スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
後日談&キャンプ考
結局のところ、後に残った思いは、
「ああ、ちゃんとしたキャンプがしたい・・・」でした。
しかし秋ってなんだかんだと予定が多い。家族全員土日がまるまる空くことがほとんどなく、言うてる間に10月も終わりに。そして予定はつかずキャンプシーズンはオフを迎えてしまいました。一人なら厳冬期のアルプスにでも行ってますが、1歳の子を連れてくには厳しいシーズンです。

するとどうでしょう、
もう今年は行けないとなると、行きたくて仕方がなくなるもんなのですね。
来年の春に向けていろんなイメージトレーニングが風の脳内では始まってます。。
まず、どこに行こう。ここからですね。

風の好みのキャンプ場は、いくつかポイントがありまして、
まず、広いフリーサイト。これが理想です。

 ※フリーサイトとは、区画割が無く自由に張って頂戴!というサイト。オートキャンプ区画より割安なことが多い。ただし、車を横付けにできないことも多く、駐車場から荷物を運ぶ手間も必要になる。。

オートサイトって、車を停めてテント張ってタープテントを張ればいっぱい。そして宅地造成したての住宅地みたいでなんか自然感が少ないのです。おまけに電源が付いてるサイトとかが人気ってそれどうよ

風的には、広ければ、山でも芝生広場でも山林でも、どこでもOKです。
こんな感じが理想ですね~ (写真:兵庫県 若杉高原キャンプ場)
tumblr_mndx0ghkCj1sqfcblo1_500.jpg

関東圏内ですと、富士山麓に芝生の広いキャンプ場はたくさんありますけどね。奈良からはちょっと遠い。

そして、キャンプと言えば風家10か条があるように、無駄を極力削除して、美味しく飲み食いしながら、五感で自然を楽しむことだけに時間をゆっくり過ごすことがモットーなのですが、

先日書いた記事のキャンプから帰って、数日後にこんなテレビ番組をたまたま見てしまったわけです。

カンブリア宮殿 スノーピーク回

はっは~~~ん

こういう連中が、あのごちゃごちゃと物の多い、キャンプ用品陳列大会か?みたいなオートキャンプをけん引してるんだね~ ということがよくわかる番組でした。

そしてその番組でキャンプしていた人たちは、存在は噂には聞いていましたが、
いわゆる「ぴーかー」と言われる人々です。
全てを馬鹿高価なスノーピーク商品で揃え、ランタンいっぱい灯しながら逆三角形の台でたき火してはる人たち。(風のイメージですが。。。^^;)

ネットでもよく見られるピーカー批判は、そういうめっちゃ金をかけてる(かけることの出来る)人への妬みもかなり入っていますが、それとは別に、「うるさい」というのもこのぴーかーの特徴だそうで、一家族オンリーのキャンパーというよりは、グループキャンプが多い。キャンプ道具自慢大会が始まってそれが尽きない。こういう輩はだいたい夜が遅くて、周りの迷惑になる。

番組ではいいことをたくさん言ってはりましたが、現場を知るキャンパーからは決して評判のいいものではないスノーピーク。確かに物は良いが高価過ぎる。こだわり色が強すぎてもはやキャンプのほうが自宅より居心地がいいことを目指してる?というキャンプ本来の目的を逸したところに値打ちを見出すメーカー。

とかなんとかいいながら、風家で使ってるキャンプ椅子はスノーピーク(笑)
だって、昔からキャンプやBBQで使って椅子(\1980で買った)が、ボロボロで布部分が裂けだして危ない状態だったので、新調しようとスポーツオーソリティに行ったところ、一番座面幅が広くて座りやすかったのがスノピだった。まあ、そこに置いていた商品の中での選択でしたが。
でもいい椅子です。一番キャンプで長い時間を過ごす場所でもありますから、一脚7000円も出して買ったわけです。いい買い物だったと思っています。(っていうか子供用も合わせて3脚で2万円超。いい買い物だった思いたい。。^^;)


何はともあれ、自然の美しい空気を吸いながら、飲むビールも食べるお肉も、大変幸せな気分になれることは間違いありません。
そこで風は、せっかくの自然をシャットアウトするかのごとくテントで寝室&LDKと生活スペースを囲うように作成し、その中でいろんな物をごちゃごちゃさせて、第3のビール飲みながらシャブシャブのカレーを食べることへの楽しみを分析はしようと思っています。ただの興味本位です。。

というまとまりのないお話でした(笑)
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Design by Pixel
Copyright © ♪♪kazeの声♪♪. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。