スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この夏の山行は

北穂高岳 東稜ルートを登ります。

通称「ゴジラの背」と呼ばれる、なかなか素敵なルートです^^
ゴジラ


入山は、言わずとしれた上高地。

涸沢カールへと約6時間の歩行を経て1日目。

翌日に(雨天時はその次の日)この東稜ルートをやるわけですが、

一般的に北穂高に登るルートは、南稜ルートです。ちゃんと登山道があって、多くの人が登ってます。

東稜ルートのいいところは、稜線に乗るといきなり右側に槍を見ながら登れること。そして、本谷沢を見下ろすことができます。北穂池も見えます。

いつもと違った景色を見ながら登れる、それだけでも気分良いのですが、なにより、ここはバリエーションルート、人がほとんどいません

ザイルなどのクライミングギアが少し必要になるルートですが、北鎌に比べて長くないし、大好きな穂高のど真ん中のルートということもあり、以前からかなり行きたかったんです。

今回は風嫁もザイルパートナー(んな大げさなもんじゃないけど・・)として登りますので、多少テントが狭くなりますが・・・


ばったり涸沢で出会ったら、豚汁でもごちそうしますので、そこのアナタ、穂高に来ませんか?^^

8月頭です。
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Design by Pixel
Copyright © ♪♪kazeの声♪♪. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。