スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ひっとりっごとぉー

スギちゃんが背骨を骨折。。。

太り過ぎやろ(苦笑)
足から飛び込む時って、身体をまっすぐにしないと着水時には体重の10倍近い衝撃がかかるとか。
怖さ?から身体をくの字にしてしまうと、お尻にその衝撃が加わり、スギちゃんのように腰椎や脊椎に過剰な力が加わって怪我してしまうことはよくあることなんだとか。
でも子どもは怪我しにくいんですってね。関節の可動域が柔らかいのと、本来体重が軽いから。だから、海水浴なんかで岩から飛び込んだりするのは、特に大人が気を付けなければならないって言ってました。

泳げない風には無縁の世界ですが

ニュースで最近気になるのはスギちゃんではなく、

維新の会の話。


あれって、どうなんでしょうか。風のように大阪圏に住んでる人間と、東京圏の人たちでは、きっと捉え方が違うんだろうなあ・・なんて思います。

風は道州制には賛成です。
今や日本の政治って、もうどうにもこうにもならない状態に陥ってますよね。
どこが政権取ろうが、政策より党と党の戦いばっかりやってて、でも実際に党として力を持たなければ何も前に進めることができないシステムで。

3年前に一瞬期待した民主党も、マニュフェストで、増税はしない、でも収支比率を2015年までに今の倍、2020年までに100%に持って行くと言ってましたが、
まあ、そんなことは不可能であることは火を見るより明らかでしたが、
結果、政権交代後より、過去最高額の予算を組み続け、でも税収は一向に上がらず。

一旦、日本の政治の仕組みを、少し小さな枠で行うことは本当に必要なのかもしれません。

それにしても国会。

わけわかりません。 消費税に賛成したと思ったら総理問責決議。解散の時期ばっかり問題になって、本当に今の日本に必要な議論はいったいどれだけ進んでるんでしょうか。
見えてきません。
何でも問題だ問題だばっかり叫んでいないで、「これが一番いい案だ!」「こうすれば上手くいくぞ!」っていう叫び方できないのかな。って思う毎日です。

いっそのこと、次の選挙から、

①<国会議員の連帯責任>
マニュフェストを守れなかった場合、国会議員「全員」の個人資産より相応額の賠償責任を国庫に支払う。

②<造反行為の規制>
与党野党に限らずマニュフェストの執行を阻む行為があると、それは「民意を汚す行為」として、即刻議員辞職しなければならない。

なんて決めたらどうでしょうか。
維新の会が抜本的に改革しようとしてるみたいだけど、
結局真剣にお仕事(国民の為の政治)をしてもらうには、やっぱこれじゃないかな~って思う。

もしそうなると、今までのように守れないようなマニュフェストをズラズラと並べれなくなる。かといって普通に達成できそうなマニュフェストばかり並べてると選挙に勝てない。
しかし選挙に負けるということは、勝った党(与党)に全面協力しなければならない(でないと、議員辞職)から、なんとしてでも選挙には勝ちたい。
ということは、現実的かつ国民が納得するマニュフェストを立て、必死こいて邁進する

国民は国民で、選挙で選ばれた党のマニュフェストがかなりの確率で実現されることになるので、選ぶほうも慎重になる。 

う~~ん、いいじゃん

どうでしょうか、橋下さん。(笑)
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Design by Pixel
Copyright © ♪♪kazeの声♪♪. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。