スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
過去10年で最悪ペース 山岳遭難
なんだか毎年この時期にこういう記事を書いてる気がします。。。

本当に、日本人には学習能力が無いのかと疑ってしまいますね。

高い山に登りたいのなら、富士山でいいじゃない。8合目くらいまで登れば富士山以外にはそこより高い場所は無いんだし、3000m峰に登りたければ南アルプスの仙丈ヶ岳でいいじゃない。ハイキングレベルで登れるんだし。
もちろん僕にはわかってます。登ってると難しいルートに挑みたくなる気持ちも。
だからと言って、僕は屏風岩に登らないし谷川岳一の倉沢に挑みもしない。
なんでか。
登る実力が無いから

「風君なら登れるよ。連れて行ってあげる」

と、言われても、100%お断りします。自分一人で登れるルートじゃないから

なんで、自分の実力を測れない人がこんなに山には多いんだろう。

なんで、一歩間違えればすぐに死が待ってるようなルートに行くにもかかわらず十分な準備をせずに突っ込むことができるんだろう。

僕には理解できません。

近頃、風も何度か人と一緒に登ったりもしてましたが、やっぱりここで自分を戒めます
人と一緒に登ることはあっても、人を連れていく登山は絶対にしない
例えばA岳のBルートがあるとする。
そこを風はCさんと一緒に登ることになったとする。
Cさんは、このBルートを一人で登ったことはない。
でも、もしCさんがBルートを一人で登ったとしたら?と考えた場合。
まず問題無く登れるだろうし、Cさん自身もきちんとルートのことを把握(予習)できているなら、これが「一緒に登る」ということになる。風がCさんという人間に信頼を置いてるのなら、Cさんと一緒に登る。
がしかし、
CさんはBルートを「一人で登るのは不安だけど、経験者と一緒なら行ける」とする。
要するに風はそういう山行には行けない。

これは自分への戒め。
先般の前穂からの下り、重太郎新道で足首の捻挫という初歩的なミスを犯してしまった風。
20分ほどは痛みに耐えるばかりで、座り込んだまま一歩も進めなかった。
その後少しだけ痛みが引いてからブーツの紐をガチガチに締め直して固定し、右足と両手でなんとか下りきったという経験をしてみて思った。
当然四肢のうち3つが動くのだから救助を呼ぼうなんていう選択肢は全くありませんでした。
しかしその痛みはやっぱり辛く、これなら中高年の登山歴の浅い人や片足にしか体重がかけれない状態で自力下山できるだけの体力の無い人なら、結局レスキューを呼ばざるを得ない。


自分がある程度経験を積んでるから。

自分はこのルートを何度も歩いてるから。

自分は多少重いザックを背負っても大丈夫だから。


これは、=人の面倒を見れるというわけではない

先日の風みたいに、ふとした拍子に捻挫したらどうなる。もとより自分だけではそこを歩くことがままならない人を連れていたら、どうなる。

どうなる?

どうもならない。

自分だけなら自力下山できるけど、助けてあげなければならない人がいるなら、困ったことに自分で手一杯になったら連れに危険が及ぼすことに。

あってはならない状況ですよね。

その、あってはならない状況だらけ なのが、今の北アルプスをはじめとした日本の上級コースを抱える山岳地帯の現状なんです。

自分一人で登るか、自分と同レベルの人と登るか、自分より上級の人と登る場合でも自分の身の丈にあった(自分一人でも登れるという意味)山に登るか。

それらの選択肢を超えた山登りをした人達が、大きな事故を起こしたり、ちょっとしたトラブルでヘリコプターを呼んだり、
してるんですよね。全てがそうじゃないけど。

はぁ。。

体力の無い人、
バランス感覚の優れて無い人、
予習をしない人、
地図を読めない人、
天気を読めない人、
撤退する勇気を持ってない人、
日程にしばられてしまう人、
ネームバリューで登りたいだけの人、


お願い、穂高にいかないで・・・・・

^^;


スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する

身近なハイキングコースの山だって、人それぞれいろんな魅力を見出すことができるから。
低山には高山になり魅力が。
関東にはない魅力が中国山地に詰まっていたり、
自分自身が気持ちいいと思える場所は何も富士山やアルプスばかりじゃないからね。

「ピークになんて登らなくていい。そこにいて、そこの空気を吸ってるだけでいいんだ」
と思えるような山に出会えるといいね~
kaze | URL | 2010/08/23/Mon 11:58 [EDIT]
ハイキングは自分で行けるけど、、山はやっぱり・・・

今年、富士山にちちたちは登りに行きます
もうこの週末です

あーは・・・参加しませんでした
去年の立山が限度と思ったから・・・

登りは何とかなりけど、、下りは無理ができない
高所恐怖症の影響は一緒に行く人の迷惑になるから・・・
怖くて足が出ないもん。。時間がかかり過ぎる。。(-"-)

風さんの記事見て、、「やっぱりやめといて良かった」と改めて思いました。。
自分の面倒が自分で見られることが大前提ですよね。。^^
ただの風ファン | URL | 2010/08/23/Mon 10:33 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Design by Pixel
Copyright © ♪♪kazeの声♪♪. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。