スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
子どもを守れない。。

地域のつながりが安全を生む・・・

みたいなつまらんコメントを一生懸命まくしたててるコメンテーターがいました。
本当に馬鹿だね。事件の本質と深刻さを何もわかっていない気がする。
和歌山の小5児童の殺害の件についてやってたんですけどね。

少し似てるんですよね、あの事件があった和歌山の住宅街と私が住んでいる住宅街。
まず、住宅街に進入する入口が片方向にしかないこと。
これは、通過交通というものが無くなります。うちも一緒で、抜け道利用する車が無い。抜けれないから。
なので、普段、走ってる車は住民の物か、配送業者くらいなもんです。
区画整備後に家が全て埋まらず、空き地が存在すること。
これも、少し似ています。うちは小さな公園もいくつか作られてますので空き地では遊んでないみたいだけど。
そして、新興住宅街で、子供の数が多いこと。うちも見事に当てはまります。

要は、うちの娘が家の窓からでも見えるような近所の小さな公園で遊んでたら、知らない男が近づいてきて、ブスッと刺された・・・という事件に対して、地域は何ができるのか?ってことなんです。
地域のつながり、ありますよ。うちは。
挨拶もよくしますし、向こう三軒両隣の付き合いもあります。子供を軸に親同士が繋がります。子供会もかなりの人数でやってるし、夏祭りもものすごい人数で盛大です。
でも、この寒い時期に、公園で子供が数人で遊んでる場所に、地域のつながりがあるからと言って、だれかジッと見守ってくれるというのでしょうか。

だいたい犯人だって、だれか大人が見てたら、その時は刺しにこないだけ。大人の姿が消えたら刺すでしょう。
子どもだけで外で遊ばせなければいいと考えるも、それも話のポイントがずれる。
通学・習いもの・犬の散歩・玄関前で縄跳びの練習などなど、親が張り付いてなく子供が外に出る用事なんて毎日どれだけあるか。
犯人は、狙えるときに狙う。機会が少なくても、その一瞬をきっと狙う

たまたま誰もいなかったので、子供を刺したのではなく、どういう状況であれ地域事情であれ刺せるときに刺すのが、こういう犯人なんですよ。だから、防ぎようがない。こういう危険なヤカラを排除しない限り、子供は刺されて死んでいく

でも、まだ何もしてない奴に、危険かどうかの判断なんて、できっこない。

我が子を、こういう事件から守るという方法に関しては、手詰まりだと思う。 無差別に子どもを刺す人間がいるかぎり。
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Design by Pixel
Copyright © ♪♪kazeの声♪♪. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。