スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なんとまあ・・・・

『ネパール観光省当局者は25日、76歳のネパール人男性ミン・バハドゥール・シェルチャンさんが同日、世界最高峰エベレスト(中国名チョモランマ、8848メートル)の登頂に成功したと明らかにした。

 2007年5月に長野県上田市の柳沢勝輔さんが樹立したエベレスト登頂最高齢記録(71歳2か月)を更新したもので、同記録更新を目指して現在登山中の三浦雄一郎さん(75)も先を越された。

 6月で77歳になるシェルチャンさんは元兵士で、引退後は各種スポーツで体を鍛え、エベレスト登頂を目指していた。

 26日中にも、標高5200メートルのベースキャンプに戻るという。 』

三浦さんが登頂したニュースと同時に、こんなニュース。。。

残念ながら世界最高齢エベレスト登頂は果たせませんでしたが、二人の後期高齢者・・・が無事登頂をしたこと、心よりお慶び申し上げます。


しかし、風個人的には、1番高い山は、チベットにあって、その山に一番たくさん登ったのは当然チベティアン(シェルパ族含む)であって、最高齢で登ったのもチベティアン。

それでいいじゃない^^

って思う。


今年のエベレストはとても天気に恵まれたらしい。

今はプレモンスーンといわれる時期で、一年で最もヒマラヤに登りやすいとされています。
中でも、微妙な天気の移り変わりは当然ありますから、アタックする人はみんな同じあたりの一両日中に集中するんですね。

その結果、なんと、1日で220人がアタックしたとか^^;

日本の北アルプスと変わらないね・・・・


金だしゃエベレストに登れる時代・・・が、本当に来てしまったのでしょうか。

なんだか、すごく寂しいというか、エベレスト頂上付近で「登山者渋滞」が起こるという話を聞いて、どうも幻滅してしまいます。。。

富士山では渋滞は風物詩ですが、エベレストでねぇ・・・・^^;


しかし、毎年何人もの登山者の命を奪ってるのも事実だし、天候によればそのシーズンの登頂者無しという年があるのも事実。
厳しい山であることには変わりないんですけどね。

それだけ多くのパーティが踏み入れるんだから、たのむから、

ゴミ、持って帰れよ・・・・・?^^;
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する

残念がってるのは、某TV局なのでは?^^;

でも、登頂、ホントにすごいと思います。
三浦さん、、登頂した時の言葉が、「ありがとう!」って叫ばれてたのが、すごく印象的でした。
自分をまず褒めるのでなく、周りの人へのまずは感謝の気持ち、、、。
素直に出せるって、人間的にとても素敵な人なんだろうなぁ、、、って。

そんな人間になりたいですね。

あ、、、なんだか、らしくないコメントしてしまった。(わら)
さりー | URL | 2008/05/29/Thu 12:17 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Design by Pixel
Copyright © ♪♪kazeの声♪♪. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。