍の鶏ミンチが少し。
あと、冷凍のカレーが1食分。。

考えるのも面倒なので、やっぱり外食することにしました(笑)

嫁ジョギング後、一緒に徒歩10分の焼き鳥屋へ歩いていきます。その名も「やまごや」

山好きなオーナーが山小屋風のカウンターだけの小さな店で、壁にはズラズラと山の写真だらけ。その中に風が撮った写真も4枚ほど飾られてます。
久々に行くもんだから、オーナーも山の話をしたかったのか、仕事そっちのけでしゃべって来まして、楽しく食って飲んでたわけです。

そこへ、知り合いの建築士が客で入ってきます。この人、自宅も近所で今の家に引っ越す時にいろいろとお世話になった人です。ちょこっとこの中古住宅をリフォームでもしようかなと考えていたもので(結局クロスの張り替えだけで、余計なことはせずにいずれ気前よく建て替えしようということに)

その人の建築設計会社の社長も加わりました。

二人とも、山屋さんです。。 

こうして、風、風嫁、やまごやオーナー、建築士の二人、

計5人のやまのぼらーが偶然にも集結し、山に関する濃い会話が2時間ほど繰り広げられることになりました。

それはそれでおもしろかったのですが、

最後の方に最も盛り上がった会話が。。。


風家の建て替えの際、

玄関フロアを屋根まで吹き抜けにして(ここまではよくある話)、

玄関ホールの横の壁を、


クライミングウォールにしよう。。。



え??(▼▼)




家の中なので、幅はせいぜい2mくらい。
上は3mくらい垂直で登らせて、そこから10~20°のハング斜面を屋根の傾斜を使って作る。。。全高約6mのウォールにして。。。


嫁、「おもしろいおもしろい!」

建築設計会社の社長「それ、うちとしては宣伝にもなるなあ」

設計士「僕、全精力をつぎ込んでやります!」

焼鳥屋オーナー「5.11(グレード)くらいまでなら作れるはず。出来たら練習させてね^^」



好きにしてください。。

高度と寒さに頭の細胞がいくつか破壊されてる山屋達の会話でした。。。。。
今朝の出来事

いつもどおりの朝でした。

起床してから相変わらずの食欲で朝からコロッケ定食(笑)、
歯を磨いて髭そって髪の毛セットしてネクタイしめて、

小雨模様の中、愛車Zにエンジンをかけ、オーディオはありがとう浜村純^^;、
道路が縦横にきちんと整備された新興住宅街の中から大道に向けて走り出しました。

風の家から大道に通じる信号まで、一本道。住宅街のメインストリートをまっすぐ走り抜けます。

途中、5つほどの交差点があり、脇道からこの道に入ってくる車もいます。

2つめの交差点で、右側から一旦停止せずにグッと出てきそうになった軽四。女の人が乗ってました。
風のZの存在に気づき、急ブレーキ、頭を少し下げて謝られてました。
あぶない運転だなぁ・・・と思いながら進みますと、

次の交差点でも右から車が。
先ほどのこともあるのでちゃんとその車が停まってくれるかを確認してから進みます。

次の交差点。

さしかかった時、今度は左側から猛スピードでノーブレーキで曲がってくる車が・・・・・


「このタイミングは・・・・当たる・・・・」

と思い、なんとか相手もブレーキしてくれることを祈りながら、風、よけるように左へハンドルを切ります。もちろん急ブレーキかけながら。

しかし、相手は当たるまで気が付かなかった模様^^;

ずどーんと追突され、風の車は右側の縁石を乗り越え住宅の塀に突っ込みました。


フロント、右も左もグチャグチャ(ToT)


ああ、愛車Zが・・・・・・・・・・・・



・・・・・・・・・・・・・・




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




自走できないほどの破損を追ってしまいました。




事故の衝撃で体中痛いし、仕事忙しいのに出勤できないし。。





神はどうして私に1ヶ月以上平穏な日々を過ごすことをお許しになられないのでしょうか(爆)
3月はバドと山

もうすぐ全国と名の付く大会です。来週末と迫りました。
一応、風も練習量を増やして大会に備えてます。

基礎を増やしたからか、ちょっとスマッシュも安定してきましたし、足もまあまあ動いてます。腹筋効果もあるのかな。。

それにしても、今回は遠い。。

どことは言いませんが、車で7時間ほどかかります。

金曜の夕方発、現地より1時間ほど手前で健康ランド泊^^ そして土日の試合です。

ちょっと遠いのが憂鬱ですが、メンバーの中にはほとんど旅行気分の人もいるし、初めて訪れる県でもあるし、風も適当に楽しんでこようと思っています。

応援に行きたいとおっしゃる方もおられると思いますが(爆)、この大会ではこれまでにわずか1勝しかしたことありません。。。 今回も、負け続けてることでしょう(汗)
できれば、もう少しレベルの低い大会の時に見に来て下さい^^; 


これが終われば、次週の3連休・・・・・ 

 山だ^^ 

五竜遠見に登って来ます。そして、なんと年末年始の燕で一緒だった、きっと何らかのネタを提供してくれそうな?可愛いアコちゃん登場です。こうご期待(笑)
おわっちゃった

あっというまに4年に一度の祭典が終わってしまいました。
寂しいです。
この2週間、BS1を見ればいつもオリンピック。もちろん全ての競技を見れたわけではありませんが、馴染みのない競技もじっくり見れましたし、Sスケートやフィギュアなどの日本人が活躍した場面もいやっちゅうほど観戦できました^^

0.02秒・・・・・

あれは勝った思って、朝から家でガッツポーズをしてしまいましたが・・・惜しかったですね~
でも、前半にあれだけ差を開けたのは小平奈緒ちゃんのスピードはやっぱり世界レベルだったから。
長距離陣の二人にもう少し粘れる滑りができたら・・・・と思いますが、次回は若手もあがってきてきっとまた金メダル争いを繰り広げてくれるでしょう^^

里谷多英のかっこよすぎた転倒から始まって、メダルが5つ。残念ながら風予想の金1銀3銅3ははずれましたが、まあ、期待度もあっての話。それなりにいいオリンピックだったかな。

この予想は一応誰が何を取るという予想もしてたんで、事後報告ながら・・・

金 Sスケート男子500 長島
銀 フィギュア女子シングル 安藤
  女子モーグル  上村
Sスケート男子1000 長島
銅 フィギュア女子シングル 浅田
フィギュア男子シングル 高橋
Sスケート女子1000 小平


パシュートは、前回確かに4位という好成績でしたが、前回はあの種目が始まったばかりの大会だったので、うまく他国の取り組みが浅いなか取れた4位・・?という感があったので、メダル候補には入れてませんでした。3レースとも見ましたが、正直、日本が強かったっていうより、強豪が揃ってる国でも上手く滑りきれなかったという場面が多々あったという感じでしたね。難しいんだ、3人で滑るのは。。
日本人向きかも。「みんなで一緒に・・」が好きな国民性だけに(笑)

長島をかなり過大評価していましたが、そのとおりの活躍でしたし、もう一人の加藤もあそこまで調子をあげてくるとは思っていませんでした。加藤の2本目、350m付近まではしびれました。金を本気で狙ってましたし、本当に獲る気がしました。残念ながら最後の直線で足が無くなりましたが・・

小平奈緒ちゃんはこれから女子Sスケート界のトップに躍り出る可能性を秘めてます。
4年後のソチまでに世界選手権でトップを獲ることになりそう。才能に溢れてる。

スキー競技は厳しい結果でしたね~
上村の4位が最高値。。 ジャンプの復活が待ち遠しいですね。若手が育ってないですから。。。

いやいや、それにしても面白かった。やっぱりオリンピックは面白い。

4年に一度 という、このスパンの長さがたまらないんでしょうね。

あと、フィギュアの本田君、解説、もうちょっとがんばりましょう(爆)
Design by Pixel
Copyright © ♪♪kazeの声♪♪. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。