スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
注目第2弾はSスケート1000m
明日は早起きしましょう。

風が注目してるスピードスケートの2種目。

そのうちのひとつ男子500mは長島を金メダル候補に思っていましたが、見事に銀獲得。加藤も銅。

加藤は350m付近までは金メダルでしたね。コーナー出口から最後の直線、足が止まっちゃいました。
これが1本目のようなキレがあったら・・・・と思うのですが、タラレバですね。
2本とも見事にまとめた韓国の人が完璧なレースでした。あの人、優勝候補にはあんまりあがってなかった、韓国の中でも第3の男でした。
混戦混戦とずっと伝えられてましたが、本当に混戦でしたね。かなり面白かったです。

また、例の製氷機の故障で、なんと2本目が12時頃からと、昼休みにバッチリはまりまして、ライブで見れたのも嬉しい誤算でした。


さて、でもやはり気になるのは散々報道されている、15歳の新星、高木美帆ちゃんですかね。


中学生っていうのは、本当に未知数です。
過去に「今まで生きてきた中で一番幸せ」と14歳のコメントとは思えなかった水泳平泳ぎの岩崎恭子もそうでしたが、本番でこれまでのPBを大幅に上回ったりするのって、たいがいこのあたりの年代の子です。
国内予選の時から1ヶ月とか2ヶ月で、その間も成長を続けてるんですね。競技者としての成長ではなく、人間の骨格や筋肉としての、いわゆる子どもの成長
これは大人がどれだけ努力しても上乗せできないレベルの成長ですから、本当に面白い。

もし美帆ちゃんが散々な結果に沈むとしたら、

メンタル面。過剰な報道による期待に押しつぶされたと、そう考えていいでしょうね。

頼むから現地の報道陣、おとなしくしてやってくれ^^;


この競技に出場するのは、4人。15歳の高木に、500mで5位入賞した吉井小百合。38歳5回目のオリンピックの岡崎朋子。

だいたいこの3人が報道でいつも紹介されている選手ですが、


風の注目は最後のもう一人。いろんな番組でもどうも4人目の選手っぽい扱いですが、

こと1000mに関しては、この人が今の日本選手では第一人者と言っていいでしょう。


小平奈緒ちゃんです。


ここ数年で急成長してきた人ですが、これまでには珍しい短距離と中距離の両方をこなすオールラウンドプレーヤーの24歳。

そして、今季、W杯で500メートル3位、1000メートル2位。全日本距離別で短距離3種目を制覇


キッパリ言います。

メダル候補は、奈緒ちゃんです


何より、応援したい気持ちにさせる愛らしさがあり(結局そこか?)、

38.jpg

とてもほんわかした性格の彼女ですが、どうも他の選手のような、オリンピック選手のアスリートオーラ?みたいなのが無い!(笑)

そういうところが、またいいんです^^;


明朝6時から始まります。

10組 岡崎朋美(6:30くらい?)

12組 高木美帆

29組 小平奈緒(7時頃かな?)

31組 吉井小百合

です。


見逃すな、

朋美スマイルや愛子スマイルから代わり、

奈緒スマイルの時代が始まります(笑)
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する

おじがっだ~~~~~~~^^;

あと、0.08秒・・・・ 奈緒ちゃん、残念(ToT)
kaze | URL | 2010/02/19/Fri 08:31 [EDIT]
こんばんは
明日も注目競技が満載ですね
楽しみです
ぱる | URL | 2010/02/18/Thu 20:03 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Design by Pixel
Copyright © ♪♪kazeの声♪♪. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。