スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
な゛ぁーーーーぢごんにゃーーーーだわヴぃぃっちわわぁ~~


観に行ってきました。

ずいぶん前からチケットをゲットしておりました。すごい人気ですね、この演目。


オープニングはテレビでも紹介されてるしYOUTUBEでも出てるし、子役オーディションの特番もあったりで、
だいたいどんなことやってる舞台かは誰もが知ってるような、有名なミュージカルとなりました。


凄かったな~と思うところ 

①動物の動きのクオリティが高過ぎ

②ラフィキ(さる)の歌のうまさはもとより、存在感、テンポ感、声の明るさ、どれをとっても一流。

③成人ナラの歌唱力が秀でてた。

④舞台セット、演出は、秀逸。さすがとしか言いようがない。

⑤子役の二人の背負ってるものの重さにちょっと涙がでた(笑)

あれれ?と思ったところ

①ムファサ(父ライオン)、いい存在感があったけど、歌が下手。

②成人シンバも、歌唱力無いな~~ 高い声やでかい声はいい響きで出せるのに、グッとアリアを歌いこむのは全然。響きが取れてない。まあ、若いな。


要は、一番主役どころの歌が上手くなかったところが、風的には物足りんかった。


音楽を落とすものは去れ

これ、劇団四季の稽古場の入口に書いてあるんだそうで。


えっと、


シンバ、なかなか落としてたぞ・・・^^;



小2の娘は、感動しっぱなしでした。 

「私も、あれに出たい」

ってお約束のように言い出したので、


「いいよ。でも、どれだけ練習が厳しくても、怒られても、泣かされても、最後まで辞めたいと言わずにやりきるって約束できるならね」

と、彼らがどんな苦労を背負ってるかわかってないので、少しだけ、臭わせただけなんですが、


「ああ、じゃあいい、無理無理」


と一瞬であきらめちゃいました。 しんどいことと、怒られることは、大嫌いのようです。。。 

だんだん普通の子になっていってるよ、おねえちゃん・・・・^^;


さて、


観劇しながら、ずっと、風は考え事をしておりました。



息子のデビューへの道のり、まず、何からやらせたらいいんだろうか・・・・(笑)
スポンサーサイト
ちょっと暇だったので・・

輝く女性/STAP細胞はあります/バックビルディング/まさ土/トリクルダウン/デング熱/ダメよ~ダメダメ/2025年問題/危険ドラッグ/アイス・バケツ・チャレンジ/家事ハラ/マタハラ/ありのままで/レリゴー/こぴっと/ごきげんよう/リトル本田/J婚/ゴーストライター/タモロス/マイルドヤンキー/リベンジポルノ/JKビジネス/絶景/レジェンド/ゆづ/妖怪ウォッチ/塩対応/マウンティング(女子)/こじらせ女子/女装子/号泣会見/セクハラやじ/集団的自衛権/限定容認/積極的平和主義/勝てない相手はもういない/カープ女子/ワンオペ/ハーフハーフ/消滅可能性都市/壁ドン/ミドリムシ/壊憲記念日/イスラム国/雨傘革命/昼顔/塩レモン/ビットコイン/エボラ出血熱/

これ、新語・流行語大賞だよね。

知らん言葉が多いな~~
あと、知ってるけど流行ってたか?と首をかしげる言葉も多い。
それと一番特徴的なのは、「一部で流行っただけ」という言葉がまあ多いこと。
ネットニュースや特集記事から派生した言葉も多そう。

そういうのは、別に大賞取る基準にならんと思うので、

今年は、


号泣会見でお願いします。^^
毎日いろいろ

残念ですが、今年の奈良マラソンは棄権ということになります。ゆっくり選挙速報でも見て過ごします。。

さあて、
某報道番組で許されない勘違い発言を見つけましたので、ちょっと吠えてやろうかなと。

こういう事件がありました。

**********************
3歳の女の子を両親が衰弱死させた事件で、父親が書いた娘宛ての手紙を入手した。
そこには、残酷な行為と真逆の愛情表現があった。
愛情が憎しみへと変わったのは、いつの時点だったのか。
3歳の長女を衰弱死させた殺人の疑いで、両親が逮捕された事件。
亡くなった紗弥音ちゃんは、母親と別の男性との間に生まれた子どもだった。
逮捕された父親(22)は、2013年の3月、母親と結婚する際、紗弥音ちゃんに宛てた手紙を書き、「パパになりたい」とつづっていた。
そんな父親が、いったいなぜ、残酷な虐待行為に手を染めることになったのか。
「さやねちゃん さやねが1才の時にパパとママが出会いました。」という書き出しで始まる、父から娘への手紙が送られたのは、2013年3月に開かれた結婚パーティーでのことだった。
中略
「さやねの事を知ってから、最初はパパとさやねの間にはきょりがあったけど、一緒に遊んだりだっこしているうちに、さやねのパパになりたいと思ったんだよ」とつづられていた。
妻と別の男性との間に生まれた紗弥音ちゃん。
この時、友希容疑者は、紗弥音ちゃんと養子縁組を結び、自分の娘として育てる決意をしていた。
また手紙には「みんなでお出かけした時に、三人で『おいで』って手を出したら、迷わずパパの所に来てくれて、めっちゃうれしかったよ。その時にさやねのパパになるって決めたんだよ」とも書かれていた。
友希容疑者の手紙は「病気とか足の手術とかで辛(つら)かったと思うけど、よくがんばったね。パパはずっと応援してたよ。今はまだ一人で歩けないけど、さやねと手をつないでお出かけするのがパパの夢だから。歩く練習をパパとママと一緒にがんばろうね。みんなでさやねを応援してるよ。 さやねのパパより」という言葉で結ばれていた。
新たな家庭を築く決意は、どこに行ったのか。
友希容疑者と19歳の妻は、共に容疑を否認している。
***********************

と、こんな報道をもとにコメンテーターが的外れなことを言ってました。
「こんなに愛情たっぷりでこの子を育てていこうという覚悟があったのに、こうも変わってしまうとは、本当に子育ての難しさを痛感しますね・・・」

馬鹿か?こいつ。誰とは言わんけど、モーニングバードに出てるおばはん。

そもそもこの手紙が本心だと、思った人間がいるのなら、これは驚きだ。

あれが本心なら、
1年後にどつきまわしてネグレクトして殺してしまうかよ。

あのチャラくてアホな男が結婚パーティとやらでやったことは、

娘へ対しての思いを告げた。。。ではなく!

優しい自分をみんなに見てもらってお涙ちょうだいシーンを作って喜んでただけですから!!

残念!!

それも病気で障害をもってる子どもに対して無駄に優しさを押し売ってからに。そりゃ感動させやすいだろう。


あのね。

ほんとにね、経験者だから言うよ。


血のつながってない子を養子縁組して、しっかり愛情を注いで立派に成人させることが、どれだけの迷いと覚悟が必要なことか。

どれだけ自分に自信があったとしても、「あの時に僕は君のパパになるって決めた」みたいな簡単なシーンなど、
もしあったとしたら、勘違いかうぬぼれ。要は自己中心的な妄想です。

あれは、娘に対して言ったことではなく、嫁となる女に、「俺って優しいだろ?男前だろ?かっこいいだろ?」って書いてある手紙なんです。


だいたいそんな楽天的なこと、言うてられません。正常な心の持ち主なら。

自分は正直なところ、「成人した時に、これでよかったと思えたなら、なんとかそれで。。」ぐらいが、最大限、アッパーで思い至った結論だった。思春期になればとても厳しい時間が待ってるだろうと思ってるし、その結論に至らない可能性のほうが高いかも知れないとも思ってる。

それだけ重いんです。冷静に考えれば考えるほど、この子のことを思えば思うほど、自信がなくなってきます。
あっけらかんとベタな手紙披露という軽すぎるパフォーマンスをやってるようなヤツを信用してる馬鹿がいるならここにでてこい!と言いたい。


これは子育ての問題ではない。 このチャラい男のアホさが問題である。

わが子を虐待死させた親が逮捕される報道で、「周りのサポート」に対して言及するコメンテーターが必ずいる。絶対にそれを言う。

悪いけど、それを言ってる限り、虐待は絶対に減らない


すでに社会のルールに適応できてない人間が、社会生活を営む能力を失ってる人間がこういう事件を起こし続けてることにしっかり目を向けるべきである。そんな人間が助けを求めるシステム?そんなものはない。理論が破たんしてる。

この子のためなら死ねる という感情を親は持つ。

それが正常な親の姿だと思う。

自分がしんどいからこの子を殺したいという感情を持つ親は、正常な思考回路ではなく、あえてこういう言い方するけど、精神障害者である。
精神に異常をきたしてる。

わが子に愛情を持てない欠陥商品のような人間に同情の余地はないが、これが精神障害者というくくりなら、対応策は考えるべきと思う。そしてそこはシビアに考えるべき問題だと思う。


いいか、子育てを悪者にするな。それは子供を悪者にしてることと同じだ。 100%、子供は悪くない。

子育てしにくい日本が悪い? ふざけるな、己の問題は己で解決しろ。 子を産んだのだから、お前は大人だろ。


普段から何度も言ってるが、子育ては大変でなはい。それ以外の時と比べて、体力が必要なんだ。自分の時間をわが子に費やすことが大幅に増えるんだ。でもそんな物はちっぽけな負担だと思える極上の幸せが隣にあるはずなんだ。

たったそれだけが不可能な未完全な自分なら、産むな。 何でも子育て失敗を児相や行政、地域などの、人のせいにしようとする風潮にはほとほとあきれる。

中学校の音楽の教科書で習った、シューベルトの歌曲です。

中学教育の題材の中で、この「魔王」と「モルダウ」は何故かかなりの記憶に深い楽曲なのだそうです。

おそらくドイツ語と日本語と両方聴かされたことかと思いますが、特に記憶に残ってるのが日本語の歌詞。

父に抱かれて馬に乗ってる子供が急に恐怖に慄いて、
「おとーさん、おとさーん!そこーにーほらー、まおうが呼んでいるよー!」
と子どもが父親に助けを訴えるが、最後には息絶えてしまうという、なかなか衝撃的な歌詞と迫力満点のバリトンの歌唱です。

で、

別に宣伝でもありませんが、今年もクリスマスディナーコンサートってのを、相変わらずやることになってまして、
そこで数年前からとにかくリクエストが絶えない、魔王を歌うことになったわけです。

まあ、歌うならみなさんよく御存じの、あの日本語歌詞で歌うのがよかろうと、ちょっと調べてみますと・・


かぜのよに うまをかり かけりゆくものあり
うでにわらべ おびゆるを しっかとばかりいだけり
-父-
ぼうや なぜかおかくすか
-子-
おとうさん そこに みえないの まおうがいる こわいよ
-父-
ぼうや それはさぎりじゃ
-魔王-
かわいいぼうや おいでよ おもしろいあそびをしよう
かわぎしに はなさき きれいなおべべがたんとある
-子-
おとうさんおとうさん きこえないの まおうがなにかいうよ
-父-
なあにあれは かれはのざわめきじゃ・・・


と、検索して出てくる歌詞はみんなこんな感じなんですね。 

あれ?なんか、俺が習ったのと違うぞ??と思ったわけです。
わらべとか、さぎりとか、おべべとか、そんな単語、どうも記憶にありません。

周りの30代40代あたりにも聞いてみますが、たしかにみんな習っているのは風が覚えているのと同じのようです。


で、いろいろ検索してみたところ、どうやらあれは文科省が教科書の教材として独自に作った歌詞なんだとか。
中1にもわかりやすい歌詞にしたんでしょうね。

一般に日本語版として歌われてる魔王の歌詞より、この文科省版が圧倒的に有名だという、日本の魔王事情であったわけです。


せっかくなのでこの文科省版で歌いたいと思い、知り合いの中学校音楽教師に連絡し、歌詞を送ってもらいまいた。


   暗い森、走る馬。
   その背には、親と子。
   震え慄く我が子を、しっかと父が抱いて。

   「坊や、そんなに寒いのか?」
   「お父さん、そこに魔王がいる!
    怖い目の魔王だよ」
   「坊や、それは霧だよ」

   「かわいい坊や、来なさい。
    城に来て遊びなさい。
    バラの木は香るし、洒落た着物もいっぱいある」

   「お父さん、お父さん、そこにほら、魔王が呼んでるよ」
   「坊や、あれは 風の音だよ」

   「坊や、早く来なさい、綺麗な姫が待っている。
    姫と一緒に踊るのだ。
    暖かい部屋もあるよ。
    来なさい、坊や、さあ、早く」

   「お父さん、お父さん、そこにほら、魔王の娘が!」
   「坊や、坊や、よくごらん。
    枯れてる柳の木だ」

   「かわいい子だ 来なさい坊や、
    来なけりゃ、さらってくぞ!」

   「お父さん、お父さん、魔王がほら、ぼくの手を捕まえる!」

   あえぐ わが子を抱きしめて 馬に鞭打ち ようやくに戻れば
   我が子は、息絶えていたという。



これですこれです。

あとは、三連符地獄に陥っていただくピアニストに土下座して、本番は楽しく怖く恐ろしく、歌いたいと思います^^;
さらば親知らず・・

抜いたった。 

これまで、「歯が大きくて根も深い。顎の神経に絡んでる可能性もあるので、口腔外科手術で抜くことをお勧めします」と言われてたもんで、
実はその段取りで病院に行ったこともあったのですが、2,3日入院って言われて仕事の段取りもあるし、とりあえず辞めたんですよね。。

しかし、この問題の歯医者は、「行けますよ。早く抜かないとこの炎症が治まることはもう無いですよ」という。

悩んだ

いや、もしかしてこの歯医者は腕がいいのかもしれない。
先日からいろいろやらかしてるのは歯科衛生士で、別に歯医者の治療に問題があったわけでもない。(多少治療の手が雑いような気がしたが・・)

そして先週末。

ついに抜く決意。 まあ、抜いた過程などはあえてここに書きません。ただただ、しんどかったというだけで。。
一応、無事に抜くことはできました。

とーぜん、

抜いた日の夜は激痛です。 ロキソニンととんぷくのダブル痛み止めでなんとか夜を過ごし、

翌土曜日。 これが土曜参観。 朝から、少し痛むのでロキソニンだけ食後に飲むと、あとは体調も良く痛みもそれほどでない。
おお、いい感じだなと思ってその晩は焼き肉を食べてビールを飲んでたわけですが、
これが悪かったか、そもそも親知らずを抜くことはそういうことなのか、

未だに腫れと痛みが治まりません。。。

毎日ロキソニン3錠生活で、いつも胃は調子悪いし、何より身体がけっこう疲れます。


あと1本、残ってるんですけどね、親知らず。。。。



ああ、この耐える生活から、早く脱したい(ToT)
Design by Pixel
Copyright © ♪♪kazeの声♪♪. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。