スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あるグループキャンプに誘われて。。

数年前に発覚した病気、実際には20年前に治療済だったのですが、なんと運悪く再燃しまして、このたびまた治療を半年間行うことになったわけです。

久々に読んだ人は??だと思いますが、まあ、風も鉄人では無かったというわけです。

治療開始から2か月、ほぼ順調で、薬の精度も高くなった今の時代、この状況なら9割くらいの確率で完治する見込みだそうです。身体はけっこうしんどいですが、がんばってあと4か月、山登りとマラソンは我慢して過ごします。


とは言え、別に普通に仕事もしていますし、家族で遊びにだって行ってます。もちろん、お酒も飲んでおります。

来年のGWにはまた雪山にテント担いで登ってることでしょう^^


で、本題。
先月になりますが、秋晴れの週末、あるグループキャンプのお誘いを受けたわけですが、

その数なんと6家族。そして風ファミリーが知ってるのはそのうち1家族のみという、超アウェーな1泊2日キャンプなのでした。


風にとってキャンプとは

自然とゆったり触れ合う時間を作る遊び
なわけですね。

山のぼらー風にとって、自然と触れ合うのは山で十分なのですが、ファミリーとなるとなかなかテントを担いで山に登るわけにはいきません
なのでファミリーキャンプというのは家族遊びの一つのツールとして使わせてもらっています。


ただ、世間のキャンパーはちょっとその感覚だけで来ているわけではなさそうですね。

まあ、すごいです。キャンプ道具の競演とでもいうんでしょうかね、あれ。

絶対にお前の自宅のキッチンより豪華やろ!!

というスペースが設けられていることがほとんどです。

机も木製(竹製?)ので、ガスコンロとそれを乗せるためだけのテーブル、調理用のテーブルが横にくっついてて、洗った食器類を乾かすアミの籠があって、それを吊るすためだけのポールが立っています。

独りに一つずつ、ゆったりすわれるキャンプイスがあり、なんとなんと、全面スクリーンで囲まれたテントの中に、それがゴチャゴチャと設置されているわけですね。

夜になれば、今から漁にでるのか?と見間違うほどのイカ釣り漁船状態のランタン。そして、意味不明な焚火

これまでそういうのを見て、たいがいに嫌気がさしてましたので、
この思いはきっちりと家族内で共有しておくべきだと、

我が家では「風家キャンプ10か条」なるものを作成して

キャンプに行く3日前よりリビングに張り出しております(笑)


一、正しいビール、おいしいお酒を持っていくこと
二、夕食は美味しいお肉料理
三、設営と撤収は短時間でサラッとクールに
四、サイト内は物が少なくいつも整然としていること
五、夜のイカ釣り漁船は禁止。照明は最低限に
六、ペット可のキャンプ場は避ける
七、ゲーム禁止
八、大量のお菓子は不要。おつまみもゆっくり調理したものを
九、カレーを作るなら二泊目以降
十、イベントや遊びにこだわらず、自然に囲まれた時間そのものを楽しむこと


という、風の独断と偏見に満ち溢れた十か条であります。


ところが、このグループキャンプは、この十か条を掲げる風家にっては、大事件だったのです。


誰が読んでるかわからないけど、 

つづく。。。
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Design by Pixel
Copyright © ♪♪kazeの声♪♪. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。