スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
年末年始北アルプス山行レポ vol.4

一晩中、雪は降り続きました。風は明け方から少しマシにはなってます。回復するかもしれません。

5時起床。 雪はまだ降ってます。

朝食を摂り、雪の中撤収するのもイヤなので、ちょっと二度寝・・・・・

7時、まだ、降ってます。。。

もう眠くない・・・・


ん~~~


回復せんのかなぁ・・・


しなさそうだなぁ・・・・


Kさん元気かなぁ・・・・・(笑)


もし、これから稜線にあがるとすれば、そんなに急じゃないけど長い長い長塀(ながかべ)尾根というルートを取ることになります。
こちらは蝶ヶ岳まで約5時間。ルートの雪の状況によればそれ以上は簡単にかかってしまいます。
蝶ヶ岳ヒュッテの避難小屋が開放されており、そこで宿泊することができますが、今は年末年始。10畳ほどのスペースにそう何人も泊まれるわけではないので、もしもの場合に備えてやはりテントは担いでいくべきでしょう。

別に、テント担いで登るのがイヤだったわけではありません。。。そこまでヘタレではないです^^;

回復しないのなら、稜線で一晩を過ごすという拷問に立ち向かうのはベターな選択じゃないと、
そう考えてのことです。

しかし、天気が回復傾向にあるのは間違いなさそうなところ。ただ、回復する時間がどれくらいなのか。半日なのか、一日あるのか、それとも数時間なのか晴れ間は一瞬なのか。
そこまではさすがに山の天気、わかりません。

判断に悩むところです。

風の出した決断は、本日は横尾まで移動して、明日の早い時間帯から、横尾ルートで蝶をピストンで狙う。
これがベターだと判断しました。

ってことで横尾までおよそ1時間半、歩くことに。雪もけっこう深まってて、時には膝下のラッセルもしながらのんきに歩いてますと・・・

IMG_0039.jpg
晴れ間が・・・・・・・・・・

そ、そんな・・・ いきなり晴れてくるなんて(ToT)


いや、これはそう長く続きそうな晴れ間ではない。きっと。だから、登ったとしても樹林帯から見る太陽なだけで、稜線に着く午後過ぎにはガスってるんだってば、きっと。。 きっと。。。


なんとなく複雑な気持ちでだんだんと晴れ渡ってくる穂高の山中を進み、横尾についたころには快晴でした^^;

横尾の避難小屋です。ここは水場があるから雪で水をつくらなくていい^^
IMG_0061.jpg

とりあえず、小屋の中にテントを張ります。昨日よりよほど暖かい夜を過ごすことができるでしょう。
IMG_0065.jpg
と言っても、小屋の中は-8℃だったけど^^

IMG_0062.jpg
横尾大橋の手摺に昨日ガチガチに氷った外張りと、シュラフを干します。


時間はまだ10時、ここからこの晴れた空の下、ジッとしてるわけには行きません。
1時間ほど急な斜面を登ったところに「槍見台」と呼ばれる場所があります。槍ヶ岳が見れる場所ですね。
そこに向かって登りました。
持っていったものはサーモス(魔法瓶の水筒)とダウンジャケットだけ。

樹林帯の中を登ってると、やはり天気がいい。木々の間からよだれの出そうな景色が・・・・
IMG_0045.jpg

そして槍見台に到着。

IMG_0049.jpg
うっひょ~~~~~^^

いいねーいいねーーー

槍は・・・・?
IMG_0050.jpg

おしい!!(笑)

大丈夫です。こんなのそのうち。

待つこと30分、タバコ吸ってますと、


きましたきました。

IMG_0055.jpg

ほい、槍ヶ岳(3180m)です!

凍てついてますね~

槍の左側の尾根も。
IMG_0056.jpg
正面に見えているカールが、横尾本谷右俣カール。ってことは、その左上のこんもりしたピークが南岳です。
そして、手前左側の垂直壁、これが屏風岩ですね。

というわけで、こんな景色を1時間以上堪能しまして、この日はこれで下山。また横尾に戻ります。

午後過ぎ、この界隈は分厚いガスで包まれました。やはり、今日登っても仕方がなかったね。稜線に出れるのは午後。出た頃には雲に覆われた稜線。

午前中に槍見台を狙ったのがドンぴしゃ大当たりでした^^


さあ大晦日の夜。

まだ時間も早いけど、焼酎でも呑んじゃいましょう^^ 
焼き豚をおつまみに・・・ ラジオもちゃんと入りました。
IMG_0064.jpg

ちょっと睡眠とって、今度は年越しソバ!
IMG_0066.jpg


夜は紅白を聴きながらウトウト、、

空は満天の星空。ほら、明日の朝は良い天気やん。絶対気象予報士より俺の方が天気予報当たってるし(笑)

なんて思いながら明日のアタックに備えてゆっくりしました。 テントの中は-3~-5℃。昨日より随分暖かくゆっくり眠れました。
横尾最高、ビバ横尾^^
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する

行けますよ。横尾から小一時間の登り(まあまあ急登)だけですから。
ここだけなら1泊2日で可能ですね。実際、写真の為に横尾に停泊してここに何度も登ってはシャッターチャンス狙ってる人もいます。

でもHさんなら稜線まで出れますよ^^
kaze | URL | 2009/01/08/Thu 08:33 [EDIT]
雪の槍、良いですね~。

自分もここまでなら行けるかな?
H | URL | 2009/01/07/Wed 23:36 [EDIT]
勘っていうな(笑)
読みです。特に冬山は荒れると命が危ないのでかなり慎重に予想してるよ。
まあ、常念狙わなかったからそこまで危なくはなかったけど。

>屏風岩

登ってきた人、いたよ。日本最大級の岩壁。クライマーのメッカです。

ああ、書き疲れたんで、今日はもうお仕事ヤメにします(爆)
kaze | URL | 2009/01/06/Tue 15:32 [EDIT]
あーたって、読みがいいのか、単に山に関しては動物的勘がいいのか、素晴らしいわね。
槍って、ほんとにいつ見ても針のようにとんがってて、すごいねぇ。
屏風岩って、あれをよじ登る人たちもいるの?まさかね、、、。でも、ロッククライミングって、あんなとこ登るんじゃないの?

けど、小一時間タバコ吸って過ごした時の温度が、-20℃なのか?
・・・・・あり得ない。。。。

モノ好き、、、。
さりー | URL | 2009/01/06/Tue 14:26 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Design by Pixel
Copyright © ♪♪kazeの声♪♪. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。