スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
わがクラブのMさん。
うちのクラブはビジター参加は基本的に不可。
コート数に見合った人数で練習できるように、二日間でレベル分けをしています。
もちろん二日間とも両方来てる人もいますが、基本的に初級~中級、中級~上級で練習日が別れてます。

Mさん(女性・40前後)は、両方の練習日に参加されてます。
レベルは、うちのクラブの中では初級者に分類されます。
だから、風が行っている水曜の練習では来てもなかなかゲームに入れてもらえません。よく似たレベルの人がいないから。

Mさんがゲームに入れるパターンは、女ダブ 対 Mさん&男性 がほとんどです。

監督はその男性のポジションを、順々に指名しますが、いつもMさんは指名された男性のところに行き(コートに入る前にね)、
「すみません、ご迷惑かけます、よろしくお願いします」とわざわざ言いに寄ります

正直、この曜日の練習にMさんのレベルでは厳しいので、もう一日のほうでやるのがこのクラブのやり方の上では自然な流れです。
現にMさんと同レベルの女性も男子も、みんな水曜には参加できず、もう一日の方へ参加しています。

風はこのクラブ歴がまだ浅いので、どういう経緯があってMさんが水曜練習に参加しているのかは知りません。
でも、ほぼ皆勤でいつも早く来て、基礎の相手がいなくても壁打ちや素振り、サーブ練習をもくもくとやられてます。

昨日、久々にMさんと組みました。
相変わらず、指名された後すぐにMさんは風がすわってるところに駆け寄ります。向かえにくるような感じですね。

相手は風嫁と、そこそこ上手なベテランの女性。
まあ、普通に考えれば勝とうと思えばキツイです。
Mさんはパワーも無いしスピードも無いので、クリアもエンドからだとハーフまでしか飛びません。風嫁はどんどん前に出てプレッシャーをかけて来ます。あんなのにつきあっていたら風もフォローのしようがなく、このままだとワンサイドで終わるので、とりあえずMさんにアドバイスしながらゲームを進めることにしました。

風の作戦は、

どうせMさんにあがってくる。
Mさんに「あがってきたものを、あげかえさない。何でもいいから落とそう」と指示。
風は前衛引き気味のポジションでネット前は空ける
クロスロブはすべて風が入って入れ替わる。
ただしネットに浮いたのは風が叩く。たたけなくとも、そのまま自分のシャトルにして最後まで持っていく
だから相手は安全なMさんにストレートに上げ続ける
ポジションを固定されたMさんは余裕があるので決まらないまでも、打ち続けることは可能。
そのうち相手は他のことをしようとする。→風、それを狙ってる

Mさんには一言言っただけです。
「怖がらずに全部打って」と。
Mさんはそれを忠実に守ります。
あそこで、クリアをクリアで返されたら風は守りようがありません。それで守れるようなレベルの相手じゃないですから。
時にカットが浮いて、いつもクロスにされている風嫁はそういうの逃さずに叩きにきます。
でも、怖がらずに、ストレートでベテラン女性に打て、と言う指示を守ります。

15-12で勝ちました。風もMさんもヘトヘトになりましたが。

Mさんはとても喜んで、風に深々とお礼を言います。
で、「やっぱりあげてばかりじゃだめですね・・・でも勝てて嬉しいです^^」

Mさんにとって水曜練習のレベルは厳しい。でも、今自分が出来ることだけ精一杯やるというスタイルがあるから、やっていけるんだな。

今度組んだら、負けてもいいから、通常のローテに近い形でやってみようと思う。もちろんゲーム前にそう伝えたうえで。
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する

>最近練習不足のせいで根気と集中力が無く、ラリーが続かないので、ラリーを続ける大切さをよく感じます。(笑)

私は1発や2発で決めれるスマッシュが打てないので、必然的にラリーが大切となっております・・・(涙)
かぜ | URL | 2006/03/17/Fri 10:32 [EDIT]
>ポジションを固定されたMさんは余裕があるので決まらないまでも、打ち続けることは可能

最近練習不足のせいで根気と集中力が無く、ラリーが続かないので、ラリーを続ける大切さをよく感じます。(笑)
たーさん | URL | 2006/03/17/Fri 10:00 [EDIT]
>MさんとAさん、、、、違うんですね、、、きっと、、、、

違います(笑) Mさんは女性、Aさん男性です。

単純なミスのほうがいいです。複雑なことしようとしてミスされるよりは(笑)

>まっきー

ブログ、見ましたよ。いろいろ考えておられますね~(笑)

ミックスは、「相手にどれだけ頼ってもらえるか」というのも重要なポイントです。
プレーレベルや動きを信頼してもらってなかったら、「自分がなんとかしなきゃ」と思ってしまいますよね。
二人してそんなふうに思ってもいい流れはつかめないと思う。
まずは、自分触ったシャトルを有効なショットで返すことに集中して、ペアにそれを理解してもらうことじゃないかな。
ペアに求めすぎても、それがきっちり出来ないペアは苦しむことになるよ。特にミックスではね。

by求められすぎて苦しんでるモノ(汗)
かぜ | URL | 2006/03/17/Fri 09:54 [EDIT]
タイムリーな
記事でとても参考になりました。ありがとうございます。

今日、金バドに行くので
私もその方と組んで「何が出来るか?」
その方に「何が出来るか?」
を冷静に考えてやりたいと思います。
まっきー | URL | 2006/03/17/Fri 05:23 [EDIT]
MさんとAさん、、、、違うんですね、、、きっと、、、、


単純なミスをしないから いいのかな、、、
  ↑
すごくペアに嫌がられる、、、、(ばく)


Aさんファン | URL | 2006/03/16/Thu 23:18 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Design by Pixel
Copyright © ♪♪kazeの声♪♪. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。