スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スマッシュ改造計画その後

まあ、進んでます。
ちょっと走ってきたなって言われたりするようになってきました。

どうしても、テイクバックで腕をたたんだ状態から、頭の上に腕が伸び出して打つ癖がなかなか抜け切りませんでしたが、なんとか改善しつつあります。
打点を高くしようとする意識を一切捨ててしまわないと。
初心者時代から教えられたこの意識のおかげで随分変な癖がついてしまったことになる。
「結果的に打点は下がらないから」とのことらしい。
高い位置でシャトルに触ろうとする感覚が、腕が伸びきって力が入りにくい状態でのショットに繋がってるんだってこともわかってきた。

相変わらず、スマッシュをたくさん打った日、今までなら関節がズキズキしていたのですが、今は肩の筋肉が張ってる状態。関節は全く痛くない。無理な可動域を使ってないからなのか。
直した打ち方でも、次第に力の加え方がわかってきた。まだ手探り状態は脱してはいないけど。
たまに、タイミングを違えて、平行スマッシュを打ったり、ネット下部直撃弾なんかも打ったりする。
でも、ヒットポイントを間違っただけで、シャトルの強さそのものは今までよりもいい。
まだまだ微調整をするために数百本、数千本打たなければならない。
ゲーム中のどんな状況でも体が正しい位置で捕らえてくれるまで。


昨日も月練に行ってまいりました。

以前からいるおじさんの娘さんが数ヶ月前より参加しており、その友達が2名、新たに加わりました。こちらも両方経験者。上手くはないけど、ゲームにはすぐに入れる。なんといってもまだ20代前半、すぐにのびるだろうね。

4面をフルに使ってさらに5名程度は余る状態の参加数。それでも休んでる人が片手以上いるというのに驚かされる。ひとえに風の功労か

Aさんは休み。

ふくらはぎの肉離れが再発した模様・・・ 

今日ご紹介するのは(何のコーナーや^^;)、隣市の大型社会人チームよりビジター参加している40代後半の女性。
バド歴なんと20年
所属のチームでどうやら取り残されてる感があって、練習場所を増やそうと、来られたようです。

こそっと小声で言いますが、この人、風ファンです(爆)

実は風がずぶの素人時代から、この人と一緒に練習する機会があったので、互いによく知ってるんですが、
数年前ある講習会に参加した時、ご一緒されてまして、その時のコーチのおっさんがまた辛口で、
「初心者(風のこと)がきっちり守ってやっとるのに、なんで君らがそんな横着しとるんやぁー」なんて言われてました(笑)
何故かその講習会ではバド歴2年足らずの風がえらくほめられて、おばさん組がけちょんけちょんに言われるのに終始してました^^;
おっさん、実は風に惚れてたか?

で、その後、妙に風に教えてもらいたがります。今でもしょっちゅう打ってくれと言われ、「どうしたら上手くなる?」と漠然とした質問をされ・・・・
もっと上手な人が自分の所属クラブにいるのに、不思議な人なんですが・・・
まあ、風が男前だからと言われればそれだけのことなんでしょうけど

一緒に組んで、あーだこーだ言ってますと、
「あ!そっか!そうやんな~!」
の繰り返し。
だからといって、次に直ってない。。。
出来ないのなら先に納得するなよっ;みたいな・・・^^
この人が上手くできるのは、落として前に入る動作。しかし、相手も強ければ、そんなに必死に前に入ろうとしたら、軽く背中にショート落とされるぞ~って思ってたらきっちりやられてたり。

長年のバド歴があるから、サーブと、ペアの邪魔をしないことに関しては、上手く出来る。
だから上手い人と組んでもらえばいいじゃん?って思うけど、中年女性同士の世界、いろいろあるんでしょうな^^;
最近の試合では素人くさい人とばかり組まされて、自分を起点に有効に攻めれないのを何とかしたいらしい。

でもね。。。
可哀相だけど、この人、ここが限界点かも。

なんでそう思うかって言うとね、
足が遅いのよ。。。
届く範囲は上手く打つけど、届かない範囲ってのがはっきりしすぎてる。
届く範囲に打ってくれる相手なら勝てる。でも相手がもう少し賢ければ手も足も出なくなる。
腰を落としすぎて一歩目が出ない、
ラウンド側も回り込まずにすぐに飛びもしないバックショットで逃げる、
前、きっちり足を踏み込んでロブを打てばいいのに、それが出来ずにラケットの先っぽをのばしてヘアピン。

これは、横着なのか、それともこれしか出来ないのか。

後者なら、もう伸びない。

もし前者としても、今までにも改善の余地はあったはずなのに、20年も経ってやってないということはこれからも横着し続けるんだろう。

結局、もう伸びない。


嫁がまだ2部や3部で出てた頃、女ダブでこの人と当たった試合もあった。
そのときに嫁が言ってたことが思い出される。

「あの人、頭悪いから」

苦もせずに勝ってました。


横着なのか、ほんとに頭が悪いのか、年齢的に限界なのか。


で、風は何を教えればいいのか。。。 
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する

背が小さいと打点の高さはどうしても欲しい・・・
なんて思いが返って変に大きなフォームで打つ癖を付けてしまってるのかもしれません^^;

>コンパクトに打つには肩は回さない

ほぅほぅ・・・

やってみる^^
kaze | URL | 2006/11/16/Thu 10:00 [EDIT]
「打点を高くしようとする意識を一切捨てて・・・」長くやってるとこれができないんです。
あとは、
「打点は低くても、コンパクトに強く」
「コンパクトに打つには肩は回さない」
なんてことを意識しながら練習してみればいいカモ・・・
ノッポ | URL | 2006/11/15/Wed 20:55 [EDIT]
>シモネタ

ワタクシ、、、しもねたはキライですわ。

ふふ | URL | 2006/11/15/Wed 09:17 [EDIT]
白昼堂々シモネタへ突入ですか?(爆)
kaze | URL | 2006/11/14/Tue 16:44 [EDIT]
>なにを教えればいいのか


ふふ、、知りたい?(わら)
ふふ | URL | 2006/11/14/Tue 16:11 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Design by Pixel
Copyright © ♪♪kazeの声♪♪. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。