スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新顔^^

呑み会で叩きつけられた挑戦状も無事に返り討ち出来まして、おまけにシングルもしたし、今日は全身がほどよい筋肉痛です^^

少し太った身体も無理矢理に動かし喝を入れたわけでした。

昨日は練習後にあまり腹が減ったのでたこ焼きを食べて帰りました。
男ダブのペアもこみちくんを誘うと、たまたま一緒にいたバド歴10年のベテランでこの練習に昨年末より参加してるMさん(40代女性)も一緒に来ることに。

で、風嫁も併せて4人でたこ焼き屋さんでビールを一杯飲むことにしたわけですが。。。

おいしいたこ焼きとビールに舌鼓を打ちながら小一時間呑んでおりました。

さて、今日はMさんのこと。

バド歴10年。
決して短くない経歴です。お歳は40代、たぶん半ば(前半かな。。^^;)
以前は専業主婦で少し離れた街に旦那とお子さん2人で賃貸マンションに住んでおられました。
昨年4月に、旦那が東京本社に転勤。子どもの学校の都合もあって旦那は単身赴任で上京。
半年ほどして賃貸マンションは一旦引き払って奥さんは子どもさんを連れて実家へ引っ越し。
表向きの理由は旦那がこっちに戻ったら一戸建てを買うためにそうしたらしい。貯金したいからと。

で、じいちゃんばあちゃんに子ども(といっても中学生なんだけど)を見てもらえるので、Mさんは念願だった社会人クラブの練習に来ることができたんだそうです。
それまではどうしても夜は出にくいので昼間の家庭婦人クラブでやっておられました。

どうしてそれが念願だったか。

Mさん曰く、
前に住んでいたところでの市民大会。
社会人クラブでやってる自分より歴の短い子に手も足も出なかったと。
どんどん打ってくるし、後まで返せなかったら前が全部決めてくる。何も出来ずに浅いクリアやロブをトスのようにあげ続けてゲームが終わった。
何か仕掛けようにも、それがことごとくミス。。。
それで所属してた家庭婦人クラブの代表さんに言ったそうです。
「ああいうバドミントンができるようにならなければ。そういう練習をしなければ」と。
ところがそこの代表さん、
「家庭婦人で勝つためのスタイルがある。社会人に勝てなくてもココで勝てたらそんでいいの
これに大いなる不満を持ったMさん。
この頃から、本格的にやってる社会人クラブでやりたいと思っていたそうです。

実のところ、旦那の単身赴任が決まって、子どもも「いいよ」って言ってくれてるんだからその街の社会人クラブ(けっこう強い)に参加できる環境は整ったんだそうです。
でも、所属していた家庭婦人クラブと同じ市なだけにかなり感じ悪い行動となりそうだったので、
いっそのこと実家に引っ越して違う街のクラブに行った方がノビノビ出来るから・・・との思いもあって(それが一番の理由らしい)賃貸マンションを引き払ったそうです。

バドへの思いは生活を変える・・・・^^;


そんなMさんですが、
バドの腕前はというと・・・
下手ではありませんが(一通りのショットは出来るということ)、浅いです。
ココに打ったら帰ってくるのはココかココ。ってのが判りますので、本人からすると、「何もさせてもらえない」なんて感じのゲームになっちゃいます。
いわゆる、普通のショットが多いんですよね。
毎ショット何かを狙ってるというような怖さが全くありません。

クリアばっかりあげるのは、女性も男性並にパワフルに打つ社会人クラブでは命取り。
それは来てすぐに家庭婦人との違いを感じて直されました。が、クロスに送るクセやショートサーブが下手なところや、コースを突いたつもりのサーブが見事に打ち返されて逆エースとられたりとか、そんなんが多くてやはりゲームにはついていけてません。

結局たこ焼き屋では風・風嫁・もこみちの3人にいろいろ言われた小一時間となったわけです。

中でも印象的な会話が、
M「家庭婦人ではね、あげろって言われたから・・・打つなって。。」

それってさ、あげても怖くない相手だからあげるんでしょ?あげたらガンガンスマッシュ打ち続けて決めてくるような相手に誰もあげろって言わないよ?

M「そっか・・・ドロップも決まらないし、スマッシュも決まらないし、あげたら打たれるし、難しいなぁ・・・^^;」

それでも勝てるよ、バドミントンは

M「うぅ・・・・勝てるのか・・・・」

そう、要は勝てばいい(笑)

と、既に22時を回っておりましたので、この辺でお開きとなりましたが、
「必ずまた今度一緒に呑みに行ってくださいね!」
と3人に懇願されて帰られました^^;

風嫁、

「身体もそこそこ動くし、やる気もあるし、パワーも無くは無いし。惜しいなぁ・・

と帰りにボソッと。


言われたことをそのまましてきたバドミントン。これからは考えて考え抜いて相手に勝つためのバドミントン。

Mさんはきっとこれからめちゃ楽しいバドミントンライフになるんでしょう。たぶん。。^^
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する

性格・・・かなり意地悪なんすけどねぇ(ーー)/  

「どうしたら・・・」考えてる間に試合が進んじゃう・・・やっぱ、頭の回転が・・・!!遅いのか!
あーです | URL | 2007/05/18/Fri 13:41 [EDIT]
すぐにはなかなか出来ないことはもちろんあるけど。

「ラケットあげとく」「ボーっとしない」くらいはすぐにできるで(笑)
kaze | URL | 2007/05/18/Fri 10:53 [EDIT]
教えてもらってすぐにマシになるようなら、あーたにまで教えを請いませんわ。(爆)
さりー | URL | 2007/05/18/Fri 10:12 [EDIT]
>さりー

あれ、教えてもらってマシになったんじゃないの?(笑)
kaze | URL | 2007/05/18/Fri 08:48 [EDIT]
あーちゃん、ようこそお越し^^
Mさんはあーちゃんでしたか(笑) 
えっと、これは本人の性格にもよるところがあると思うんだな。
楽しければそれでいいって思いでバドするのもいいんだけど、何が何でもこの勝負に勝つ!っていう気持ちは見えない部分を上達させると思う。
「そんなガツガツと・・・」って言われるような雰囲気の練習なら、そっと心の中で「どうしたら勝てる・・・」って思いながらやってください^^;
「勝ちたい」くらいは誰でも思ってる。そうではなく「どうしたらこの相手に・・」ですよ
kaze | URL | 2007/05/18/Fri 08:48 [EDIT]
私の『何にも考えてなかった6年間』よりも、Mさんの方がマシなのでは、、、、。
さ~、私も少しでもマシになるようにがんばろ~っと。
さりー | URL | 2007/05/17/Thu 21:54 [EDIT]
こ、こんにちw。あーです。いつかそのうち・・・お邪魔するつもりでした。で、Mさん=あーですw。{そのまんまバド}まるで自分のことのようです。「考えて考え抜いて相手に勝つためのバド」できるようになりたいです。それにはやっぱり経験と練習と・・・・・?苦労ですか・・・・・
あーです | URL | 2007/05/17/Thu 16:24 [EDIT]
美貌では勝ってるさ・・・・・・・(爆)
kaze | URL | 2007/05/17/Thu 15:56 [EDIT]
ぱく、ぱく、、、、、ぱ、ぱくぱくぱ、、、ぱくぱく、、、、、、、、








結局、あげるだけのバドにだってまけましたが、、、、なにか、、、、(涙)
でーる | URL | 2007/05/17/Thu 12:00 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Design by Pixel
Copyright © ♪♪kazeの声♪♪. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。