スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
安い小芝居

また選挙の話でなんですが・・・

小沢があまりの自分の評判の悪さというネックを解消するのに、嘉田さんを担ぎました。。。

ところで嘉田さんって、僕らは同じ近畿なので知ってますが、きっとそないに有名人でもないですよね。
環境博士なんです。
で、環境保護団体や、あともったいないもったいないと言って民意をさらって当選した滋賀県知事。
左側志向を味方につけてる人ですね。

えっと、小沢ってそんな左の人だっけ・・・

もうなんでも有りですね。当選するための手段として、今まで反対側にいてた人までを、「顔」を利用したいだけで手を握る。(首根っこ掴んだという感じも否めない)


国民が一瞬期待した、「第三極」は、汚い泥仕合で終わりそうな感じです。くだらない安い小芝居をメディアが煽って、良いこと言っててもそれは報道せず。


あ、この選挙にかかる報道、朝の情報番組とお昼のワイドショーは見たらあきませんね。見るなら、夜の23かゼロくらいにしといたほうがいいですね。
党首が出演して、ちゃんと話をキャスターが聞いてます。わいわいがやがや、あげ足とりだけの番組は見るだけ無駄ですね。
だって、国民はそのどれかを選ばなければならないわけで、その選択肢を狭めるだけのイタズラをやってるのみです。朝と昼のは。


こうなってきたら、一人でほくそ笑んでるのは自民党ってことになっちゃいましたね。

今、消去法で票が入りそうなの、自民だけです。

まあ、自民も他党の悪口ばっかり言ってますけどね(メディアがそこしか報道しないだけだろうけど)


もしね、

他党の悪口や出来そこないの話は一切何も言わず構わず
自分の党の理念だけを一生懸命説明し、より具体的に現実的に、なんとかしようという姿勢だけを見せてる党があれば、

僕の1票は決まりなんだけどな・・・・


基本的に、人の悪口言うやつ、キライやねん^^;



とりあえず今回は、比例は白紙投票かな・・・



(ちなみに、投票は必ず行ってください。比例は%で当選票が積み重なります。でも、%の分母は、国民の数ではなく、投票者数です。選挙に行かなければ、分母に数えられません。入れる党がなければ白紙。これで分母が一人分増えるんです。だから、「入れたい党がない=選挙に行かない」ではなく、「入れたい党がない=白紙投票」これで、自分の意志が反映されますからね)
スポンサーサイト
選挙かぁ・・・・

なんだか、ほんまにこれでいいのか選挙戦・・・って感じですね。

今朝も出勤中に車でテレビ見てましたが、
維新と減税のみどりの党首三人がわーわー言ってるんです。
維新が太陽と合流して、脱原発の期限を謳わなくなったというのが、どーのこーの。
橋下は「今安全基準やいろんなことをプラン作りしてる最中。それをしないで期限を謳うのはそれこそ無責任」と都合のいい理論を言えば、
みどりのおばちゃんは「今の福島の状況を見てそれでも稼動させるというのは被災者の気持ちを何もわかってない」と論理をすり替え、
減税の川村さんに至っては「わしゃ明日から原発0でいいだぎゃ。だって愛知は無いもん」とか言う始末。

君ら、
本当にそこの議論で選挙戦するつもりか??

橋下さん、自信満々の持論、道州制はどこいってん。。
みどりのおばちゃん、自分の言えること、言いたいことばっかり言ってないで、原発をなくすのはいいから、じゃあ、それに変わるエネルギーは?化石燃料の値上がりに対して電気料金をどうしてく?経済との関係性をどうクリアする?
とかさ、そういう議論が聞きたいので、是非、「あなたたちは被災者の気持ちを・・・・!!」なんていう雄たけびばかりあげないでほしい。わかったから。それは。

阿部さんはたまたま日銀に言及するようなこと言ったのが、それもたまたま株価が上がり円が下がったというタイミングで意気揚々と、経済政策こそ自民!みたいなこと言って、
民主はもはや何を言ってるかさえわからない

第三極の大同団結とか言って、みんなの党はジャンケン選抜は出来ないなんて拗ねてるし、
小沢さんの話もまだ国民の生活が第5くらいにしか思えないし。

ああ、共産や社民もいたね。新勢力の悪口言ってる姿しか報道では見ないけど。

こりゃ難しい。

これからどんどん政党公約が出されるんだろうけど、

「本当に出来ることから、具体的に、クリアしていく姿勢とその手法」を明確に出してる方々を選びたいところです。


本当に出来ること。

普天間の県外移設や、子ども手当一人26000円、高速道路無料化、増税しない、収支比率を20年で100%(だっけ?) などなど、

魔法使いでも出来ないようなことを声高に言ってる政党はこの際度外視して、(でも、3年前はそれを信じてみんな投票したんだよね・・・・^^;)

本当に戦ってくれる人たちに任せたいよね。
脱官僚とか、中央集権国家の打破とか、近隣諸国の領土問題も、アメリカとの関係も、
日本という国が、一本背筋のピンと通った国として、いい意味で喧嘩できるように。
そして、政治家の喧嘩を上手く尻ふきするのが赤門出身の官僚の仕事だと思うし、
そろそろ、日本の文化である、「まあまあまあ」「穏便に」「波風立てないように」という政治は終わらざるを得ないように思いますね。

しかし、マスコミも、何を争点にしたらいいのか、わからんみたいですね・・・
原発・TPP・消費税、ほんまにそこが選挙戦の本筋になるのかな。

いや~~ それはあかんぞ、 もっと大きな論点、あるぞ、絶対。

都祁高原ハーフマラソン

寒い日になっちゃいました。雨が降らなかっただけマシだけど、冷たい北風には参りました^^;

さて3週間後の奈良マラソンに向けた、調整&練習がてらにエントリーした都祁ハーフ。

先月、30キロ走をした後に体調を崩して、熱が出て寝込んでしまい、その回復に2週間くらい要したこともあり(風邪を引いたっちゅう話だけど・・・)
今回は体に出来るだけダメージを与えないことも考えなければなりませんでした。

ということで、目標ペースはキロ6分。それ以上はあげずに、イーブンペースのままゴール出来たらそれでOK という計画で臨みました。

都祁高原ハーフマラソンは、とにかくアップダウンがきつい。なんか、平坦なところが全然ない印象です。さらには9kmと17kmに訪れる激坂。軽四ならアクセルべた踏みにせんと登らんような坂です(笑) こんな坂をコースにするなよ・・・


序盤の2kmは坂や混雑もあってキロ6分半を少し越えるぺーすでしたが、その後は6分に戻し、中盤で5分台後半ペースにあげて遅れた分を取り戻し、
終盤の坂でまたちょっと時間かかってしまったけど、

2時間8分ちょうどでゴール。

ちょっと腰に張りがある程度で、特に筋肉痛も体調不良にもならず、いい練習になりました。


ところでYさん。
今年の1月から奈良マラソンに向けて練習しはじめた、マラソン超初心者のYさん、

5kmくらいまで一緒に走っていましたが、ペースを少しずつあげ、

結局1時間59分でゴール。。。

初ハーフで、いきなりサブ2やってはります・・^^;


たぶん、もう勝てない(汗・汗)
さらに遅くなったスマッシュをひっさげて・・・

なんて悲しい題名・・・(泣)


門真の混合ダブルス個人戦に行ってきました。
ペアは昨年のこの試合に引き続き、美人美脚セレブバドら―のKさん
年に一度のペアリングです。
織姫と彦星です(笑)

この日の為に、約2カ月間バドを休み、県社会人の主要試合も欠場し、その間にランニングを増やし、針治療に通い、

なんとか出場までこじつけられたことで、目標の概ねは達成できたかなと・・・


さてこの試合では1部Aリーグにエントリーしてる4チームの総当たりで全3試合。
ちょっと少ない気もするけど、けが人@風にとってはありがたい試合数。

で、その最終試合は、ドライブさんとトコちゃん(笑)

受付して、オーダー表を見て、いきなり笑わせてもらいまいた。
こんなサプライズが用意されてるとは(苦笑)

あとの2チームは20代若者たちのペア。今の手負いの風には彼らのスピードに対抗はできません(ToT)
正直、負け惜しみでも無く、「万全な状態ならな・・・・」と思いながら試合してました。

とにかく、スピードのあるショットが何も打てない。スマッシュも握りこめないので腕を大きく振って打ってるだけ。握りこめないので当然レシーブも飛ばない。
苦労苦労の連続でしたが、まあなんとか楽しめる範囲では出来たので良しとしようかな・・

決めきれない僕のショットでラリーが間延びし、走りまわってくれたKさんには申し訳なかったけど。。


そしてドライブ&トコペアとの対決は、

ちゃんと勝ちました^^

なんか、女同士の戦いが繰り広げられたゲーム。。。
クリア―の応酬からドロップへ・・・  コート半分レディースの試合みたいでした(笑)

さすがにKさんはレディースチームの主力メンバー、ドライブさんのフェイントに自分はひっかかってしまうことを悟ったあとは、ドライブさんとのラリーを避ける。。。
まあたしかに、レディースであんなヤラシイフェイントする人もおらんだろうね・・・(笑)

ネット前でものの見事に引っ掛かり、「すっごい屈辱・・・・」と言いながら、実はMっ毛のあるKさんは嬉しそうでしたけど。

ちなみに風もドライブさんには一発屈辱的なのをやられました・・・
完全に決めに入った2発目のスマッシュ(もはやプッシュに近い)を、エンドまでビッグレシーブで返されてしまいました。慌てて追いかけたけど間に合わず。

喜ぶドライブさん。

爆笑するトコちゃん。

点差はもう逆転されないであろう状態でしたが、妙に敗北感を感じながらのゲームセットとなりました。。勝ったのに、敗北感・・・・(苦笑)

あ、その代わりドライブさんの伝家の宝刀、性感マッサージドロップを一本返しておきましたが(爆)

その後交流試合も3つほどやって、まっきーとも1ゲーム出来たし、

心配された肘の故障をも忘れてしまうほど、楽しい一日でした。
(スマッシュを打つたびにその遅さに泣きそうになってましたが・・^^;)



それにしても、
Kさんに、「風さん、ここでのキャラと、奈良でのキャラ、全然違うね・・・

と言われてしまうほど、みなさま(特に女性陣)、いじってくださってありがとうございました!

・・・・
一人呑み

一時は、一人で居酒屋で夕食を済ませていたのが週に4~5日に及んでいた時期もありましたが、
体調のことも考え、金銭的な事情もあり、
今では週に一回と決めて、一人呑みを楽しんでおります。

風のスケジュールとして、この一人呑み日は火曜日ということになっております。

月 バドor RUN
火 RUN→一人呑み
水 バド
木 YさんとRUN練習会→Yさん実家で夕食お呼ばれ
金 夕方よりYさん・子どもが来る→日曜まで

土日は適当に予定が入るし、そのまま週末は一人では過ごさないので、
火曜日が大好きな生ビールDAYというパターンで定着してきました。

さて、いつも火曜日に飲む場所は、相変わらずいつもの行きつけのお店、「たんと」

歩いていける、小さな居酒屋さんです。一回で使うお金はだいたい2000~3000円程度。

なんだか規模が小さくなった風の私生活(笑)


ところが、この「たんと」
定休日が水曜日だったのに、なぜか最近火曜日を休みにしやがります。
で、水曜は営業してることが多い。

えっと、

風を避けたくてそうしてるんですか


と勘繰りたくなりますが、どうやら、あの気まぐれ店長の、彼女のテニスサークルの日が火曜日で、それに一緒に行きたい店長の、自分勝手な都合だそうです。。

まあ、40歳独身×無し、今わずかに見え隠れする希望の光を追い求めてる姿を、そう否定できるものではありません。

でも、こっちはこっちでスケジュールがある。

火曜日に歩いていける一人呑みができる店が必要なんです。

もう1軒、やきとりの大吉が行き付けとしてありますが、ここはなんだかすごい流行ってて、いつも客が多い。美味しいし(ビールはモルツ)、大将も奥さんもいい人で、居心地はいいんだけど、ちょっと落ち着かない。がっつり食べたいときはいいけどね。

で、その大吉のとなりにあるのが、風の従兄が経営してる小さな焼肉屋さん。

従兄なだけに行ってあげたいのですが、焼肉屋にそうそうしょっちゅう行けるわけでもありません。それに、一人呑みに焼肉屋ってのも、なんだかさびしい。。

ところが、今まで無かった「カウンター」を設置し、一人呑み&焼肉というスタイルができるように改装されたのです。
そのカウンターが映ってる写真とURLがこちら。
disp_161625.jpg

梵天丸

というわけで、昨日の一人呑みはこちらで。
カウンターだから従兄とベラベラしゃべりながら。アルバイトの18歳も超かわいい(←ここものすごく重要)

生ビール3杯、
てっちゃんとツラミを焼いて、〆にかすうどん(ハーフサイズ)で、お腹一杯。

肉はマジうまい。てっちゃんも脂がのってるがあっさりして旨い。
ツラミも分厚く切ってくれて一人前10切れほどある。
なんでこんな美味しい肉がリーズナブルに食えるのか、、だって、彼の実家は老舗の精肉店^^v

気になるお値段が、


2760円。

やすいっ!


毎週火曜日は、大好きな生ビール&ホルモンという至福のディナータイムが定番となりそうです。




ふんっ 寂しくなんかないもん!





(ToT)

アミューズがまた・・・

やっちゃったようです。
「世界遺産 万里の長城 グレートウォール・100キロトレッキング」という8泊9日のツアーだそうで、初企画だったとか。

もちろんご存じのとおり、アミューズトラベルと言えば、3年前に北海道大雪山系のトムラウシ付近で大量遭難を起こしたトレッキングツアー会社。
そしてお亡くなりになったのは、今やツアーによる遭難の代名詞となった、年齢が60代~70代の中高年者

アミューズ・・・ やることなすこと・・・・

以前の北海道の大量遭難の時も書きましたが、このアミューズトラベルに参加してる客のレベルと、ツアー内容のレベルに釣り合いがとれていないことが多いのは、これけっこう有名です。

実際に、風がキリマンジャロに登った時も、10名ほどのアミューズのツアー客と同じ行程を踏んでいましたが、歩けない人間の多かったこと多かったこと。あと、全然山慣れしていない。
山小屋1泊目の朝なんて、シュラフをケースに収納できない人が数人
ダウンのシュラフって、すごい膨らむけど収納すると小さくて軽い。だから高くて重宝するんだけど、収納する時に、膨らんでるダウンがうまく小さなケースに入らないんですよね。で、難儀してたわけです。
「これ、入るものなんですかね?
って聞かれました(笑)
寝る前には入ってたんだから、入りますよ(笑)」と、入れ方を教えてあげました。
それを見て横から「ほっほー、そうやって詰めるんですか・・・」という人も。

この人たち、60代の男性でした。

もちろん、シュラフも別に特殊なものではなく、「イスカ」というメーカーの山道具としてはどこにでもあるシュラフでした。
要は、「シュラフで寝るの初めてなんです」っていう人たちがキリマンジャロを登ってるということ。

アミューズでは低酸素トレーニングを日本で実施していました。
これは、素人を連れて行くにあたり登頂率を上げるため、高度障害のリスクを減らしてるということです。だから、確かに素人の割には高度障害で苦しんでる人が少なかった気がします。
ただ、それがいいのかというとそうでもない。
ツアーにおいて素人の登頂率をあげるということは、遭難率も同時にあげるということです。
高度障害で体調不良が顕著になるのはだいたい夜ですから、高山病の人は朝から出発できないんですよね。小屋にいれば事故にも遭いません。
体力も技術も追いつかなくなってきてるにも関わらず、高度順応だけはそこそこ出来てるから、当然出発。
そして3日目には(登頂には5日)荷物も持てなくなり、自分で担ぐ荷物(ポーターに預ける荷物は別。自分の飲み物や行動食、防寒具や行動用具)もガイドに持ってもらってました。
当然、山慣れしてないので、登山中の不憫な生活に対して文句もたらたら(顔を洗えないとか、食器が汚いとかの衛生的なことが特に多い)。

下山ではみんなヘバリまくってるので、予定通りに降りれない。
下りの最中にガイドと少し話しましたが、「せめてもう少し山に慣れてからツアーに参加してほしい・・・」と泣き言を言ってました。
募集は会社がして、ガイドは連れて行くだけと言えばそうなんだけど、あんたもその会社に給料貰ってるんだから・・・
ガイドは、風や元風嫁の歩行の速さを随分羨ましがってました。

つーか、

アミューズのツアー客と一緒にすんなっ(怒)

まあ、そんな会社です。 


素人や体力の落ちた還暦過ぎた方たちに難しいことをさせて何度も遭難騒ぎを起こしてる会社。

「自分たちだけでは無理だけど、ガイドがいれば登れる」という安易な考え方のゲストがいる限り、こういう会社の商売は成り立つんだろうけど。


んで、万里の長城。 
ただの観光地として認知されてるのは、八達嶺(はったつれい)や慕田峪(ぼでんよく)という場所の話で、多くが誰もいないような田舎で山奥の尾根沿いに作られて整備もされておらず、荒れ放題。それはそれで、明朝時代の建造物がそのままでマニアな人には人気らしいけど・・・ 風はあんまり興味がない・・^^;
そういうとこで遭難したらしいね。

そして
遭難死した女性の息子が、「母は30年も山登りをしていて、6000m級の経験もある人。信じられない」というようなコメントしてますが、

申し訳ないけど、

年数が長ければ、標高が高ければ、上級者なんだという感覚、いい加減にやめないと、中高年の遭難はこれからもどんどん増え続けます。

山や冒険的ツアーには、その場その場での適応力と、その行程に応じた体力や経験が必要で、

例えば風が「エベレストに単独で挑戦する」と言えば、山を知らない周りの人間は、
「ああ、風くんはずっと山やってるし、走ってるし、すごいな~」としかいいません。

でも、風の登山能力と、エベレスト登山の内容をよく知ってる人から言わせれば、
死にに行くのか?」と言うでしょう。合掌して南無阿弥陀仏と言われるかもしれません。

その山、その時期、その行程に応じた、準備とトレーニングが必要で、
その山がどんなもんか、その時期の気象状況は、どのくらいの歩行速度と体力が必要なのか、
わからないのにガイド任せで行くから、死ぬんだ!

身の丈を知らない年寄りが多すぎる。 

山ガールブームで若い子の遭難も増えてきたけど、ブームのせいにするなよ?

ジョギングさえもしていない(出来ない)人間が穂高に登るってだけで、すでに自殺行為だということを忘れないようにしてほしい。そういう人(デブ+体力無し+経験無し+ミーハー)を見かけることが、ほんとに多くなった。

でも、「穂高に登った」という言葉はその人に与えられる。
そして、さも「山のベテラン」であるかのように話し、あろうことか、次のレベルに進もうとし、事故る。
「山の経験が豊富な人だったのに・・・・」と周りの人が話す。

もういいよ、このパターン。。
Design by Pixel
Copyright © ♪♪kazeの声♪♪. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。