スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
登山は高くつく。。

当然です。登山用具というのは結局命を救う物。安いはずがないのです。

これだけ一年を通じていろんな山に登ってるのに、何が足りないんだ?って思われるかもしれませんが、実は風(嫁も)、道具は最低限必要なものだけで済ます派・・・なんていうとなんだか孤高のワイルド登山家みたいでかっこいいけど・・・実際のところ、いつも必要なものを買いに行くとその価格の高さについつい一番安手の物を買わざるを得ない状況だったりして^^;
まあ、これまでさほどの事故もなく登ってきたんだから、装備的にはそこそこ揃ったことになってるのでしょう。
しかし、ひとつだけどうしても未熟な装備があるんですね~
それが、キリマンジャロでも苦労し、2月の南アルプス仙丈ヶ岳においてはそれが原因で撤退したようなもの、

「靴」です。

革の、保温性も無い、メーカーだってマイナーな、登山靴。レベル的にはトレッキングブーツと重登山靴の間くらいかな。履きに履いて9年。どこを登るのもこの靴でした。
正月の北ア山行も。
基本、雪を歩く時は、足の指が鬼のように痛くなるものだと、そう思ってました(笑)
昔の登山家は偉いね、ゴアテックスも保温性能も無い靴でどこでも登ってたんだから。。

しかしながら現代人の風、もう限界でございます。
どうせなら2月の仙丈ヶ岳の前に買えばよかったんだけど、過ぎたことは仕方がない。今度のGWの鹿島槍に向けて、ちょいとコマシなブーツを購入することとしたのでした。

小物を購入する時は、近所の「好日山荘」
大物を購入する時は、大阪第2ビルの「IBS石井スポーツ」

いつものパターンです。

というのは、大物を買うとなると、それ相応の根拠が欲しい。要は店員にしっかり説明を求めたいわけなんです。大枚をはたくわけですから^^
石井スポーツの店員の中にはかなり説明能力に長けてる人がいます。
靴選びなんかでも、話してるうちにその客のレベル(山行の種類や体力)を見抜き、足の形もチェックし、総合的に合う靴を探し出してくれます。ですから、一足選ぶのに1時間くらいかかっちゃうこともザラにあるようです。

さて、愛車のZで颯爽と阪神高速をとばし石井スポーツのある大阪第2ビルへと向かいます。
実は初高速道路です^^
ところが夕刻の阪神高速は渋滞の連続、なにもおもしろくないドライブです(ToT)
おまけにせっかくのETCもカードを家に忘れたため使えず(TOT)

ま、いいんだケド。。。

到着すると靴に詳しい店員さんは接客中。現地集合でもう来るはずの嫁待ちだし、慌てずにブラブラと商品を見てました。
しかし、風の意識は陳列されている商品よりも、現在接客中の店員と客の女性の会話に集中してしまうことになりました。

客は50代女性。登山歴も長そうで、しょっちゅういろんな山に登ってる感じの人です。
山をとてもよく知った店員に山行経験自慢をするおばさん。

女性客、「もうちょっと、こう、軽くて足が痛くならへんのは無いの?」
この一点張りです^^;

軽い靴は総じてゴツゴツした不安定な登山道には弱いものです。
しかし、重いと疲れて足があがらなくなるんだそうです。
この女性、そういう靴を求めてこの数年でもうすでに5足以上は購入しており、今度のGWにまたどこか登るらしく、また買いにきてる様子。

あれも重い、これも重い。 

きっと店員さんと風は同じことをこの客に思ってたでしょう。

「体力つけてから登りにいけ。それならどんな靴でも重くない」

っていうか今の靴、軽くて高性能なものばかりなんですけどね。。。


話がそれました。僕の靴を買いに行った話です。。。。


この時期、厳冬期仕様の靴は在庫が減っており欲しいモデルのサイズが無い・・・とかいろいろ問題はあるのですが、基本的に冬モデルはバーゲンしてます。
結局、風も風嫁も、楽天などのネットで販売されている同商品の価格より5000円以上安く買えました。それでも高いんですけど^^;

詳しい店員の手がようやくあいたので、相談します。
2月の仙丈ヶ岳の話をして、厳冬期の3000mにも登る旨を伝えました。
今履いてる靴を言いますと、

・・・・ですね」

と言われちゃいました。。 あるいは、

「チャレンジャーなことしてますね~」


褒められました(苦笑)
夏山ではまだまだ履くけどね。好きな靴だから。


風、足がやや幅広でやや扁平足、甲は低い。なんだか水泳の足ベラみたいなこと言われちゃいました^^;
あまり選択肢は無く、数足の靴を履いて斜め立ちしたりしてフィット感を確認。
すんなり決まりました。やはり日本人ですね。日本製です。
シリオ712GTX 
img10012021500.jpg

八ヶ岳をオールシーズン通して登れるモデルというふれ込みでとても人気の靴です。この色と形、確かに山ではよく見かけます。
そして、風、初ゴアテックスです(笑)

価格は3.4万...


決まりかけた頃、ようやく風嫁が到着しました。
遅れた理由は「迷子」だそうで、
JR大阪駅から第2ビルの1Fにあるこの店までなんと40分かかったそうです(爆)
山やってるのにあの方向音痴はいつか命取りになるのではないかと思いますがどうでしょう^^;

さて、足サイズがやや小さい風嫁はレディースモデルでも在庫が微妙でした。
でも候補は3つできまして、
ひとつはクリフというけっこう渋めのモデル。形もサイズもフィット感もよかったのですが、これは縦走というよりはアイスクライミングに向いたモデルで、ノーアイゼンの時のグリップ力には欠けるとのこと。軽くていいんだけど私たちの山行スタイルにたいしては店員があまり勧めない。価格は3万台。
次に風とおソロのシリオ712。幅広モデルなため、中で少し横ずれする感じがあるとのこと。(これで決めてくれれば安く済んだんだケド。。。)

で、ついに手を出したのが、スカルパのサミットGTX
scarpa_summit.jpg

価格は高いけど超人気で、高性能、軽くて温かくてオールシーズン使えて言うことなし。そりゃシリオ712と履き比べたらいいに決まってる。(風は足の形が合わなかった。。)

そこまで手を出しちゃうのか・・・・と横で指をくわえながら店員と嫁のやりとりを傍観しておりますと、ついに店員、おもむろに嫁に履かせました。。。
嫁、表情が明るくなります。やはりバッチリ合った模様(ToT)

横ずれテストも問題なく合格。さらに軽さに驚いてます。

当然です。この靴はそういう靴なんです。だから価格も5万を超えるんです(ToT)

風嫁「これにしてもいい?」
風「た、たかいで・・・それ・・・」
風嫁「でもさ、靴が合わなくて登れんくて撤退とかしてみ?この差額分で済まへんで、その無駄になった旅費分

言うねぇ言うねぇ~

この手の理屈は風がもっとも得意とするパターンです(苦笑)


何はともあれ凍傷の心配をすることなく雪の上を歩けることとなりました^^;
が、来月からアルバイトでも始めようかと真剣に考えてます(大汗)

でも、今年も来冬もアルプス、ガンガン行くよ^^
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する

バドシューズがそんな値段じゃなくてよかった。。。。。^^;

しかし、そんなに散財して、大丈夫か?風家!
さりお | URL | 2007/04/14/Sat 07:41 [EDIT]
登山靴ってけっこう安いじゃん、、、、、、、、、


ちょっとおしゃれなブランドの靴だったら、、かるく7万円以上するし、、

もちろん、買えませんが、、、、、(爆)
ふふ | URL | 2007/04/13/Fri 15:13 [EDIT]
はい、高級で高性能な靴が合わない自分の足を、多少恨んでいます(悲)
kaze | URL | 2007/04/13/Fri 11:34 [EDIT]
>(風は足の形が合わなかった。。)
嫁様の靴は 値段が高い理由だけでなく、 ご自身が 足にあわなかった 悔しさも ありますか???(笑)

まっ ご自身の車も買ったんだから ねっ!!
とこ ちゃん | URL | 2007/04/13/Fri 11:28 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Design by Pixel
Copyright © ♪♪kazeの声♪♪. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。