スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
年末です。クリスマスです。
この記事はブロとものみ閲覧できます
木曽駒でございま~す♡
先週の金曜日。

天気図とじっくりにらめっこ。

土曜日に気圧の谷が通過。長野県は午後過ぎから雨。

そして、その気圧の谷が通過した後は冬型の西高東低。ただし等圧線は緩い。次の低気圧は月曜日に入ってから。

土曜の深夜から日曜の午後過ぎにかけては、イイお天気と判断(ただし、その時点での週間予報では長野県の日曜日は曇りマーク)

「曇りやん!山の上は荒れるんちゃうの!いらんで、わたしは寒い冬山は絶対いらんで!!」

と駄々をこねる風嫁でしたが、とりあえずスルーしときまして、

車で実に3時間半ほどのアクセスで行けて、関西人にとって家から山頂までが最も近いアルプスの主峰、木曽駒ヶ岳へレッツゴー^^

「厳冬期にテントで寝るのはまっぴらごめん」と言い張る風嫁と冬山のアルプスに登るには、日帰りで登って降りて来れる場所か、西穂や燕のように営業小屋があるか、どちらかです。
今回は千畳敷カール(標高2600m)までロープウェイで上がれる中央アルプスは木曽駒ヶ岳へと行ってまいりました。

っていうか、今年はよくアルプスに行くことができた年でした。
正月の燕から、3月に五竜遠見、5月に西穂登頂、7月に前穂登頂、9月に剱岳北方稜線から剱岳登頂、10月の八甲田山は天候に恵まれなかったけど、今回の木曽駒ヶ岳登頂もイイ感じでした。
来年もこんなに登れるかな・・・

というわけで、せっかく日曜日晴れる(あくまで予想)のなら、ホテル千畳敷(ロープウェイの駅と直結してるホテル)に土曜から泊まり、ご来光を狙おうと思いまして、多少高くつきますがホテル千畳敷きを予約することに。

んがしかし、

満室(ToT)

なんでこんな厳冬期に満室やねん・・・・・・・ と、たいそう不思議な気持ちでしたが、この理由は後でわかりました。わかって余計に悔しかったケド^^;


さて、日曜の暗いうちから出て朝一番のロープウェイで登るのもいいけど、土曜日は特にこれと言って予定もなかったので、出発して麓の民宿にでも泊まろうと、宿をゲット。

あ、ちなみに、風は民宿探しの天才です(笑)

安くて暖かくてご飯がおいしい宿って、なんとなくニオイでわかります(ほんまかっ)

今回は「天山」という民宿。ここは木曽駒ヶ岳スキー場のほど近くにたくさんあるペンションや旅館の中で、なんと一泊二食で6500円。
囲炉裏端風の食堂でご飯が食べれます。民宿なので多少そこの家族の子どもがバタバタとうるさいですが、それもご愛嬌。本当に落ち着く古い民家の趣で、なんと言ってもご飯がおいしかったです。

木曽の名物と言えば、馬刺しに山菜、ソースカツ。ちゃんと全部メニューで出てきます。

kisokoma05.jpg 
信州と言えば山菜そば。これもついてます。
kisokoma06.jpg

鍋もおいしかったです。

これ以上食べれないってほどに出てきました。お勧めの宿です。木曽駒ヶ岳を狙うときは是非ここで前泊をしてみてください。アクセスも抜群ですからね。


さて、日曜日。目覚めるとまずは外を確認。


木々の間から白い山並みが見えております。
雲ひとつない、ドピーカンの模様^^ 
風、GOOD JOB!

ここはロープウェイまで30分ほど車でかかりますが、一般車両は通行禁止。バスでの移動となります。
そのバス停が泊まった民宿天山から徒歩3分。 バッチリです^^

朝ごはんもガッツリ食べて、トイレも済まし、バスの始発に乗ろうと、8時前、いよいよ出発です。


民宿を出てバス停に向かうと、すでに20人ほどの行列・・・・・


ほっほぉ~~~


さすがにこの天気を逃さない冬山のぼらーはいてるもんですね。

ということで、一旦まわれ右。 民宿の駐車場に停めさせてもらってる車に、わかんじきを置いてから再出発。
あれだけ人がいるんですもの。ラッセルは不要と判断して、わかんを装備から外しました。


バスはこの時期1時間に1台ですが、この日は人数が多かったので臨時便がもう一台でました。
後のバスに乗りまして、ロープウェイ乗り場へ。10分ほど待ってすぐに乗れました。

乗ってしばらくすると、後方に南アルプスの山並みがど~~~~~ん。その奥に富士山がで~~~~~~ん
進行方向をみると中央アルプスの名峰宝剣山がぼ~~~~~ん。上をみたら紺碧の空がば~~~~~~ん

自信が確信に変わりました(懐かしい言葉・・)。

風はやはり日頃の行いが良いんだということが(笑)


ホテル千畳敷には観光客が6割、登山者が4割くらいかな。 
ただし観光客はホテルの周りしかうろうろできません。
こんな看板があるし、従業員?らしき人が出てきて注意を促したりしています。
kisokoma04.jpg

さて、ここから宝剣山の右下に見える鞍部まで一気に上りつめます。
kisokoma00.jpg

トレースがあるので楽ちん。 さらにカールの内部は風も弱く、登ってると暑いくらい。
風はシャツ一枚で登ってました。

ちなみに、アイゼン嫌いな風、相変わらずこの時も鞍部まではノーアイゼンで。。

その鞍部までくるとすぐよこに宝剣山荘があり、中岳、木曽駒ヶ岳へと続く稜線が見えています。

天気が良すぎで、ここに来た時点で来る人来る人みんなハイ状態(笑)


得意の逆行アングルもこの天気だと冴えます^^
宝剣山です。
kisokoma07.jpg

中岳の頂上までくると御嶽山が目の前にずが~~~~~~~ん!
ontake.jpg

さらに駒ケ岳(2956m)まで来ればもう気分は最高。なんだこの天気^^

天気をあーだこーだ心配してた嫁も黙らせました(笑)
ということで、あと何枚かどぞ。。
kisokoma02.jpg 
kisokoma03.jpg 

 
ということで、先日アップした山ガールは嫁ではありません。
たまたま登りにきてたしらないおねーちゃんです。。。^^;


いやいや、


山はイイ。

それも、日本アルプスはイイ。

さらに冬のアルプスは言葉に変えれない。
ひとたび天気が崩れると地獄の世界だけど・・・・・^^;



んで、あとで知ったことですが、この日、千畳敷から見るご来光が・・・・なんと富士山の頭から出てくる日だったのです。

いわゆる、ダイヤモンド富士ってのを観れる日。

だから、ホテルは満室だったのですね・・・・・



観たかったな~~~~~~~~オイ!!


 

ということで、今シーズンの厳冬期山行パート1、木曽駒ヶ岳レポでした!



首を左に傾けて、ごらんください(笑)
kisokoma01_20101215140405.jpg
山ガール
yamagirl.jpg


が、いてました。


そしてここはどこでしょうか。



また、後日レポします^^
風嫁 NARAマラソンレポ

やれやれ


これはいったい誰のブログなんでしょうか(爆)



待望の地元でのフルマラソン、それも第1回とあって、気合いの入る風嫁。体重も4kg近く絞り、もともと細身でしたが本当にランナー体系まで持っていきます。ミセスストイック。。

しかし、痩せて小さくなった胃でカーボローディングは多少きつかったみたいで、
目の前でパスタやらご飯やらパンをバクバク食べる風を横目に、「あかん・・・全然食べれへん。。。」と苦しそうです。

えっと、

練習から本番まで通じて、唯一嫁に勝ったのがカーボローディングです(爆)


当日、朝3番くらいの電車で奈良へと向かいます。
我が家から奈良市ってけっこう遠いんですよね。大阪市内に出るほうが便利で、なんと発着点の鴻池陸上競技場まで約1時間半かかっちゃいました。

8時前に到着。あと1時間ちょっとでスタートです。

「ワクワクするな~~」と喜んでる風嫁。

「逃げ出したい・・・・」と心の中でネガティブになる風。。


スタートはCブロック(全部でHブロック)で、けっこう前のほうでした。これはエントリー時に「ゴール予想タイム」を自己申告し、そのタイム順にて振り分けられます。

我が夫婦は、3時間29分59秒 と、申告。 この、29分59秒ってのミソです(笑)


なので、スタート地点まではわずか3分足らずで到着。


そこまでは歩く程度の動きでしたが、スタート地点からいきなり、けっこうなスピードで周りの皆さんが走り始めます。そう、だってここは3時間前半申告の人たち。。。。


申し訳ないですが、そんなペースで走ることはできませんので、邪魔者扱いされようがマイペースで・・・・と走り始めます。

が、

風嫁、


そのペースに付いていっちゃいました。。。旦那であるワタクシに、「ほな」と一言残して・・・・・



その後は彼女をゴール後までお見かけしておりませんので、詳しいことは書けませんが、


「飛ばし過ぎたら後で足が止まる・・・」と思いながら、セーブセーブして走ったらしいです。

ところが後半に入っても全く疲れが出ないので、ラップを10kmごとに全部あげていって、結果、4時間1分というなんとも惜しいタイムでゴールしたようです。


「しまったなぁ・・・・ もっとペース考えとけば、楽に3時間台入れたのに・・・・」と悔しさ反面、

「ほんmmmっまに楽しかった~~~」と、随分楽しんで帰ってこられた模様です。


風がゴールして、完走賞とメダルをもらい、待ち合わせた場所に帰ってきますと、風嫁、もうお着替えも済ませて涼しい顔で、


「ごめん、しばらくゴール地点で待っててんけど、 あんまりに遅いから先に着替えちゃった^^」


とのことでございました。。。



そんな風のタイムは、

4時間48分、、、


いや、あのね、、

走り始めて10kmで早くも古傷の足首が痛みだし、25kmくらいでしびれて麻痺していったん痛みはなくなったんだけど、膝から下に力が入らなくって・・・・・

ペースが全然上がらずに、こんな結果になっちゃいました。ああ、ほんとうはもっとたくさん書きたい、いいわけ

でも、

一回も歩いてませんし、ペースが遅い分あまり疲れなかったので、地元奈良の初フルを存分に楽しむことは、できました^^



いいんですよ、楽しければそれで。楽しければ・・・ うん、楽しければ・・・・・・・
NARAマラソン 結果

すみません、もう走ってから一週間以上が経ちましたが、いまさらレポです。。


えっと、



完走しました







以上・・・






何が?



タイム??




そんなの別に聞きたくないでしょう?





ですよね^^





ということで、






以上です(笑)
なぜ誰も「休め」と言わないのか。真央ちゃんに。

きっと、ヨナは来年あたりからボチボチ復帰して、うまくソチオリンピックに合わせて、

また強烈な完成度の演技をして金メダルをさらっていくんだろうな・・・って気がします。


真央ちゃん。


おかしくなったのは、何も今シーズンに入ってからではありません。

タラソワに変わった時から、確実に今までの良かった時の真央ちゃんではなくなり、なんとかこれまでの貯金とトリプルアクセルだけに頼って銀メダルを取ったものの、

真央ちゃんが行くべきところではない場所へと、タラソワは導いたのです。


そして、

コーチが変わったからと言って、どうのこうのできる状態ではなくなっています。


練習では跳べるジャンプが本番で跳べない。


いえいえ、

ジャンプだけ見ればそうかもしれないけど、1から10まで見た全体像では、まとまりは無いし、表現もできてないし、つなぎ部分も雑いし、
仮にジャンプをミスなく跳べたとしても、優勝できる演技ではないと思います。


お願いだから、


「半年間スケート禁止。何も考えずに遊びなさい。」

と、誰も言ってやれないのでしょうか。

一年くらい、休まないと無理だって。まだ10代の女の子なのに。。


キムヨナも、プルシエンコも、他のスポーツだって北島康介とか、世界トップまで登りつめた後って、いったん心のリセットするために競技から完全に離れる人は少なくないんだし。


ああ、


いくらでも遊んであげるのに(笑)
あと3日

なんとか、体調ももどってきました。

走れそうです。

昨日、ちょっと体が楽だったので、バド練に行って1時間ほど軽く汗を流しました。

今日は5kmほどの軽いジョギング。

そして、明日・明後日はカーボローディングで炭水化物を詰め込みます。


たいして消費もしてないのに、そんな詰め込んでいいのだろうか、若干太り気味ランナー@風・・・
Design by Pixel
Copyright © ♪♪kazeの声♪♪. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。