スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
風の映画紹介


オーガスト・ラッシュ

日本公開名「奇跡のシンフォニー


ネットで探し自宅に届きポストに返却♪

ってので最近暇な夜に映画なぞ見ています。

あれ、便利でいいですね~^^;


この映画、ご存じの人もいるかと思いますが、ファンタジーな映画だし、まあまあベタなお話である割に、

ごっつ泣かされました(笑)

映画ではしょっちゅう泣いてる風ですが、今回も例外なくティッシュを5枚くらい使いました^^


どんな物語かっていう話はおいといて、

いつも引っかかることがあるんですが、それがいわゆる「日本公開名」というものについて。

題名って、原作者や監督など映画を制作する側にとってはまさに顔というべき物。
それを日本公開時にまったく違うものに変えてしまうのってどうなんでしょう。

ちょっとした変化でも、ずいぶんと意味が変わってしまう。

たとえば、「ピアノレッスン」という映画をご存じでしょうか。
19世紀の半ば、スコットランドからニュージーランドへ写真結婚で嫁ぐエイダ。旅のお供は娘のフロラと一台のピアノ。エイダは6歳の時から口がきけなく、ピアノが彼女の言葉だった。そのピアノを夫のスチュアートは重すぎると浜辺に置き去りにし、原住民に同化している男ベインズの土地と交換してしまうが、ベインズはエイダに“ピアノ・レッスン”をしてくれればピアノを返すというが……。 (ヤフー映画より)

ま、結局この「レッスンしてくれれば」という、ベインズの口実から物語は展開し、ピアノを中心に衝撃的な結末を向かえる、大ヒット作でした。

原題は、「The Piano」

レッスンというのは、物語のひとつの取り付き点であって、映画そのものはこのピアノが主役。

なんでわざわざ題名にレッスンという文字を付けてしまったのだろう。意味がわからない。


もっと意味不明で超有名な映画。

「愛と青春の旅立ち」

リチャードギアの出世作ですよね。主題歌がいい。

あの映画の原題、「An Officer and Gentleman」

Officerというのは、この映画の場合では士官のこと。あの鬼士官ですね。
士官と紳士。これが和訳です。

士官学校の卒業での二人が会話するシーン。あの場面を象徴した題名と言えます。

物語も一応、こちらはWikiより。

廃頽的な生活から脱出すべく、海軍士官養成学校の飛行士課程に志願するザック。そこで待ち受けるのは海兵隊軍曹の鬼教官フォーリー。脱落者が続出する13週にわたる激しい教練をこなしながら、同期との友情、芽生える愛、色々な出来事を織りなしながら成長していく青年の姿を描いていく。

ま、そういう映画なんだけどさ。やはりラストシーンの女性を迎えにいくシーンは感動ものだけど、映画の重要な部分は鬼士官との中にあったんじゃないかな。それを原題は表してるんじゃなかろうか。

なんだか違うよね~~ って思います。

他にもいろいろあるだろうね。


話は長くなりましたが、この奇跡のシンフォニー、

悪いけど、音楽やってる者から言わせてもらいます。

主人公の少年、

シンフォニー(交響曲)を作ったのではありません。ラプソディ(狂詩曲)です!!

そこからして、内容と異なった題名を堂々と付けてるところが腹立たしい。

えらい違いやん。交響曲と狂詩曲

彼は音楽の基礎も知識も無い、音楽の天才。びっしりと型にハマッた形式のある交響曲じゃなくて、
彼の独創性とメッセージがたっぷりつまった狂詩曲として仕上がったのがものすごくこの映画の中でも重要なポイントだと思ったわけです。

それなら、はじめっから彼が施設から逃亡してた時に使った名前、オーガスト・ラッシュ

これを題名にしてるんだから、そのまま使えばいいのに。

なんて愚痴ってます。


がしかし、映画は感動しましたよ。テンポが良く、母役の人もめちゃ綺麗だったし

この父と子(この時の本人同士は親子だと知らない)のセッションシーンでひとまず涙。。

080311_symphony_sub1.jpg


んでから、ラストシーン
080317_symphony_sub3.jpg

号泣~^^


ということで、映画紹介より余計なことのほうが多く書いてしまいました(笑)
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する

あぁ、なった!なった!(ばく)

でも、悲しいかな、歌詞が、、、、(英語で)歌えない!^^;
さりー | URL | 2009/09/21/Mon 08:25 [EDIT]
マンマミーア見たあとは、頭の中がABBA漬けになってませんか(笑)

kaze | URL | 2009/09/18/Fri 08:54 [EDIT]
先日やっとのことで、「マンマ・ミーア」を観ました。

恋するって素敵!って思ったけど、現実はあんなに都合良くはできないよなぁ、、、なんて思ったり。

でも、すごく良かったです。^^

「奇跡のシンフォニー」泣けるんですね。
ふ~~~~ん。。。。。
またいつか誰もいない時にこっそり観ようっと。(わら)
さりー | URL | 2009/09/18/Fri 00:09 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Design by Pixel
Copyright © ♪♪kazeの声♪♪. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。