スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012 お疲れ様でしたー^^

本日が今年最後の更新となります。

自分自身の一年を表す漢字を「」と示しましたが、確かにこの一年、それを感じずにはいられない日々ではあったけど、最後の最後に、いいコンサートができ、さらにはとってもとっても素敵な出来事が・・・それは年明けには確定してるでしょうから、また次回に報告させていただきます。

さて風恒例の年末年始山行。

どうやら30日までは低気圧がうろうろして山は雪マークですので、それを待って31日から入山したいと思います。
行き先もようやく決まりました。

甲斐駒ケ岳(2967m)。

南アルプスの最北のピークで、山容がかっこよく人気の高い山です。
31日に入山、北沢峠まで。1日にアタックします。できれば暗いうちから出発して、駒津峰という展望のいい場所でご来光を迎えたいなと。そしてその後登頂して、気温-20度、風速20m以上の世界を味わいまして、一目散に逃げるように下山・・・ということになりそうです。年越し寒波がやってきてますから、まあ、そんな環境であることは間違いないでしょう。

でも、この寒波、どうやら湿った空気で大雪をもたらすのは日本海側のようで、太平洋側は寒くて風は強いものの晴れ間がひろがりそうな気配です。南アルプスを選択したのもそのあたりを汲んでのつもりです。

厳冬期の荘厳なアルプスのイイ写真と、あとイイ報告が年明けにできることを祈って、今年はこれにて更新を終了したいと思います。

あ、来年の目標も一応書いておきますか。

①奈良マラソン、再び4時間台で走ること。

②県陸上連盟登録をして、体を作って最低2回は走り幅跳の試合に出る。目標は5m50cm
 (いずれは6mを目指します。ちなみに現役時代は6m70cm)

禁煙


以上です^^


では良いお年を!
スポンサーサイト
サムィ。。

寒いのには強いほうですが、

なんだか今年の冬の寒さは堪えます。。。


年末年始、恒例の年越し山行には行くつもりですが、こう寒いと、どうもテンションがあがりません。。


でも、がんばっていきます。

行かなければ、本当に堕落してしまいそうで怖いです。。^^;



というわけで、今年は冬型が強い年末年始になりそうなので、日本海に近い北アルプスは却下。

少し南側の中央アルプス、空木岳という、冬は滅多にだれも足を踏み入れないようなルートをやっちゃおうか。

やっぱりさびしいのでそこそこ人が入るであろう、南アルプス仙丈ケ岳・甲斐駒ケ岳のほうに行こうか。


仙丈ケ岳はこの前二人死んでるしなぁ・・・


さあ、

あと4日で山だーー^^
本日から3れんちゃん

はい、忘年会です。



仕事関係二つと、友人関係が一つ。


何故か日程が凝縮されて、今日から3れんちゃん。 がんばれ、風の肝臓^^;



あといっこ、28日にYさんと忘年会にイタメシデート・・・  ほんとはそれだけでいい・・・・
ところで、屋根付きのトンネルって

全国一斉点検されて、

何箇所かボルトが抜けてたり緩んでたりっていうのは、ニュースでやってたけど、


あれって全部点検も修繕も終わったのかな・・・


年末、信州へ行くのに、通るんだけどな

事故があったのと同じタイプ、同じ時期に作られた屋根付きトンネルの、

8000mもある恵那山トンネル・・・



何か起こったら、とにかくダッシュで逃げるか・・・(苦笑)


真ん中だったら、4km、キロ4分で16分かかるんか。。。
妬み 僻み

この奈良の田舎の職場では、こと50代は特に、

ねたみひがみのヒドイおっさんが多いので、

極力職場の人をコンサートに招いたりすることを控えております。


まあ、ひどい。

一度地元でどうしてもと頼まれてWangちゃんとデュオコンサートしましたが、
あの時も、まあ、小さい男たちの多さに辟易としたもんです。


人の優れた部分を素直に誉められない人=自分に優れた部分が無い人

とはよく言ったもので、

片田舎の腹の出っ張った井の中の蛙オジサマ達には、華々しくコンサートしたりする部下が目ざわりなんでしょうね。

早く退職して、さらに井の中に閉じこもって欲しいものです。。


先日の居酒屋のコンサートも、席が限られてるという都合もありますが、職場関係はやることすら誰にもしゃべりませんでした。


ああいやだいやだ。妬み僻み。


いや、別にこんなこと書こうと思ってたんじゃなかった。


トヨタがアメリカで制裁金に14.5億円払ったって。

すごいね、アメリカも。

トヨタの言い分も聞いてて「なんでそれで払っちゃう・・・?」と思ってしまう。

決して規則違反となる不具合では無かった。自主的なリコールだったと。制裁金を支払うのはその報告が遅れたがためだけの義務で・・・

でも本来、制裁金を支払うもなにも、その報告の義務すら発生していないという話じゃないですか。

一応報告した。ほんまはせんでもええけど。 するとアメリカは「遅いやないかい!」と制裁金を科した。


報告せんかったらよかったのに(苦笑)


レクサスでしょ、問題になった車。

運転席の足元のシートの止め具?が外れやすくて、アクセルを踏んだら戻らなくなる・・・


ないない!


あのね、

一応外車に乗らせてもらってるけどね、
そういう細々した部分って、相当にちゃっちいよ??

トヨタなんて、隅々まで行き届きすぎてて、不具合探すのが難しい。誰が見ても世界一のクオリティ。


完全に妬み僻みだよね。アメリカの。 アメ車なんて本当にヒドイのに。もっとえぐい不具合わんさかあるのに。
でも、自国のメーカーにそんな制裁金科したら、えらいことになるんだろうね。。


「ここで商売するんなら、しょば代払わんかい(--メ)

という話にしか、見えない。


イイ物はイイ 

と、素直に言える人が好きです。
ガソリンスタンドのうるさい店員

風、暖房器具には灯油のダルマストーブと、ファンヒーターを使ってます。

乾燥するから空調暖房がキライ。

だから、月に1回くらいはガソリンスタンドに灯油を買いに行きます。

先日、ポリタンク2缶を積んで買いに行きました。


風、普段ガソリンを入れるのは、出光です。マイドプラスクレジットで入れたら、5円引き。よく入れてるスタンドでは金土日はさらに2円引き。

先週入れたのも、ハイオク142円で入れました。安いでしょ?

でも、通勤途中にあるスタンドなので、家からは少し離れてます。

一旦家に帰り、ポリタンクを積んで行くのなら、すぐ近所にあるエッソのほうが便利か・・・灯油だしそんな値段も変わらんか・・・

と、離れた出光より近所のエッソを選びました。

当然、出光のクレジットでは割引は効きません。

でも、現金の持ち合わせも無かったので、そのクレジットカードを持って灯油コーナーに行きました。

機械にカードを入れ、「その他クレジットカード」を押し、灯油満タンボタンを押そうとした時でした。


店員「お客様!」

風「はい?」(きた、またエッソのカードとかを薦めよんねんで、こいつ)

店員「いつもクレジットカードをお使いですか?」

風「ええそうですが」

店員「エッソのスピードパスというのはお持ちでしょうか?」

風「持ってません」

店員「2円引きで、さらに面倒な手続きが不要となりますがいかがでしょうか?本日から仮パスでお使いいただけますが?」

風「普段、出光でしか入れないので、ここには来ないんです。だからいいです」

店員「いえ、そうおっしゃらずに。今日これからお買いいただく灯油もお安くなりますから」


と、そのパンフレットを出して説明しようとします。

風「だからいいです。今日は出光にいくのが面倒でたまたま近所で済まそうとしただけですから」

店員「あ、お近くにお住まいですか?」

風「ええ」

店員「それでしたら、是非スピードパスの登録を・・・・」


まだしばらく食い下がりそうな店員だったので、


機械の取り消しボタンを押してカードを抜き、

まだ空っぽのポリタンクを車に積んで、

出光に行きました・・・・



少し薦めて反応が悪ければ、

「またよろしくお願いします」

と言って、


去れ・・・・



byレジでポイントカードとかの加入を薦められるのがうっとおしくて大嫌いなモノ
脱原発と叫んだ党が全部負けた

だから原発を選挙の争点にマスコミが仕立てたこと自体、あまりにも稚拙すぎて言葉にならない。


原発を事実上容認してる自民党が大勝。

エネルギー政策をプラン化して原発をフェードアウトするとしてた維新が民主に3票差となる第3党に。

未来は大惨敗。共産はいつもどおりだけど、社民はたった2票。


必ずしもマスコミの報道は民意ではないということが明確になったような選挙でした。


脱原発は、そりゃ出来るに越したこと無いし、将来的には必ず必要となる政策だと思う。

でも、即、脱原発を唱えた政党に、

①もし、即時原発をすべて廃炉にする場合の今後の電気料金の推移
②10年後に脱原発できたとして、それに変わるエネルギーとそのコスト(要は電気料金の推移
③20年後に・・・以下同文

というような、私たちの生活に直接係わってくる問題に対する具体的なシュミレーションをしたとこがあっただろうか。

維新は、そのシュミレーションを作ってプランを示すと、言っていた。唯一これがいちばん現実的で具体的だったというこの寂しい脱原発議論


脱原発 ほんで、どんなんの? 今後の電気料金は? 

これが何にも示されてない中、よくこれを選挙の争点に持ちあげたもんだと。国民を馬鹿にしてはいけない。
結局は国民はそんなことを争点にしなかった
結果を見れば一目瞭然でした。

正直なところ、国民は景気が悪くてそれどころじゃない。現実的な経済対策を一生懸命言ってはる安部さんに入れたっちゅうことでしょうか。


今回も、消去法による投票が粛々と行われただけだったような気もしますね。3年前の民主党と同じように。


それにしても、

民主がそれでも57議席獲得したことに驚いた。

入れる人、いるんだね。小選挙区ならわかる。地元に貢献してくれる議員先生。党がなんであれ、この先生に入れる!という地域もあるのはわかります。
でも、比例でも適当に入るんだね。正直、もっと惨敗すると思ってた。維新やみんなの下に行くかなと。


さて、

自民党。ちょっと右寄りの安部さんが総理に返り咲き。

中国や韓国と商売してる人は、早く撤退したほうがいいと、どこかの経済評論家が言ってました。

どうなるんでしょうかね。

強硬姿勢をとって、戦争バブルで景気回復させようなんて思ってないよね、まさか・・・
クリスマス ディナーコンサート

昨年に続いて2回目となった居酒屋を貸し切ってのディナー&コンサート。
今年も30人限定の小ぢんまりしたものではありますが、大いに盛り上がりました。

前回は風の専門にしてるカンツォーネやCMでよく流れてそうなセミクラシック的な曲を歌い、それも半分以上自分でピアノを弾き語りしたりでがんばったのですが、どうも、一応は素人でも耳にしたことのある曲を選曲したつもりでもやはりイタリア語に馴染みも薄いのか、「もっと知ってる曲を」というリクエストが多かったのです。
なので、思い切って今回は半分以上日本語で、オープニングから3曲をディズニーで、その後もよく知ってるミュージカルナンバーを揃えてみました。
功を奏して、好評でした。
伴奏も、プロのエレクトーン奏者を連れてきたおかげで、随分演奏の幅もできました。

いや~盛り上がった。

今年を振り返ると、
その前の年の離婚が引きずる形でしばらくは精神的にどうも安定感を欠く期間を過ごし、
Yさんとの婚約を経てそれはかなりマシになりましたが、夏に帯状疱疹を患って以降は体力がガクッと落ちてしまい、
山も思うような行程を取れず、マラソンはちょっと練習量を増やすと熱が出たりして全然練習量が足りずに5時間かかってしまう始末、バドではテニス肘でほとんどまとも出来ず、歌においても10月のコンサートで高音が全く出ないという大失敗をおかしてしまい・・・

まあ、散々でちょいと疲れました^^;

でも、今年最後となった大きなイベント、

終わりよければ全て良しでしょうか。声も良く出たし、客も昨年以上に喜んでくれていました。
オペラ座のファントムマスクをかぶってミュージックオブザナイトを歌ったり、
ド素人の友人に、ライオンキングの間奏のメロディーを小学生が使うリコーダーで吹かせて爆笑を取ったり、
声楽科の母もサウンドオブミュージックを歌ってお手伝いしてくれたし、
アンコールに宇宙戦艦ヤマトを持ってきて大ウケしたし、
何より、終わった後に呑んでいて、「来年はああしたら?」とか「来年はあれ歌ってほしい」とか、次への期待感をすごくぶつけてきてくれてたので、
「ああ、本当に楽しんでもらえたんだ」と思えるひとときでした。

ようやく、風っぽい風な一日を過ごせて少し元に戻れた気がしました。

やっぱ、風はアクティブでないとダメですね。。 


バイトの大学生の可愛いおねーちゃんたちも、ミニスカサンタで盛り上げてくれました。

風の鶴の一声で、本当にミニスカサンタになってくれた三人、どうもありがとう。
どの子をお持ち帰りしようか真剣に悩んでしまいました(笑)

securedownload.jpg
なんも同じルートで・・・

遭難死してくれんでも・・(汗)

浜松のご兄弟が、南アルプス仙丈ケ岳付近で遭難死されました。同じ登山者として、深くご冥福をお祈りします。


実は、風の恒例の年末年始山行、この方々が先日遭難死南アルプス仙丈ケ岳に行く予定をしていました。
甲斐駒ケ岳とダブル登頂が目標ですが、お天気によってどうなるかってとこなんですが・・

仙丈ケ岳というと、標高3033mで、夏なら小学生でも登れるやさしい山です。
というのも、南アルプススーパー林道で標高2000mの北沢峠までバスで来れます。そこからの登山と言うことになるので、標高差は1000m。日帰りで十分往復できる3000m級なので人気も高いわけです。
頂上からは日本第2位の北岳が真正面に聳え、その肩口の奥に富士山が聳えて見えます。
写真を撮るにも絶好の山なんですね。

ところが冬となれば話が違います。
そのバスで行ける北沢峠まで、1日を要して登ります。小屋やテントで泊まり、翌日に登頂をめざすことになります。
風は、初日は北沢峠まで、二日目と三日目に甲斐駒ケ岳・仙丈ケ岳を登って、その日のうちに下山するか、遅くなればもう一泊してから下山という行程を考えてました。
もちろん、天候によってはどちらか一方しか登れないかもしれないし、どちらも登れないかもしれない。
いずれにせよ、先週末のような天気図なら、北沢峠まであがることすらしないでしょう。

なんで、悪天候を突いてまで、登ろうとする登山者がこんなに多いのか。もちろん夏山も含めてですが。
風にはやっぱり理解できません。しょっちゅうこんな話を書いてますが・・・

楽しむために来たのに、楽しくないことをやるなんて

例えば、
・好天の中、山登りを楽しむ →楽しみ度10
とすると、
・悪天の中、山登りを決行する →楽しみ度2(ただし危険付き)
くらいなもんで、
それなら、
・登らずに、温泉と蕎麦を楽しんで帰る →楽しみ度5
って、そっちを選択したほうがいいに決まってる。

そんなふうに考える登山者がいかに少ないか。雨の中カッパ着て俯いてひたすら歩いてる登山者の数を見ればよくわかりますね。あの人たちは山に何しに来てるんでしょうか。楽しいのか?
景色を楽しみに来たんじゃないんですかね。
何が何でも、上まで登ればそれで目的達成なんでしょうかね。
それって、絶対山が好きじゃないでしょ?って思ってしまいます。
泊まりで登って翌日の晴天が約束されてるとかならわかりますけど。。

悪天候で飛行機が運転を見合わせたら空港ロビーで大人しく待つのに、なんで登山では大人しく天気が回復するのを待てないんだろうか。

「スケジュールが今日と明日しかないからね~」
「ツアーだからね~」

たかだかそんな理由で、雨や吹雪の中、山に登るなんて、ナンセンスすぎる
レース直後に起こった悲劇

結局2年連続で5時間オーバーをしてしまったフルマラソン、

ゴールした時は「もうやめよう・・おもしろくない・・・」

って思ってましたが、

走り終わると「とりあえずはまず4時間台に戻して、少しずつレベルアップしていこう」

と、過去の栄光にとらわれることなく今の自分のレベルと向き合うことが大切だなと感じました。


ちなみに、風の今年一年を表す漢字は、 



とても後ろ向きな一文字ですが、残念ながらこれが正直な気持ちです。別にマラソンに限ったことでなく、私生活やバド、山等の趣味、食生活もお酒も全てにおいて強くこの言葉を感じた一年でした。

きっと来年は、再婚の年でもあるし、新しい生活が始まるわけで、もっと明るく前向きな一文字を選ぶことでしょう。。



さてここから本題。

実は奈良マラソンのレース直後、こんなの初めて・・・という痛みに耐えておりました。


今回、マラソンの衣装選びの中で、ひとつ、気にしてみたのが「パンツ」

タイツの下に履くインナー、男子で言ういわゆる「ブリーフ」とか「トランクス」なんていうあのパンツです。


風は普段もスポーツ時もボクサータイプのブリーフです。今これを履いてる男子はとても多いです。

が、その上にタイツを履くと、どうも股下の余剰部分が上にあがって、股付近でたまってしまうかんじ。
距離が長くなると、それが擦れて、ちょっと痛くなったりするんです。

で、スポーツ店のランニングコーナーをうろうろしてますと、やっぱり男性用のインナーもたくさん置いてます。

なので、水泳の競泳パンツさながらの、ぴちっとしたインナーを1着購入してみたわけです。

袋から開けてみると、少し小さい気がします。でも、ヒップサイズは合したはずなので履けば大丈夫か・・・と、
レース2日前、一度履いて6kmほど走ってみました。

するとこれがいい感じ。あそこのポジショニング(いわゆる「ちんぽじ」)を気にしなくていい。最初にぱちっと合しておくとずれない。そんなに締め付けも気にならないし、これはいい買い物をしたと思っていました。


当然、それを履いて5時間走りました。


するとゴール後、


・・・・の、強烈な痛みに襲われます。


なぜでしょう。。。。原因はわかりませんが、思わず腰を折り曲げてしまうほどの痛みです。

さすが急所と言ったものです。なんとも言えない喪失感があります。(よくわからない・・笑)


どうやら、締め付けが強かったのか、締めた状態での走る振動で徐々にそうなってしまったのか、

たまたまが、少し体の中へ入ってしまってたようなのです。。。(いたい!!)


吐きそうな痛みに耐え、家に帰ってお風呂で温まりながら、ゆっくりセルフマッサージ(苦笑)


20分くらいで元に戻りました。。


痛みも翌日には引いて、ほっと一息です。。。。



インナーブリーフには気をつけましょうね、男性諸君・・(笑)





奈良マラソン

ついに当日を迎えてしまいました。

起きたら、外は銀世界^^

もう少しで、「おやすみ・・・」と二度寝してしまうところでした(笑)


朝の気温はマイナス1度。想定していた寒さです。

が、これも想定はしていましたが、やはり吹いてます。

ちべたーい北風が・・・


フリースにダウンをはおって競技場へ。さむすぎます。。


スタートはゴミ袋をかぶってスタンバイ。招集が始まってからスタートまでの待ち時間が辛い。すでに足の指先が冷たくて痛い。。


走れば温まるだろう・・・と、スタートを待ちます。横にいるYさんも唇の色が無い。。(笑)


スタートからしばらくは人ごみなのでそんなに寒さは感じないが、大通りに出るといきなり向かい風です。
ゴミ袋の袖穴から風が入り、袋が風船みたいに膨らんで前に進みません(笑)

脱ぐと寒いけど、仕方がない。。

で、風向きに合わせて脱いだり着たり。。


スタートから3km、

寒さのせいでしょうか、すでに尿意をもよおします。
「トイレに寄るわ。。」
するとYさんも、
「私も・・・・」

と、10人くらい並ぶコースわきに設置された簡易トイレへ。

3分くらいのロスタイムを経て再び向かい風のコースを走ります。


5km通過、40分。

スタートまでの時間とトイレの時間を差っ引いたら、33分くらいのペース。6分半ちょっとってとこでしょうか。

まあ、予定通りです。

少し体も温まって、
10km通過が1時間13分。

同じく5km33分です。

しばらく平坦が続く次の15kmまでも、33分で通過。

ブレずにいいペースでYさんと楽しくしゃべりながら走ります。

16kmからは奈良マラソン名物の上り坂。

ここはさすがにペースダウン。36分ほどかかり、その後の中間点で2時間25分。


未だかつて無いスローペースでのハーフ通過となりました。


それにしても、寒さによる体の冷えが半端じゃない。

まだハーフにも関わらず、すでに太ももが冷たくて重くて動かない状態です。


あと半分、持つのでしょうか・・・・


天理市街地に入って、平坦になるので再びペースを6分半に戻しますが、これがどうもキツイ・・・

遅れそうになる風をYさんが気にしています。Yさんはまだこのペースで十分刻めそうな感じです。


26km、ぜんざいポイント。温かい美味しいぜんざいが身にしみます。。

「ああ、もうこれで終わりたい・・・」(風談)

「こんなにぜんざいが美味しいと思ったの生まれて初めて」(Yさん談)


ここで、まだペースを刻めそうなYさんに先に行ってもらい、風は固まった足をほぐすためにストレッチ。

今生の別れです。。。


その後はどれだけ腕を振ろうが、どうにも体が前に進みません。

あまりの寒さに、コンビニで袖付きのカッパを買おうかと、本気で考えましたが、そんな買い物してる暇あるなら少しでも前に進もうと言い聞かせて、とぼとぼ走ります。

28kmからは激登り坂。3kmほど続きます。

この5km、ぜんざいとストレッチのロスタイム、上り坂のペースダウンも手伝って、なんと45分かかっています。


やばい。。。^^;


冷たい北風は依然と強く、あろうことか、雪が舞ってます(ToT)

5kmに一度はトイレに駆け込みます。冷えて、トイレがとにかく近い^^;

その度に並ぶのが億劫だし、手がかぢかんで上手くタイツの腰ひもをほどけないし。。。

しかしそんなロスタイムもだんだんと気にならなくなり、

ひたすら下を向いて、歩くようなペースでなんとか固まって今にも攣りそうな足を前に進め、

35km通過。。ここも42分くらいかかりました。


えっと、

もう35kmも走ったんだし、もういいっか・・・・・


何て言いましょうか、この時点で、もはや5時間台に突入してしまうことは確定的です。

Yさんは先に行ってしまいました。

風、フルマラソン12回目。奈良マラソンも3回目。


私、いったい何をモチベーションにこの先の辛い7kmを走ればいいのでしょうか・・・・


そんな思いで走るもんだから、全然ペースは上がりません。


寒さに耐えること、40kmまでの5kmは45分。キロ9分ペースまで落ち込み、


5時間17分でゴール。。。



ゴール後は、何より先に、着替えました。。 奥歯ガタガタ・・・



ああ、


もう寒い日のマラソンはイヤヤ・・・
(そんな中、初マラソンを4時間40分で完走したYさんはエライ!んで、美しい!


結果的に自分を追い込まなかった、今回のマラソン、

翌日も筋肉痛や関節痛がほとんど無し。。。



なんか、ちょっと後悔の残るような、でも練習からしてマラソンに対するモチベーションを保てていない自分にはぴったりな結果だなとも思いながら、

来年からどうしようかマジ考えてしまう内容でした。。。



ん~~



数年前までサブ4(3時間台)を目指して臨んでいた自分が恋しい^^;
2日前

だんだん憂鬱になってきました。

今日は寒いけど、太陽が出て、風も弱めです。


もう、今日走ってしまいたい・・・



マラソンを走るランナーが増えた昨今、マラソン用語のひとつ、「カーボローディング」という言葉もちらほらと聞くようになりました。

一応風はマラソン歴だけは長いので、もちろん知ってるし、実行もしてきました。


でも、カーボローディングの正しい理解が、一昔前と今とでは違ってることに気が付きました。


昔は、3日前から炭水化物中心の食事に変えて、前日と当日の朝はとにかく詰め込む。

エネルギー不足を起こさないようにそうするわけですが、

最近言われているのは、ちょっとやり方が違います。

1週間前から炭水化物の量を減らします。3日前から炭水化物はほぼ絶つ状態にして、前日と当日の朝に一気に詰め込む。

らしいです。

体をわざとエネルギー不足にしてしまうんですね。
それで体がエネルギーを、特に熱になる炭水化物を欲した状態にしてしまい、前日からガンガン摂る。
そうすることによって体がエネルギーを貯め込みやすいらしいです。


ということで、二日前の本日、

風はとても空腹です。

お昼のお弁当、さすがに全く米無しはきついので、小さめのおにぎり一つ分だけは食べますが・・
普段はちょうど1合を弁当に詰めてますので、全然足りません。。


レースが近付いてくると、ガンガン食べてもいいカーボローディング、けっこう楽しみにしていたのですが、

このパターンは全然楽しくないです(苦笑)


さて、

なんとか風邪っぴき状態になることだけは避けれたようです。
体調はまあまあいい感じと言えるでしょう。

あとは、当日の寒さだけですね。。


それと、もう一つ問題があるとすれば、

今晩の忘年会(汗)


呑まずに過ごすことができるでしょうか・・・・ せめて、2杯くらいで押さえることが出来れば・・・・
4日前
tuge.jpg

この前のハーフの写真、みっけたけど、買ったらめっちゃ高い(笑)

データ保存もできなかったので、プリントスクリーンで保存して、トリミングしたった^^;


さわやかに走っております。風くん。

ちなみに、後ろに映っているピンク色の帽子の女性が、
先にゴールして完走証を持って僕を笑顔で出迎えてくれた、婚約者のYさんです。。

後ろ姿も美しい。。


さてさて、

気になる天気予報ですが、現時点の気象庁の予報がこちら。

無題

ちょっと変形してしまいましたが、こんな感じです。

9日(日)の予報の信頼度はBなので、まだ少し変わる可能性があります。
これは前日の土曜日に低気圧が通過するのですが、その通過するスピードや方向によってまだ変わることもあるって話です。
少し気象を知ってる者なら、変わるとしてもこれより良くなることは無いということくらいは、安易に想像がついてしまうのですが・・・・(汗)

最高気温や最低気温の下に、かっこ書きがあります。要はこの範囲内ならあり得るよってことですね。

ってことは、

最高気温 4度
最低気温 -3度

ってこともあり得るっていうことですか・・


こんなん、関西の12月の気温とちゃうやん!(泣)



燃費が悪く、上手く補給しないとすぐにエネルギー不足に陥りやすい風、

あまりに寒いのは燃費がさらに悪くなるんだなぁ・・・


15度くらいがちょうどいい。。



というわけで、本番まで毎日いろんな言い訳書いてやろう(笑)
5日前

今日から禁酒にしますか・・・・^^;


さて奈良マラソン2012が5日後と、もう待ったなしになっちゃいました。

今のところ、少し咳が気になるものの体調はまあまあ良好で、先週から6~8kmのRUNを2日走っては1日休みのペースを続けれています。

この数カ月、フルマラソンに向けての練習で、15kmとか20km以上の距離をやると、そのあと熱っぽくなるという繰り返しがありましたので、この時期はあくまで10km以内、45分程度のRUNのみで最終調整しています。


ところで、

天気予報によりますと、

9日当日の奈良の天気。

曇りマークのみの日です。 最高気温が7度で、最低気温がマイナス1度。


んと、


真冬並みですか^^;



困るんですよね~ 4時間や5時間かけてフルを走る市民ランナーにとって、寒さとの戦いは本当に疲れる。

まだね、4時間半くらいまでで走ってるのなら大丈夫です。このタイムだと、ほとんど歩くことは無く、後半疲れてきても遅くともキロ7分以内では走ってる状態です。だから、まだ体は温かい。
でも、風が去年経験したように、足などのトラブルにより、歩いたりゆーっくり走ったりの繰り返ししてると、ほんとに寒いです。
奥歯ガタガタ震えるくらい。。

特に、去年の風は、前半のハーフは1時間57分で通過しています。かなりいいペースと言えます。元々汗かきの風、けっこう汗かいてました。
で、27kmで魔の痙攣・・・
汗でぼとぼとになったウエア、インナーは長袖にしていましたが、薄い生地です。


12月の冬の寒空の中、濡れたTシャツとタイツ着て、15km歩くなんて、考えられますか?


まあ、そんなことにならないように、体と相談しながら4時間台で確実に走りきれるよう、努力したいです。。



ああ、寒いんか・・・・



ユニクロのヒートテックは汗が乾きにくくて余計寒いだろうなあ・・・



何着て走ろ・・・
Design by Pixel
Copyright © ♪♪kazeの声♪♪. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。