FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
劔岳北方稜線へ・・・・・・・・・・ vol.1
いきなりですが、この行列はなんでしょうか?
IMG_0271.jpg


1)この先に行列の出来るラーメン屋がある

2)有名芸能人のサイン会をやっている

3)黒部立山アルペンルートの切符を買う人が並んでる



あ、そうそう、

題名に北方稜線とうたってるので、情報収集のため検索してる人はこの記事がひっかかってくるかもしれません。
ながったらしい記事を一生懸命読んで頂くのも申し訳ないので、先に結論を申し上げておきます。

あの・・・・
今回の山行では・・・・北方稜線にトライは・・・・・できませんでした(ToT)


雨ふっちゃったの!^^



(T-T)(T-T)(T-T)(T-T)(T-T)(T-T)



さてと、レポ書きますか。。


日頃の行いはどうやらあまり良くないらしいので・・・
次の山行に向けて、僕は今日から聖人君子になります。悪いことは一切やりません。お酒もちょっとしか呑みません。おねーちゃんと遊んだりしません。だからお願い、

年末は晴れて・・・(ToT)


えっと、レポだね。。

重要な結果を先に書いてしまいましたので、どうも筆が進みませんが・・・・^^;


そう、シルバーウィークはどこも異常な混雑だったようです。GWを遙かに上回る混雑だとか。

立山アルペンルートも例外ではありません。ここはGWには雪の大壁で観光客がわんさか訪れる場所なんですが、この連休はそれをも上回る人手だったようです。

冒頭の写真の行列に並んで切符が買えるまでの時間、 なんと2時間・・・

さらにケーブルに乗れるまで1時間ほど待ち、室堂に到着したの14時。。。。。

この日の予定は、お昼頃に室堂に到着し、3時間半歩いて剱沢キャンプ場にテントを張る予定でした。

が、まだ全然歩いてないにもかかわらず、僕たちはもう疲れちゃいました(苦笑)

行きの高速道路の渋滞には遭わなかったものの、2時間も3時間も立ちっぱなしで並ぶのは本当に疲れました。おまけに、剱沢まで歩くとなれば日没との戦い。当然晩ご飯はヘッデンで照らしながら・・・

なんてのもイヤなので、この日はあっさりと室堂から小一時間歩いて雷鳥沢キャンプ場で張ることにしました。
ということは、明日は予定の行程より2時間半、多く歩かなければなりません。それはそれで大変だけど、でも今日は疲れた・・・・^^;


さてこの日の室堂はドピーカン。雲一つ無い天気です。
実はこの日の朝から、立山の麓は曇り空でした。「あら~~天気悪いんかいな・・・」と思っておりましたら、標高2000mあたりで雲が無くなり、それより上は真っ青な空。室堂はまさに雲上の楽園となっておりました。

観光客もさぞかし満足でしょう^^
IMG_0278.jpg

あ、このでかいザックの人、風ね^^; 手に持ってるビニール袋の中は、下界で買ったビール。値段が倍ほど違いますから・・・(苦笑)

みくりが池に写る逆さ立山。 これはカレンダーになりそう(笑)
IMG_0283.jpg


そして遊歩道をくねくねと、登ったり下ったりしてると雷鳥沢が見えてきます。大きなキャンプ場にはいったい何張りあるんだ?カラフルな山岳テント達。
IMG_0291.jpg

立山周遊トレッキングを楽しみたいなら、このキャンプ場にテントを張って、そこをベースにうろうろするのがいいでしょうね。立山も剱も、ここから日帰りで行けますから。

途中、いい景色に見とれて写真を撮ったりタバコを吸ったりしながら、さっさと歩いたら40分で歩けるコースを実に1時間半かけてのんびり歩き・・・ テントを張ったらもう4時。まずはビール。そして晩飯。

いつも、一番豪華な初日の夕食。だいたい鍋ものが定番となってますが、今回も例外なく、鍋^^
豚肉や白菜・大根たっぷりの味噌煮込みうどんです。
IMG_0298.jpg

これは旨い。

暇だから作り方も。

鍋に半分くらい水を入れます。
沸いたらうどんスープの素を一袋入れます。
味噌をまぶした豚肉・白菜・大根を豪快に放り込みます。
三輪そうめん山本の味噌煮込みうどんの、味噌と薬味を放り込みます。
ぐつぐつと煮て、最後にうどんを入れて2分、できあがり♪

実に簡単な料理です(笑)


飯食ってビール呑んで、この後は焼酎のお湯割り!と行きたいところですが、それは少し我慢しておきます。

なぜか。

これから行かなければならないところがあるからです。

先ほど書きましたよね、2000mまで雲がある。
ということは、ここ2400mの地点から下界を見ると、雲海なわけです。

雲海の向こうに日が沈むとどうなるか。

風の大好きな、オレンジに染まる雲海じゅうたんが見れるっちゅう話ですね~~~


雷鳥沢キャンプ場は窪地にありますので、高台まであがらないといけません。地獄谷の上にある雷鳥荘あたりがベストポイントとなりますので、カメラを持って移動。
今回はどうせ北方稜線には持っていけない(軽量化の為)ので一眼レフはお留守番させておきましたが、それは大失敗でした。こんな夕焼けが見れるなんて想像してなかったし、だいたい今晩は剱沢に泊まる予定だったので夕日は稜線の向こう側、さっさと暗くなっていく沢でのんびりしてるハズでしたから。
キャノンのパワーショットに頑張ってもらいました。


不幸中の幸いか、こんなチャンスを逃す手は無く、遊歩道をどんどん登っていきます。
テント場の人々はこれを見たいと思わないのだろうか。
まったく神経を疑ってしまいます。山に何しに来てるのか。ま、人それぞれだけど。。


ってことで、


最高の夕日です。

秋の夕日っていいですね~

オレンジに染まる雲海。



涙が出そうになりました。





生きてて良かった







もう、これを見たから帰ってもいいと思ったくらい。












ん?さっさと見せろ?






見せるのもったいない。



だって、ほんまに綺麗やってんもん^^



















実物はヤバかったで、ほんま(笑)

















では、はいどうぞ、クリックしたら拡大します。


IMG_0319.jpg
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する

ん?拍手ページにコメント入れても、こっちには出てこないのね。^^

しかし、すっごい綺麗です!
その心のダークさとは無縁だ、、、。(ばく)
さりー | URL | 2009/09/26/Sat 10:36 [EDIT]
うぉぉおお~~~
  オレンジ色に染まってる~ すっご~い 綺麗~~

今度、見に行きたい!!(行列じゃない時に^^)
エル | URL | 2009/09/25/Fri 13:41 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Design by Pixel
Copyright © ♪♪kazeの声♪♪. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。