スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
槍ヶ岳北鎌尾根
考えれば一ヶ月後の今日は、上高地から横尾、槍沢を経て、東鎌尾根の水俣乗越を横断して天上沢へ下降、北鎌沢出合にてビバーク。っていう日です^^
訳もなくうれしい(笑)

東鎌尾根水俣乗越より先は一般登山道ではなく、バリエーションルートとなります。

その後、槍ヶ岳山頂の祠の裏側にひょっり出てくるまでの間は、全て自分でルートを判断し、エスケープすることも出来ず、小屋も無く・・・という時間です。

なんでこんなに槍や穂高に思いを寄せるのか。自分でも不思議なんだけど。。

北鎌沢出合でビバークして過ごした翌朝、しっかり朝ご飯をお腹に詰め込んで、いざ北鎌制覇へと出発です。

北鎌沢右俣を詰め、一気に北鎌尾根に出ます。
そこから幾度の難関を乗り越えて槍ヶ岳(大槍)の山頂へ。
槍の一般ルートは東側からハシゴを使って登ります。が、北鎌尾根からは北側から岩を攀っての登頂です。

時は海の日の三連休。槍の山頂はおそらく賑わってることでしょう。

槍に来る人の半分くらいは北鎌尾根の存在は知ってるので、祠の裏側からひょっこり現れることの偉業?はわかっておられます。
おそらく拍手を受けるでしょう。おめでとう!と賛辞を送られるでしょう。
別にその為だけにトライするわけでは無いんですケド・・・まあ、うれしいもんです。

で、こちらがその北鎌尾根から槍ヶ岳へと続くルート、北鎌尾根。
050714-19.jpg


大槍の右下には子槍が見えます。
♪アルプス一万尺子槍の上でアルペン踊りをさあ踊りましょっ♪ の子槍がそれです。

槍へと続く岩稜は東西南北から4つの尾根。

中でも一般登山道が無いのは北鎌尾根だけ。

是非、これから何十年何百年経ってもこの尾根だけは上級登山者のみに許される、あこがれのバリエーションルートとして守り続けて欲しいな。



スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する

やはりHNはシンプルなほうが覚えやすいもんですかね(笑) ちゃんと覚えてましたよ~

>大キレットを通ったとき

ハードっすね~ テント泊装備でその行程は僕でもギリギリの範囲ですよ。さすが体力は蓄えてらっしゃいますね^^

北鎌尾根、天気が良ければたっぷりと写真とってきます。
今、クライミングギアをどんなパターンで持っていくか悩み中です。。。


>そのうちかぜさんともバドしたいなって思ってます。

是非是非お願いします!
風は相変わらず派手そうで実は地味なバドしてますが^^;、そのときがくるのを楽しみにしてますね!!
かぜ | URL | 2006/06/21/Wed 08:52 [EDIT]
覚えていてくれましたか~
いやあ、うれしいです^^

槍には3回ほど登ってます。
最後のはしごが苦手です。。。

大キレットを通ったときはこんな感じでした。
1日目 上高地出発で槍沢を抜けて槍ヶ岳山荘へ テント泊
2日目 槍ヶ岳登頂して南岳を通り大キレット越えして北穂登頂のあと、から沢へ テント泊
3日目 から沢から横尾を通り上高地へ 下山

といった具合でした。
初日がめっちゃ疲れました。。。

北鎌尾根は写真をUPしていただけますようよろしくお願いします。
とても興味ありますので!

バドですが体が出来てないので調子は今ひとつです。
それでもかぜさんやたくさんのバドコメントを参考に
力で押すスタイルから考えるスタイルに変わってきてるかな??
と、思いたいところです(汗
そのうちかぜさんともバドしたいなって思ってます。
そのときはどうぞよろしくお願いします^^
CR | URL | 2006/06/20/Tue 23:28 [EDIT]
CRさん、こんにちは!お久しぶりです^^

バドから遠ざかっておられたんですね。復活して以前よりいいプレーが出来る日が来るのをお祈りしてます^^

北穂から大キレットに行かれたんですね。

それなら、槍に登るのはたやすいことですよ。一般ルートは鎖もハシゴも丁寧に設置されてますからね。

最近はバリエーションルートばっかりやってますけど、たまには北穂なんかもいいですね~ 山荘テラスでお茶したいな^^

ちなみに、今回、子槍に登る予定はありませんので、踊りません(笑)

っていうか、「アルペン踊り」ってどんなんか知らんし(汗)
かぜ | URL | 2006/06/20/Tue 13:09 [EDIT]
すいません。
北岳じゃなく北穂でした;;
CR | URL | 2006/06/20/Tue 12:44 [EDIT]
どうもこんにちは!
ヤフーのバド板に昔少々書き込みしたことのあるものです。
バドから遠ざかってましたがまた最近頑張り始めまして、
掲示板を眺めておりました。
そこからかぜさんのブログに来てみましたら山のお話が!!
私も山大好きです~
上高地はよく行きました。
槍ヶ岳の姿はとても絵になりますよね。
私も登攀してみたいですが、高所恐怖症なので無理ですね。
槍から北岳への縦走をしたとき、大キレットで足がすくみました。
あー・・・落ちたら死ぬんだなーって。
相方がいなかったら動けなかったかも知れません(汗

天候に気をつけてくださいね。
子槍の上で踊るかぜさんの写真を期待しています。
子ヤギの上でもいいですけど(笑

またお邪魔しますね~
CR | URL | 2006/06/20/Tue 12:39 [EDIT]
>コヤギ

下に同じです(爆) 

ただ、中学生の時に、クラスの女の子に思いっきり笑われたのがきっかけで「子槍」と知りましたが(笑)
かぜ | URL | 2006/06/14/Wed 15:35 [EDIT]
>そんな軽快な感じで踊れるようなところには見えないのですがきのせいでしょうか・・・?

踊れるスペースありますよ 二人くらいなら^^

写真の子槍は少しガスがかかってますが、実際に自分が行った時は綺麗に晴れた中で写真に納めたいですね。
いえ、踊ってる写真じゃなくて、遠目に見た大槍と子槍とをね^^;

大槍と子槍の間に、孫槍ってのがあります。見えますでしょうか?
ここから見ると間に見えますが、角度によっては高い順から三つ並んでるように見えます。

3つとも全て登りましたが、孫やりの上が一番「踊りにくい」と思います(笑)

なんせ、一人立つだけでも腰が引けちゃいそうなほど狭いので。。
かぜ | URL | 2006/06/14/Wed 15:32 [EDIT]
♪アルプスいまんじゃーく コヤギのうーえで アルペン踊りをさあ踊りましょ♪

ええ、、ご多分にもれず、、、
なぜ 子山羊の上でおどるんだろう、、、

子ヤギの雪ちゃんがかわいそう、、、

って思ってましたわ


ええ、、かなりオトナになるまで、、、(爆)
ヨメ&Aさんファン | URL | 2006/06/14/Wed 14:49 [EDIT]
>♪さあ踊りましょっ♪ の子槍がそれです。

そんな軽快な感じで踊れるようなところには見えないのですがきのせいでしょうか・・・?

ぜひ、踊っている様子がみたいです(笑)
みねるば | URL | 2006/06/14/Wed 12:30 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Design by Pixel
Copyright © ♪♪kazeの声♪♪. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。