スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大連 vol.2
二日目。

土日が休みなのは中国も同じで、朝から通勤ラッシュってなことはありません。

閑散とした市街を散歩しようと、朝の7時頃よりホテル近辺をウロウロしてみました。
大連は今もビルの建設ラッシュで、このようにガレ場の空き地がたくさんあります。
P1010022.jpg


こちらは旧満州鉄道時代のまま残されているガード。
P1010028.jpg

大連駅の近くです。現在の東新鉄道?だっけな、この鉄道は満鉄時代のレールをそのまま使っており、脱北の地で有名な瀋陽を経由し、シベリア鉄道に合流、モスクワまで続いております。ちなみにモスクワまでは10日間かかるそうな。

この日の散歩は一般庶民が住む地区をウロウロしてみました。
かなり汚かったです。
中国の貧富の差が見え隠れする風景に考えさせられるモノがありましたね~
高層ビル街からわずか数100m離れるとバラック建ての民家に薄汚れた路地。。
臭いもけっこうありまして、歩き始めて40分後、頭痛がしてきたのでホテルに戻りました。。。

この日の観光は大連の中心街、午後からは旅順での日露戦争戦跡を辿ります。歴史好きな方はご存じでしょう。乃木将軍が苦心の末落とした203高地ですね。

大連の中心街の公園は日曜ですから賑わってます。

バクチをする地元民。
P1010031.jpg


体操?してるおばさま方。
P7230242.jpg

中国人観光客も多い。
P1010032.jpg


街は北京オリンピック一色?って感じでもありませんでしたが、土産物屋さんにはグッズがたくさんおいてますし、
こんな看板も。
P7230235.jpg

110mハードルの世界記録保持者、りゅうしょう(漢字がわからん)です。来月の大阪世界陸上でも優勝候補の筆頭です。

さて、市庁の前の大通りでは、大連の顔と言われる、女性警官の交通整理が見られます。

と言っても道の真ん中のパラソルの下で車を停めたり行かせたりしてるだけ。。なんですが、
これがまたスラッとした美女でかっこいい!

李さんの話によると、「あれはモデルさん」だそうです。ただし、職業はれっきとした警察官で、毎年厳選されたモデルが数名、警察官に選ばれるそうで、仕事の内容は、この中心街での交通整理のみ

大連モデル界では、これは憧れなんだそうです。モデルの中でも超エリートのみが得られるお仕事なんだとか。。
P1010060.jpg



バスは一路旅順へ。
ここは遼東半島の先端部にあたり、かつて東北地方に侵略した日本とロシアが取り合った、「中国への玄関口」です。
ここを攻略すれば、内陸ももらったようなものってことですね。

その戦争で日露が激しく取り合ったのが、203高地です。標高が203mだからそういう名前。
旅順港が見渡せる好立地条件で数万人の死者を出しながらも日本の第3陸軍が攻略したので有名。映画にもなってます。
映画『二百三高地』
夏目雅子が美しいです。。

1kmほど坂道を上らなければなりません。ってことで、観光者用にが用意されてます。もちろん乗りませんでしたが。。。
P1010052.jpg


料金は往復で100元(1650円)、チップに別途20元が必要です。

頂上に登るとこういう説明看板。
P1010043.jpg


で、その耻辱柱とやらがこれ。
P1010044.jpg


当時使われた大砲。
P1010050.jpg


砲弾はなんと270kg、射程距離は7km。
元横綱の曙を7km先までとばすようなものですね(どんな例えじゃ)


ま、いろいろ観光し、各場所にいる中国人が流暢な日本語で話す解説を聞き、またもやお疲れモードで大連に戻ります。
で、晩飯前にまたマッサージ(爆)


今回の旅行で、どこの観光地、観光施設でもそうなのですが、必至のパターンというのがございまして、

観光地到着→現地女性説明員がお出迎え→流暢な日本語で説明・案内→特産品の説明→別室に案内→そこには特産品&おみやげ売り場(中には偽ブランドモノもたくさん)→強引な商売

5,6カ所の観光地に行きましたが、ほぼこのパターンでした。
お茶だけ買いましたケド。けっこうお金を払ってあげましたよ~ おみやげ分の安物のお茶だけで、中国人の給料1ヶ月分くらい。儲けやがって。。。。^^;

マッサージが終わると晩ご飯。牛しゃぶです。
中国産牛です。
肉が出てきて、写真をパシャリ。
P7220187.jpg


この肉の鮮やかな色は自然のモノですか!!

大声で聞きたい気持ちで一杯でしたが(笑)、
そういうこと聞いて、「いえ、着色料で染めております」なんて答えが返ってくるハズがないですよね。例え絵の具で染めていたとしても。。。。(汗)

またチンタオビールを飲みながらおいしくいただき、おじいさんはもうお疲れモードなので親父と叔母と共にホテルへ戻ります。
しかし最終日の夜、すんなりホテルに戻るのはもったいないと、ガイドブックに載っていた中国雑伎団の妙演を見に行くこととしました。

53階建ての高いビルの最上階のラウンジでそれは行われております。
約1時間のショーと、飲み放題とおつまみがついて約5000円。これを3800円くらいに値切ってと。。。

午後8時、ラウンジの明かりが落とされ、コの字に設置されたテーブルの真ん中のスペースに照明が落とされます。

はじまりはじまり~~~

ってな感じで待ってますと、いきなり出てきたのは、

なんと、

水着のスレンダーなおねーちゃん!!
P7220208.jpg


びっくりしました。店を間違えたのかと思って(爆)

おねーちゃん、そろいも揃って9等身ほどあろうかと思うほどのモデルさんが3人、目の前で踊ったり歩いたり握手しにきたり。。。

ま、すごい体型でした。
例の、交通整理の警察官にも選ばれるモデル学校の人達です。要は雑伎団の前座で出てこられるわけですね。
それが目的で来てる中国人のオヤジ達も明らかに数名いてましたが(爆)

その後、ちゃんと始まりました。雑伎団。下は7歳、上は二十歳くらいでしょうか、若い子達による演技ですが、

やっぱナマはすごかったです。
P7220215.jpg

派手にクルクル回るのが最後の演技で終了、ビルの展望台から夜景を見下ろして(モヤって全然綺麗じゃなかったケド。。)ホテルに戻ります。


さて三日目。
2度目の朝の散歩です。ちなみに、従兄弟なんかにも誘うのですが、ガイドがいないのにウロウロするのは・・・・と、着いてきません。結局風夫婦でウロウロ。

昨日は一般庶民が住む町をうろつきましたが、今度は月曜日、通勤ラッシュ時間帯ということなので、あえて街の中心、大連駅前に繰り出してみることに。

ウロウロしてますが日本人の姿は無し。中国人のビジネスマンや夜行で到着した観光客、観光ツアーの客引き(これにつきまとわれた)、あとは行き先不明の多くの人間。。。。

駅前広場の横には商店街があります。

現地の人達であふれかえってますので、とりあえずウロウロしてみることに。

すると、なんともおいしいにおいがします。
店先で蒸してる肉まん。

「お~!段ボール!

ちょっと間違った日本語を使いそうになってしまいましたが、どうしても食べたかったので、路店の奥にあるテーブルへ。
注文を聞かれますが、ココは日本語はもちろん英語も全く通じません。ところが、ガイドブックに載ってる程度の中国語のカタカナ読みを発音してみるのですが、これも全く通じません。発音がすごく難しい中国語ですね。

身振り手振りで肉まん1人前(小ぶりなのが8コ)を注文。
チンタオビールと辛そうな総菜もたのみ、
あ、ちなみに朝8時半の話です(苦笑)

雑踏とした中国の商店街でモーニングです。
P7230246.jpg

しかしこの肉まんはメチャメチャ旨かったです。ニンニクがしっかりきいていて、辛めのタレに付けて食べます。
これが一番旨かった^^

お支払いは人民元で、なんと、10元。

165円!!

そう、こういう物価なんですね。観光客はとんでもなくボラれてるっちゅうことですね^^;

あとは免税店に寄って空港へ。あっというまの3日間でしたが無事に怪我も病気も無く全員帰って来れました。


おしまい^^

スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する

ん?

オチはなし?(わら)
さりー | URL | 2007/07/28/Sat 17:16 [EDIT]
お帰りなさい!
中国におでかけとは・・・・・・
なかなか国際的!!
  
なにより  パスポートがない    うらやましい~
食事に必ず  ビールがつくのが  風はんらしい?!(ばく)
あー | URL | 2007/07/27/Fri 23:09 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Design by Pixel
Copyright © ♪♪kazeの声♪♪. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。