スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
秋雨穂高レポート vol.1

そんなこんなで、友人Mと二人で行ってきたわけです。

彼とは呑み友達でもあり家族ぐるみのつきあいをしている大事な親友です。
特にこれまで子どものいなかった風が急に子を持つ世帯になった時、彼の存在は大いに助かりました。
なんせ、娘は車で1時間も離れた知らない土地に引っ越してきて、小学校に入るまでは全く知ってる友達がいなかったわけですから、彼の娘たちに遊んでもらえることが風家へ来る唯一の楽しみだったようです。
思い返せばいろいろ複雑でした。。。^^;


さて出発は3時半の予定。

少し早めに準備ができたので3時20分にはMの家を出発です。車は最近120km出すとハンドルがブルブル震えだしてきた、愛車シトロエン。

男同士グダグダお喋りしながらあっというまに平湯温泉あかんだな駐車場着。

その後シャトルバスに乗り、8時過ぎには上高地までたどり着きました。

この日はいい天気です。

それは最初からわかっていました。

せめて、この天気、明日の正午あたりまで続かないものか、なんとか天気の崩れが遅くならないものか、

ただただ祈るだけです。。。


初上高地のMは、けっこうなハイテンション。。

「登山者は上高地で長居はしない。観光客ではないんだから」と、最初に言っておきましたが、
やはり記念写真だけはしっかりと撮らせてあげました。

だって、

今回の山行において、

これが最初で最後の穂高の雄姿なのかもしれませんから!残念!(なつかしい。。)

karasawa01.jpg


彼は初穂高でよく頑張ったので、顔は三歩にしてあげました。出血大サービスです(笑)


本日は涸沢のテント場までの道のり。

ほぼ平坦な梓川沿いの遊歩道をまずは11km

その後登山道となり、標高差750mほどを登ります。全行程で6~7時間ってとこです。



あれが明神岳、何峰だとか、前穂のなにがし、屏風岩、南岳、北穂、涸沢岳等々、、見えるものはだいたい説明しながら、
karasawa02.jpg


最終的にはなぜか風が超バテて、予定より30分ほど遅れで涸沢に到着です。睡眠不足と、久々のテント泊装備に、この日はシャリバテを起こした感じでした。。昼もおにぎりひとつだけしか入らなかったし。。


しかし、テントを張って涸沢ヒュッテのテラスに来れば、もうご機嫌です。
天気も、なんとかギリ持ってくれてる感じですかね。稜線にはガスがかかったりしてますが、綺麗です。360度を3000mの岩の稜線に囲まれたこの神々しい景色は、見ることができました。

まあ、景色という意味では、今回はここがピークでしたけど(苦笑)

karasawa03.jpg
注・・・写真はほとんどMに任せていたので、風撮影ではございません。。。いつもの風の山写真の構図と違うなあ・・と思われた方は、さすがです。


そして、超ご機嫌の二人。。
karasawa04.jpg


夕食は必殺の厚切り牛タン焼肉

周りのテント泊の方々、極上の匂いをお届けしてしまい、申し訳ございませんでした!


こうして初日(だけ)は、楽しく夜が過ぎて行ったのでした。。。
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Design by Pixel
Copyright © ♪♪kazeの声♪♪. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。