スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
彼女たちが見つめた方向

号泣に近い涙を流してしまいました。

これがサムライの国からきた日本人の姿なんだなと。


女子モーグル。
日曜ということもあり、生中継で競技全てをTV観戦することができました。

日本からは4人。上村・里谷・村田・伊藤

村田と伊藤は初めてのオリンピックで、見事に予選を通過します。


予選を見ててびっくりしたことは、世界の高速ターンレベルが想像以上に高かったこと

コース設定タイムというのがありまして、女子の場合、今回のコースに対して30秒5(だったかな)というのが設けられました。
これが何かと言いますと、このタイムより速ければ速いほど加点され、逆に遅ければ減点となります。
前に書いたとおり、タイムの得点は全体の25%となってますので、さほど大きい影響ではないようにも思えますが、速いターン自体が、ターン点(全体の50%)として反映してきてましたので、これは「速いもん勝ち」の様相を呈してきたかなと。。

そして、予選トップ通過のアメリカ人はなんと27秒台で7点以上の加点。。という設定タイムそのものが甘いんじゃ?って思ってしまうような速いタイムで。そして得点も25点台後半まで伸びてきました。

得点で競われるモーグル。
女子の場合、だいたい25点台に乗るパーフェクトな滑りをした者が金メダルという流れです。

昨年、世界選手権で優勝した上村愛子は、その時に出した24点台後半がせいぜいなところで、25点台は今の彼女の持ってる物ではなかなか出すことができません。

要するに、予選が終わった時点で、「今回は、25点台がメダルライン」ってのが確かに見える状況でした。


ちなみに、予選が終わった時点で、初出場の若い伊藤と村田は30秒台後半から31秒台。予選通過は問題ないけど、はっきり言って上位入賞できるレベルではありません。それくらい、アメリカ・カナダ勢の滑りは豪快で速く、男子と見間違えるほどでしたから。

そこで、里谷多英

彼女は狙ってくるんです。今年の彼女のランキングは伊藤や村田より下。オリンピック出場もかろうじて滑り込んだ状況でした。
でも、里谷はやはりメダリスト。元女王ですね。

銅メダルを取ったソルトレイクからは既に8年。その間腰痛に悩まされ、成績も落ち、泥酔騒動なんかもやらかし、世間からはほとんど注目されなくなり、オリンピック強化選手からも外され、練習は一人でやってきたベテラン。

「今回のオリンピックは楽しみたい」とほんわかした顔で言っていた彼女の言葉と真逆の光景がありました。

予選を29秒1で滑り込んできました。世界一のターンと言われてる(日本のマスコミが言ってるだけだけど)上村より速いタイムで滑り抜けます。ターンやエアの乱れがありましたので、点数はやや低調でしたが、タイムだけみれば全体の4番目。

おいおい・・・・里谷、来るんちゃうの・・・・・・・」と、鳥肌が立ちました。。。


そして決勝。


ご存じながら第2エアの飛び出しでエッジを引っかけてしまい、空中で姿勢が崩壊して転倒。残念な結果になりましたが、
ご存じでしょうか。
里谷が予選よりさらに攻めて、ターンもしっかりまとめて、第2エアの通過タイムが異様に速かったこと。。
あの、観客席から大きなどよめきが起こった驚異的なスピード

あのまま行ってりゃメダルだったかも・・・・・と真剣に想像させてくれる攻めの滑りを本番に持って来たのです。

なんだろう、あの集中力と本番の強さ、そして日本人離れした身体能力。


日本女子モーグル界の天才の有終の美。

もちろん、上村愛子も頑張りました。夢を見させてもらいました。

ただ順位だけで報道をしてる薄っぺらい特集ばかりもいいですが、里谷多英の、それでもトップを獲りにいったあの姿に涙が止まりませんでした。

20100214-00000070-jij_vanp-spo-view-000.jpg


あ、もちろん、次に愛子ちゃんのことも書きます^^  
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する

う・・・・・ 

kaze | URL | 2010/02/17/Wed 16:19 [EDIT]
なるほど~~^^  

では次は、フィギュア「女子」ですよね!?^^

エル | URL | 2010/02/17/Wed 16:00 [EDIT]
エルさん

でもね、このおとこが記事にしたり、涙するのは


女の子のアスリートばっかしですわ ばくばく
ただの風ファン | URL | 2010/02/16/Tue 21:46 [EDIT]
>エルさん

スポーツものにはダメです。。。涙がとまりません^^;

それは、彼らの華々しい大舞台の裏にどれだけの過酷な生活があったかと考えると、あの一瞬があまりにも重く大きすぎて残酷だな・・と、
でも、競技後に見えるいろんな種類の笑顔は、オリンピックならではだね^^

>ロバートさん

こんにちは。コメントありがとうございます。
本当に感動しましたね~
予選で里谷が29秒でつっこんできた時に、すでに泣いてました(爆)
「里谷・・・やっぱり狙ってきたんだ・・・・・ちくしょーーーーサムライやんけーーー泣かせやがってーーーー」と、嬉しくて嬉しくて(汗)

いや~~ オリンピックは良いですね~~~~^^
kaze | URL | 2010/02/16/Tue 09:06 [EDIT]
感動しました
はじめまして。
スキーであんなに感動したのは初めてです。
大空に散らなければ、27秒台を出して3位か4位に食い込んだのではないかと想像します。
それにしても上位選手はみんな凄くて、上村選手の滑りではメダルは無理ですね...
里谷さんのファンになりました。
Roberto | URL | 2010/02/15/Mon 23:59 [EDIT]
感動しっぱなしです~!! 後方宙返り、転倒してしまったけれど、
果敢に挑んだ多英ちゃん、「アッパレ!」でした。
(風さんって、意外と涙もろいスポーツライターだったのね^^)
エル | URL | 2010/02/15/Mon 19:14 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Design by Pixel
Copyright © ♪♪kazeの声♪♪. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。