スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
近所の歯科医にて・・・

で、開きもしない口を無理に開かせて、歯茎を針みたいなのでつんつんし始めよったわけですわ。

風、ただただ顎の痛みに耐えるばかり

しばらく後、「はい、じゃあ歯の内側いきますね~ もう少し口を大きく開けてもらえますか~」

と言ったところで、風、このままではマズイと思い、

「ちょっと待って、さっき言ったよね?口開けるのも辛いって。この検査、次じゃあかんかな?」

歯科衛生士「え・・・そうですか・・・」

風「っていうか、この腫れ見たらわかるでしょ?僕が今どんな状態かは。この処置をお願いしたくてここに駆け込んだわけで、それもちゃんと説明したのに、今、この辛い検査はないでしょう?」

歯科衛生士「わかりました・・・ではちょっと奥の腫れてるところを洗いますね~」

と言いながらシューッと冷たいのを一回かけただけ。
結局、こいつには処置は何もできない。医師を待つことに。

医師が来ました。初めてなので自己紹介して、丁寧な口調で「今日はどうされました?
と。

えっと、

もう一回、一から説明するんですか(怒)


するとさっきの歯科衛生士が、ちょっと口添え説明。よしよし。

少し腫れがきついので排膿と、消毒と、抗生物質を入れる処置をしてくれました。ちょっと荒っぽくてだいぶ痛かったですが。。。 早く治すための処置なので我慢。。

しかしそのだいぶ痛かった処置が終わり医師が去ったあと、

今度は別の歯科衛生士が、再び驚愕の一言を発します。


衛生士「それではちょっと歯石を取らせてもらいますね。ちょっとこの手鏡持ってもらえますか?」


風「今、痛みに耐えてるんで、ちょっと待ってもらえますか」

衛生士「あ、はい、では収まったら言ってくださいね」

しばらく後、

風「で、何するんですか?」

衛生士「全部ではないですけど、今日は下の歯の裏側の歯石だけ取らせてもらいますね」

風「もうちょっと痛い目は今日はしたくないんで、次回でいいです」

衛生士「あ、歯石取りは全然痛くないんですよ!」


マジか・・・・まだこの議論が続くのか・・・・

風「ちょっと、さっきの衛生士と、先生と、もう一回呼んできて」

衛生士「へ?どうなさいました?」

風「いいから、すぐに呼んできてください。すぐに!!


痛みに耐え続けてるストレスもあり、ちょっと冷静でいることが難しかったのは確かですが、
もう、いいですよね? 

怒っても。。


あとは、医師以下3人(4人いたかな?)並べて、

お前らプロやろ、患者の痛みが症状から想像くらいできるやろ。それとも何か?どれだけ痛がってても歯石取りは絶対せんとあかんというルールがここにはあるんか?
それと、伝達くらいちゃんとせーよ。俺は最初のこの衛生士にちゃんと言ったぞ?今日は本当に痛みがきつくてしんどいから、次回からちゃんと歯周病のなんやらとか歯石とかは受けるから、今日はこの腫れに対する処置だけをお願いしたいと。何無視してくれてるねん。喋ることすら厳しいのになんべんも説明させやがって。


という内容を少しばかり大きな声で申しましたので、また後からさらに痛くなって・・・(涙)


少し遠くても、混んでいても、通いなれた歯科医に通うことを心に決めた風でした。。

コンビニの高校生バイトでももうちょっとマシに動くで、ほんま・・・・
スポンサーサイト
痛くて、痛くて、、

昔にも書いてたけど、
風、親知らずと呼ばれる奥歯が簡単には抜けないほどご立派で、これに度々困らされています。
完全に潜ってくれていたらいいのですが、少しだけ頭を出してるわけです。
この「少しだけ」というのがやっかいな原因で、歯茎に隠れた部分はブラシが届かない。でもわずかな隙間はあるので食べかすや菌が入ってくる。結果、体調を崩したときなんかに大炎症を起こしてくれるわけです。
そうなれば、消毒も奥までは出来ないので抗生物質を飲んで体調を整えて自己治癒するしか方法が無いんです。辛いことに。

これね、口が閉じれなくなるほど腫れるんです。例えるなら、奥歯のさらに奥に大きめのビー玉をねじ込んだような恰好・・・ってわかりにくいですね。。 とにかくよく腫れるんです。
そして、当然のことながら、痛みが半端無い。鎮痛剤漬けとなります。また、腫れのため奥歯同士がかみ合わないので固形物が食べれない。空腹状態で鎮痛剤を多用するもんですから、胃がボロボロ。

ただ、ここまで酷くなるのは数年に一度で、もう10年ほど付き合ってるので風もわかるんですよ。まだ初期段階で「ん?これはやばいぞ?」って。そうなればイソジンでガンガンうがいをして、できるだけ炎症しないようにして、やり過ごすことがほとんどです。

がしかし。数日前にこの数年に一度の大惨事が訪れたのでした。

体調を崩していました。
発熱が3日ほど続き、解熱剤を飲みながら仕事へ。快晴の中、丸一日外で立ちっぱなしの仕事だったもので、余計に体を疲れさせられました。そしてその晩、親知らずの付近に異変を感じたわけです。
翌日も熱が引かずに結局仕事を休み、そして内顎炎症の痛みも限界に達し、フラフラになりながら歯医者に行ったわけです。

えっと、この辺りからが本題であることを先にお詫び申し上げます。。


当然、以前からこのような疾病?があるので歯医者にはかかっていたわけですが、
行きつけの歯医者がちょっと車で遠い。おまけにいつもめちゃ混み。
今日はもうフラフラだったので、ごく近所にある歯医者に駆け込んだのです。
ご新規で行くと、どうせ、レントゲンやら検査やらいろいろ面倒だし、そもそもこの症状を一から説明しなければならない。行きつけなら「あら、また腫れましたか^^」ですぐに処置が始まるんですけどね。あまりにしんどくて車の運転がしたくなかったので、今回は面倒を承知は承知だったのです。

近所の歯医者、新しくて綺麗な建物。子供にも評判がいいらしい。なるほど待合室ではアナ雪のDVDが映されてた。
問診票を書く。痛みで朦朧としながら。
しばらく待ってレントゲンへ。その後空いてる処置椅子に案内され、歯科衛生士が来ました。で、症状を聞かれます。

もう喋るのも辛いんだけどね

一通り説明しました。どれだけ腫れがすごいか、そして痛みがどのようなもので、口を開けるのも厳しいほどだと。これまでの経緯も、一生懸命痛みをこらえて話しました。

その話を聞いたあと、この歯科衛生士。驚愕の一言を放ったのでした。

「じゃあ、これから歯周病の検査をしますね、はい、大きく口を開けてくださいね~~」


ちょっと長いので、次回に続かせます。。。^^;
風、山菜おこわ食べて吐く・・・

近所にね、Dioっていうスーパーがあるんですよ。あまりにもひどいので実名報道ですわ、、誰も見てないからええやろ・・・^^;

岡山県本社で中国地方に展開する激安スーパーなんですけどね、最近奈良県のうちの近所にもできたわけです。
オープン時にいきました。たしかに安い。けど、外国産物がとにかく多くて、特に惣菜なんかは作った人(業者)は書いてるけど使われてる材料の産地表示が無い。
きっつい店やな~ と思ってたのですが、のどもと過ぎれば何やらで、昨日ふと、特に考え無しに、たまたま通ったから、立ち寄ったわけです。

急にうどんが食べたくなったのです

どんべいとかじゃなくて、銀色のカップに入って具も入ってて、グツグツ煮たらおいしい鍋焼きうどん♪みたいなやつあるじゃないですか、

あれを買いにいったわけです。どーしても食べたくなって

あの商品って、コンビニにも売ってますよね、冷凍食品コーナーに必ず置いてます。
そしてその値段がだいたい300円台後半と、カップラーメンなどと比べたら、なかなかな値段です。

が、Dioは88円でした。。。 もうね、この時点でやめておけばよかったんですよ。

こんな値段でまともなものが食えるわけがないとどーして気づかなかった、風。


なのにどうしてもうどんが食べたかった風、値段に不安を覚えたのは「質」じゃなくて「量」でした。
こんな安いのだから、ちょっとしか入ってないんとちゃうか・・・

なんだろ、おなか減りすぎてて、ちゃんとした思考回路じゃなかったのかな。。

冒頭の、山菜おこわ(一食分¥108円)というのを惣菜コーナーで追加買いしたわけです。

なんと驚愕の200円切りで、うどん定食がセットできてしまうDio


いやぁ~ うどんもたいがいマズかったけど、おこわはびっくり。

なんか、変な薬っぽい味がすっごくするんですよ。 
これはヤバい」と思いまして、二口ほど食べてやめました。

が、

数分後、気持ち悪くなって、トイレにダッシュ・・・^^;(保健所に訴え出たほうがいいのでしょうか・・・)


僕ね、

反省しています。猛省です。


なんで、その先のファミマで400円近く払ってでも、あの美味しい鍋焼きうどんを買わなかったんだろう。


はぁ・・・ Dioに入った、自分にショック。。。そして、今日も胃の調子が悪い。。。。(涙)
少しまじめな話

最近どうも紙面でよく見るようになった、マタハラっていう言葉。

後輩の女子社員が30を目前にして結婚し、「歳も歳だから子供は早く欲しいけど、あの上司の下にいる限り、怖くて妊娠したって言えない・・・」なんていう話を実際に自分の職場で聞いたことがありましたが、
まあ、40過ぎた独身女性で、後輩にそういう威圧をかけてるようなことは問題有りですけどね、その上司も。仕事は完ぺき主義な人ですね。完ぺきではなく、完ぺき主義ね。

「今、うちの課の状況わかってるの?ちょっと無計画過ぎ!周りのこと何も考えてないんとちゃう?」

と、実際に別の妊娠した後輩女性が言われたのです。なのでその結婚した女性も妊娠報告するのが怖いんでしょうね。

これも立派なマタハラなんでしょう。本当に酷い発言です。
俺なら、「めでたいことや!良かったやないか!仕事のことは何も心配すんな!お前ひとりおらんでもどうにでもなるわい!あはは!」と笑って祝福してやりますけどね。
実際には仕事上その子が抜けた穴が大きすぎたとしても、そうやって祝福されながら出産させてやりたいじゃないですか。


どうやら世間はなかなかそうではないようですね~~


訴訟が相次いでるようです。これからも「え?訴えたら勝てるんや!」と気づいた人がどんどん訴訟を起こす気がしますね。

降格させられたのはおかしいとか、軽い事務の部署に異動させてもらったけど、復帰後は元に戻せとか、
そもそも退職を勧められたという話もたくさんあるようで、
でも、ギリギリの人員でやりくりしてる会社なんかは本当に悩みの種でもあるんでしょうね。

その会社ごとの事情があり、その課や業務の都合もあり、もっと言えば雇用契約上の話もでてくるだろうし、本人の理想とする出産子育てと就労のバランスといものもある。
一概に何が正しいとは言えないし、風個人的な思いは、子供が産まれるというこの上ない幸せが訪れるにあたり、本人も家族も周りも幸せな気持ちでその瞬間を迎えて欲しいと願うばかりです。


たださ~、

やっぱり人間は心を持った生き物なので、

「権利だ権利だ!不当だ不当だ!」と会社の状況や共に働きフォローしてくれるはずの仲間の存在や思いを無視して、声高に叫び続ける女性より、
多少の不利益はあったにしろ、自分の健やかなる出産を最優先し、誕生したわが子を心から大事にし、会社に復帰しても実直に頑張る姿を持ってる女性をね、

応援し、手を差し伸べようとしてしまうわけですよ。正直な気持ち、それがあったりまえです。


訴訟の話とかが出ると、女性の社会進出全体の話へとつながるところがあるよね。

なんで、全てを一緒くたに論じようとするのかがわからない。

違法な扱いは違法。でも、会社での印象や貢献度、実力、戦力の大きさなどはまた別の話。

あまり何でもかんでも女性の権利ばかり主張してそれが通り過ぎると、
女性を雇用することは腫れ物にさわるのと同じと、そんな感覚が生まれやしないか。

子供を迎えにいくから早退、子供が風邪をひいたから休暇、復帰後もそんなのがしょっちゅうです。
そこで、

①「それを咎められるなんて、子育てする女性の社会進出を妨げる行為だ!」と目を吊り上げて堂々としる人

②「いつも迷惑かけてすみません・・」と周りに気遣い、休んだ時間を取り戻そうと一生懸命仕事してる人

周りのサポートが得れる人はどっちか。そしてどっちが結果的にいい仕事をする人間か、言わずもがなですよね。


難しい問題とは思いますが、

妊婦も、そうでない人も、男も女も、個々にいろんな事情や不満はあるんです。一生懸命働いてりゃ。
後日談&キャンプ考
結局のところ、後に残った思いは、
「ああ、ちゃんとしたキャンプがしたい・・・」でした。
しかし秋ってなんだかんだと予定が多い。家族全員土日がまるまる空くことがほとんどなく、言うてる間に10月も終わりに。そして予定はつかずキャンプシーズンはオフを迎えてしまいました。一人なら厳冬期のアルプスにでも行ってますが、1歳の子を連れてくには厳しいシーズンです。

するとどうでしょう、
もう今年は行けないとなると、行きたくて仕方がなくなるもんなのですね。
来年の春に向けていろんなイメージトレーニングが風の脳内では始まってます。。
まず、どこに行こう。ここからですね。

風の好みのキャンプ場は、いくつかポイントがありまして、
まず、広いフリーサイト。これが理想です。

 ※フリーサイトとは、区画割が無く自由に張って頂戴!というサイト。オートキャンプ区画より割安なことが多い。ただし、車を横付けにできないことも多く、駐車場から荷物を運ぶ手間も必要になる。。

オートサイトって、車を停めてテント張ってタープテントを張ればいっぱい。そして宅地造成したての住宅地みたいでなんか自然感が少ないのです。おまけに電源が付いてるサイトとかが人気ってそれどうよ

風的には、広ければ、山でも芝生広場でも山林でも、どこでもOKです。
こんな感じが理想ですね~ (写真:兵庫県 若杉高原キャンプ場)
tumblr_mndx0ghkCj1sqfcblo1_500.jpg

関東圏内ですと、富士山麓に芝生の広いキャンプ場はたくさんありますけどね。奈良からはちょっと遠い。

そして、キャンプと言えば風家10か条があるように、無駄を極力削除して、美味しく飲み食いしながら、五感で自然を楽しむことだけに時間をゆっくり過ごすことがモットーなのですが、

先日書いた記事のキャンプから帰って、数日後にこんなテレビ番組をたまたま見てしまったわけです。

カンブリア宮殿 スノーピーク回

はっは~~~ん

こういう連中が、あのごちゃごちゃと物の多い、キャンプ用品陳列大会か?みたいなオートキャンプをけん引してるんだね~ ということがよくわかる番組でした。

そしてその番組でキャンプしていた人たちは、存在は噂には聞いていましたが、
いわゆる「ぴーかー」と言われる人々です。
全てを馬鹿高価なスノーピーク商品で揃え、ランタンいっぱい灯しながら逆三角形の台でたき火してはる人たち。(風のイメージですが。。。^^;)

ネットでもよく見られるピーカー批判は、そういうめっちゃ金をかけてる(かけることの出来る)人への妬みもかなり入っていますが、それとは別に、「うるさい」というのもこのぴーかーの特徴だそうで、一家族オンリーのキャンパーというよりは、グループキャンプが多い。キャンプ道具自慢大会が始まってそれが尽きない。こういう輩はだいたい夜が遅くて、周りの迷惑になる。

番組ではいいことをたくさん言ってはりましたが、現場を知るキャンパーからは決して評判のいいものではないスノーピーク。確かに物は良いが高価過ぎる。こだわり色が強すぎてもはやキャンプのほうが自宅より居心地がいいことを目指してる?というキャンプ本来の目的を逸したところに値打ちを見出すメーカー。

とかなんとかいいながら、風家で使ってるキャンプ椅子はスノーピーク(笑)
だって、昔からキャンプやBBQで使って椅子(\1980で買った)が、ボロボロで布部分が裂けだして危ない状態だったので、新調しようとスポーツオーソリティに行ったところ、一番座面幅が広くて座りやすかったのがスノピだった。まあ、そこに置いていた商品の中での選択でしたが。
でもいい椅子です。一番キャンプで長い時間を過ごす場所でもありますから、一脚7000円も出して買ったわけです。いい買い物だったと思っています。(っていうか子供用も合わせて3脚で2万円超。いい買い物だった思いたい。。^^;)


何はともあれ、自然の美しい空気を吸いながら、飲むビールも食べるお肉も、大変幸せな気分になれることは間違いありません。
そこで風は、せっかくの自然をシャットアウトするかのごとくテントで寝室&LDKと生活スペースを囲うように作成し、その中でいろんな物をごちゃごちゃさせて、第3のビール飲みながらシャブシャブのカレーを食べることへの楽しみを分析はしようと思っています。ただの興味本位です。。

というまとまりのないお話でした(笑)
そして翌朝

たくさんお酒を飲んで、ちょっとけだるい翌朝。

なんか昨日の、「どうぞどうぞ、ビール飲んでや、」と、どなたかが持って来られた金麦の500mlをぷしゅっと開けて渡された時はどうしようかと思った・・・などと妻としゃべっておりました。

第1条に反するもので(笑)


リーダーはすでにみなさんのサンドイッチなどを作ってくれてるようでした。

6時半頃でしたかね~

「風さん?風さん?」と、テントの外でささやく、副リーダーの声、

「はい?あ、おはようございます・・」と顔を出すと、

「あの、ケチャップとかマヨネーズとか、持って来られてません??

「いえ・・持ってきてないですけど・・・」 

ホルモンやトウモロコシで使う醤油や焼き肉のたれならありましたが。


ま、どうやら忘れたらしく、味付けのあまり無いサンドイッチをみなさんで頬張っておられました。。


その朝ごはん時、ひとつの事件が起きた模様でした。

「おっかしいなぁ~ ここにラーメンおいといてんけどなぁ」
「あれ~だれか間違ってゴミ箱に捨てたんちゃう?」
「なんでやねん、5袋入りやで?あんな大きいもんゴミと間違えへんやろふつう」
盗まれたんかなあ
「朝起きたときに足跡とかどうやった?」
「いや~そこまで見てへんな~」


誰も盗むかよっ!!



爆笑やな、この人ら・・・・^^;

風妻は帰りの車で本当に爆笑しておりましたが。。


とかなんとか、子供たちはまた朝から川遊びやバドミントン。

風はあまり体調が思わしくなかった(というか、お酒と夜更かしで体力的に厳しかった。。)ので、ちょっと朝の風に吹かれながらゆったりまったり座っておりました。

チェックアウトが12時とのことなので、10時過ぎから撤収を始め、これまた30分ほどでクールに終了

周りはまだ全然片付いておりませんでしたが、11時には「すみません、お先させてもらいますぅ~」と、帰りました。


ちなみに、先に帰らせてもらったのには多少の理由がございまして、
レシートを何枚も突き合わせて携帯で計算してる嫁たちの姿があったのですが、Mが我々の雰囲気を察したのか、「時間かかりそうやから、立て替えとくわ、また今度もらうから」と言ってくれて、
我が家だけ先に帰宅の途に着いたのでした。

っつーかね、

どうやら確実に僕たちが食べてない分、大量に余ってる分も、割り勘に入っていきそうな勢いに見えましたし、
当然それらが分けられて配分される気配も無し。(風家だけかもしれませんが)

まあ、いいんだけどね、数千円のハシタ金額だし、カレーも一口しか食べてないし、スナック菓子は一口も食べてないけど朝のサンドイッチは一個もらったし。 
でもなんかうっとおしくて・・というか、この先そういう気持ちが大きくなるかもしれないな~と感じ、帰ることにしたんです。

だって、ホルモンもとうもろこしも、全くもっていくらぐらいかかってるのかの相談すらありませんでした。

あれだけたくさん食べておいて

いや、絶対に貰いませんよ、
一円たりとも貰うことは断じてありません
僕が勝手に持って行って振る舞った物ですから。それにお金を取る哲学は僕の中にはありません。


でもね?

一言、あるべき。俺なら絶対にそうする。


「あの、風さん、昨日のホルモンとかの代金なんですけど、どれくらいでしょう?」

「いやいや、あれは僕が好きで持ってきたものですから!いいですいいです!」


の会話をひとつ挟んでおけばいいものを、

ラーメンが盗まれたの、足跡がどーだの、

どーでもいいせこいことでもめてるあの姿が、もうご一緒することは二度とないだろうなという気持ちにさせられまして、


お開きとなったわけでした。。。^^;

チャンチャン


教訓です。

第11条に追加ですね。

家族だけか、本当に気の知れた友人と行くべし
キャンプ場到着。。。

すみません、こんなダラダラした記事になるとは思ってませんでした。

相変わらずの、文章が長くなる癖、治っておらずに申し訳ございません。。。m(__)m


さてキャンプ場に着き、受付を済ませますと、6つサイトが一列に並んで予約しておりましたので、

アウェー風家は一番端っこのサイトに車を入れました。 端で細々と、でも美味しく楽しくやりましょう。


ここからは銘々がサイト設営タイムです。

子供たちは川遊びに向かってダッシュ。


幸い1歳1か月の風Jrは車でお休み中でしたので、そのまま寝かせておいて、妻と二人で設営開始。


我が家のサイトはシンプル。

タープテントを一つ張って、寝るのは180cm四方のドームテント。もちろん4人でこれに寝るのは狭いので、風はいつもの山テントを張って独りで睡眠です。これが一番落ち着いて寝れるんです。
新たなテント購入計画もあるんですけどね、4人でゆったり寝れるサイズのを。

で、キャンプ場到着から30分後、

風と風妻はタープの下で、ゆったりイスに座り、さわやかな秋風を感じつつ、ヱビスを飲んでくつろいでおりました。


さすがですね。

第3条 設営と撤収は短時間でサラッとクールに

ええ、

本当にクールです。(笑)


それから1時間以上経って、ぼちぼちと七輪に火をくべて、ちょうどいい感じの火加減になってきた頃でした。
妻が川遊びの娘の様子を見に行ってちょうど風が独りだったのですが、
リーダー格と副リーダー各の男性が二人でこっちに来られまして、

「風さん、こんな端っこで独りで飲んでんと、こっちで一緒に飲みましょうよ」と誘われました。

いえ、気を遣っていただかなくても・・・・と思いながら、「はい、じゃあ、そっちに行きますね」と、

七輪とビールと食材の入ったアイスボックスを順に運びます。


ごっちゃごちゃのキャンプ道具の競演がそこにありました。ああ、片づけたい・・・


ああ、あっちで静かにホルモン焼いてるほうがいいなぁ・・・と思いながら、これから行きつけの精肉店(牛を飼育されてるお店なんです)の超旨いホルモンを、この、初対面に近い人たちにふるまうことになりました。


「うわーめっちゃうまい!!」

とか、

「ミノってこんなにやわらかかったんやー」

「せんまい最高!」

とか、

まあ十分に想定内だった褒め言葉が聞こえてきます。


そりゃ知らんだろうなあ、お外で七輪でこの美味しいホルモンを焼いて食べるこの醍醐味を。 

晩飯をカレーのみで済ませようとしていた団体には・・・・^^;


で、1kg以上あったホルモンなど、みんなで旨い旨いと、夕食までに完売。


子供たちのカレーが出来ましたが、申し訳ないがシャブシャブで全く食べる気がしないので、愛想でお皿に半分だけ頂き、
文字色
あと隠し玉に持っていってた長野県しなの町の生でも食える糖度15度のトウモロコシをアテに11時ごろまで飲んでました。

マナー的に、できれば10時にはお開きにしてほしかったんですけどね。 
でも、風もたーくさん飲みまして、気が付けば風が一人でしゃべっていたような気がするようなしないような・・・・^^;


んで、妻と出発前から、

「そんなに家族数があって、まさかカレーだけってことは無いやろ~~」

「とかなんとか言いながら、みんないろいろ持ってきてはるねんって」


などと言ってましたが、



ほんまにカレーだけでした。。。。。(大量のお菓子は買いこんであったようですが・・・・)
そしてキャンプ当日。。

そもそも、自分たちだけで十分にいつも楽しんでいる風家をがなぜ、このキャンプに誘われたのかもよくわからないのですが、
どうやら、親友M君がまず誘われてて、初キャンプとなるM君はキャンプベテラン?(と思われている)風をあまり深く考えずに、「一緒に楽しもう!」という感覚で誘ったようなのでした。


なんか、やな予感はしていたんです。

だって、「晩御飯は子供たちがカレーを作ってくれるから」と言うし、「1家族につき米2合を徴収します」とかメールくるし、

そもそも、1泊2日で晩御飯カレーという時点で『風家10か条』を破っているし。。。^^;


妻と、

「なんで俺らが誘われたんやろうか。」
「ほんまに子供が作ったカレーだけで夜を過ごすのか」
「せっかくやのに、なんか炭で焼いて食べたいよなぁ・・・」
「なんか勝手に持って行って自分たちだけ食べてたらイヤらしいやろうか」

などなど、いろいろ悩みは尽きず、

熟慮した結果、小さな七輪と、ホルモンを適当に持っていくことにしました。

ホルモンだけなら、焼き肉BBQと違って、酒のあてにちょっと焼きながら・・・って感じでOKちゃうやろか?という結論です。


ああ、

楽しいキャンプでなぜこのように気を遣わねばなるまい・・・と、モヤモヤはしてたんですね。

でも、誘われた時に「行く」と答えたのも自分。もちろん娘は楽しみにしています。お友達といっぱい遊べるからね。


そして、一番の懸念は、風が団体行動ができない人間だということ。これに尽きるんですよね。。。

せっかくの休日の時間とお金をかけて遊ぶわけだから、人に合わせてつまらない時間を過ごすのはまっぴらごめんです。ただ誘ってくれたMの立場もあるってもんです。そこを崩さずに、でも自分のポリシーは守って、みんな楽しく、WinWinに過ごすにはどうすればいいか。。。ずいぶん考えました。。。(苦笑)


そして当日。キャンプ場までは1時間ほどです。チェックインが13時から。

みんなご近所さん。でも、道のりは1時間。

僕は、現地集合だと、信じて疑っておりませんでした


なのに、


まさかの、


驚愕の、、


近所のコンビニ駐車場集合。。。。



なぜに。。。(号泣)



そして、次の集合場所が、キャンプ場近くのコンビニ。。。。。

そこから現地まで車6台が連なって・・・・



いまどきどんな車にでもナビが付いてる時代、



意味が・・・  全く意味がわからないんだけどーーーっ!!



壮絶な1泊2日が幕をあけたのでした。。。
あるグループキャンプに誘われて。。

数年前に発覚した病気、実際には20年前に治療済だったのですが、なんと運悪く再燃しまして、このたびまた治療を半年間行うことになったわけです。

久々に読んだ人は??だと思いますが、まあ、風も鉄人では無かったというわけです。

治療開始から2か月、ほぼ順調で、薬の精度も高くなった今の時代、この状況なら9割くらいの確率で完治する見込みだそうです。身体はけっこうしんどいですが、がんばってあと4か月、山登りとマラソンは我慢して過ごします。


とは言え、別に普通に仕事もしていますし、家族で遊びにだって行ってます。もちろん、お酒も飲んでおります。

来年のGWにはまた雪山にテント担いで登ってることでしょう^^


で、本題。
先月になりますが、秋晴れの週末、あるグループキャンプのお誘いを受けたわけですが、

その数なんと6家族。そして風ファミリーが知ってるのはそのうち1家族のみという、超アウェーな1泊2日キャンプなのでした。


風にとってキャンプとは

自然とゆったり触れ合う時間を作る遊び
なわけですね。

山のぼらー風にとって、自然と触れ合うのは山で十分なのですが、ファミリーとなるとなかなかテントを担いで山に登るわけにはいきません
なのでファミリーキャンプというのは家族遊びの一つのツールとして使わせてもらっています。


ただ、世間のキャンパーはちょっとその感覚だけで来ているわけではなさそうですね。

まあ、すごいです。キャンプ道具の競演とでもいうんでしょうかね、あれ。

絶対にお前の自宅のキッチンより豪華やろ!!

というスペースが設けられていることがほとんどです。

机も木製(竹製?)ので、ガスコンロとそれを乗せるためだけのテーブル、調理用のテーブルが横にくっついてて、洗った食器類を乾かすアミの籠があって、それを吊るすためだけのポールが立っています。

独りに一つずつ、ゆったりすわれるキャンプイスがあり、なんとなんと、全面スクリーンで囲まれたテントの中に、それがゴチャゴチャと設置されているわけですね。

夜になれば、今から漁にでるのか?と見間違うほどのイカ釣り漁船状態のランタン。そして、意味不明な焚火

これまでそういうのを見て、たいがいに嫌気がさしてましたので、
この思いはきっちりと家族内で共有しておくべきだと、

我が家では「風家キャンプ10か条」なるものを作成して

キャンプに行く3日前よりリビングに張り出しております(笑)


一、正しいビール、おいしいお酒を持っていくこと
二、夕食は美味しいお肉料理
三、設営と撤収は短時間でサラッとクールに
四、サイト内は物が少なくいつも整然としていること
五、夜のイカ釣り漁船は禁止。照明は最低限に
六、ペット可のキャンプ場は避ける
七、ゲーム禁止
八、大量のお菓子は不要。おつまみもゆっくり調理したものを
九、カレーを作るなら二泊目以降
十、イベントや遊びにこだわらず、自然に囲まれた時間そのものを楽しむこと


という、風の独断と偏見に満ち溢れた十か条であります。


ところが、このグループキャンプは、この十か条を掲げる風家にっては、大事件だったのです。


誰が読んでるかわからないけど、 

つづく。。。
改めて

亡くなられた50数名の方々と、現在も行方不明とされている方々に、心より哀悼の念を。

同じ、山のぼらーとして、本当に驚きと絶望の凄まじさを想像せずにはいられません。

不謹慎ですが、私個人の見解としては、この被害者数はあの噴火の現状を考えれば少なくて済んだと思っています。
もし自分があの場にいてたら、逃げのびれたであろうか。独りならなんとかなったとしても、もし家族を連れていたら、走って降りることもできなかっただろう。

ただただ、山は怖い と、再認識した次第です。

山に登ってるからこそ、山の怖さをよく知っていると、自分で思ってます。そして遭難による死者数の多さも。

今回の御嶽山の噴火ではおそらく60名前後の死者となるでしょうが、実は、昨年の山岳遭難による死者・行方不明者数はなんと320名
この御嶽山の実に5倍以上の人が死んでます。一気に60人死んだわけではないのでこのようなニュースにならないだけで。
26年は400名くらいの数字になるのかもしれません。

みんながみんな御嶽山のように不可抗力ではなく、ほとんどが自らのミスが起因とするものなので、なんでもかんでも山のせいにするのは反対ですが、
さらっと人の命を奪ってしまう場所であることは間違いありません・・・・

と、ここまで書いて思うことがあったので、ググってみましたところ、

昨年の交通事故死者数は4,373人なんですね。ちなみに、自殺者数は27,238人。

人が死なずに済む対策ってのは、結局は何をやってもできない。ということが示されているようにも思えてしまいます。


いつでも、どこにでも、どれだけ気を付けても、死んでしまうような危険は潜んでいると、

そう思って生きていかねばならないのですね。。
Design by Pixel
Copyright © ♪♪kazeの声♪♪. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。