スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
明日から12月

12月と言えば、

クリスマスです。

若き日は、12月と言えばクリスマスコンサートに第九にと、けっこう稼ぎ時でした。

第九は最近めっきり歌わなくなったけど、クリスマスコンサートとなれば毎年2回くらいは某かの舞台で歌っておりました。

ただ今年はもうたっぷり歌ったし、どちらかといえばもう歌いたくなかったので何も入れておりませんでした。


ところが昨日のメールで・・

ある親しいピアニスト(40代女性)からでした。

ピ「9日なんやけど・・・・頼めへんかな・・・^^;」

と来ましたので、電話してみました。

風「急過ぎるやろ(笑)」

ピ「実は私、今年の夏過ぎから体調崩して入院しててさ」

風「え!しらんかった」

ピ「もう体のほうはいいねんけど、こんな状態やから今年のコンサートは断ってたのよ」

(毎年恒例だった、大手の病院のサロンコンサートがこの時期に開催されてて、彼女と風とで何度もクリスマスコンサートをしていました)

ピ「でね、知人を介してお断りしてたつもりやってんけど、ちゃんと伝わってなくて・・・」

風「断れてなかったん??」

ピ「そう。で、病院側から、『今年もソロソロチラシを作りたいんだけど、テーマとか曲目とか教えてくれますか!』って連絡があってさ」

風「ほうほう・・」

ピ「で、もうこの時期から代役立てるのも無理だし、年間予定でコンサートもうたわれてるから」

風「なんでもええから、やってくれってことやね・・・」

ピ「うん。。」

風「練習する時間、無いで?この土日もマラソンで全く時間空けれへんし」

ピ「ま、風くんとなら今までにやった曲で適当にチョイスしたらぶっつけでいけるかなと^^;」

風「っていうか、平日やん。。」

ピ「無理?」

風「いや・・・・まあ、なんとかするわ・・・・でも、声、全く作ってないからあんまりやで?」

ピ「大丈夫大丈夫。素人相手やし(笑)」

風「まあなぁ・・・^^:」



と、歌うことに。



今年は逃げれないみたいです。




ところで、


12月24日、嫁海外逃亡中につき、暇なんですが、だれか相手してくれませんか?(笑)
スポンサーサイト
NARAマラソン2010まであと10日

いよいよです。

夏からちょっとずつ練習して、

今週の火曜、祭日を利用して、試走してまいりました。


もちろん、42km全部走るわけじゃありませんが、

奈良公園から折り返しの天理高校前までの、往復30km

ペースはゆっくりとキロ6分半くらいのペースで。


きっちりと走り切れました。


ちょっとホッとしました。まあ、30kmを普通に走れたんなら、あとは根性でいけるでしょう。

完走はたぶん大丈夫だと思ったのですが、



あの試走30kmのあと、





熱でました。。。







大丈夫でしょうか・・・・・完走。。。。
フィギュア、村上
の話題もついでに・・・・


急成長ですよね。


昨年の日本選手権の時と比べたらびっくりするほど技術が高くなってます。

3・3もどんどん決めるし、表現力は前からすごかったけど、ステップも真央より高いレベルですね。


で、一言いいたい。


よく、「ポスト真央」とか、「真央二世」とか、


真央ちゃんと比べられてるけどね、、



彼女は、

真央ちゃんとは全く違うタイプのスケーターです。


比べるなら、


ヨナです



次世代のヨナ。



それが、村上佳菜子です。


ほんとに。
spm1011151120005-p1.jpg
日本女子バレー 32年ぶりに思うこと
201011150005-spnavi_2010111500012_view.jpg

見応えのある3位決定戦でした。

なんだか日本代表メンバー、様変わりしたと思いません?

江畑や井上、山口などの新しいメンバーをはじめとして、
エースの木村も、昨日の試合で流れを引き寄せた石田、ベテランの山本愛。

み~~んな、細くて引き締まった身体の選手ばかりになりました。


一昔前。

ただデカイだけか、センスがあるけど太い選手が日本代表に名を連ねていました。

たとえばだれか。

大林のようにでかいけどジャンプ力もパワーも無かった選手。
センスはあるけど太い高橋。メグと同い年の大山もたいがい太かった。

この人たち、一流でプレーしてるわりには、フィットネスは鍛えてないんだ・・・と思わざるを得ない身体の選手がほとんどでした。

メグにしても、プロフィールに「苦手なこと:腹筋」って書いてたくらい、筋力が無かった選手。


そこからの進化が見えたし、だからこそのメダルなんだなって思いました。


日本は、「うまいバレー」ばかり目指して、体格差を技術やチームプレーばかりでカバーしようとして、やはり勝てなかった。

でも、バドやってる方ならよくわかると思うけど、フィットネスの強さを活かしたスピードのあるプレーは持ってる技術を2倍にも3倍にも活かすことができます

あの細くてカチッとしたスタイルの今の代表は、スピードとスタミナが世界レベルにかなり追いつき、ようやく日本の本来の頭脳プレーや粘りのプレーが花開いたという感じですね。




「なんで代表やのにみんなあんなぽちゃぽちゃやねん・・・」って。

前から言ってたんだけどな。

うちの嫁が。。。(笑)



今後楽しみですね。



すぐに目に見える成果ばかりを練習するんではなく、走って鍛えて、その上に技術を乗っけてこそようやく世界と戦う舞台にあがれるってこと、

忘れずに育ってほしいものです。


それにしても、セッターの竹下と、リベロの佐野。 あの二人はえげつないですね。本当にすごい。
「風さん お願いがあるの」
この記事はブロとものみ閲覧できます
風からのアドバイス

全国300万人のバドらーの皆様。


風からアドバイスがあります。



試合に出ておられる方も多いと思いますが、



大きな大会に出るときは、


ちゃんと練習しましょう。


半年間も、月に2回とか3回ペースでやってると、

歳も歳なので、スピードも落ちてしまいます。

技術も、すっかり忘れてしまいます。

戦術なんてどこへやら。


なのでそんな状況でレベルの高い大会にでると、とんでもないことになります。



わかりましたか?



ええそれならそれでいいです。




一に練習、二に練習。


練習は嘘つきません。








はぁ・・・・・^^;








とこちゃん、


結果はバラさないで・・・(爆)
Design by Pixel
Copyright © ♪♪kazeの声♪♪. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。