スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
世界陸上へご案内 vol.4

日本選手権、見に行けず(ToT)

バド関係でお世話になってる方のお父様が亡くなられました。もちろんお通夜に参列させてもらいますので、結局長居競技場に行くことはできませんでした。

というわけでTVでしか見れないのですが、放映は土曜と日曜の16:00~18:00の2時間ずつ。
日曜分はバドに行ってた為DVD録画に。まだ見てません。

結果はほぼ順当勝ち。

中でも末継慎吾(男子200m)が相当いい状態でした。19秒台狙えるぞ。ファイナリストも見えた感じです。
suetsugu.jpg


為末(400H)は記録よりライバルの若手、成迫くんとの勝負に徹した感じ。ほんとに計算通り勝つところが彼の凄さかな。本気で3大会目となるメダルを狙ってるんだなって感じました。
tamesue.jpg


澤野大地(棒高跳び)、先日も紹介しましたが、物足りない記録。やっぱり5m75は跳んで欲しかったけど、失敗の3本は惜しいジャンプすら無し。
「待ち時間が長くて・・・難しかったです」
確かに3時間も待ってやっと1本目の跳躍。澤野が跳び始める5m50より以前、5m40で他の全員が失敗。ですからそれくらいはかかったでしょう。
風も棒高跳びやってましたが、いつも半日仕事でしたからね。特に真夏なんかは待ち時間に体力が奪われてしまい、いざ跳ぶ頃には身体がだるぅ~くなってしまってたり。
確かに難しいんだけど、澤野はそんなこと何度も何度も経験してるはず。
言い訳にはならないかなぁ?
sawano.jpg


小林祐里子(女子1500m)、
♪若さゆえ~~♪って感じで負けましたね^^;
高校時代に日本記録を打ち立てたスーパーガール。19歳。
しかし前半はポケット(他の選手に取り囲まれて自分のペースで走れない)されてペースがどんどんスローな展開に。ラストスパートに弱いと言われてる小林、早めに独走態勢に入りたいのだが、ポケットから出れたのが残り300m。
出よう出ようと外回りばかり回って体力の消耗。
ラストは上手くレースを掴んだベテラン勢2人に抜かれ、3位。世界陸上出場ならず。。。です。残念。またがんばってちょ^^
写真は優勝した吉川選手。世界陸上におそらく出場できます。B標準突破で日本選手権優勝だからね。おめでとう!!(けっこう可愛いんだ、この子がまた^^)
20070702094611.jpg


福士加世子(女子10000・5000)
一言、
あんたは強い!!^^」
fukushi.jpg


室伏(ハンマー)
去年の9月以来の試合。もちろん今期初試合。
どうなるかと思ってました。博士号取得やらなんやらで練習出来てないとも言われてたし、年齢も30を超えてきたし。
でもさすがの79mでした。世界陸上では82か3くらいは放れるでしょう。やはり日本人選手の中では一番メダル圏内が濃い人です。顔も。

丹野麻美(女子400)
以前もここの記事で書きまし写真も載せましたが、やはりぶっちぎりました。
タイムは彼女にしてはまあ平凡な部類でしたが、内容が良かったですね~
みんな、この日本選手権で勝つというのが第一目標の中、彼女は世界陸上を見ながら走ってました。
末継くんもそうだったけど。
前半の200mをなんと24秒台中盤で入るというハイペース。これは世界トップクラスの選手が入る通過タイムのレベル。
さすがに丹野さんにはちょいオーバーペース、後半50mに伸びを欠きましたけど、でもそれを修正すれば世界のファイナリストに近づけるんだっていう、見た目にわかる意識を見せてくれましたね。いいですね、彼女。愛してます(爆)

あとは日曜分なので見てません、また今度に^^
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2007/07/02/Mon 10:56 [EDIT]

Track Back
TB*URL

丹野麻美
丹野麻美丹野 麻美(たんの あさみ、1985年9月25日 - )は、日本の陸上競技選手。女子400m日本記録保持者。日本の誇るアイドルスプリンターとして海外でも圧倒的な人気を誇る。福島県矢吹町出身。福島大学陸上競技部所属。来歴矢吹町立矢吹中学校入学直  [続きを読む]
あかりの記録 2007/08/28/Tue 08:31
Design by Pixel
Copyright © ♪♪kazeの声♪♪. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。