スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
女子ダブルスの無気力プレー

生半可にバドミントンやってるもんだから、よく聞かれます。「あの失格騒ぎって、どうなん?」

で、いつも「ん~~ 微妙・・・」としか答えられないんだけど・・・



全力プレーで予選を戦わなければならない!なんてことは、ないよね。

そんなこと言い出したら、ボルトはとっくに失格のはず。陸上競技では有力選手が決勝に向けて体力温存するのは当たり前です。
でも、「あんなに流して、まるでジョギングのようにゴールしたのに、9秒台!?」なんて驚き楽しむ部分でもあるんですね。

オリンピック精神っていうのが、どのようなものなのか、詳しくはわからないけど、
あの女子ダブルスの無気力プレーが失格になるほど大きなペナルティだったのは、陸上の予選を流すというのとは違って、柔道の「消極的」による「指導」と同じような感じでしょうか。指導も4つ取られれば、その試合は負けになります。

決勝トーナメントの位置取りを操作するためにわざと負けたかったというのも、要するにメダルを取りたいがための作戦
としたら、やっぱり、「有り」なんではなかろうか。
仮に、素人目にはわからないけど、競技者や専門家が見れば「あ、わざとやな、あれは」とわかる程度の負けるプレーをしていたのなら、きっと順当に中国も韓国も決勝Tに進んだでしょう。もっともその場合日本ペアの銀メダルはかなりの確率で無かったでしょうけど。。
では失格になる無気力プレーと失格にならない無気力プレーの境界線はルール付けされてるのでしょうか。されてへんよねぇ。。

バドミントンの国際大会とかあんまり興味が無いのでほとんど見たことありませんが、中国選手ってこんなことをしょっちゅうやってるらしいですね。卓球でも。
ここ数年ずっと行われてきたことを、オリンピックで同じようにやっただけだったのでしょう。
そうなると、そんな問題行動がこれまでの国際大会でもしょっちゅうあったにも関わらず、システムを変更せずに、当然同じことが行われることが予想される中、オリンピックでもグループリーグ制を採用した方にも問題あるのでは。
「メダルを取るための作戦」を駆使して戦う選手側から見れば、「この試合に負けたらかなりの確率でメダルが近付く」逆に「この試合に勝ってしまうと、ベスト8を通過するのはかなり困難」という状況。

何度も何度も世界大会であたってる相手だもの、実力も嫌というほどよくわかってる。ここは負けた方がいい。。というのはわかる話。

あのグループリーグ制であれば、絶対にこれからも起こるはずです。失格にはなりたくないので、あんなアカラサマな無気力プレーはしないだろうけど、「いかにして注意を受けずに負けるか」なんていうつまらない微妙なゲームが行われるんでしょうね。


予選の1位通過4チーム、2位通過4チームで、抽選すればいいだけやん。

ベスト8では予選1位と2位が当たることだけ決めておいて、あとどこに入るかは抽選。
当然予選リーグで同じだったチーム同士があたることもあり得るけど、勝ち進めばどうせ同じグループリーグでも当たるんだし。

それなら、どこも1位通過狙うでしょう。

どう考えても起こりうる(今までにも実際に何度も起こっていた)ことを見直さなかったことに問題は無いのかな。ルール違反は犯していないだけに、ただ、「無気力プレー、五輪精神に反する」だけで失格ってのは、どうも釈然としない。。
まあ、映像見てたら、たしかにあれはやり過ぎだけど・・・

バドミントンプレーヤーっていうより、オリンピックオタクとしての意見かな。。^^;
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Design by Pixel
Copyright © ♪♪kazeの声♪♪. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。