スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スイング改造

なんか野球選手みたい(笑)

一緒のことだよね、バドミントンでも。
結局ラケットを振る「スイング」なんです。

プロ野球選手は、微妙なバッティングフォームの改造に常に取り組んでますよね。
イチローにしたってそうです。
彼のフォーム、しょっちゅう変わる。
振り子打法で日本プロ野球史上初となる200本安打を達成した時と、今のマリナーズでプレーしてるフォームと、全く違いますね。
タイミングの取り方は同じなんだろうけど、今は「振り子」をしていない。
一時はすごくオープンスタンスにしていた時もある。
あと、構えた時のヘッド(バットの先っぽ)の位置なんかは立てたり寝かしたり、年々変わってる。
これはイチローだけじゃなく、ほとんどの選手が微調整しながらやっています。

風、マッシュ改造計画を立ててから数ヶ月。

まだ目に見えて大きな変化はありませんが^^;、確実に微調整を感じれるようにはなってきました。
大まかな動きはなんとか身についてきたってことですね。

確かに変わったことと言えば、(あくまで以前の自分との比較です)
前衛に入ってる時に、速いプッシュが打てるようになった
ラケットヘッドが遅れないようになってきたという話です。
肝心のスマッシュは、まだ打点の取り違いをしてしまい、力の無い芯とタイミングを外したのを打ってしまいます。これが流れの中でどうしても体が覚え切れない
が、きっちり打てた時の重さはなかなかのもので、確かにエースを獲れる機会が増えました。

それともうひとつ、一番重要な、速い展開の中で速いショットを以前より打てるようになってること。
これは実感できています。やっぱダブルスはこれが全てだね
腕を伸ばさずにスイングするので、肘を方の後ろでキープしてるだけで、あとは振ればよいだけ。という感覚を大事に、気を付けてます。

コンパクトなスイングと強いショット、速い準備。少しずつ実になってきたかな?とあくまで自己分析^^;。
また、こういう意識を強く持ってやってると、自分の腹筋背筋の弱さを痛感(ToT)
スクワットはそこそこ自信がある(はず)。だから遠いシャトルに追いつくのは問題無いんだけど、キツイ体勢からきっちり打って、その次、その次、って動ける筋肉は、やっぱ腹筋と背筋だね~
それも、速い筋肉

バドは体鍛えないとレベルアップ出来ないスポーツだな・・・と実感してる、太り気味の風。。。(苦笑)

今年、バドできるのはあと2回かぁ。。

あまりバド的には飛躍できた年じゃ無かった。山的にはかなり飛躍出来た年だったけど。
そういう意味では今年はバドを少し休憩した年だったのかな。特に夏以降は頭の中が山にどっぷり支配されてたもんなぁ。。

よし。来年はバドのレベルアップの為の体を作ることから始めよう。

まずは絞るで・・・・この腹・・・・(ここにオチを持ってくるのがいい加減悲しい)
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Design by Pixel
Copyright © ♪♪kazeの声♪♪. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。