スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「やーめたっ」2009夏山行。。

いや~~ あんなに大嘘つきだとは思いませんでした。週間予報。。

晴れマークが出そろってた先週末、見事に毎日雨に降られた北アルプス北西部。

劔岳ブームであちらに訪れてた登山客もげんなりさせられたことでしょう。。

槍穂高のある北ア南部も、晴れ間がのぞくことはあったものの、かなりジメジメした雨模様の毎日となったようです。


8/6、

薬師岳の登山口として有名な折立登山口。立山ICから有峰有料道路を経て1時間強で到着します。

車がいっぱい。

もう8時半を回っていましたので、朝一番に太郎平を出発して下山した人がそろそろおりてくるハズ。。と、
空きスペースができるのを待ちます。

と、予想通り、10分後にはバッチリ停めれました。


水を補給して、9時、のんびり登り始めます。

今回は難しいルートが無いので、多少重くてもいいだろうと、ご飯系を充実させました。
だから、積雪期並の重量を背負ってます^^;

妻はテント泊山行が久しぶりなので、15kgほどにしてあげました。マットやサンダルなど、かさばるけど軽いものを持たせるようにして。ああ、優しい夫。(笑)


このときは良い天気でした。炎天下の中、汗をかきながら登ること1時間40分。

三角点とやらに到着。ココで初めて視界が開けます。

薬師岳がド~~~ンッと・・・・

雲の中に。。。^^;


この頃から上空には分厚い雲が覆いだし、天候が下り坂だということを物語っています。
天気予報は良かったんだけど?


太郎平山荘まで、標準タイムで5時間。

ここは4時間半(休憩含む)で到着しました。標準タイムは休憩時間なしの設定なので、今回もまあまあ良いタイムで登れています。

最近、この重い装備で歩いても、標準タイムの2/3~3/4で歩けるようになりました。

テント泊を始めた6,7年前、この重さに慣れず、標準タイム以上にかかってましたから、慣れなのか体力がついたのか、随分安定して歩けるようになったことを実感していました。

というわけで、小屋に到着したらとりあえずビール。テント場まではあと20分歩かなければならないけど、とりあえずビールははずせません(笑)


着いたときは、かろうじて雲の平の台地とその向こうに鷲羽岳が見え隠れしておりました。(しょぼいですが写真は明日にでも掲載します。。)
薬師や黒部五郎、水晶なんかは完全に雲の中。

そのうちガスが濃くなり、目の前の雲の平さえも隠れてきましたので、ボチボチテント場へ移動します。


が・・・


テント場への道中、パラパラと降ってきまして・・・

5分後、

豪雨。。。。


テントを張るに張れません。


だって、こんな中、テントを広げて荷物を中に入れると、いろんなものがずぶぬれになってしまいます。

管理小屋が近くにありましたので、受付がてら雨宿りさせてもらおうと行きますと、

「ただいまトイレ清掃につき外しております。もうしばらくお待ちください」

おいっ(ーーメ)


またこの小屋、軒下が無いんだな、これが。。。


仕方がないので、強引に張ることに。
この頃には、下界ではゲリラ豪雨と言われるような振り方で、
テント場が川になってました(笑)


張って、とりあえず妻を中に入れて、荷物を整理させます。

風は外で小さな折りたたみ傘を差してたたずんでタバコ。。^^;

狭いので、二人が入って荷物を広げることはできません。


雨で段取りが悪いテント内。。 テントの下にも水がどんどん流れこんでは溜まり、テントの床がウォーターベッド状態。ちゃぷんちゃぷん(笑)


まあ、夕立ならそのうちやむでしょう。


という観測も見事に外れ、雨は翌朝になっても降り続くこととなりました。


夕食はキムチ鍋。


おいしくて食べ過ぎて、夜中に若干お腹がゆるくなってしまいまいたが・・^^;


朝から雨の中の撤収。 もう最悪。


ザック、どう考えても昨日より5kgくらい重い気がします(ToT)


小屋に行き、まずは天気図をもらいます。


「やっぱ台風8号の影響でかなり湿った空気が入ってきてるんかなあ。。それにしてもこれは酷いよな・・・」と話しながら天気図を見ますと、


なんですかコレ。。


太平洋高気圧が座ってるはずの位置に熱帯低気圧(のちの台風9号)がいらっしゃるではありませんか^^


これでは向こう4,5日は晴れ間が広がる可能性など、無いに等しい。。。

南と西に台風があるんですからね。。。


ってことで、

風「下りるか」

嫁「せやな。なんか、萎えたわ」

風「ええの?高天原温泉」

嫁「ええ、ええ、キライやねん。雨の中歩くの

風「気が合うなあ。俺もキライやねん、雨

嫁「下りてどっかいく?」

風「奥飛騨の温泉に行って民宿泊でもしてくつろぐか」

嫁「ほな、はよ下りよ・・・・」


いや~~~~

いつもはイケイケドンドンで、撤退に必ず反対する嫁、だいぶ教育が行き届いてきたようです。

趣味:撤退 @風

の心意気を見事受け継いでくれたようです(爆)


と、山行報告はここまで(笑)

あ、ちなみに帰りは3時間でサクッと下山。駐車場におりた時は少し雨があがっていましたが、移動中には猛烈な豪雨。今頃山にいる人はさぞかし必死こいてるんだろうなぁ・・・・なんて思いながら温泉へと、マンマミーアのDVDを見ながらのんびりドライブ^^



そうそう、先月の北海道での大量遭難を受けて、中高年の団体(ツアー)登山って、どんな状況なんだろうとちょっとそのあたり気にしてみました。


次の記事でそのことを書くつもりですが、


はっきり言って、ヒドイです。これからも次々にああいう遭難事故は発生すると断言できますね。

また次回に。。。
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する

マンマミーアのDVD、、、観たいのに、TUTA○Aにいつ行ってもない!^^;
くっそ~~~~~。


って、くいつくとこが違ったでしょうか。(わら)

何度もお山に出かければ、そんな時もあるでしょう。
まぁ、ご自分で日頃の行いが悪いことを認めておられるなら、そういうことなんでしょうけど。^^
残念でしたね。
さりー | URL | 2009/08/10/Mon 19:44 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Design by Pixel
Copyright © ♪♪kazeの声♪♪. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。