スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009・2010 年末年始山行レポ vol.2
中房温泉から燕岳までの登山道は、標高差約1300mとけっこうなものですが、夏シーズンは一日で北アルプスの稜線に出れる(日帰りも可能)とあって、人気の場所です。
さらには岩場を通過する箇所が無いので、初心者にも優しい。
そして何と言っても、燕から見る景観の良さはぜっぴんです。
北アルプスを代表する秀峰「槍ヶ岳」が、北鎌尾根より一気に突き上げるように見える角度はココが最高です。

な~んて、この大寒波の中、見えもしない槍ヶ岳に思いを馳せるエルさんには申し訳ないなと思いながら、

エル「少しでいいから見えないかな~」
風「無理」
エル「ちょっとでいいんだけどな~」
風「あり得ない」

という会話を何度したことか(爆)


景色は諦めてもらって、とりあえず無事に燕山荘に到着することに専念してもらおうと、そゆことです。。^^;


出発早々、やはり雪は深く、アイゼンを装着して一歩一歩登ります。
さっそくの急登で汗ばんできます。これがやっかい。。 止まるとすぐに冷えるからね。

第2ベンチ通過。
20091231-2.jpg

まあ、雪は降ってるものの、順調です。
樹林帯の中なので強風をもろに受けることがありませんので、ここまではただの雪山登り。

第3ベンチあたりから時折顔が痛くなるような風を受ける場所もチラホラと現れ、カメラはザックの中にしまいます。なので、ここから写真はありません^^;

ちなみに風、この辺りで睡魔に襲われます(笑)

理由はガス欠でして、ただ単に腹が減っただけだったのですが、
雪まみれになって登ってると、ザックを下ろすことすらめんどっちい^^; 
もうちょっとしたら何か食べよう・・・なんて思ってるうちにどんどん空腹が進み、いい加減にフラフラになってしまったのです。
パンにかじり付いて復活しましたが・・・

そしていよいよ合戦小屋に到着しました。ここまで約3時間半。イイペースです。

なんだかここに随分人が渋滞しておりまして、どうやら小屋のスタッフが一気に誘導するという段取りになっているようでした。

この先は合戦尾根といって北アルプス3大急登と言われる登りが待っています。おまけに樹林帯が無くなるので風を受けやすく、吹雪はトレースを綺麗に掃除してしまい、トレースを外した登山者は下手すりゃ胸まで雪に埋まってしまうことになります。途中痩せた尾根もありまして、危険を伴うことから、小屋スタッフが下りてきてるわけです。

団体で連なりながら登って行きましたので、我々もその後ろについて出発。休憩もあんまりせずに出発したので、後にまた風はガス欠を起こしてパンにかじり付いたのですが・・・(笑)


ゴーグルはその気温の低さにより、わずかな体から出た水蒸気をもあっというまに凍らせてしまい、すぐに視界不良となります。
ちなみにこのときの気温は-19℃

見えない見えないと半泣きになってるエルさん(爆)

当然、見えないと歩けないので、ゴーグルを目の上にあげますと、今度は小さな雪(というか氷?)が目を直撃してこれまた見えない^^;

なんとかフェイスガードを目のすぐ下まであげて、ゴーグルを逆にまぶたの上までおろし、露出する部分を最小限にしながら一歩一歩登ります。目線の先は前の人の足下のみ(笑)

少し長い列になって登ってましたので、たびたび止まらなければなりません。またこれが寒い!

「おい~~ちゃっちゃと登れよ~~~~」と心の中で何度も叫びながら約2時間後、ようやく小屋の裏側へと到着したのでした。


エルさんもがんばってよく着いてこれました。


小屋へは一旦稜線側へ出て回り込まなくてはなりません。
この5分ほどの作業が「」です^^;

-20℃の中、風速は軽く20mを越える稜線。 立ってるのも厳しい状態でして、目は開けられないし、暴風で体は持っていかれそうになるし、

とりあえず、小屋の玄関までサッサと回り込みました。


「ついた~~~~!」と、思って後ろのエルさんに握手を求めようとしたところ・・・・


ん?


あれ・・・・


この人、エルさんちゃう・・・・・・(汗・汗)



と言うことはやな・・・・





ぎゃ~~~~! あの暴風の中にエルさん置いてきてしまったぁーーーー!!!



また決して戻りたくはない極寒の世界に戻りまして、エルさんを捜しにいきますと・・・

フラフラとしながら歩いてきてくれました・・・^^;


幼気な乙女(誰が?)を泣かせてしまいました(滝汗)



かくして、無事、燕山荘に到着できたのでした。

山荘はこんな天気にもかかわらず、けっこう人が登ってきております。
昨年、涸沢でご一緒したキタカメさんとも早速お会いします。
昨夜相部屋でご一緒した神戸のご夫婦も無事到着されて一安心。

それにしても暖かい山荘、いいですね~~  

その後は

ビール→ビール→ビール→夕食→仮眠→蕎麦→酒→団らん→ビール→団らん→焼酎→団らん→ウイスキー就寝・・・・と続きました・・・・・
20091231-3.jpg
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する

誰が(笑)

>あんな暴風の中を捜しに来て頂いてありがとうございました~

その前に、先にさっさと歩いて小屋に到着したのが、どうかと思うけど(苦笑)

本当に、後ろの女性がエルさんがと思って歩いてたんだけど、後からよく考えたら、その人、自分が小屋のすぐ手前で抜かした人だった・・・(爆)
kaze | URL | 2010/01/05/Tue 08:55 [EDIT]
幼気な乙女、エルです(笑)
山荘への稜線は、涙と鼻水のグシャグシャ顔になってました^^;
あんな暴風の中を捜しに来て頂いてありがとうございました~
エル | URL | 2010/01/04/Mon 17:47 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Design by Pixel
Copyright © ♪♪kazeの声♪♪. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。