スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
りかちゃんの10回忌
来週の土曜、小学校の時の同級生の10回忌法要がある。

りかちゃんという、風にとっても思い出深い女の子の話。

思い出深いってわりには、来週のことすっかり忘れてたんだけど(汗)、
近所に住む、ゆーいちクンが参りに行くけど一緒にいく?と誘ってくれたので、えっと、3回忌には参りにいったので、7年ぶりにりかちゃんに会いにいくことに。

で、一体なんの話やねん・・・ってね。。。


ちょっとした思い出話。もう20年前の話。


昭和60年、バブル絶頂期。
そんな世相とは無縁の田舎町の運動場がとっても広い小学校で、
学校一かけっこが速く運動会のヒーローだった(自分で言うな)風少年。

6年生、最後の運動会前、代表リレーの選考会で最終走者に選ばれホッとしてた。
なんたって代表リレーは運動会の花形。それの最終走者はかけっこ(しか取り柄の無い)少年にとって死守しなければならないポジション^^

そんな時、一つのラブレターをいただいた。
6年生障害児学級の、りかちゃんから。
彼女は筋ジストロフィーという難病に冒された、身長がわずか120cmしかない髪の長い女の子。
風のことがずっと好きで、特に走ってる時が好きなんだとか、障害児学級の担当の先生から聞かされてた。
ああ、走るのが速いだけでモテた、古き良き時代(笑)
でも、それについては素直に嬉しかったな。

運動会当日、もちろん彼女はなんの競技にも出ることはできない。
そりゃそうだよな、歩くことさえ、ままならないんだから。
彼女、小学校に入学した頃はみんなでドッジボールしてたんだな。
怖さだね。この病気の。
でも、だれがどういう経緯で決めたのか知らないけど、最後の運動会ということで、りかちゃん、徒競走に出場が決まったらしい。
ここで、思わぬ状況が舞い込んでくる。

うちの小学校の伝統で、徒競走は体育の時間に計った50m走のタイム、速い順に組が組まれるんです。(きっと今はそんなことしないだろうけど)
もち、風は第1組。
りかちゃんは最終組。
思わぬ状況とは、第1組の1位と2位が、りかちゃんの介添えで走るということ。先生じゃなく、生徒が介添えするってことにしたかったのか。よくわからないけど。

うぬぼれ屋さん風、りかちゃんは風と手をつないで最後の運動会を走りきることを心から望んでくれているに違いない。なんて思ってた^^
もちろん、風もりかちゃんの最後の運動会に自分が一緒に。。。との思いから俄然気合いが入ったわけだ。

列の1番後ろに並ぶりかちゃんと目が合ったのを、今でも鮮明に覚えてる。スタートラインに並んだ後だったかな。
りかちゃんのどんぐりまなこ。ほんとに眼が大きい子だった。

さあスタート。ピストルの音を集中して待つ。

しかし、この後、小学生の小さな胸には抱えきれないような出来事が次々と。。。

時間切れ(汗)、次号に続く。。。
続きはこのままこちらへ書きます。。

なんか大層な続きかたにしてしまいましたが・・^^;
実は、このあと、コーナーで転けたんです。
先頭を走っていて、あまりの調子良さにいつも走ってるトラックのカーブが曲がりきれなかったんですよね。
小学校のトラックって小さいから。。

りかちゃんと手を繋いで走る(歩く?)ことは出来ず、
名誉挽回となるはずの代表リレーの時には、りかちゃんはすでに病院に行く為に早退の後。
それでも、優勝したってことを知らせたくて、例え何位で自分に渡ろうが、全部抜いてゴールしてやるくらいの気合いでした。

でも、前前走者と前走者のバトンリレーで、バトンを落としてしまい、おまけに前走者が落ちたバトンを蹴って観客席に飛ばしてしまうという、前代未聞の事故に、アンカーで待つ風は呆然・・・・

だれもいなくなったトラックを、他はみんなゴールしたあとのトラックをひたすら一周走った風。。。

小学校の卒業式、またりかちゃんからラブレターをもらった。

「中学に入っても陸上続けるんだってね。がんばってください。」

読めた字じゃない。
でも、がんばって書いてくれたんだな。
ただ、どうしてかは覚えてないけど、返事を出した覚えが無い。
なんで出してあげなかったんだろう。

その後、中2の時、りかちゃんのお父さんが病気で急な他界。
お母さんの実家である徳島県日和佐というところに、母とりかちゃんの二人は引っ越した。

転校のお別れの時、もうラブレターはこなかった。

風からも何も出さず、お別れの一言さえも、言えず終いだった。


6年ほど前に、近所の同級生、ゆーいちくんから聞いた。
りかちゃんは22歳で亡くなったと。
これでもよく生きれたほうなんだとか。

風にとっては、若かりし頃のひとつの思い出に過ぎない。
でも、病気と闘うこと10数年、わずか22年で人生を終えたりかちゃんにとって、ひとつひとつの出会いや思い出、好きだった人、お世話になった人との思い出は、
計り知れないくらい大きいんだろうなって思った。

だからどうしたかったってわけじゃないんだけど、
なんかすごく虚しくなったを覚えてる。。


ということで、りかちゃんの10回忌法要に行ってきます。


なんの話をブログでしてんだ^^;

スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する

何気ない日常を過ごす幸せ。
毎日を大切にしなきゃな。
りかちゃんとお話してきてくださいな。

なんだか、ば~ちゃんのお墓参りに行きたくなった。
たぬ | URL | 2006/03/15/Wed 23:16 [EDIT]
思い出話でも、あまり面白い話でもないからね~

「なんとなく」の気持ちって、なかなか消化できなかったりするので、書いてみましたが・・


いつもコメント、どーもです^^
かぜ | URL | 2006/03/15/Wed 15:00 [EDIT]
ブログだからできるんじゃないか?こういう話しは。
気をつけていってらっしゃいませ。
たーさん | URL | 2006/03/15/Wed 14:25 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Design by Pixel
Copyright © ♪♪kazeの声♪♪. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。