スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
北岳 vol.2

3時起床。


星は出ていますが、月が明るくてそれほど激感動のような星空ってわけでもありません。

もちろん、下界とは全くレベルの違う満天の星空ですが。。


実は、荷物を少なくしようと、今回は装備からシュラフをはずしておりました。

チャレンジャーです(笑)


どんな格好で寝たかというと、

登山シャツにインナーダウンの上にカッパを着て、
ウォームアップシーツというシュラフの中に入れる薄い布のシーツがあるのですが、それにくるまって、あとシュラフカバー。

じゅーぶん暖かく寝れました。


夏山は3000mでもシュラフは要らないということがこれでわかりました。


以前から、涸沢や岳沢などの2000m前半のテント場ではシュラフを持っていかないことは多かったのですが、
今回は3000mの稜線とあって、
ん~~~~大丈夫かな… って思ってましたが、
実際持っていくと使ってしまいますからね。試すには持っていかないのがいいかと。。

まあ、寒くて寝れなかったら、起きてればいいだけの話ですし^^;



さてお天気はというと、雲が適当にでてますがガスに覆われるような状況ではありません。ちゃんと遠望も効いてます。


4時過ぎ、撤収して出発。

北岳山頂へと向かいます。約1時間半。 それにしても北岳はでかい。

このでかさは北アルプスではあんまりありませんね。常念岳が岳部分としては大きい方なんですが、その倍以上はあろうかというピークのでかさ。


でも、2つ前の記事に載せた朝焼けの富士山のような、あんな景色に見とれながら楽しく登れました。

鳳凰三山。
ココから見るならまずはこの山ですね。
鳳凰三山



そしてこちらは間ノ岳が朝焼けに染まる絵です。
朝焼けの間の岳

日本第4の高峰。


で、朝焼けが終わった、今度はなんて言うんだろ、普通の朝の富士山ってとこでしょうか。
富士山


これを見てて、風は気の毒で気の毒でしかたがありませんでした。


富士山の山開きがあった直後の3連休。天気もいいとされていた3連休。

きっと富士山の頂上には夜な夜な登って来た何百人(もしかしたら千人以上?)のご来光目当ての登山者でギッシリ埋まってるはずなのです。


こんな幻想的な綺麗な朝を迎えてるというのに、

富士山の頂上だけはガスに覆われてまっしろというのが、明らかに見てとれます。。。



ほんとに、気の毒・・・・




ごめんね、

日ごろの行いがちょっとイイってだけで、こんな綺麗な景色見させてもらって・・・・(笑)



北岳山頂でタバコ2本ほど吸ったら、次は下山です。

賑わってる肩の小屋で軽く腹ごしらえして、
肩の小屋


あとはまた一気に1700mの標高差を下山。


がっつがつ下って、

肩の小屋から広河原まで怒涛の2時間30分^^ (コースタイムは3時間40分)


しばらく筋肉痛がとれませんでした。



林道バスを乗り継いで12時過ぎには下山完了。 風呂に入って、奈良まで約4時間のドライブ。


Yさんと合流、晩飯食って(これ余計)、帰宅。



濃い2日間の山行ということになりました。



来年の風カレンダーの7月はこれで決まりですね^^




明日より、ボルネオに行ってきます。


一眼レフを持ってキナバルへ。 カレンダーの8月分の写真を決めれればいいな



実は一度出場してみたい、キナバル登山マラソン。 ちょっと夢なのです。

その下見も兼ねて、久々に風嫁と旅行してきます^^;

風嫁の金で(笑)
スポンサーサイト
北岳 vol.1

海の日の3連休。

例年はまだ梅雨の末期から抜け切れず、なんとなく予定をたてるのも面倒な3連休だったのですが、

今年は早々に梅雨が明け、この3連休は晴れマークにどっぷり。


台風の影響で最終日の月曜あたりは崩れるかな?って気はしていましたが、
これは登るっきゃありません。


でも残念ながら土曜日が仕事で出発できず。

仕事を終え、帰宅して準備をし、土曜の20時、ようやく出発できました。


第一希望としては上高地から岳沢に入り、テント2泊で、間の日に岳沢→天狗のコル→ジャンダルム→奥穂→前穂→岳沢という極上の一周ルートをやって、3日目に下山と考えてました。


これが二日間になったのが痛い。

さすがにその一周ルートをやったあとに下山して帰宅するのは拷問に近い運転を強いられることになります。


で、さんざん考えたあげく、


2週間後に控えたキナバルの高地順応代わりにもなるかと、3000mの稜線でテント泊を1泊だけでも・・・

と、決めたのが北岳でした。


しかし、北岳、一般ルートでもけっこうな長丁場です。なんといってもその標高差。一気に1700m登らなければなりません。

ルートタイムは登りで7時間半。

テント泊装備ではここ最近のユルイ山行計画にはなかった長さと標高差ということになりました。



土曜日23時、登山口にほど近い道の駅で仮眠。

もちろん愛車Zの中では寝れませんので、隣の駐車スペースにテントを張ってねます。

ここは標高700mほどありますので、いくらか涼しいのですが、日中に温まったアスファルトがけっこう熱くて、テント内は一気に暖房状態になります。

テントの出入口をメッシュ一枚にして風を通しながらウツラウツラ。

なんとか3時間くらいの仮眠はとれました。


6時に南アルプス林道バスの長野県側発着場所である仙流荘へ。

登山客の長蛇の列・・・・・


7時30分、ようやくバスに乗れます。


ここから仙丈ヶ岳や甲斐駒ケ岳への登山口となる北沢峠へ1時間。


バスを乗り換えて山梨県側になる北岳の登山口、広河原へ30分。


9時半、やっと登山開始です^^;



ここまででけっこう疲れたし(汗)



北岳の頭だけ見えてます。
広河原より


一日であそこまでか・・・・・・  遠い・・・^^;


さて、

テント泊といえども、今回は1泊だけ。

夏だし一般ルートだし、装備はいつもよりかなり軽いです。


グイグイと高度を稼いでいきます。


沢沿いを詰めていくこと2時間強、気がつけばバッドレス(北岳の東側の岩壁。クライミングの名所)が、目の前に。
バッドレス


そしてここらあたりからガスってきまして、稜線に出る頃には真っ白でした。


この状態では北岳登頂しても面白くもなんともないので、この日は頂上は踏まずに北岳山荘へ。

7時間以上のルートタイムは、風の手にかかれば5時間で完了。

最近走って体力つけてるので、テント泊装備でもけっこうなスピードで登れました。

37歳@風、まだまだ輝きを放っております(爆)




テント場の受付をして、ビール3本ほど飲んで、夕食作り。

メニューは、

「厚切りベーコンと玉ねぎのフェットチーネ バジルソース」


うまかったぁ~^^



天気は確実に下り坂。


明日の朝、なんとかいい景色を見せてくれ・・・・・・



祈るように就寝したわけであります。
7月18日 午前5時
に、僕が見た景色です。


北岳より


時間見つけてレポします^^


撮影地はどこでしょう~
朝起きたら

「ココハドコ???」



えっと、自宅から車で1時間もかかるようなところの、



ラブホで独りで寝てました(爆)





どーやら、


Yさんとの大阪での食事のあと、彼女が帰りやすいように彼女の地元の店で2軒目、そこで風の記憶終了。


とても帰れる状況じゃない風を、とりあえず駅近くのラブホにぶっこみ、


自分は自宅へ帰宅。



で、前日の着の身着のままの格好で、Yさんの車に乗っけてもらい出勤。。



がんばれ肝臓(笑)
コソコソしてる感じが・・・

ちょっと楽しい年頃@風 です(笑)


今日は先の記事に書いた臨時職員の美人Yさんと、

高級イタリア料理に。。。



ネタ振りから始まって、あの手この手でなんとかデートまでこじつけること2カ月

よく頑張った。(笑)


同僚Kさんや後輩のSなんかと飲みに行ったりしますが、さすがに、同じ島で働いてる人とデートは初めてか^^;



なんか、周りにばれないようにしてる、二人のコソコソ感が、ちょっと面白い。。

とか言いながら、駅から15分も歩かなければならない我が職場。

オシャレして出勤してくるYさんにこのジリジリと照りつける中歩かせるのは申し訳ないので、ちゃんと駅までお迎えにあがりました。

愛車Zで。

「おはよう!」

「おはようございます!」

「なんかこれからデートするみたいやね」

「ね~~ どこに行きます?6時半(イタメシ屋の予約時間)までいっぱい時間ありますよ^^」

「そやな^^ ・・・ほんまに仕事行くの嫌になってきた・・・・」

「私も・・・・」

「って言うててもしゃーないか^^; ま、また9時間後に(笑)」

「は~い^^;」


なんて会話。 

どうした風、最近やけに調子いいだけに、まだ見ぬオチが怖いぞ?(苦笑)



ああ、



美人嫌いになりたい(爆)
10分前の話し

「あれ?風さん、コーヒーでもこぼした?」



我が課のマドンナ。34歳バツ1の綺麗な女性です。臨時職員としてこの4月から僕たちの仕事をお手伝いしてくれてる、
おしゃれで頭がよくとてもいい雰囲気を持った人です。Yさん。

風「うん。。こぼしてん。。」

Y「すぐに拭かないとシミになるよ」

風「さっきの会議の冒頭でこぼしてしまったから、出るに出れなくて」

Y「中性洗剤で拭いたらまだ取れるから。ちょっときて」

と、給湯室へ連れて行かれ、二人っきりで

布巾を水で濡らして洗剤をつけ、風の胸元に手が伸びてきたので、風、やや緊張(笑)

風「え?拭いてくれんの?」

Y「・・・・・・ じゃ、自分でどうぞ」

風「・・・・・・・・ごめん、拭いて」

Y「も~ 風さんはいつも一言多いね」

風「すみません。。。」


ちょいちょいっと拭いてくれること約1分


じーーーーっと直立してる風


Y「私、洋服好きだからさ。シミになったらもったいないやん」

風「そやね。。」


Y「ハイッ これでOK  とれたでしょ?」


風「ありがとう」


Y「いいえどういたしまして」



あ~~なんか、幸せやった~~~




以上(爆)
その後

いろいろ聞かれたあげく、

翌日の夕方、



一通の長いメール。。。


もっとお話ししたいし、お酒の席もご一緒したいけど、でも、不安、戸惑い、その他もろもろ・・・



や、やばい。。。



でも、きっちりと対応しようと、ありとあらゆる風の頭脳を酷使して、長いメールで返しますと、



そのメールが功を奏したようで、


「思ってたより誠実で安心しました。そうやって考えてくれてたなんて意外で感動です。
 では改めて、またのお誘い、お待ちしております!」





せーーーーーーふっ
ひとつ聞いていい?

風さんって、



浮気経験あるでしょ



Tさん・・・・・・・
奈良マラソン練習会(3回目)

一回目と二回目はどないしてん。。^^;


6月から始まりました奈良マラソン練習会。これで3度目です。

走るコースは小刻みなアップダウンを含む10kmコース。遊歩道が半分以上を占める素敵なコースです。


前回ちょっとバテて歩いてしまった、みなみちゃん、ランナーのりえさんを除く6人での練習です。

ペースは前回のキロ7分半からキロ7分に少しペースアップ。

途中自動販売機給水の休憩を除いて10kmを1時間10分で走りました。


大変蒸し暑い日でしたが、まだなんとかしゃべりながら走れる程度の余裕がありそう。



コーチング役もしてる風ですが、


実はひと月前の社会人で太ももの裏を痛めてまして、もう随分よくなってきてるのですが、ちょっと長い距離を走るとガンガンに張ってしまいます。

今日もそこだけが変に筋肉痛。

走れば治るかと思い今朝も4kmのジョギングをしてきましたが、

やっぱりパンパン。


どうしたらええんやろな・・・・Tさんにさすってもらったら治るかな・・・


7月のトータル走行距離、14km
上出来(笑)

Tさん・・・・ 美しすぎる・・・・^^;







あーだこーだ考えて、準備した結果、



100点でした(爆)






お騒がせしました(笑)



内容を書くと、


ただののろけ記事 になりますので、


胸にしまって楽しみます。。。
Design by Pixel
Copyright © ♪♪kazeの声♪♪. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。