スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
キロ6分ペース リベンジ

リベンジというか、前回は距離間違いでのハイペースにてバテてしまったんだけど・・

今回は、ちゃんと750mの周回をキロ6分ペースで、一周4分30秒で、

きっちりと10周、クリアしました。

競技場までの往復2kmちょっとも含めて、約10km、

いい練習ができました。 この練習にしっかりついてこれたYさんも、イイ感じで走れるようになってきています。


月曜6km、水曜10.5kmと合わせてこれで今週は27kmクリア。9月の月間距離も80kmになりました。

明後日、練習会で22.5kmを走る予定なので、今月は目標としてた100kmをクリアすることが出来そうです。


ちなみに10、11月は150kmずつを目標としています。


さて、


先日購入した防水イヤホンを試してみました。

風は音楽をやってまして、特に秋から年末にかけてはコンサートがポコポコ入ります。
だから、練習というか、曲を覚えるのにもちょうどいいやと思って、来月末に入ってるコンサートの曲を入れておきました。

えっと、

走る時に曲は選んだほうがいいですね。。


政治犯として捕えられた活動家が、銃殺刑を翌日に控えた牢獄で、愛するトスカ(恋人の女性)に悲しみと別れを嘆き歌う曲・・・(オペラ「トスカ」より『星は光りぬ』)


暗くて、しんどぉーーーーくなってしまいました。。。

なんか、若干吐きそうになったり^^;


今度から、明るい曲聴きます(汗)
スポンサーサイト
RUNのおとも

前からずっと気になってたんですよね。

音楽聴きながら走ってる人。。


冬場ならまだしも、真夏の35度はあろうかという猛暑の時にジョギングしてる人、

若い人なんかは8割方はイヤホンをして走っています。


風も、ipod持ってるし、小さな携帯ラジオ(山用)を持ってますから、聴きながら走りたいのはやまやまです。

フルの本番が近付くと走る距離(というより時間)が増えます。

1時間以上、いつも走りなれた変わり映えのない道路を走るのって、本当にたいくつだから。


でもね、

汗っかきの風、バケツで水をかぶったかのように汗だくになって走ってる風、


イヤホンを付ける耳付近なんて、汗でぼっとぼと。。

壊れるやん?

と思って、一度、小ぶりなヘッドフォンに、耳にあてる部分にサランラップを巻いて走ったことがあります。

でも、耳が気持ち悪くてすぐにやめました。


ある日風はすごいことに気が付きます。


もしかして、防水のイヤホンというものがこの世にあるのではなかろうか・・


ググってみますと、


わんさかありました(笑)



昨日夕方、我が家に来たRUNのおとも、防水イヤホン。
715iUj-yXqL__AA1500_.jpg61P4rVUpONL__AA1500_.jpg


アマゾンで2618円でした。


いや~ RUNを初めて20年近くたちますが、

ようやく、

人並みにミュージックを聴きながら走ることができました(笑)
BURUGARIの大名商売(怒)

かれこれ5年前に購入した、ブルガリの時計。

30数万円する、チタンの、当時は本当に思い切ってわっしょいした宝物です。


2年前。
思いのほか傷が目立つチタン製、あと、日付板が調整できなくなった不具合もあり、
一度オーバーホールに出しました。

傷はかなり綺麗にされ、不具合も治りました。


オーバーホールの価格は、4万ちょい。。


それから1年数か月。


文字盤の、12時の、「1」の部分が取れました。

そして、時計の中で、その「1」の部分がさまよっておりました。

その「1」の部分は、短針と長針の間に挟まり、自動巻きの時計は、動かなくなりました。


そして、風は以前にオーバーホールに出した、ブルガリ阪急梅田メンズ館店へと、持って行きました。

ええ、腹が立つのでこの際、店名も出してお話します。

当然、クレームとして持っていきました。


結果、

あーだこーだと、不具合を並べられて、結局は、リュージュの部分に大きな衝撃が加わったのが原因で、修理をしなければならない状態だと。

で、見積が7万円


ふ、ふざけるなーーーーー


と、何度も食い下がりましたが、文字盤が離れたのもその衝撃が原因で時計の内部に歪みが生じてるからと、全てを治さないとこの時計は動かないと、言うんです。

「なんでやねん!持ってきたとき動いとったやないか!文字盤の「1」が取れてたから、歪みとかどうでもいいから、それだけ付けて返してくれ!」

と言っても、7万円の修理が必要と言ってどうしてもこちらの要望通りには進めてくれません。


もうええわ!何もせんでええから、そのまま返してくれ!


と、けんか別れになり、時計も「1」が中でさ迷ってるまんま、返してもらいました。



さて、それから数カ月後。当然付けることもできずにケースに収まってるブルガリ。


さすがに7万円も出せないし、出したくないし、どないかならんかなと思ってる頃、

Yさんが、

「なあなあ、この広告見て? 時計修理の専門店やって」

ほうほう、奈良県内だし、車でシュッと持っていける場所です。

「ここにさ、「1」が取れたんで、付けてくれませんか?」って持っていってみたら?だめもとで

まあ、ブランドものの高級時計お断りとはどこにも書いてないし、7万円出すくらいなら、ここにだめもとで持って行ってみるか・・・・と、

持っていきました。

お店は、ここ⇒時計修理工房


結果、


3,150円で、治りました(笑)



ふつーに動いてます



ブルガリの説明「1だけを付けたところで、修理しなければ動きません。仮に動いてたとしても、ゼンマイ自体がかなり不安定な状態なので、確実にすぐに動かなくなります。ですから、そのような状態で「修理した」としてお返しすることはできません」

なんてこと言ってたよなあ

時計修理工房の兄ちゃん「ああ、ちょっとリュージュが歪んでたんで、それは治しておきました。中のゼンマイとか?いえ?別に支障のあるような歪みとかありませんでしたけどね?え?ブルガリがそう言うてはったんですか? へ~~ 相変わらず大名商売やなあ~ 何でもかんでもちょっとしたことを「要交換」にして馬鹿高額な修理費取るんですよ。この時計は全然問題ないですよ? 普通に使ってもらえる状態です^^」


だ、そうです。


もう、ブルガリ商品は、買いません。。。

デザインとかは、好きですが、あの商売の仕方が、許せません。。
Yさんの勧誘電話の対応・・・

フィアンセのYさんは、人生で「大きな声で怒った記憶がない」らしいです。

基本、優しくて穏やかな性格ですが、ぼーっとしてるアホというわけでもありません。
大変頭のいいよく働く女性です。
一緒に仕事したのでそこはよくわかります。


先日わが家で、リフォームの勧誘電話がかかってきました。

電話を取ったのはYさん。


「はい、もしもし、OOですけど・・・・はい・・・・・はぁ・・・」

そして、電話を取って10秒後くらいだったでしょうか、おもむろに受話器を電話の横に置いて台所へと戻りました


約5分後、

電話の前を通ったついでに、電話の横に置かれた受話器を耳をあて、ぷーぷーぷーと鳴ってるのを確認し、受話器を電話に戻されました。


いつも、そうしてるらしいです。。


口下手な自分でも出来る一番いい方法だと、自負してはりました・・・


キロ6分ペース
毎週木曜日は、夕方にYさんとRUNです。

だいたい30分~60分の練習をしてまして、その日の体調や暑さを考慮して適当に走ってるだけなんですが、

いよいよ奈良マラソンもあと2ヶ月半、気候も随分涼しくなってきたこともあり、この木曜練習もちょっと本腰入れてやろうということで・・・

Yさんの家から1.5kmほどの陸上競技場へ。

競技場には700mの道幅の広い周回コースがあり、暗くなっても多くの人が走ってたり歩いてたり。中には高校生や大学生の陸上部が本気で走ってたりで、なかなか賑わっています。

さて、本日の練習として、一度、キロ6分でのペース走をやってみようということになりました。

一応、Yさんのフル完走目標は5時間切りなので、概ねキロ7分がレースペースになります。
が、今後練習でキロ6分台で走らなければ、当日42kmを平均7分で行くのは厳しくなります。

ということで、キロ6分ペースで700mの周回。。


ん。。計算が難しい(苦笑)

一周4分12秒 ですね。


ラップ付きのランナーズウォッチで計りながら、これを10周7000m走ろうということに。

競技場までの1.5kmをゆっくりウォーミングアップで走り、トイレを済ませ、スタート地点から、よーいドンでスタートしました。

6分ペースか・・・ 以前は身体で覚えてたけどな・・・ どれくらいかな・・・
と、走りながら1周目通過。

4分40秒

ん?28秒遅れ?? お、遅過ぎたんか・・・

2周目、ペースを少しあげます。

28秒遅れがどれくらいか減ったかな?と思いきや、35秒遅れに増えてます。。。

あれ?キロ6分ってこんなに速かったっけ・・・

3周目、さらに少しペースをあげます。完全に息があがってきております。

33秒遅れ。。。 2秒詰めました。。

4周目、22秒遅れ。。。 さらに11秒詰めました。

が、

Yさん、「風くん・・・・ もうこれ以上速く走られへん・・・・

う、うん・・・たしかに、これは速すぎるよな、どう考えたって・・・


風、7月末の帯状疱疹以来、体力がガクッと落ちました。それは実感しておりましたが、無理をせずに少しずつ走り、バド練をし、山に登り、ちょっとずつではあるけど体力は回復してきております。なのに、キロ6分がこんなにキツイなんて、これはかなりショックでした。。

5周目の途中、

「この一周終わったら、休憩しよか・・・」 「うん・・・・」

と、二人とも完全に2拍子の息遣いで、必死に走ります。

ラストスパートして、なんとか、遅れ分を取り戻し、21分ちょうどで3500mをクリアしました。


ぜいぜい、はぁはぁ


二人は無言でしゃがみこみます。。

風「なあ、これ・・・ 700mとちゃうやろ・・・」

Y「えっと、あの看板に書いてあってんけどな・・・ あ!750mやん!」

キロ6分だと、750mは4分30秒。 18秒の勘違いでした。

といことは、
1周目はほぼ6分ペース。2周目以降は4分12からさらに詰めてきていたので、キロ換算すると5分半を切るペース、最後の1周はキロ5分を切るペースだったのです。。

そりゃキツイわ^^;

ホッとしたやら、吐きそうやらで、帰ることに。ゆーっくり帰りの1.5kmを走ってクールダウン。

家に帰って、やや青い顔してYさん、

「速く走るって、しんどいね・・・」


たしかに、フル3時間台ランナーのペースで走ったら、こうなるよね・・^^;


来週、ちゃんとしたキロ6分ペースで、10周に再チャレンジしようと思います。。
混浴温泉で、事故?故意?

平湯温泉に3日間いましたので、毎日いろんなところで温泉三昧していました。

初日に訪れたのが、新穂高温泉の佳留萱山荘温泉。どでかい野天風呂です。本当に池みたいな風呂です。

そしてここは混浴です。

もちろんバスタオルOKなので、女性客もけっこういます。
この日は男性20名くらい、女性は5名くらいだったでしょうか。
あまりに大きな風呂なので、これくらいはガラスキの範囲です。

で、顔もスタイルも美しいYさんは男性の目を気にしてバスタオルではなく、海とかで着替え用の首からすっぽりかぶるタオル?みたいのを着用。
これを胸の上で留めて入ってました。子どもは適当^^;

他の女性客は普通のバスタオルを巻いてます。ちょっと薄手のタオルだと、立ち上がったときにベタッと身体にまとわりつき、おしりの形なんか思いっきり映ります。。。が、開放的で気持ちいいこの温泉ではあまり気になりません。

3人で楽しく入っておりますと、少し離れたところに、
タオル無しで入ってる女性が・・・・


これは、

事故?

酔っ払い?

罰ゲーム?

そういう趣味?
 

よくわかりませんが、年の頃なら30代半ばくらいのとってもふくよかな女性がおっぱいを放り出して普通に入ってるではありませんか・・・・

これにはYさんも目が点に・・

「なんやろうなあ・・・・」とYさんと話しておりましたが、

「でもさ、あれだけどうどうとして、それもあの乳牛みたいな体系だと・・・ムラムラもせんわなぁ(笑)」

「そらそうやなあ~ 女でもそう思うもん。でもさ、ほら、あそこにいる女のひと(カップルで来てる。年齢は30代後半?)が裸で入ってたらムラムラする?」
と聞かれます。

歳はそこそこいってますが、細くて美しい方です。

「うん。する(笑)」

「なるほどな~」

とかなんとか言いながら、のぼせてきたのでお風呂からあがりました。

先に脱衣所から出て、Yさんと娘を一服しながら待っておりますと、前でのカップルが出てきました。

風がタバコ吸ってる前に停めてあった車だったようで、荷物を後ろに積みながら、しゃべってます。

そこにYさんと娘も出てきました。

車に乗って、「あ~~~さいこぉーーーー!きもちよかったぁーーー!」なんて言いながらキャンプ場へと帰ります。


Y「それにしてもすごかったね、あの女の人。なんやろうな~ 酔ってるんかな~」

風「ああ、チチウシ?」

Y「そうそう、チチウシ(笑)」

風「うん。。俺も全国各地でこういう山奥の混浴は入ったことあるけど、あんなん初めてやな^^;」

Y「へ~~ あ、そうそう、さっき一緒のタイミングで上がったカップルいたやん、」

風「うん」

Y「脱衣所でさ、屋根越しに男の人としゃべらはんねん。「ゆうちゃん、ちょっとバスタオル脱水するから待っててね~~~♪」とか。めっちゃラブラブっぽかった」

風「へ~~~」

Y「そこそこ歳いってるけど、新婚かなあ・・ なんかいい感じやなあ、男前とべっぴんやし

風「あのな・・・実はさっきタバコ吸ってるときに二人の会話きこえてん」

Y「うん」

風「車に荷物積みながらな、


  男「どこかにご飯でも行こうよ」

  女「そうね、お腹すいたね」

  男「高山まで出る?」

  女「遠くない?大丈夫?」

  (二人の車は諏訪ナンバー。高山は反対方向)

  男「大丈夫大丈夫。飛騨牛とか食べようよ」

  女「遅くなっても大丈夫なの?奥さんに怒られるよ?」



とても上品でさわやかなカップルでしたが、

普通に不倫カップルでした(爆)



以上、混浴こぼれ話^^

平湯温泉キャンプ
hirayu01.jpg

将来、風に付き合ってくれる女性やまのぼらーに育てあげるべく、

北アルプスデビューさせました。

Yさんがマラソンを始めて、富士山もサクッと登れたこともあり、来年は二人っきりで北アルプスに行こうと思っていましたが、娘がこんなにしっかり登れる事実を作ってしまうと、お留守番が難しいかもしれません。。。(Yさんと二人でテント泊で登りたいんだなぁ・・・^^;)


さて、登ったのは、先月も風が単独で訪れました、北アルプスの玄関口、上高地より3時間登ると穂高の大岩壁の真下にたたずむ小屋、岳沢小屋(2170m)です。

平湯温泉キャンプ場に2泊してるので、中日となるこの日は早朝に行動開始。冒頭のように歩いて平湯バスターミナルに行き、朝6時過ぎのバスに乗り、7時に上高地を出発しました。3連休の中日と言えども、さすがにこの早朝だと観光客がほとんどいない。
hirayu02.jpg

上高地のホテルに泊まってる客が散歩してる程度で、あとはほどんど登山者です。
風がデイバック、Yさんがシングルショルダーのデイバッグ、子どもは手ぶら、僕たちは登山者に見えなかったかもしれませんが、河童橋やらで景色を見るのも早々に登山口へと向かいます。

先月、風がテント泊装備を背負って、この道を3時間弱。今回は6歳の女の子がいるので3時間半~4時間を見てました。

が、2時間半でさっくりと登っちゃいます。子どもってつよい・・・・^^;

大変活発な子なので、岳沢小屋についてもまだまだ元気です。
なので、そこから100mくらい沢筋を登って万年雪見物に。
hirayu04.jpg

下界はまだまだ30度以上で暑いのに、万年雪の下の涼しさにはさすがに驚いていました。

そしてなんといっても、Yさんをここに連れてきたかった一番の理由がこれ。
hirayu05.jpg

ここで飲む生ビールは天下一品です。本当に価値あり。

今後、上高地観光に行く機会があれば、是非、岳沢小屋まで足を伸ばしてこの絶景テラスの上で生ビールをおすすめします。河童橋から登り2時間半、下り1時間半です。

途中、景色のいい見晴らし台もありますので、小屋までたどり着けなくとも、見晴らし台だけでも価値ありです。
hirayu03.jpg

温泉三昧、飛騨牛でBBQ、岳沢の絶景テラスで生ビールのツアーは楽しく幕を閉じました。。。

最近のニュースで・・・

気になったことでも・・・

と、その前に
昨日。

バド練行く前に、帰宅後にあまりの空腹で何か食べようと思い、
先日購入した、某安いスーパー(全国大手のチェーン)のレトルトカレー。
一応国産だし、この安さ(5パック¥378)だし、まあ、食べるものが無い時に役に立てばいいや・・くらいの感覚で買ったのですが、
昨日、これを食べて、吐きました(笑)

バド中、胃のムカムカが限界に達し、トイレで嘔吐、、練習終了30分前には着替えて帰宅しました。。
しばらく続いてた勝ち越し計画、ここで断念。昨日は5ゲーム中、勝ったのは0でした(ToT)
まったく動けず、胃の苦しさと身体のだるさとの戦いだけをしてたって感じでした。。

カレーが悪いのか、たまたま風の体調が悪いのか、それはわかりませんが、帰宅後胃薬を飲んでゆっくりしてるとかなりマシになったので、やっぱりカレーかな・・・
残りの4つ、捨てました(笑)

ああ、早く正しい食事を日常的に摂りたい今日この頃・・・

と思いながら、昨夜はエアコンをかけずとも十分涼しくなった寝室でニュースを見ておりました。

維新の会の結成や自民党の総裁選。金本の引退、明石の歩道橋事故の警察副署長への求刑、内柴の準強姦容疑の裁判・・・
なんだか、ネタが豊富なニュース番組になってました。

尖閣諸島の地権者が急に国に売った、あの裏側は一体どうなってるんだろう・・・
地権者が金に揺らいだのか、国に売らなければマズイことになるぞと半ば脅迫じみた契約だったのか、ここまでが最初から石原さんが書いたシナリオだったのか、なんだか気になるのですが、このネタはありませんでした。

で、今日は内柴くんの話でちょっと思うことがあって書きたいわけですよ。前置き長いですけど(汗)

柔道でオリンピック2連覇って、なんかあの時代はけっこういたよね。
谷、上野、谷本。。野村は3連覇か。
ロンドンで松本の金メダルが1個だったことを思えば、アテネあたりでは連覇を狙えるのがゴロゴロいてたってことだね。
内柴くん・・・
オリンピック2連覇って、ものすごいことなのに・・・^^;


結局はどちらかが嘘をついています。

どっちが嘘でどっちが本当かはわかりません。おそらく裁判が終わっても、本当の真実は明かされないままかもしれません。だって男女のこと。墓まで持っていくことだってたくさんあります。(風のことではありません。。)

ただね?

どちらも、ことが起こる以前に悪いとこあるよね。

妻子持ちで他の女に・・・・というのは、解りきったことなのでこの際別に問いませんが、
どうせ行くんなら、もう少し距離のある場所で狙えよ・・・って言いたい。
教え子はイカン。 同じ近場でも、教員同士?とか、同じコーチの女性とか、せめて立場が横並びでいっとかないと。。 

女子部員も、もう大学生なんだから、酔いつぶれて、男性がホテルの部屋まで送ってくれたことが招く危険くらいは認識しようよ。。 
本当にそういうことになるのがイヤだったのなら、送ってもらって部屋に入れるなんて状況になる前に手を打つのがあたりまえ。

証言をいろいろしてる周りにいた女子部員だっておかしいぞ?
酔いつぶれてトイレで嘔吐してるのを介抱してたのも、ホテルにおぶって送っていったのも内柴。君らはなんで何もしてあげないの。。。
もしコンパで、女子4人で一人が潰れてたら、女子のうちの誰かがそこのに付くのが普通の光景だと思う。
いくらコーチと言えども、だいたい内柴くんが女性関係がどれだけ派手で性欲の強い人間かくらい、知ってたでしょ? 柔道界ではわりと有名だったらしいやん、内柴の女好きは。

言った言わないの論戦になると、重要なのは「つじつまがどれだけ合っているか」が焦点になるとニュースでどこかの弁護士が言ってました。

内柴が部屋までおぶって送り、部屋につくと女子部員は「シャワーあびてきます」と言うが、内柴は「明日でいい、酔ってるんだからこのまま寝ろ」と言ったので寝た。

このあと両者の証言が食い違うんだけど、

風の感覚から言うと、
普通、この時点で「シャワーします」というくらいだから酩酊状態では無いよね。意識があったとして、寝るんなら、コーチを送りだしてから寝るよね?「送ってもらってすみません」「おやすみなさい」って。で、部屋に鍵かけて。
もし何事もなく内柴が出て行ったとしたら、鍵はどうするつもりだったのかな。オートロックだったかもしれないけど。。。

「このまま寝ろ」と言われて、まだ彼がそこにいてる状態で寝たっていうのが、本当に彼女が強姦されたという話になるのだろうか。
空腹の人の目の前に美味しそうなパンを差し出して、食べたら「窃盗!!」って言ってるのと変わらないような・・・^^;

当然、その前のカラオケでも証言が違うので、この流れによっても随分話は変わってくるけど。

不貞行為をする内柴は悪い。それは前提だけど、女子部員が「強姦された」と騒ぐのがかなり違和感を感じてしまいます。なんかきな臭い。。
風は現場を見てないので何も知らないんですけどね。でも、裁判内容を聴いて違和感があった。

酒の席のグダグダ状態の中、若い男女が「遠征・ホテルにお泊り」という状況の夜、起こるべくして起こる、女好きの男とガードの低い女のコンタクトが、普通に起こったようにしか見えないのは風だけだろうか・・・

ナンパして、口説きたおして、酒を飲ませてガードをゆるくさせて、ホテルに・・・
この行為が強姦なら、若き日の風も立派に犯罪者です(笑)


いずれにしろ、裁判になって世間に騒がれた時点で、双方とも今後癒えることのない傷を負ったことは確かです。

要するに、

内柴→どうしても欲求を満たしたいのなら、相手と場所を考えて行け。

女子部員→後で騒ぐくらいならグダグダになるまで飲むな。助け舟は女友達に求めろ。


ということに尽きるんちゃうかなあ。。。
手作りソーセージ・・・

親友の奥さんが、とある障害者施設でパートで働いています。
授産施設と言って、就労を目指す障害者がソーセージとかを作って売っている施設で、奥さんはその障害者の人たちが暮らすグループホームなどの食事を作るアルバイトなわけです。
で、アルバイトと言えど一応職員なので、そのソーセージを買ったりするらいしいです。
美味しいからなのか、好意なのか、半強制なのか、それは知りません。。

で、風くんも買う?って聞かれて、カタログを見てたら、
なんせ、高い。。。

グラム計算で考えると、シャウエッセンの倍以上はします。

食べると、確かに手作り感があって旨いのは旨い。

でも、そのシャウエッセンの倍以上の値段を出して買いたいかと言われれば、正直買いたいとは思いません

障害者の彼らは、就労を目指す、要は訓練として通所してるわけです。
どれだけの方がご存じか知りませんが、彼らが働くとなると、それ以上に、彼らを働かせるためのスタッフの人数が必要となります。そのスタッフの人件費のほとんどは、税金から支払われています。
障害者自立支援という法律の下、就労支援サービスというものを受けているわけです。

普通に考えれば、「訓練」なんだから、ソーセージを売ることは二の次、決まったことをきっちり順序良く正確に清潔に行うことが、就労に向けた訓練ということになるのだから、別にあんな高い値段に設定しなくてもいい気がします。
タダとまではいかなくとも、格安にして、多くの人に食べてもらい、多くの注文を受けた方がやりがいもあるだろうし、「この美味しいソーセージがこの値段なら買う!」と思える設定なら、情に訴えて買ってもらうようなこともしなくていいと思うんですよね。その方が「働く喜び」も理解できるかもしれないし。一般企業に本気で就職するつもりなら、それってすごく大事なことじゃないかな。

実際、関係者が車いすに乗った障害者を何人か引き連れてカタログを手に「買ってください」と来られたら、「いえ、要りません」って言いにくい。。 で、買う人も少なくないんだろうけど。
しかし同じものを普通にスーパーに並べてたら、おそらく皆目売れないでしょう。。

そりゃ、健常者が同じものを作るのとでは、コストのかかり方が違うのはわかりきったことです。
だからと言って、コスト計算して売れないような高額に設定するのはどうも違う気がしてなりません。

せっかく公なお金で支援を受けてるんだから、ソーセージでお金取ることよりも、彼らがしっかり技術を身につけて、働く喜びや大変さを知って、早く就職につながって欲しいんだけどな・・・と思うわけです。

まあ、いろいろ数え切れないほどの事情があるんでしょうけど。。

2000円分のソーセージを買った独身男の独り言でした。。^^;
大人の遊び

すこーし朝晩が涼しくなって、バドミントンでも動きやすくなってきました。
今月は久々に社会人に出場するので、只今一生懸命練習しております。
やっぱり、一生懸命プレーすると、動きもシャープになってきます。少しずつですが

が、今までと違うのは疲労回復にかかる時間。。 
翌日の仕事が辛いです。。

そして、急に一生懸命練習すると、必ずと言っていいほど起こる、故障(ToT)

まあ、故障とまではいかない程度ですが、肘の外側の筋がだいぶ痛いです。
アンメルツが手放せない状況となっていますが、

痛くなった原因がもうひとつ。おそらく、新規購入のラケットです。
ビクターというメーカーのラケットですが、ヘッドヘビーなんです。
ばっちりの状態で思いっきりスマッシュ打ったら、ちょっと速いです。ええ、本当にちょっとですけど。。
でも、ドライブの練習してたら、手首が痛くなりました。特にフォアハンドで持つと激痛。。

そんなこんなで、あれを使うのは少し筋トレして腕を鍛えてから持つこととし、
MP90(折れないことを祈りながら)でがんばってます。


さてさて、

風は中学・高校と陸上をやっていましたが、
中学時代の2つ上のK先輩が、20年ぶりに陸上を始めたと聞きました。
それも、当時の専門種目だった走幅跳

陸上でもマスターズというのがあり、先輩は40歳以上の部門です。

ちょっと感心しながらそんな話を聞いてました。だって、この歳になって陸上と言えばマラソンくらいしか思いつかない。
マラソンなら年に1度はフルに出ていますが、今さら100m走や走り幅跳をやろうなんて全く思いつかないことでした。

記録的にはもちろん現役の時とはかけ離れたもののようですが、それでも、筋肉が少なくなり硬くなった身体と相談しながら少しずつレベルアップしていってる先輩の姿はなんだかとても楽しそうです。

いい、大人の遊びだな・・と。

風は現役時代は棒高跳が専門でしたが、幅跳びもよく試合に出ていました。第2専門ってとこでしょうか。
現役時代のベストは6m70cm
当然、当時と今とでは走力が全く違います。あの頃は50mは5秒台がでていましたが、今は6秒台も怪しい。いや、今急に走ったらおそらく無理。
でも、幸い風は10年間バドミントンを続けてきましたので、そこいらの運動不足の40歳とは違うとは思います。

なので、40歳になるまであと2年。(30代の部はレベルが高い。。)
少しずつ身体を絞って、陸上の為の筋力もアップさせて、幅跳びにトライしていきたいなと考えています。
怪我しないように気を付けながら・・・^^;

K先輩・・・

負けませんよ・・・^-^

遊びとは。

「風くんがいつも好きだって言ってる穂高、行ってみたいなあ・・・」

Yさんのつぶやきです。

Yさんは12月の奈良マラソンでフルマラソンを初トライするので、週2か3のペースでランニングをしていて、すでに20kmほどは走れる実力を付けています。
7月に登った富士山も、別にバテることもなくサクッと登頂しちゃいました。
見た目とは違って体力は意外とあるので、別に穂高に連れて行くことも可能です。危険個所さえ避ければ。

が、やっぱり穂高に行くとなると最低2泊。
一人娘をじいちゃんばあちゃんに預けるのがネックなんですよね。彼女が小学校高学年くらいになれば(その時に運動をしていれば)、一緒に連れて行くこともできますが、6歳では到底無理です。

9月の三連休。

風は8月末に穂高に行かせてもらったので、ここは家族サービスということで、当初は本宮にある川湯温泉に行く予定でした。河原を掘ったら温泉が湧き出て、そこに浸かるっていうところ。
が、吉野を抜けて本宮までは車で4時間。うち、山道3時間。。

よし!どうせ4時間も車に乗るのなら、奥飛騨の平湯温泉に2泊3日のキャンプに行くか!
ということになりました。

あそこなら、温泉も豊富にあるし、上高地にもサッと行けます。
通常、上高地観光する人がトレッキングするのなら、明神池に行くのが定番ですが、せっかくなら、岳沢小屋に連れて行ってあげよう、あの絶景テラスで生ビールを飲もう!とYさんに提案すると、

「おーー!!イイネ!」
「でも、娘は大丈夫?」

この二つの反応。娘はたぶん岳沢小屋までなら大丈夫だろうし、もしゴンタ状態になったら、上高地から1時間の見晴らし台でいい景色見れるから、そこでUターンでもOKだし。キャンプそのものは彼女は好きみたいだし。

ってことで、温泉三昧+飛騨牛BBQ+岳沢絶景テラスで生ビール付きキャンプという計画を立てました。

先日、娘に今度の連休にキャンプに行くよ、2回お泊りするよ、と伝えるとえらい喜んでいました。
うむ。アウトドアにもっと親しませて山ガールに育てる計画はなかなかいい感じで進行しております(笑)

「なあなあ、どんなところ?」
と聞いてきます。

その反応の良さに、目の輝かせ方に、風もついつい嬉しくなってしまい、一から説明を始めました。

「キャンプ場に着くまでに、飛騨牛っていうめっちゃおいしいお肉買いにいくねん(娘は牛肉好き)」

娘「ほんま!? めっちゃおいしいの!?」

「うん。で、キャンプ場についたらテントとかを張って、温泉に行くよ。池みたいにでっかい温泉」

娘「えーーーそんなおっきいの?」

「そう、それも、3人で一緒に入れる(混浴)で!」

娘「やったぁーーー」

というふうに、その後の3日間のスケジュールを順番に説明してあげました。3か所行く温泉や、平湯大滝、上高地や岳沢、バーベキューやカレー作り、もろもろを30分くらいかけて・・・^^;

そのひとつひとつに、目を輝かせて、「うんうん!」「ほんでほんで??」と完璧と言っていい反応が返ってきます。

で、「3日目は、朝ごはん食べたらテント畳んで、帰る前にまた温泉に行くねん。その温泉がな・・・」って話のところで、

驚愕の一言が飛び出しました。



「なあなあ、ほんで、いつ遊ぶの?」


へ??


いつ遊ぶって、3日間、ぜ~~んぶ遊びなんですけど・・・?

娘「あすれちっくとか、すべりだいとか、ぼぶすれー(前に行ったキャンプ場にあった)とかは?」

「え、、な、ないけど・・」

娘「え~~~~~ あそびたい~~~~」


全然教育が出来てなかったようです・・・・


甘かった(汗)
ひっとりっごとぉー

スギちゃんが背骨を骨折。。。

太り過ぎやろ(苦笑)
足から飛び込む時って、身体をまっすぐにしないと着水時には体重の10倍近い衝撃がかかるとか。
怖さ?から身体をくの字にしてしまうと、お尻にその衝撃が加わり、スギちゃんのように腰椎や脊椎に過剰な力が加わって怪我してしまうことはよくあることなんだとか。
でも子どもは怪我しにくいんですってね。関節の可動域が柔らかいのと、本来体重が軽いから。だから、海水浴なんかで岩から飛び込んだりするのは、特に大人が気を付けなければならないって言ってました。

泳げない風には無縁の世界ですが

ニュースで最近気になるのはスギちゃんではなく、

維新の会の話。


あれって、どうなんでしょうか。風のように大阪圏に住んでる人間と、東京圏の人たちでは、きっと捉え方が違うんだろうなあ・・なんて思います。

風は道州制には賛成です。
今や日本の政治って、もうどうにもこうにもならない状態に陥ってますよね。
どこが政権取ろうが、政策より党と党の戦いばっかりやってて、でも実際に党として力を持たなければ何も前に進めることができないシステムで。

3年前に一瞬期待した民主党も、マニュフェストで、増税はしない、でも収支比率を2015年までに今の倍、2020年までに100%に持って行くと言ってましたが、
まあ、そんなことは不可能であることは火を見るより明らかでしたが、
結果、政権交代後より、過去最高額の予算を組み続け、でも税収は一向に上がらず。

一旦、日本の政治の仕組みを、少し小さな枠で行うことは本当に必要なのかもしれません。

それにしても国会。

わけわかりません。 消費税に賛成したと思ったら総理問責決議。解散の時期ばっかり問題になって、本当に今の日本に必要な議論はいったいどれだけ進んでるんでしょうか。
見えてきません。
何でも問題だ問題だばっかり叫んでいないで、「これが一番いい案だ!」「こうすれば上手くいくぞ!」っていう叫び方できないのかな。って思う毎日です。

いっそのこと、次の選挙から、

①<国会議員の連帯責任>
マニュフェストを守れなかった場合、国会議員「全員」の個人資産より相応額の賠償責任を国庫に支払う。

②<造反行為の規制>
与党野党に限らずマニュフェストの執行を阻む行為があると、それは「民意を汚す行為」として、即刻議員辞職しなければならない。

なんて決めたらどうでしょうか。
維新の会が抜本的に改革しようとしてるみたいだけど、
結局真剣にお仕事(国民の為の政治)をしてもらうには、やっぱこれじゃないかな~って思う。

もしそうなると、今までのように守れないようなマニュフェストをズラズラと並べれなくなる。かといって普通に達成できそうなマニュフェストばかり並べてると選挙に勝てない。
しかし選挙に負けるということは、勝った党(与党)に全面協力しなければならない(でないと、議員辞職)から、なんとしてでも選挙には勝ちたい。
ということは、現実的かつ国民が納得するマニュフェストを立て、必死こいて邁進する

国民は国民で、選挙で選ばれた党のマニュフェストがかなりの確率で実現されることになるので、選ぶほうも慎重になる。 

う~~ん、いいじゃん

どうでしょうか、橋下さん。(笑)
Design by Pixel
Copyright © ♪♪kazeの声♪♪. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。