スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
劒岳北方稜線2010 番外編

だいたいやね、


自分の体調不良がもとで停泊になったというのに、
もともと、天候次第では27日(月)を予備日としようという申し合わせになってたのに、
その予備日に仕事を休むのは痛いなんて今更言われても・・・

君はイイ。だって昨日はちょっと鉱山跡の散歩しただけで、ほとんど体を休めていたし。
僕は迷わぬように昨日は行程の1/3くらいは視察に出掛けていたし、その前日だって雷鳥沢から真砂ロッジ、仙人峠と、8時間以上の行程を歩いてるし、

北方稜線を終えた今、

もうそんなガツガツ歩く体力が残ってるようには思えないんですけど??


努力するまえから諦めるなよ

一言で片づけられまして、難所のカニのタテバイもチャチャチャっと通過して、急いで下山を始めました。。

が、残念ながら風の体力は前剱の登りで終了した模様でした^^;

急ごうとする風嫁。必死でついていく風。

「ちゃんとエネルギー補給出来てないからやんか!!」
と風がバテたのを叱咤する風嫁。

「そんなこと言うたってお前、あとはゆっくり雷鳥沢までボチボチ歩けばいいと思ってたからそないに必死になってへんかったんや!」
と、実に不条理を感じながら歩く風。

そして一服劒からの下りの時、

「ごめん、先に行ってテント撤収しとくわ」
と、行っちゃいました。

室堂の最終便が17:00

剱岳山頂を出発したのが12:30

一服劒を降りたのが14:00ちょっと前。

あと1時間半ほどで雷鳥沢まで降りなければなりません。

剱御前小屋から雷鳥沢までの下りは45分はかかる。雷鳥沢から室堂までは1時間弱。

剱御前小屋通過のタイムリミットは15:00というところでしょうか。



結果、


風、剱御前小屋到着、15:40(爆)


アウトーーーー!!!(爆)


もう急いでも仕方が無いので、寒くなってきたことだし、ホットココアを購入、5分ほどで飲んで、下山です。
予定通り?雷鳥沢には45分後の16:30着。聞けば風嫁は16時前には到着してたとのこと。

どーーー考えても30分で室堂には行けません。っていうか、これからテントをパッキングして、出発して、17:00の便に乗るには当然5分くらい前には室堂着が必要なので、
20分以内で歩かねばならない。

空身で走らない限り、無理です。


「あんたが遅いからや」と何度もブツブツ言う風嫁に一言、言ってやりました。


「十分すぎるくらいに、速いペースで下山した。北方稜線達成後の疲れた体でコースタイムの2/3ほどで下山して、怒られる筋合いはない。予備日を使うことになった原因はお前であって、俺では無い。この話はここで終わらせて、明日の朝まで立山のテント泊を楽しもう。」



ん~~~ オトナ。




27日は始発に乗って立山から怒涛の3時間台での帰宅、ビバZ

二人とも午後から出勤しましたとさ(苦笑)


以上、北方稜線をやってきましたレポでした~^^
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Design by Pixel
Copyright © ♪♪kazeの声♪♪. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。