スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
WBC世界フライ級タイトルマッチ

なんだか、掲示板でもすんごい汚い言葉が陳列されていて、これについて書くのもイヤになっちゃうのですが・・・(ほな書くなよ。。)


一ボクシングファンとしても、あまりに滑稽で残念な試合でした。

ガードを固めて頭から前進することしか出来ない亀田に対して、
僅かな隙間にパンチを放り込んでいった内藤。

誰の目にも判定は明らかでした。

ただ、いかに大差があったとは言え、あれでは亀田は何度やっても勝てないでしょう。
しかし、距離を詰めるだけ詰めて、しかしパンチは出さないから、倒れる心配は無い

ボクシングとは、パンチを出さないと勝てないスポーツですが、
出すとガードに隙が出来る。

亀田はパンチを出せなかったのですね。

それだけ、怖かったということなのでしょう。内藤のどこから飛んでくるかわからないパンチが。

普通、クリンチになるのは、パンチを出したが当たらずに相手の懐に入ってしまうものです。
が、亀田はパンチも出さずに潜り込むという、全く意味の無い行動が前半から目立ちました。あそこまで近づいて出すパンチにどれだけの威力があるのか、素人でもわかりますよね。

彼はボクシングの基本をどれだけやってきたのだろうか、不安になりました。

しかしながら、彼らの鍛え抜かれた体と身体能力、運動神経は相当なものであることは間違いなしと思います。

だからこそ、切に願いたい。

親父がもう手を引いて

有能なトレーナーの元、世界を目指して欲しい。

バドミントンに例えてみましょう。

亀田のプレーは、

1.ネット前に詰めてくるけど、ラケットを構えたまま振らない。

2.確実に決まる距離から打たない。
  要は、ネットより下に落ちたシャトルをしきりに打とうとしてる。

3.サイドバイサイドを崩さずに守りに徹して、隙が出るのを恐れて打たない。

ま、そういう面白くないことやって、

しまいには反則と。。。


ん~~~


亀田兄弟はすごいフィットネス。
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する

あのOっきーの・・・・・・風さんでしたか・・・・・・・クスッ!


遅れても、いける距離!    いいなぁ~^^

やっぱ、来てね!!^^V
あー | URL | 2007/10/18/Thu 00:40 [EDIT]
あーちゃんがレスくれた時間帯。。。

土曜の9時半頃。。

体育館間違えて焦って移動中でした(爆)
kaze | URL | 2007/10/16/Tue 08:58 [EDIT]
1,2,は    まるで   ・・・のようだ!

!    今頃  楽しんでるか~~~い!?


あー | URL | 2007/10/13/Sat 09:26 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Design by Pixel
Copyright © ♪♪kazeの声♪♪. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。