スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
二人の日本人との出会い
朝6時。
起床してさっそく出発準備にかかります。
シャワーしたかったけど、ここのホテル、まともにお湯が出ない。。
夕べはなんとか水に近いシャワーを浴びたけど、朝は気温も下がり、とうてい水シャワーを浴びる気になんてなれません。
今日泊まる予定のホテルは料金もけっこう高いのでちゃんとお湯も出るはず。。と、シャワーは諦めて、顔だけ洗い、ミネラルウォーターで歯を磨いて、パッキング。
食事は1階のレストランで。
バイキングスタイルで、パンと飲み物各種、あとスープが出ておりました。まあ、こんなもんでしょう。
風、レバーが苦手なのに、スープには炊き込まれた牛レバーがたっぷり^^;
さすがにこれは無理。。 バスで酔う前に、ここで吐いてしまいそうでした(汗)
パンとフルーツ、ミルク、コーヒーであっさりと朝食を済ませました。

ここで我々以外にお二人、日本人と出会います。それぞれ一人旅です。
お一人は女性(30代半ば)、もう一人は男性(30代後半)でお二人とも関東の方。
二人ともキリマンジャロ登山に今朝から出発されるとのこと。
同じツアー会社を利用してるので、今日のホテルも登山の斡旋も同じところです。
しばらくの間、この方達と共に過ごすことになったわけです。

7時半、シャトルバスが到着します。
20人乗りくらいの、まあ、、こんなバスで^^;
23-6.jpg

屋根の上に荷物を載せ、シートをかぶせます。雨が降りそうなんだけど、荷物濡れないかな・・・との心配をよそに、予約者の点呼を済ませると出発。
ケニアとタンザニアの国境、ナマンガという街まで約3時間のドライブです。

ここはアフリカ。いろんな意味で日本と違いますが(当たり前。。)、何が違うって、人の体臭がえらく違います。
日本人って、ほんと無臭(苦笑)

バス内もいろんなニオイがごっちゃ混ぜになってます。それだけで酔いそう^^;

日本人は我々4人と、あと家族連れの3人。
そう、キリマンジャロを登ろうとする日本人は非常に多いのです。

それと、これはけっこう驚きましたが、登山経験の無いツーリストがキリマンジャロを登るってのもかなり多いのです。
登山道はよく整備されているので、登るだけなら確かに小学生でも登れるらしいのですが・・・
まあ、登山の詳しい状況については追々説明します。


しゃべったり寝たりしながらなんとか酔わずにナマンガの国境まで到着。
ここでタンザニアのビザを取得し、入国。さらにバスで走ります。パスポートの中がいろいろ賑やかになりました^^

そこから1時間半、アルーシャという街でバスの乗り換え。
ここで昼食時間があったはずなんですが、なんと休憩時間はたった20分。。。
4人で近くのホテルの食堂に駆け込み、チキンとポテトの料理を大急ぎで食べて、またバスで出発。
胃がびっくりしてました^^;

さらに1時間半ほど走ると、今日の宿泊ホテルがある、モシという街です。
23-7.jpg

バスはホテルの中まで入り、荷物が下ろされるとホテルのポーターがあっというまにロビーまで運んじゃいます。
チップ争奪戦です^^;

まだタンザニアのお金なんて持ってないし、もちろん細かいお金も無い。
故に、チップとして渡す小銭がありません。。。

仕方がなしにUSドルで1$、払いました。

この国の平均月収が約50$ 月収の1/50のチップ。 
日本なら平均月収30万としたらなんと6000円!!
鞄をちょっと運んだだけで6000円かぁ。。。と思うと、今度から絶対に自分で運ぼうと堅く決意してしまう訳です^^; 
彼らは日本人を歩く貯金箱と思ってるだろうけど、自分に関しては決して余裕は無い(汗)

実は、もう明日から登山開始。 けっこうタイトなスケジュールなんです。
このホテルに、今回の登山会社「ZARA」の方達が来て、明日からの登山にかかる打ち合わせを行います。
自分が使った現地のツアー会社はココでは書きませんが、タンザニアのキリマンジャロ登山斡旋会社の名前は敢えて出させてもらいます。訳あって。

結局私たち夫婦と女性のBさんの3人が同じパーティだということが解りました。

男性のHさんは、オーストラリア在住のイギリス人、クリスという若い男性と二人パーティ。
出発日は同じなので登山口までは一緒に行くことになりました。


夕食前に外でキリマンジャロが姿を現しました。さすがに大きいですね~
23-8.jpg

富士山と御嶽山を足して割って2をかけたような感じ(笑)

天気は悪いみたいです。その後もすぐに雲がかかり、どうやら山は雨かなあ。

山頂付近は真っ白です。


日本人4人とクリスと5人で夕食。バイキングスタイルでおいしく頂きました。
体調を整えるために、この日はノンアルコール。ミネラルウォーターで乾杯です。
ここは本当にこの界隈ではいいホテルで、セキュリティもしっかりしており、ホテル内はかなり治安良さそうでした。ホットシャワーも出ました^^
Hさんにもらった蚊取り線香を焚いて、この日は蚊帳をせずに寝ます。刺されませんでした。

明日はいよいよキリマンジャロ登山。どうなるのでしょうか。。。


次号ではキリマンジャロ登山のルール?みたいなものについてです。
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Design by Pixel
Copyright © ♪♪kazeの声♪♪. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。