スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
北アルプスへGO! vol.3

ん?明るい・・・・

げ!? 寝過ごしたか!! 

起床予定の4時を、1時間超過。。。起きたら5時でした。

本日は素敵なルートをぐるっと一回りする日。ヨーデルコンサートが3時だから、出来れば2時には下山したい。昨日みたいに夕立や落雷の恐れもあるし。

予定としては、9時間は見ておいたほうがいいルートなので、もう時間いっぱいです。。。

そそくさと朝ごはん準備をして、なんやかんや急ぎましたが、結局出発準備が出来たのが6時。9時間足したら15時。。。俺としたことが・・・^^;


でも、この日の目的は、今まで登ったことの無かった天狗沢ルートで西穂・奥穂の稜線に出ることがメインです。
西穂奥穂縦走は何度もしたことあるし、奥穂から前穂、重太郎新道で下山だって何度もしてる。
時間が厳しければどこかで引き返せば良いや。と、出発です。

そう思えば風、特に急ぐ様子も無く、小屋のトイレでゆっくりと用を済まし、水を汲んで・・・ってしてたら出発が6時半になりました。
朝もやの上高地を見ながら出発です。
12dake04.jpg


登り始めるとほどなく、向こうには南アルプスと富士山が見えてきます。
12dake05.jpg

いい天気。だけど、すでに気温はどんどん上昇中。雲もどんどん湧いてきております。
やっぱ山は7月末~8月初旬だね。この時期は朝一番にカラッと晴れても、長続きしない。

このルートはお花畑を縫って行きますので、なんだか時間がかかってしまいます。風は高山植物は綺麗で好きなんだけど、名前とかほとんど知らない。とりかぶとは何故かよく知ってるけど。。

天狗沢の本流を登りだすのは、結局出発から1時間ほど経ってから。一旦天狗沢の右岸の草付きを回りこんで、沢の本流に出ます。
12dake06.jpg

沢と言ってもこのようにガラガラの涸れた沢です。
ペンキマークも付けられてますが、基本的にはバリエーションルートなので、登りやすいところを登ってOK。登山者が他にいる場合は落石に要注意です。

休憩しながらボチボチ登って、9時、天狗沢のコルへ到着。西穂奥穂の稜線に出たので、向こう側(飛騨側)に笠ヶ岳がどーんと見えます。
12dake07.jpg

さあ、9時。順調に着いたので、ここでエネルギー補給のために休憩しますが、な~んかあんまり体調も良くない。ここからガンガンとばして奥穂に行けないことはない時間だけど、雲も多いし、適当なところまで足を伸ばして、引き返そうという結論をここで出しちゃいました。

どうせ2時前後の重太郎新道は渋滞して待ちばっかりだろうし。。

で、ジャンダルムが目の前に見える畳岩の頭という場所を目指して登りだします。
相変わらず高度感抜群のこの稜線歩き。
中高年の4,5人の団体が一生懸命歩いてましたが、危なっかしくて見てられませんでした。

よくこんなデブのおばはんがここに来ようとしなな・・・・とあきれ返るほど、筋力不足・スタミナ不足が見え見えの状態で登ってる人も何人か。
滑落事故が多いのも頷けます。

こぶ尾根を登ってる最中、ついに稜線はガスの中に。。
12dake08.jpg


景色も0  おもんな~~い。。

まだ10時過ぎなのに・・・ この日は妙に雲の湧く時間が早かったのです。(逆に午後過ぎから晴れたんですが・・・)

で、11時前に畳岩の頭に到着。 ガスの中にぼんやり見えるジャンダルムの頂上にはなんと20人ほどの人だかり。。 のぼりたくな~~い・・・^^;


ってことで、さっさと引き返すことに。

人が減ってきましたので、通過待ちすることもほとんど無く、12時までには天狗のコルに到着。休憩もせずにそのまま天狗沢の下降です。

途中、単独のお花畑散歩中の女性と出会い、一緒に小屋まで下山。テントが奇遇にもお隣組の方でした。
風が今までに登ったルートをほとんどクリアしてる強者の女性です。

1時過ぎには下山し、コンサートまでちょいと時間があるので、昼寝・・・・と思っておりましたが、
この頃から雲がどっかいきまして、ギンギンに照りつける太陽。どーにもこーにも暑過ぎてテントの中に入れません(汗)

外で直射日光の下、おしゃべりしながらコンサート待ち。。(それでもテントの中よりその方がマシ。。)

コンサートは大変楽しい時間でした。
12dake09.jpg
12dake10.jpg

北アルプスとヨーデルはよく似合っておりました。

飲んで、歌を聴いて、飲んで、食べて、飲んで、飲んで・・・・

この日も19時には就寝。 よく寝て、翌朝は4時起床。帰る日なのに、別に急ぎもしないのに、こんな時に限ってばっちり目覚め(笑)

7時半には上高地に下山、バスであかんだな駐車場に戻ったのは8時すぎ。温泉に入って車を走らせて奈良に帰宅したのが13時。

おかげでテントもシュラフも洗濯物も、全部お片付けがその日のうちに済みました。

3日目の朝の天気も感動ものでした。

やっぱ、上高地・穂高はすごいところだと、改めて感じますね。
12dake11.jpg
12dake12.jpg


怪我も無く、オチもたいして無く、なんだかとーーっても平和なのんびりとした山行でした。^^


スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する

そう、巣があることを未だ確認できてないんですよね・・・ 床下の換気窓から中は真っ暗で何も見えません。
でも、塞いだ換気窓。ハチが家の周りを「入る場所はないか??」と探っておられます。。。

>残雪

多いですよ。例年に比べれば。ただ、8月末だったので、ルート上はもうほとんど溶けた後でした。 岳沢万年雪は、例年よりごっついです。
kaze | URL | 2012/09/03/Mon 08:43 [EDIT]
山レポ、楽しかったです。
今年は残雪がないですか?所で、キイロスズメバチの巣は、役所に電話すれば専門業者が来て無料で撤去してくれますよ。
北アルプスへ行きたい | URL | 2012/08/31/Fri 22:07 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Design by Pixel
Copyright © ♪♪kazeの声♪♪. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。