スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
国際グランプリ陸上大阪大会2009
P5091334.jpg
この大阪長居陸上競技場に約1週間足繁く通ったのが2年前の夏。

2007世界陸上大阪大会以来、この陸上競技場を訪れました。

毎年5月の第2週土曜日に行われる、グランプリ陸上大阪。世界のトップクラスのアスリート(の一部)が、シーズン幕開けしたばかりで時期的に好記録は期待できないものの、間近に見れるので楽しみにしています。

今年は新聞やニュースでチラッと見た方もおられるかもしれませんが、女子4×100mリレーで日本新記録が出ました。
これはまさにその記録が出るレースのスタート時です。
P5091330.jpg


風一押しの、福島千里をはじめとする、べっぴん揃いの4人。

右から順に、北風(1走)・福島(2走)・渡辺(3走)・高橋(4走)
20090509-00000064-maiall-spo-view-000.jpg

この4人、順に「童顔系美女」「ほんわか系美女」「正当派美女」「野性的美女」
と形容されてるそうです。

間近で見るとほんとに美しい体してますね。

ピンぼけでしか撮れなかったけど(涙)
P5091332.jpg

特に福島なんかほっっっそい!抱きしめたかった
ま、別にそんなことはどうでもいいですね・・・


今大会、日本人選手の活躍が目立ちました。
中でもやはり気になるのが、朝原選手が引退し、元世界陸上200m銅メダリストの末嗣選手が休養して・・という中、日本男子短距離はどないなるんだろうってところです。

塚原という選手が、かなりいい状態でシーズンを向かえてることが一目瞭然でした。
日本人選手に今まであまり無かったタイプの走りでしたね。
前半からピッチを早めてリズムに乗っていくのが日本人(アジア人)の特徴的な走り方です。筋力やバネで黒人に劣るため、後半の追い込みに賭けるような走り方は難しかったんですね。
でも塚原は、スタート直後はゆったりとバネを効かしたような走りから出て、中盤に一気に加速しました。
まるで黒人選手の走り方です。
かなり筋力をアップさせてますね。すごいです。太股なんか、陸上選手というよりはスピードスケートの選手か競輪選手かってくらい太いまるで現役時代の風を彷彿させるような・・・・・
P5091333.jpg

彼ならきっと夢の9秒台を達成できるんでないか、本気でそう思わせるくらい、スケールの大きな走りでした。ちなみにタイムは10”13 彼の自己ベストです。

今年はベルリン世界陸上があります。

みなさん、陸上競技はおもしろいですよ。是非見てくださいね。
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Design by Pixel
Copyright © ♪♪kazeの声♪♪. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。