スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
レシーブ

今年の暖冬は決して異常気象というわけでは無いそうですね。
7~10年に1度は必ず起こってきた、エルニーニョ現象の影響だそうです。
地球全体の温暖化とはまた別の話のようですね。

おかげで寒い時期にはめっぽう弱い我がパートナーもこの冬はそこそこ動きがいいです(笑)
男ダブのペア通称もこみちと、ミックスはうちの嫁。二人とも寒い冬はからっきしです。
でも暖かいこの冬、3月の試合が楽しみですね~

昨日、レシーブについて3人(風・風嫁・もこみち)で話してました。
そう言えばスマッシュレシーブのタイプは三者三様だなって。

やりたいことが違うんですね。三人とも。
そんな会話をちょっと紹介してみます。

アナタはどんなタイプでしょうか。


まず風。 

基本、打った相手に強いシャトルを返します。(低めの速いロブorドライブ)
時にはスマッシュに負けないくらい強く返して相手が打ちあぐんでネットに逃げるのを狙う。
又はクリアしてもらうのを待って攻守を変える。
コースは打った人に向いてるからほぼストレートです。


男ダブペアのもこみち。

カウンター狙いが基本です。
彼はレシーブ位置を風より完全に1歩前に取ります。目と反射神経がいいんですね。
で、前に出てラケットを立てて待つことにより、高い位置で速いテンポでタッチすることを常に心がけてるんですね。
ただしタッチミスの多さはやや目立ちます。


で、風嫁。

女ダブでもミックスでも前に詰めてトップでの動きが得意な彼女は、基本、落として自分が詰めます
落としどころが悪かったり浮いてたりして相手前衛が上で取っちゃうと、ペアが後でグルグルに回されることになりますが、
ペアから見て、レシーブする時には既にトップに入ろうとしてる動きなので、後に回りやすいんですね。


もちろん、レシーブはスマッシュだけではないので、それぞれ他のショットが来た時のことも考えてるわけですけどね。

組むペアのことを理解するなら、まず、ココですよね。どういう守備をするか。

攻撃の形なんてそこそこのレベルになればみんなよく似たもんですし、要は決めればいいってなもんですけど、
守備は失点に直接繋がる場面で、さらには、そのまま押し込まれるか逆に攻撃に移せれるかの境目という意味もあって、けっこう重要だと思います。


アナタのタイプは?

そしてアナタの固定ペアのタイプは?



バドミントンは相手ありきなので確たるタイプを作るのはとても危険ですが、自分が得意なパターンを活かすというのは絶対的な勝利への道ですよね。

スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する

どーーせ、

ふ、ふんっ
超不機嫌なもの | URL | 2007/02/08/Thu 16:33 [EDIT]
気にしなくていいですよ、

あなたがそんなこと気にするときっとヨクナイです(笑)


今まで通り、イケイケドンドンのバドを貫いてください(爆)
kaze | URL | 2007/02/08/Thu 15:31 [EDIT]
守備ってなあに(爆)
超不機嫌なもの | URL | 2007/02/08/Thu 15:22 [EDIT]
なんでそんな怒んのんな(笑)
kaze | URL | 2007/02/08/Thu 14:37 [EDIT]
ふ、、ふんっ


超不機嫌なもの | URL | 2007/02/08/Thu 13:19 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Design by Pixel
Copyright © ♪♪kazeの声♪♪. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。