スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Wang Chaoとの「The Prayer」
セリーヌディオンと、盲目のテノール歌手アンドレア・ボチェッリのデュオナンバーです。
Youtubeでも見れますので、もし時間があったら検索してみてください。

ポップスの女王とも言えるセリーヌディオンと、世界的に有名なテノール歌手が歌いあげる本当に美しくてダイナミックで、そして難しい曲です。

この曲に出会ったのはもう10年も前。

テノールのダイナミックな高音と、セリーヌの絶妙で技術の高い歌い回しが絡み合い、
実に感動的でした。

この曲を歌いたい

風はずっとそれを願っていました。


でも、クラシック歌手同士が歌う曲じゃないのです。

あのセリーヌのように歌いこなせる高い能力を持った女性ポップスシンガーをパートナーに選ばないと歌えない曲

そんな機会はたぶん一生訪れないだろう・・・と思ってました。


それが、

彼女が現れてくれたおかげで、現実となったのです。


Wang Chaoは、あの難しい曲を、クラシック歌手の声量に負けない迫力で、そしてセリーヌのように繊細に、見事に歌い上げたのです。


僕は、
歌をはじめて、そろそろ20年になってしまいますが、

歌っててこんなに幸せな瞬間はこれまでありませんでした。


マイクスタンドを少し離して二つ立て、風とWangは終始向かいあったまま、
The Prayerを歌い切りました。


今思い出しても、鳥肌が立ち、涙腺が緩む。自分が一番感動したのかも。


もしかしたら、

僕の歌い手としてのピークを迎えた瞬間だったかもしれないと、本気で思ってしまいました。いや、それでもいいと思える、Wang ChaoとのThe Prayerでした。


書いてても、すでに涙腺がヤバいくらい(笑)


アンコールの「美女と野獣」も最高。最後に手をつなぐ段取りだったのに、風の手を差し出すタイミングが打ち合わせしてたのより遅れてあとで怒られましたが・・・^^;


楽屋から出た廊下では嬉しい絶賛の嵐が待っていました。

Wangちゃんのおかげで、風は今、生まれ故郷である三宅町で輝ける存在になれたのかもしれません。

これからも輝けるように。

あとは自分の努力次第です。


Wangちゃん。


心からありがとう。


そして、またいつか、





一緒に歌おう。
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する

ありがとう^^

Wangちゃんに感謝やね。

20代の途中から、いろいろあって歌から逃げてきた時期も長く続いて、
30代になってまたぼちぼち歌い始めてたけどやっぱり真正面から向き合えてない部分もあって。

でも、先月のフェニックスと、今回のコンサートを経て、

焼きぼっくりに火がついた・・・かもね(苦笑)
kaze | URL | 2010/07/27/Tue 15:55 [EDIT]
お疲れ様でした! 感動のステージだったようで、よかったね!
思い入れのある歌を、舞台で歌えるなんて、ほんと幸せですよ~♪
やったね、おめでとう^^  
ただの風ファン | URL | 2010/07/26/Mon 18:15 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Design by Pixel
Copyright © ♪♪kazeの声♪♪. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。