スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記念行事
今、奈良県内では各地で記念行事が行われております。

風の住んでる街でも、大がかりなイベントが開催されますし、
生まれ故郷の小さな町でも、その町の歴史を掘り起こして講演会をするなどの企画がされているようです。

当然、奈良市では実際に平城京跡があるわけですから、それにちなんだイベントが毎月のように開催されています。

せんとくんに対抗?するように、各市町村ではマスコットが。ユルキャラってやつですね。いろいろ生まれています。

1994年は京都で平安京遷都1200年だったハズですが、こんな感じでいろいろやってたんでしょうか。
二十歳の時でしたが、あまり覚えていません。


さて、生まれ故郷の町のとある中小企業の社長さんから「お会いしたい」という連絡を受けた風。

知らない人物でも無かったのですが、特に用事がある人でもない。なんだろ?って思いながらその会社におじゃましたのが昨年末の話です。

10分ほどの世間話を経て、そろそろ本題に入るムードになってきました。

社長「ワシは常々この町に元気が無いと、残念な気持ちでいてる」

風「はい・・・・(僕に関係無いでしょう、それ・・・)」

社長「元気を出したい。この小さな町で何ができるか、いろいろ考えてきて、行動もしてきたつもりや」

風「はい、存じてます・・・(財政難で打ち切りになった体育祭なんかを、民間の出資によって復活させたりしてるらしい)」

社長「今年が大きなチャンスだと思ってる」

風「ああ、1300年ですか」

社長「そう、その1300年記念事業として、風さんに一肌脱いでもらえんだろうか

風「え??僕ですか??何で??」

社長「昨年、キミが主になって動いてくれた、木村君の世界陸上出場壮行会、あれを見て、今回もキミに頼もうと思ったわけだ」

風「なるほど・・・・じゃ、またイベントのプロデュースをすればいいんですね・・・」

社長「実は、キミもご存じかとは思うが、この町出身で、N○Kで全国優勝した女の子がいてな」

風「ああ、いますね。今、歌手活動してますね」

社長「そう、その子に来てもらって歌ってほしいんや。親を通じて根回しはしてある。本人も、喜んで歌わせてもらいますと、言ってるとのこと。」

風「へ~~~すごいですね。いいじゃないですか」

社長「ワシはもういい歳してるしいろんなことに関わってきたけど、この音楽というものだけはさっぱりわからん」

風「なるほど」

社長「そこで、彼女のコンサートにかかる全てを、風さんに取り仕切ってもらいたい」

風「ん~~~(面倒かも・・・・)」

社長「実はな、彼女にも『地元にそういうのに詳しい人がいてて、彼に頼むから、あなたは来て歌ってくれればいい』ともう言ってしもたんや・・

風「あっそうですか・・・・・(強引なおっさんやな、コイツ・・・)」

社長「どうや、ワシももういい歳や。最後に生まれ育ったこの町に元気を残して去りたい。経費はいくらかかってもかまわん。ワシの葬式代を削ってでも、これは成功させるつもりなんや

風「(そこまで言われて断れへんやろ^^;)はい、、わかりました。お受けさせてもらいます」


歌手の彼女のことは、事務所に所属されているので、ここで簡単に照会するわけにはいきませんが、
すでにセカンドシングルをリリースして、i-tunes からも配信されています。

そんな歌手の卵ですし、地元としても大切にしたい存在でしょう。

素人のおっさんどもがあーだこーだいいながら、不細工な舞台になってしまうくらいなら、
彼女の為にもここはいっちょ、一肌脱いであげましょうかと、(お金もかかっていいみたいだし)音響はどの業者に依頼して、照明はああして、裏方に彼を呼んで・・・・ などと頭でシュミレーションが始まっていた風なのでした。


が、年が明けて先月、ややこしい話が舞い込んできたのです。。。



つづく
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Design by Pixel
Copyright © ♪♪kazeの声♪♪. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。