スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コード


昨年末、我が家のピアノを久方ぶりに調律しました。年に1回するんですけど、前の年にうっかり忘れていて2年ぶりになってしまいました。
おかげで、ピッチが気持ち悪くて、だからあんまり弾いてなかったのですが、調律するとやはり気持ちいい。それ以来暇があれば弾くようになりました。

「調律師」という職業があるんですよね。

我が家に来てくれる調律師は、車で5分ほどのところにある大手楽器店に勤めてる人です。
なんと、26歳の女性。
この世界ではまだ新人の部類に入るんですが、彼女の調律は実にいいんです。

調律にイイも悪いもあるのか??

ってお思いになる方もおられるでしょう。 そう、あるんですよ、これが。

まあ、詳しいことを書くとキリがないので書きませんが、調律は機械的にピッチを合わせる作業だけではなく、ピアノのバランスを考えて自分の耳の感覚で合わせていく部分も多々あるのです。
その部分はセンスですからね。
彼女はそのセンスに優れてます。
一方、同じ楽器店にもう一人40代男性の調律師がいるのですが、彼はいまいち。アップライトなら30分そこそこで終わらせてしまうスピードはたいしたものですが、なんとなく気持ちよく無いんだなこれが。
これは音楽家の風の母も言っておりました。
ちなみに女性のほうは1時間以上かけて自分で何度も何度も弾きながら微調整を加えていきます。
このあたりの丁寧さも仕上がりの良さに出るんでしょうね。


小田和正の「東京の空」という曲をご存じでしょうか。

コンサートで、また年末の番組、クリスマスの約束というライブ放映にて歌われてる曲で、まだCD化されてません。
いい曲なんです。

CD化されてないということは、楽譜もまだ無いわけで、

先日、頑張ってみました。久々に聴音して伴奏譜をつくっちゃいました。といってもコードだけの伴奏譜だけど。。

風、クラシックピアノはマジでへたっぴですが、コードを当て込むのだけは得意で、この「東京の空」も小田和正が弾いてるコードとほぼ一致したものを作ることができてご満悦です。
こういうのなら、サラサラと弾けちゃうのも自分で不思議なんですが・・・


ってことで、

またひとつ、出来ちゃいました。


武器が(爆)
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する

人生を楽しく生きていく為の武器です(笑)

>頭、、もといご家庭の調律

そんな調律師がいるのならとっくの昔に・・・・・(爆)

「東京の空」練習中、

嫁「どうしたん、えらい一生懸命」
風「いや、ええ曲やけど楽譜がないからコード付けてんねん」
嫁「ふ~ん。誰に聴かせるために?」
風「別に誰って・・・・自分で弾き歌いしたいだけやけど?」

嫁「へ~~ ほ~~~ ふ~~~~~ん」


調律可能ですか?(苦笑)
kaze | URL | 2009/01/16/Fri 10:38 [EDIT]
>武器が


短さをカバーする武器でしょうか


それとも○○○を補う武器でしょうか


(爆)


その前に
頭、、もといご家庭の調律はお済みでしょうか(笑)




そういえば最近調律のお姉ちゃん来ないな

頼まなくちゃ



でえる | URL | 2009/01/16/Fri 10:31 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Design by Pixel
Copyright © ♪♪kazeの声♪♪. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。